片道2時間半で行けるヨーロッパ!ウラジオストクのおすすめ観光スポット10選

片道2時間半で行けるヨーロッパ!ウラジオストクのおすすめ観光スポット10選

更新日:2020/04/30 15:47

瀬田 エリーのプロフィール写真 瀬田 エリー 親子旅インフルエンサー、ホテルステイ研究家

日本から直行便で約2時間半、気軽に行けるヨーロッパの港町、ロシアのウラジオストク。シベリア鉄道の始点であり、ヨーロッパとアジアの雰囲気が入り混じるエキゾチックで独特な雰囲気が魅力です。

ロシアやヨーロッパ旅行の起点にもおすすめですが、まだまだ知られざる魅力がたくさん。今海外旅行に行くのは難しいですが、落ち着いたらぜひ訪れてみたい、ウラジオストクのおすすめスポットを紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

旅行に必要な日数と費用はどれくらいかかる?

旅行に必要な日数と費用はどれくらいかかる?
提供元:LINEトラベルjp編集部地図を見る

東京からウラジオストクまでは、アエロフロート・ロシア航空とS7航空の直行便が毎日運航しています。東京からウラジオストクまでの飛行時間は約2時間半。関空からも便がありますがこちらは週に1〜2便のみ。韓国経由だと航空券代もかなり安くなりますが、総飛行時間が長くなる傾向にあるのが難点。

ウラジオストクだけなら飛行機のスケジュールにもよりますが、現地への移動時間を含めても成田発2泊3日が基本。添乗員同行のツアーなら最安値で7万9000円〜(2019年9月現在)。

女性一人旅でも大丈夫?治安と服装について

女性一人旅でも大丈夫?治安と服装について
一番ヶ瀬 絵梨子

クラフトビールが大人気!ロシア・ウラジオストクでもビール三昧by 一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

外務省海外安全ホームページによると、ウラジオストクが属する沿海地方はレベル1「十分注意してください。」となっています(2019年9月現在)。ロシアの中でも治安は比較的良く、旅行しやすいエリアといえるでしょう。

ただ旅行者として気をつけるべきことは、一人で夜遅くに出歩かないとかスリに注意したりなど、他の国と同じ。ただし、渡航前にはきちんと調べておくのが大事です。 あと鉄道駅や空港、警察官などを撮影する際は気をつけましょう。スマホであっても避けたほうが無難です。 この写真の記事を見る ≫

ウラジオストクの気候は?夏と冬で気候が違う

ウラジオストクの気候は?夏と冬で気候が違う
大山 平助

とにかく大きいぞ!ウラジオストク「プリモルスキー水族館」by 大山 平助

地図を見る

降水量は日本と同じく夏が最も多く、冬は乾燥しています。夏の平均最高気温は23度と北海道と同じような気候ですが、冬の平均最低気温はマイナス15度。春と秋であっても気温の寒暖差が激しいので、防寒具はきちんと用意していきましょう。

ベストシーズンは6〜8月。30度を超える日もありますが過ごしやすい夏は観光には適したシーズンです。海水浴が楽しめる日もありますよ! この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1.ウラジオストク駅

1.ウラジオストク駅
makana airi

日本から2時間半で行けるヨーロッパ!?ウラジオストクの見どころby makana airi

地図を見る

町の中心に建つ「ウラジオストク駅」。シベリア鉄道のまさに起点の駅であり、クラシカルな雰囲気の駅舎が魅力です。引退したSL車両や乗り入れのあるロシアらしい車両を見るのも楽しめるスポット。待合室の雰囲気は、まるで美術館のよう。天井画も必見です。

<基本情報>
住所:Ulitsa Aleutskaya, 2, Vladivostok, Primorskiy kray, Russia 690007 この写真の記事を見る ≫

2.ポクロフスキー聖堂

2.ポクロフスキー聖堂

ベールを脱いだ極東ロシアの軍港都市・ウラジオストク!

地図を見る

ゴールドとブルーのクーポラが印象的な「ポクロフスキー聖堂」。ロシア正教会の教会で、その美しい佇まいはウラジオストクを訪れたなら必ず見ておきたいもの。毎週日曜日の午前中はミサがあり、より荘厳な雰囲気を味わうことができます。女性はスカーフを頭にかぶって見学しましょう。

<基本情報>
住所:Okeanskiy Prospekt, 44, Vladivostok, Primorskiy kray, Russia 690091
電話番号:+7 423 243-59-25 この写真の記事を見る ≫

3.鷲の巣展望台

3.鷲の巣展望台
大山 平助

歴史ある絶景ケーブルカーで行こう!ウラジオストク「鷲の巣展望台」by 大山 平助

地図を見る

半島に突き出たウラジオストクの港を一望できるスポットとして人気なのが「鷹の巣展望台」です。展望台からはモダンな金角湾大橋や緑豊かなルースキー島を眺めることができ、夕方になるとライトアップも堪能できますよ!

