まるでおとぎの国!エストニア・タリンの観光スポット10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まるでおとぎの国!エストニア・タリンの観光スポット10選

まるでおとぎの国!エストニア・タリンの観光スポット10選

更新日:2019/01/28 11:26

Akiko Nilsenのプロフィール写真 Akiko Nilsen 世界遺産検定2級

フィンランド湾に面した、バルト三国のうちの一つエストニア。九州ほどの大きさの小国でありながら、オンラインサービスが行き届いたサイバー先進国であったりと面白い一面を持っています。そんなエストニアの首都タリンは、中世の面影を現在まで残している、ヨーロッパ内でも貴重な街です。

世界遺産にも登録されている美しい中世都市タリン、今回はその魅力を十分に堪能できるおすすめの観光スポットを10選ご紹介します。

1.ヴィル門

1.ヴィル門
二宮 うらら

中世の面影が残るエストニア・タリンの旧市街は、まるでおとぎの国by 二宮 うらら

地図を見る

タリン観光のスタートは旧市街への入り口となっている「ヴィル門」から始まります。14世紀に建てられた2つの石の塔からなるヴィル門の周りには、馬車や花屋が立ち並び活気ある雰囲気を作り出しています。

一歩足を踏み込むと中世にタイムスリップしたかのような感覚におそわれます。

<基本情報>
住所:Viru, 10140 Tallinn, Estonia
アクセス:タリン駅より徒歩12分この写真の記事を見る ≫

2.アレクサンドル・ネフスキー大聖堂

2.アレクサンドル・ネフスキー大聖堂
Hiroko M

エストニア〜世界遺産タリン旧市街で気ままに街歩き〜by Hiroko M

地図を見る

旧市街のトームペアの丘に建つ、玉ねぎドームが可愛らしい正教会は「アレクサンドル・ネフスキー大聖堂」。タリンにある教会の中でも最も大きいものです。19世紀末に建築されたこの教会は、ロシアによる支配の象徴だったため、独立を果たした後は取り壊しも検討されていました。今では、観光地として人気を博しているだけでなく、当時の歴史を学ぶことができる建造物としても貴重なものとして扱われています。

<基本情報>
住所:Lossi plats 10, 10130 Tallinn, Estonia
電話番号:+37-2644-3484
アクセス:タリン駅より徒歩13分この写真の記事を見る ≫

3.ラエコヤ広場

3.ラエコヤ広場
二宮 うらら

中世の面影が残るエストニア・タリンの旧市街は、まるでおとぎの国by 二宮 うらら

地図を見る

「ラエコヤ広場」は、旧市庁舎の前に広がる広場で、旧市街の中心スポットとなっています。中世当時は、祝いの場や処刑場としても利用されていた場所です。

現在では、周りにレストランやカフェが立ち並び、広場にはマーケットが出店する、市民の憩いの場となっています。冬にはクリスマスマーケットも開催されています。

<基本情報>
住所:Raekoja plats 1, 10146 Tallinn, Estonia
アクセス:タリン駅より徒歩8分この写真の記事を見る ≫

4.塔の広場

4.塔の広場
二宮 うらら

中世の面影が残るエストニア・タリンの旧市街は、まるでおとぎの国by 二宮 うらら

地図を見る

タリンの街をおとぎの国のように幻想的に仕上げているのは、何と言っても赤いとんがり屋根の塔でしょう。

タリンの街は13世紀後半から城壁が作られ、現在でもそれに囲まれています。幾たびの戦禍を免れてきたのはこの城壁のおかげです。そして、その城壁には20ほどの塔が建てられていますが、特に旧市街西側の「塔の広場」では保存状態の良い塔が見られます。

<基本情報>
住所:10133 Tallinn, Estonia
アクセス:タリン駅より徒歩4分この写真の記事を見る ≫

5.コフトウッツァ展望台

5.コフトウッツァ展望台
二宮 うらら

中世の面影が残るエストニア・タリンの旧市街は、まるでおとぎの国by 二宮 うらら

地図を見る

元々タリンの旧市街は、山の手のトーンペア地区と、下町とに分けられます。支配者や貴族が住んでいた山の手に「コフトウッツァ展望台」があります。ここからはタリンの旧市街が一望できます。

