絶対行きたい!隈研吾氏による日本の建築作品おすすめ10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

瀬田 エリーのプロフィール写真 瀬田 エリー 親子旅インフルエンサー、ホテルステイ研究家

世界的にも有名な建築家・隈研吾氏。あの新国立競技場の設計を手掛けたことはあまりにも有名ですが、日本には他にも隈研吾氏の建築作品がたくさんあります。

そこで、有名作品から「こんな所まで?」と驚くものまで、日本全国北から南までおすすめをご紹介。これを読んであなたも今すぐにでも行きたくなること間違いなし!

    1.南三陸さんさん商店街/宮城県本吉郡

    1.南三陸さんさん商店街/宮城県本吉郡
    彰 伴治

    「隈研吾」氏デザイン!宮城「南三陸志津川さんさん商店街」の魅力をたっぷりご紹介!by 彰 伴治

    地図を見る

    東日本大震災の5年後、10mの盛土の地面の上に造られた「南三陸さんさん商店街」。南三陸杉を使用した25を超える店舗は、縁側がついており、志津川湾を一望できる建物の配置になっています。にぎやかで人のあたたかみにあふれ、海を近くに感じられる、地元民と隈研吾氏の強い思いが込められたスポットです。

    <基本情報>
    住所:宮城県本吉郡南三陸町志津川五日町51
    電話番号:0226-25-8903
    アクセス:三陸自動車道「志津川IC」から5分、JR仙台駅から高速バスで約1時間30分この写真の記事を見る ≫

    2.銀山温泉 藤屋/山形県尾花沢市

    2.銀山温泉 藤屋/山形県尾花沢市
    Happy ブンブン

    銀山温泉の中心部にある「藤屋」は世界的建築家設計のデザイナーズ旅館by Happy ブンブン

    地図を見る

    客室8室、5つの貸切風呂を持つプライベート感の高い「藤屋」。銀山川沿いに建つ木造三層造りで、館内は、簾虫籠(すむしこ)と呼ばれる透過性の高い細い竹格子に囲まれており、開放的でやわらかい灯りに包まれています。繊細で美しい表情の建築技法が、心から寛げる大人の空間を作り出している旅館です。この写真の記事を見る ≫

    3.サニーヒルズ南青山店/東京都港区

    3.サニーヒルズ南青山店/東京都港区
    Naoyuki 金井

    オシャレで無料!青山サニーヒルズの台湾パイナップルケーキby Naoyuki 金井

    地図を見る

    台湾の人気パイナップルケーキ店「サニーヒルズ」の東京支店、「サニーヒルズ南青山店」。表参道の中でもひと際目をひく外観は、日本の木造建築に伝わる"地獄組み"というジョイントシステムを用いたもの。2階のカフェスペースはこもれびや夕暮れの光が差し込み、ヒノキの香りとともにどこかやわらかであたたかい雰囲気になっています。

    <基本情報>
    住所:東京都港区南青山3-10-20
    電話番号:03-3408-7778
    アクセス:東京メトロ表参道駅A4出口から徒歩約7分
    営業時間:11:00〜19:00この写真の記事を見る ≫

      4.東京大学大学院 ダイワユビキタス学術研究館/東京都文京区

      4.東京大学大学院 ダイワユビキタス学術研究館/東京都文京区
      安藤 美紀

      極限のぷるぷる!東京大学の「廚菓子くろぎ」で出会う賞味期限30分の蕨もちby 安藤 美紀

      地図を見る

      学生でなくても散策が楽しめる東京大学本郷キャンパス。大学院の学際情報学府教育研究棟が「ダイワユビキタス学術研究館」です。建物前の路地や裏にある日本庭園とのバランスも考えられた、大学とは思えない大胆なデザインの中にも、心が整う落ち着いた雰囲気が魅力。必訪すべきは1階カフェスペース「厨菓子くろぎ」。看板メニューのわらびもち、葛切りは絶品です。

      <基本情報>
      住所:東京都文京区本郷7-3-1
      電話番号:03-5802-5577(厨菓子くろぎ)
      アクセス:丸ノ内線・大江戸線本郷3丁目駅から徒歩約5分この写真の記事を見る ≫

      5.根津美術館/東京都港区

      5.根津美術館/東京都港区
      いくら さとみ

      ここが東京!?美しすぎる日本庭園とカフェ「根津美術館」by いくら さとみ

      地図を見る

      実業家・初代根津嘉一郎のコレクションを元に開館した「根津美術館」。国宝、重要文化財を含む古美術品を楽しむことができます。日本家屋風の大屋根や竹のアプローチ空間は、隈研吾氏らしいモダンさたっぷり。大きなガラス窓により、広大な庭園と一体した展示空間が作られており、四季の移り変わる様子も含めまさにすべてが芸術。静かで清々しい気持ちになれるスポットです。

      <基本情報>
      住所:東京都港区南青山6-5-1
      電話番号:03-3400-2536
      アクセス:地下鉄表参道駅から徒歩8分
      開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
      入館料:
      (特別展)大人1300円/学生(高校生以上)1000円
      (企画展)大人1100円/学生(高校生以上)800円この写真の記事を見る ≫

