子連れで行くなら!香港のおすすめスポット10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

子連れで行くなら!香港のおすすめスポット10選

子連れで行くなら!香港のおすすめスポット10選

更新日:2019/02/07 10:45

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 温泉ソムリエ、子連れトラベラー

高層ビルが建ち並ぶ近代的な街並みや、看板がせり出すようにひしめく雑踏など都会的なイメージの強い都市「香港」。

子連れの旅先としてはイメージが湧きにくい場所かもしれませんが、実は香港には人気のテーマパークや美味しいスイーツなど子供にとってもワクワクするような魅力がいっぱい。飛行時間が短く交通網が発達しているのも嬉しいポイントです。ここではそんな香港での子連れおすすめスポットをご紹介します。

家族で楽しめる旅行先はこちら

1.香港ディズニーランド

1.香港ディズニーランド
木内 つばめ

日本未上陸アトラクションを乗り尽くせ!香港ディズニーランドby 木内 つばめ

子供が大好きなディズニーランド。国内では何度も行ったことがあるという人が多いのではないでしょうか。日本から一番近い、海外のディズニーがこちら「香港ディズニーランド」。

日本未上陸のアトラクションもあるため、いつもとは違った魅力に大人も子供も楽しめること間違いなし!日本ほど混んでいないので、並ぶことなく多くのアトラクションが楽しめるのも嬉しいポイントです。

写真提供:Hong Kong Disneyland Marketing

〈基本情報〉
住所:Hong Kong Disneyland, Lantau Island, Outlying Islands
電話番号:+852 183 0830この写真の記事を見る ≫

2.九龍公園

2.九龍公園
やま かづ

まさしく都会のオアシス!香港・九龍公園は憩いのスポットby やま かづ

香港で一番の繁華街、尖沙咀(チムサーチョイ)。そのエリアの真ん中にある「九龍公園」はローカル達の憩いの場として愛されている公園です。

子供連れで人混みを歩くのは疲れるものですが、ここではほっと一息、子供も思う存分走り回ることができますよ!公園内にはテーブルやベンチもあるので、周辺でテイクアウトした食べ物を持ちこんでピクニック気分も素敵ですね。

〈基本情報〉
住所:香港九龍尖沙咀柯士甸道22號(近海防道)
電話番号:27243344この写真の記事を見る ≫

3.香港公園

3.香港公園
木内 つばめ

こんなところにあるの!?摩天楼に隠れたオアシス「香港公園」by 木内 つばめ

九龍公園に比べて知名度も低く、穴場感のある「香港公園」。一等地・金鐘(アドミラルティー)の山の中腹に建つ、人々のオアシスです。80種類以上もの鳥たちに会えるバード園や豊富な種類の遊具が設置されたプレイグランドなど子供が喜ぶ要素がいっぱい。高層ビル群から抜け出て、大人も心安らぐひとときが味わえますよ。

〈基本情報〉
住所:香港中区紅棉路19号
電話:+852-2521-5041
時間:6:00〜23:00(温室及びバード園は9:00〜17:00)
アクセス:金鐘駅の出口C1から徒歩約5分この写真の記事を見る ≫

4.ビクトリアピーク

4.ビクトリアピーク
花瀬 めぐみ

100万ドルの夜景を香港島最高峰で!ヴィクトリア・ピークby 花瀬 めぐみ

世界三大夜景と称される「ヴィクトリア・ピーク」からの夜景。もちろん香港を訪れる全ての人におすすめしたいスポットではありますが、山頂までのアクセスに使われるピーク・トラムは子供が喜ぶ珍しい乗り物です。急こう配をトラムに揺られて登るのは、わくわくするひと時。頂上には絶景が待ち受けています。

頂上のピーク・タワーには日本でもお馴染みのマダム・タッソー蝋人形館が。香港の映画スターの人形もあるので写真撮影をお忘れなく!