青空の下に広がるオレンジのかわいらしい屋根のコントラストは、絵画かポストカードのよう。タリンに来たならぜひ見てほしい景色です。

<基本情報>
住所:Kohtu 12, 10130 Tallinn, Estonia
アクセス:タリン駅より徒歩10分この写真の記事を見る ≫

6.太っちょマルガレータ

6.太っちょマルガレータ
Hiroko M

エストニア〜世界遺産タリン旧市街で気ままに街歩き〜by Hiroko M

地図を見る

タリンの港近くに建てられた、他の塔と比べてもずんぐりむっくりとしたこの塔は「太っちょマルガレータの塔」と呼ばれています。

元々は、外敵から町を守る砲塔として、その後は倉庫や監獄として使用されてきました。現在では海洋博物館となり、タリンの歴史が知れる貴重なスポットとなっています。

また、屋上からは旧市街や港を一望することもできます。

<基本情報>
住所:Pikk 70, 10133 Tallinn, Estonia
アクセス:タリン駅より徒歩10分この写真の記事を見る ≫

7.パットクリ展望台

7.パットクリ展望台
Hiroko M

エストニア〜世界遺産タリン旧市街で気ままに街歩き〜by Hiroko M

地図を見る

旧市街のトーンペア地区の最北端にある「パットクリ展望台」からは、タリンの街並みが一望できます。天気が良ければフィンランド湾までが見渡せます。アレクサンドル・ネフスキー大聖堂からも近いので、観光の合間に訪れて素敵な景色に魅了されましょう。

<基本情報>
住所:Rahukohtu, 10130 Tallinn, Estonia
アクセス:タリン駅より徒歩9分この写真の記事を見る ≫

8.市議会薬局

8.市議会薬局
Hiroko M

エストニア〜世界遺産タリン旧市街で気ままに街歩き〜by Hiroko M

地図を見る

ラエコヤ広場にある「市議会薬局」は、なんとヨーロッパ最古の薬局と言われています。1422年に創業したこの薬局では、展示コーナーにて当時使用されていた薬を見ることができます。それらはなんと“ユニコーンの角の粉末”や“ミイラの破片”など、現代では考えられないような薬が。

それだけでなく、薬局コーナーでは“失恋の治療薬”などという不思議な薬も売られています。お土産にもぴったりですね!

<基本情報>
住所:Raekoja plats 11, 10146 Tallinn, Estonia
アクセス:タリン駅より徒歩9分この写真の記事を見る ≫

9.聖オレフ教会

9.聖オレフ教会
二宮 うらら

中世の面影が残るエストニア・タリンの旧市街は、まるでおとぎの国by 二宮 うらら

地図を見る

タリンで最も高い塔、「聖オレフの塔」はかつては世界一の高さの建造物を目指していたというものです。その高さは現在は123.7mですが、16世紀には157mにも達し、本当に世界一の建造物となりました。当時タリンがいかに栄えていたかを象徴するような塔です。

ここは有料ですが、登ることができます。250段以上もの階段を上ると、息をのむような美しい景色が待っていますので、歩きやすい靴でぜひチャレンジしてみてください。

<基本情報>
住所:Lai 50, 10133 Tallinn, Estonia
アクセス:タリン駅より徒歩9分この写真の記事を見る ≫

10.のぞき見トム

10.のぞき見トム

エストニア・タリン旧市街のヘンな伝説!歩きながら探してみよう

地図を見る

ラエコヤ広場から北にあるピック通り。カフェやショップが並ぶ通りですが、この通りの25番地の前では、建物の上部に注目してください。

ピンク色の可愛らしい建物の左端に見える人形…これが「のぞき見トム」です。実はここにはかつて本当にトムという男性が住んでいて、通りの向かいの女性をのぞいていた、と言われているのです。少し気持ち悪い話ですが、観光として見るには面白いスポットですね。

<基本情報>
住所:Pikk 25,10133,Tallinn,Estonia
アクセス:タリン駅より徒歩9分この写真の記事を見る ≫

エストニア・タリンの観光はこれでキマリ!

エストニアの首都、タリンの旧市街でのおすすめ観光スポットを10選ご紹介しました。どこも現実の世界とは思えないような可愛らしいスポットばかりでおとぎの国に迷い込んだような体験ができます。

旧市街はこぢんまりとしていますので、徒歩で十分に見て周ることができます。石畳や急な坂道、階段がありますので歩きやすい靴で散策してみてくださいね。

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