      6.COEDA HOUSE/静岡県熱海市

      6.COEDA HOUSE/静岡県熱海市
      野水 綾乃

      隈研吾デザインの絶景カフェ!熱海「COEDA HOUSE」で海とひとつにby 野水 綾乃

      地図を見る

      人気の観光スポット"アカオハーブ&ローズガーデン"内にある絶景カフェ「COEDA HOUSE」。店内の中心には角材を積み上げた一本の樹木のような柱があり、耐震機能も果たしているそう。これにより、太い柱がなく海と空を一望できる絶景が生まれているのです。建物が海とガーデンの景色に溶け込み、木の下に人々が集うという思いの込められた、寛げるカフェになっています。

      <基本情報>
      住所:静岡県熱海市上多賀1027-8
      電話番号:0557-82-1221
      アクセス:沼津IC/御殿場IC/厚木ICから約1時間
      開園時間:9:00〜17:00(入園は16:00まで)
      ※"アカオハーブ&ローズガーデン"は入園料金がかかりますこの写真の記事を見る ≫

        7.TOYAMAキラリ/富山県富山市

        7.TOYAMAキラリ/富山県富山市
        藍色 しっぽ

        富山県の新観光名所!富山市ガラス美術館を楽しむための見どころガイドby 藍色 しっぽ

        地図を見る

        「TOYAMAキラリ」は、ガラス美術館、図書館などを含む複合ビル。吹き抜けの空間では、自然光を最大限に活用できるように木が斜めに施されており、堅苦しい雰囲気はまったくない、明るく開放的な空間になっています。ビル内にはカフェ、ミュージアムショップなどもあり、長時間心地良く過ごすことのできる富山の新名所とも言えるでしょう。

        <基本情報>
        住所:富山県富山市西町5-1
        アクセス:北陸自動車道「富山IC」から約15分
        観覧料(ガラス美術館):一般・大学生200円この写真の記事を見る ≫

        8.雲の上のホテル/高知県高岡郡

        8.雲の上のホテル/高知県高岡郡

        今話題の「隈研吾」設計。雲の上のホテルは木の香り漂う高知の隠れ家

        地図を見る

        高知県西部の山あい、梼原町(ゆすはらちょう)にある「雲の上のホテル」。地元産の杉を使った木造建築で、雲をイメージした屋根や大胆な空間デザインが特徴です。木の香り漂うメゾネットタイプのロイヤルルームも魅力的。他にもホテル併設のギャラリー、図書館など、町内の数々の設計に携わっており、この町そのものが見どころたっぷりの観光スポットになっています。この写真の記事を見る ≫

        9.亀老山展望台/愛媛県今治市

        9.亀老山展望台/愛媛県今治市
        いずみ ゆか

        自転車よりも車が断然便利な「しまなみ海道」絶景ベストスポット!by いずみ ゆか

        地図を見る

        しまなみ海道にある絶景展望台「亀老山展望台」。隈研吾氏の"見えない建築物"とも言われている秀作で、展望台自体を地中に埋める形で作られており、360度の大パノラマを堪能できる設計になっています。来島海峡大橋を真下に望み、今治の町並みや高縄半島、晴れた日には西日本最高峰の石鎚山まで見渡せる、しまなみ海道最高の眺望と言われるスポットです。

        <基本情報>
        住所:愛媛県今治市吉海町名
        電話番号:0897-84-2111(今治市役所吉海支所)
        アクセス:瀬戸内しまなみ海道「大島北IC」から15分、または「大島南IC」から10分この写真の記事を見る ≫

          10.ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート/長崎県長崎市

          10.ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート/長崎県長崎市

          ラグジュアリーに夜景を楽しむ「ガーデンテラス長崎 ホテル&リゾート」

          地図を見る

          夜景スポットとして有名な稲佐山の中腹にある「ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート」。屋根、壁面、大小のガラス窓などの計算されたランダムな配置が、スタイリッシュながらも落ち着ける雰囲気になっています。客室、レストラン、ロビーなど、すべて長崎港のオーシャンビューと夜景を堪能するために設計された、リゾート感漂う大人のためのラグジュアリーホテルです。この写真の記事を見る ≫

          隈研吾氏のおすすめ建築作品はこれでキマリ!

          彼の作品のすべてにおいて、見た目がアーティスティックでおしゃれであることは言うまでもありませんが、実はそこに住む人、訪れる人、利用する人、すべての立場が考えられた、奥の深いものばかりですよね。

          もちろんご紹介した以外にも、そして海外にも彼の作品は数えきれないほど。「和の大家」とも言われる日本らしさあふれる芸術的な作品の数々を訪れる旅に、あなたも出かけてみませんか?

          2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

            - PR -

            旅行プランをさがそう!

            このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

            条件を指定して検索

            LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

            - PR -

            旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
            この記事に関するお問い合わせ

            - PR -