写真提供:G.Benz

〈基本情報〉
住所:香港香港島太平山頂
電話番号:28490668この写真の記事を見る ≫

5.スターフェリー

5.スターフェリー
やま かづ

香港を乗り倒し!ビクトリアピークへのプチ旅行を楽しもう!!by やま かづ

子供が喜ぶ乗り物といえば、忘れてならないのが「スターフェリー」の存在です。九龍島と香港島の二つの半島からなる香港ですが、間をピストン輸送する市民の足がこちらのフェリー。気軽に誰でも利用することができますよ。

ビクトリアハーバーの真ん中で両岸を眺めることができるのはフェリーならではの醍醐味。短時間ではありますが、日本では味わうことのできない水上での移動に子供のテンションもあがります。この写真の記事を見る ≫

6.シンフォニーオブライツ

6.シンフォニーオブライツ
岸田 実鳥

進化する光と音楽のイベント!香港「シンフォニーオブライツ」by 岸田 実鳥

世界最大の光と音のショーとしてギネスブックにも認定された香港名物「シンフォニーオブライツ」。ビクトリアハーバーの両岸が、音楽に合わせ美しい光で彩られます。

テーマパークの中でしか見られないような景色に大人も子供もウットリ。ハーバー沿いの至るところから鑑賞することができますよ。

〈基本情報〉
場所:ビクトリア・ハーバー沿いのエリア
時間:毎晩20:00〜(約10分間)この写真の記事を見る ≫

7.ランガムプレイス

7.ランガムプレイス
やま かづ

存在感ありすぎ!香港の下町に巨大な岩の要塞「ランガムプレイス」by やま かづ

香港の下町、旺角(モンコック)に位置する複合施設「ランガムプレイス」。駅から直結しており、レストランやショップ目的に多くの人々が訪れます。岩をコンセプトにした特徴ある外観も存在感抜群。フードコートも充実しているので、子供連れでも気軽に食事が楽しめます。

〈基本情報〉
施設:ランガムプレイス(朗豪坊 / Langham Place)
場所:8 Argyle Street, Mong Kok
営業:11:00-23:00(但し、店舗により異なる)この写真の記事を見る ≫

8.大澳

8.大澳
キヨコ パーマー

いつもと違う香港へ!水上家屋が並ぶレトロな漁村「ランタオ島・大澳」by キヨコ パーマー

都会の喧騒から抜け出てちょっと変わったエリアを試してみたい人にお勧めしたいのが、香港国際空港があるランタオ島の西の端に位置する漁村「大澳(タイオー )」。

水上に浮かぶ家屋の街並みはどこか懐かしく、またピンクのイルカが出現することでも知られています。動物好きの子供には、是非とも見せてあげたい珍しい生き物。出会うことができたら一生の思い出となりそうですね!

写真提供:香港政府観光局この写真の記事を見る ≫

9.糖朝

9.糖朝
結月 ここあ

世界一安いミシュラン獲得レストランも、至福の香港グルメ!by 結月 ここあ

子供がいる旅行だと、どうしても気を遣うのが食事に関しての問題。豊富な種類のある香港グルメですが、至るところでお粥がメニューにあるということが、小さい子供にとっても嬉しいポイントですね。

お腹を満たしたら定番「糖朝」のマンゴープリンがおすすめ。見た目もかわいく、なめらかな口どけは誰しもが夢中になること間違いなし!環境の違いに疲れた子供にもリフレッシュできるひとときを与えてあげたいものですね。

〈基本情報〉
住所:Tsim Sha Tsui, Hankow Rd, 28號 地下 Hong Kong Pacific Centre
電話番号:+852-2199-7799
アクセス:MTR 尖沙咀駅A1出口より徒歩3分この写真の記事を見る ≫

10.香港湿地公園

10.香港湿地公園
大里 康正

香港湿地公園は都会のオアシス!マングローブと生き物たちby 大里 康正

香港の中心地から電車やバスで約1時間の距離にある「香港湿地公園」は、高層ビルの立ち並ぶ香港のイメージをくつがえす、自然に溢れた都会のオアシス。

多くの虫や小動物の姿を目にすることができるので、子供も喜ぶこと請け合いです。敷地内の建物には海水魚の水槽もあるので、珍しい魚に出会えるかもしれませんよ。

〈基本情報〉
住所:香港新界天水圍湿地公園道
電話:+010-852-3152-2666
アクセス: MTR「メイフー (Mei Foo) 」駅で九廣西鉄(KCR West Rail)に乗り換え。天水圍(Tin Shui Wai) 駅で軽便鉄路(LRT)に乗り換え、湿地公園(Wetland Park)下車この写真の記事を見る ≫

子連れで行きたい香港のスポットはこれでキマリ!

近代的な高層ビルが並ぶ大都会、香港ですが子連れでも楽しむことができるということをお分かりいただけましたでしょうか。

賑やかな街並みを歩くのも香港の魅力ですが、合間合間に公園などでの休憩をはさんで、子供にとっても無理のないスケジュールを心掛けてみては。キラキラ輝く街で、家族でのとっておきの思い出を作ってくださいね!

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