<基本情報>
住所:Eagle’s Nest Mount, Vladivostok
アクセス:中央広場から徒歩で麓のケーブルカー駅まで行く場合は30分程度。市内バスターミナルから鷲の巣展望台近くのバス停まではバスで約10分。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

4.アドミラーラ・フォーキナ通り

4.アドミラーラ・フォーキナ通り
一番ヶ瀬 絵梨子

イクラのクレープ!ウラジオストクで食べたいブリヌイの名店「ウフ・トゥイ・ブリン」by 一番ヶ瀬 絵梨子

地図を見る

ウラジオストクのメインストリート「アドミラーラ・フォーキナ通り」。レトロな建物のレストランやカフェ、ショップが並び、にぎやかなヨーロッパらしい雰囲気が漂っています。点在する噴水にも癒されるスポット。夕暮れ時は通りの先に見える海に沈む太陽が美しく、おすすめです。

<基本情報>
住所:Ulitsa Admirala Fokina, Vladivostok , Primorskiy kray, Russia 690091 この写真の記事を見る ≫

5.アルセーニエフ記念沿海州総合博物館

5.アルセーニエフ記念沿海州総合博物館
羽田 さえ

アムールトラに戦車、潜水艦も!ウラジオストクの博物館3選by 羽田 さえ

地図を見る

ロシアの探検家アルセーニエフの名が付けられた「アルセーニエフ記念沿海州総合博物館」。ロシア沿海地方の歴史や自然、先住民族などの考古学品が数多く展示されています。民族衣装やアムールトラの剥製などめずらしく見応えのある展示品ばかりで、楽しみながらウラジオストクの歴史に触れることができます。

<基本情報>
住所:Svetlanskaya St, 20, Vladivostok, Primorskiy kray, Russia, 690091
電話番号:+7 423 241-11-73
開館時間:10:00〜19:00 この写真の記事を見る ≫

6.マリインスキー沿海州劇場

6.マリインスキー沿海州劇場
ゐさ よりこ

世界最高峰のバレエをウラジオストク「マリインスキー沿海州劇場」で観るby ゐさ よりこ

地図を見る

世界的に有名なバレエ団の一つである"マリインスキー・バレエ"の公演を鑑賞できる「マリインスキー沿海州劇場」。近代的な外観、最新の舞台装置などが揃う一方、劇場内は重厚感がありクラシカル。想像以上にリーズナブルに本場のバレエを生で見ることができるでしょう。

<基本情報>
住所:Fastovskaya Ulitsa, 20, Vladivostok, Primorskiy kray , Russia
電話番号:+7 423 240-60-60 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

7.潜水艦C-56博物館

7.潜水艦C-56博物館
羽田 さえ

アムールトラに戦車、潜水艦も!ウラジオストクの博物館3選by 羽田 さえ

地図を見る

実際に軍事航海で使われていた潜水艦そのものが博物館になっている「潜水艦C-56博物館」。(Cはキリル文字でアルファベットのSにあたるので"エス-56"と読みます。)魚雷発射管の中をのぞいたり、乗組員が使っていた宙吊り式2段ベッドなどを見学できます。軍事都市としての歴史や当時の息づかいを感じられるような、興味深いスポットになっています。

<基本情報>
住所:Korabel’naya Naberezhnaya, Vladivostok, Primorskiy kray, Russia 690091
電話番号:+7 423 221-67-57 この写真の記事を見る ≫

8.ウラジオストク要塞博物館

8.ウラジオストク要塞博物館
羽田 さえ

アムールトラに戦車、潜水艦も!ウラジオストクの博物館3選by 羽田 さえ

地図を見る

町の高台に建つ「ウラジオストク要塞博物館」。戦車、魚雷、武器などなかなか見られないめずらしい展示品に出会うことができる、ダイナミックで迫力のあるスポットです。海を見下ろしながら要塞を歩くと、意外にもゆっくり散策でき町全体の雰囲気を味わえます。近くには海が見えるテラスやカフェもありますよ。

<基本情報>
住所:Batareynaya Ulitsa, 4 А, Vladivostok, Primorskiy kray, Russia 690091 この写真の記事を見る ≫

9.スハノフの家博物館

9.スハノフの家博物館
大山 平助

家族の物語がここにある!ウラジオストク「スハノフの家博物館」by 大山 平助

地図を見る

「スハノフの家博物館」は19世紀の木造邸宅を博物館として公開している貴重なスポット。館内は当時使用されていた家具や調度品などで溢れ、まるで時代に取り残されたような空間が!現在のモダンな街を歩くだけでは見えてこない、古き良き暮らしを覗いてみてはいかがでしょうか?

<基本情報>
住所:Ulitsa Sukhanova 9
電話番号:+7-423-243-28-54
アクセス:中心部から徒歩で15分程度。16ts番バスや68番バスも近くを通ります。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

10.プリモルスキー水族館

10.プリモルスキー水族館
大山 平助

とにかく大きいぞ!ウラジオストク「プリモルスキー水族館」by 大山 平助

地図を見る

街の南に浮かぶルースキー島。ここにはロシア最大級の水族館「プリモルスキー水族館」があります。週末は子連れ客でいつもいっぱい!ウラジオストクにあるだけであって、周囲のアムール川やバイカル湖、日本海などの水中生物を見ることができます。

もちろん水族館としても敷地も広く、水槽や魚の種類も多いのですが、注目は展示物の「大きさ」!とにかく見応え抜群ですよ。

<基本情報>
住所:Russky Island
電話番号:+79247320122
アクセス:中心部のバス停から15番バスで終点の「プリモルスキー・オケアナリウム(水族館)」までは約1時間。バス停から水族館までは1kmほど距離がありますが、シャトルバスも運行しています。 この写真の記事を見る ≫

ウラジオストクのおすすめスポットはこれでキマリ!

最後に、ウラジオストクの気候について。沿海地方なので霧がよく出る日もありますが、秋は霧があまり出ず空気が澄んでいて、美しい港町の景色をより楽しめるのでおすすめです。

また、ウラジオストクの中心部では、冬でも雪は降ることはあまりなく、時々降ってもすぐに溶けるとのこと。もちろん気温は低いので、帽子や手袋はお忘れなく。

時差も1時間と、意外すぎるほど訪れやすい町・ウラジオストク。ご紹介したスポットは2日もあれば充分回ることができます。落ち着いたらあなたも知る人ぞ知る魅力を見つけに、ぜひ訪れてみてください!

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -