全部見てみたい!ヨーロッパのおすすめ世界遺産10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

全部見てみたい!ヨーロッパのおすすめ世界遺産10選

全部見てみたい!ヨーロッパのおすすめ世界遺産10選

更新日:2019/02/14 20:33

Akiko Nilsenのプロフィール写真 Akiko Nilsen 世界遺産検定2級

世界中で1000件を超える世界遺産が登録されていますが、その登録地の多くを占めるのはヨーロッパ。世界遺産登録数ランキングを見ても、上位20か国中半数をヨーロッパの国々が占めています。そんなヨーロッパの世界遺産の中で、特におすすめの場所をご紹介します。どれも、スケールの大きさや歴史の深さに感動すること間違いなしです。

    1.ローマ歴史地区(イタリア)

    1.ローマ歴史地区(イタリア)

    美しすぎる!内部も大迫力な「ローマ歴史地区」の建築物4選

    地図を見る

    イタリアの首都ローマは、街全体が遺跡と言っても過言ではないほど歴史的建造物があふれる街。そんなローマの街は、ヴェネチア広場を中心に半径約3キロメートルに渡って世界遺産として登録されています。コロッセオやパンテオンなど、そのスケールに圧倒されること間違いなしです。イタリアに行くなら外せない世界遺産です。この写真の記事を見る ≫

    2.バチカン市国(バチカン市国)

    2.バチカン市国(バチカン市国)
    さとう みゃーお

    圧巻の絶景!バチカン「サン・ピエトロ大聖堂」クーポラ頂上からの眺めは必見!by さとう みゃーお

    地図を見る

    イタリア、ローマの中に悠然と構えるカトリック教会の総本山・バチカン市国。ここは国全体が世界遺産に登録されています。国と言ってもその面積は約0.44平方キロメートル、なんとディズニーシーより少し小さい広さです。その中にミケランジェロやラファエロ、レオナルド・ダ・ヴィンチなど巨匠の名作や、歴史的価値の高い作品がひしめき合っています。この写真の記事を見る ≫

    3.サグラダファミリア(スペイン)

    3.サグラダファミリア(スペイン)
    まつり はるこ

    バルセロナ観光の目玉「サグラダ・ファミリア」を味わい尽くせ!by まつり はるこ

    地図を見る

    言わずと知れたスペイン・バルセロナの有名建築家、ガウディによって建築された建物群と建築中のサグラダ・ファミリア。建築中の段階で世界遺産に登録された稀有な建物です。

    サグラダ・ファミリアは、自然に魅了され自然を師として讃えたガウディの思いが詰まった大聖堂。唯一無二のこの建造物は実際に見てみるとその壮大なスケールに感動すること間違いありません。この写真の記事を見る ≫

      4.モスクワのクレムリンと赤の広場(ロシア)

      4.モスクワのクレムリンと赤の広場(ロシア)
      大竹 進

      夜景もおすすめ!モスクワ観光の目玉「赤の広場」を囲む荘厳な建物by 大竹 進

      地図を見る

      ロシアの首都、モスクワにあるクレムリンと赤の広場。クレムリンは「城塞」という意味で、赤の広場は「赤」という言葉に元々「美しい」という意味もあったことから、「美しい広場」という意味で名づけられました。

      その名の通り美しいだけでなく、かつては社会主義体制の聖地とされたり現在も政府機関が集まる、ロシアの中心地として長い間人々に愛されている地です。

      聖ワシリイ大聖堂の玉ねぎ型ドームは一見の価値ありです。この写真の記事を見る ≫

      5.モン・サン=ミッシェル(フランス)

      5.モン・サン=ミッシェル(フランス)
      大里 康正

      世界遺産・モンサンミッシェル観光は1泊し光の変化を楽しもうby 大里 康正

      地図を見る

      フランス北東部にある、カトリック教徒の巡礼地であるモン・サン=ミッシェル。かつては、満潮時には本土と引き離され孤立してしまう場所だったため、多くの巡礼者が命を落とすこともありました。現在は、橋が整備されいつでも渡れるようになっています。

      島の大部分を占める修道院と昔ながらの様相を残す街並みは、中世にタイムスリップしたような感覚に陥ります。この写真の記事を見る ≫

      6.ケルン大聖堂(ドイツ)

      6.ケルン大聖堂(ドイツ)
      Mizuki Yoshi

      タワーと宝物館と併せて3度感動!世界遺産「ケルン大聖堂」by Mizuki Yoshi

      地図を見る

      世界最大のゴシック様式の建築物であるケルン大聖堂は、正面のファサードと二つの尖塔が圧巻です。建物自体の美しさ、保存状態の良さもさることながら、建物内部には宝物館があり見学することができます。

      タワーに登ることもできますので、様々な楽しみ方のできる大聖堂です。アドヴェントの時期にはクリスマスマーケットも大聖堂前で開催されます。この写真の記事を見る ≫

        7.シェーンブルン宮殿(オーストリア)

        7.シェーンブルン宮殿(オーストリア)
        Hiroko Oji

        ウィーンの誇り!世界遺産「シェーンブルン宮殿」奥には広大な庭園がby Hiroko Oji

        地図を見る

        ハプスブルク家の繁栄によって発展したオーストリアの首都、ウィーン。音楽の都として現在でも多くの芸術ファンが訪れるウィーンの南西部に、美しい宮殿が佇んでいます。この宮殿は17世紀末に皇帝レオポルト1世によって作られ、後の女帝マリア・テレジアが大改築を行い完成したシェーンブルン宮殿。宮殿自体の美しさはもちろん、奥に広がる庭園も見応えがあります。この写真の記事を見る ≫

        8.ストーンヘンジ(イギリス)

        8.ストーンヘンジ(イギリス)
        渡部 洋一

        ロンドンから日帰りで!世界遺産ストーンヘンジで巨石文明の謎に触れてみる!by 渡部 洋一

        地図を見る

        イギリス・ロンドンより西へ約200キロメートル、だだっぴろい草原に突如として現れるストーンサークル。誰が、何のために、どうやって建てたのか未だにわかっていない不思議な遺跡です。

        ロンドンから日帰りできる距離にあるだけでなく、人気の観光地バースの近くにあるので、バース観光の途中に寄るのもおすすめです。この写真の記事を見る ≫

        9.ドブロブニク旧市街(クロアチア)

        9.ドブロブニク旧市街(クロアチア)
        大竹 進

        クロアチアの世界遺産、アドリア海の真珠ドブロヴニク!by 大竹 進

        地図を見る

        「アドリア海の真珠」という異名を持つアドリア海に面した美しい旧市街、ドブロブニク旧市街は1979年世界遺産に登録されました。中世より貿易によって発展した旧市街は、オレンジ色の屋根の建物や城壁などが今なお残っています。

        この旧市街は、17世紀に起きた大地震によって被害を受けただけでなく、1991年から続いた旧ユーゴスラビア諸国の内戦によって壊滅的な被害を受け、1998年まで「危機遺産」に登録されました。その後、市民の努力によって見事に美しさを取り戻した様子は必見です。この写真の記事を見る ≫

          10.アテネのアクロポリス(ギリシャ)

          10.アテネのアクロポリス(ギリシャ)
          Hiroko Oji

          アテネ市街を見渡す古代遺跡「アクロポリス」世界遺産のパルテノン神殿は必見!by Hiroko Oji

          地図を見る

          ギリシャの首都アテネにあるアクロポリスの丘。三方を断崖絶壁に囲まれた海抜150メートルの巨大な岩の上という、天然の要塞に相応しい場所に神殿や砦が築かれています。その歴史は何と紀元前6000年頃まで遡るという、驚きの遺跡です。

          観光のメインとなるのはパルテノン神殿。イオニア式やドーリア式といった古代ギリシャ建築が今なお見られる貴重な神殿です。劣化が激しいので、欧州連合が協力しながら再建に努めています。この写真の記事を見る ≫

          ヨーロッパの世界遺産はこれでキマリ!

          ヨーロッパにある世界遺産のなかでも、特におすすめの場所をご紹介しました。町全体が世界遺産に登録されていたり、紀元前数千年前の建造物が今なお残っているところなど、バリエーション豊かで飽きさせません。

          ヨーロッパ観光をご検討の場合はこれらの世界遺産を目的に訪れてみてはいかがでしょうか。

          2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

            - PR -

            旅行プランをさがそう!

            このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

            条件を指定して検索

            LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

            - PR -

            旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
            この記事に関するお問い合わせ