世界遺産にあふれた国イタリア!訪れるべきスポット10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界遺産にあふれた国イタリア!訪れるべきスポット10選

世界遺産にあふれた国イタリア!訪れるべきスポット10選

更新日:2019/02/28 09:15

Akiko Nilsenのプロフィール写真 Akiko Nilsen 世界遺産検定2級

2019年2月現在、イタリアは50件以上も世界遺産に登録されています。その多くはローマ帝国時代の遺跡、そしてカトリック教会関連の建造物です。街全体が世界遺産となっているところもあり、まさに「道を歩けば世界遺産にぶつかる」状態です。

そこで今回は、LINEトラベルjpナビゲーターが徹底現地取材した、イタリアでおすすめの世界遺産をご紹介します。

1.ポンペイ

1.ポンペイ

世界遺産ポンペイ。火山灰に埋もれていたタイムカプセルの街で古代ローマを散策する!

地図を見る

ナポリ近郊にあった街「ポンペイ」は、紀元1世紀に起きたヴェスヴィオ火山の噴火により、一瞬にして火山灰に埋もれてしまいました。しかし、そのおかげで当時の建物や壁画などが風化することなく保存されることとなり、約2000年経った今でもなおその形をとどめています。

街全体が世界遺産のため、見て回るには2〜3時間を要しますので、時間には余裕をもって観光しましょう。この写真の記事を見る ≫

2.フィレンツェ歴史地区

2.フィレンツェ歴史地区
橘 凛

あの名場面が蘇る!花の都フィレンツェ・ベストスポット4選by 橘 凛

地図を見る

イタリアと言えば、ローマと人気を二分するフィレンツェ。様々な映画やオペラの舞台にもなっているため、誰しもが一度は目にしたことがある街でしょう。そんなフィレンツェは街の中心部一体が「フィレンツェ歴史地区」として世界遺産となっています。徒歩で巡れる距離に壮大な教会や宮殿、美術館などがひしめき合っています。イタリアに行くなら外せない都市です。この写真の記事を見る ≫

3.アルベロベッロのトゥルッリ

3.アルベロベッロのトゥルッリ
橘 凛

イタリアの白川郷!?世界遺産・とんがり屋根のアルベロベッロby 橘 凛

地図を見る

イタリア南部にある小さな村の「アルベロベッロ」。映画のセット?と見まがうばかりの可愛らしい漆喰の壁ととんがり屋根が特徴です。最寄りの都市はプーリア州の州都バーリで、アドリア海側のためアクセスは容易ではありません。ですが、実際訪れてみると特にイタリアの人々を乗せた観光バスが多く発着していて、いかに国民に愛されているかがわかるスポットです。この写真の記事を見る ≫

4.ヴェネツィアとその潟

4.ヴェネツィアとその潟

世界遺産の街ヴェネツィア。歴史とロマンが溢れる街を歩く!

地図を見る

イタリアの中でも、他とは一線を画した水の都・「ヴェネツィア(ベネチア)」。小島を橋で繋いでいて、バスや車は通っておらず移動はヴァポレットと呼ばれる水上バスかゴンドラに限られます。道も狭く、場所によっては人がすれ違うのがやっと、という幅のところも。そのため、迷路を探検するような気分で散策が楽しめます。冬にはカーニバルも開催される魅力満載の街です。この写真の記事を見る ≫

5.アマルフィ海岸

5.アマルフィ海岸
Hiroko Oji

世界で最も美しい海岸線の一つ!南イタリアのアマルフィ海岸by Hiroko Oji

地図を見る

“世界一美しい海岸”と呼ばれ、約30キロメートルに渡って世界遺産に登録されている「アマルフィ海岸」。エメラルドグリーンに輝く海と、絶壁に所狭しと建ち並ぶ白い家々が芸術的な美しさを醸し出しています。

アマルフィ海岸は、海から断崖絶壁を眺めるもよし、細い路地と急勾配の道を上って海岸を見下ろすもよし、様々な楽しみ方ができます。この写真の記事を見る ≫

6.シエナ歴史地区

6.シエナ歴史地区
ナカヤ アキ

ゴシックの宝箱!世界遺産の町・伊「シエナ」で中世にタイムスリップby ナカヤ アキ

地図を見る

中世の美しい佇まいが現代まで残り、町全体が世界遺産に登録されている古都「シエナ」。古くから金融の町として栄えたシエナは、ゴシック・バロック・ルネサンスの芸術作品が一度に見られる貴重なスポットです。町の建物はシエナ近くの山で採れる石を使用した独特の色合いのレンガ造りで、ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。この写真の記事を見る ≫

7.ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

7.ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

美しすぎる!内部も大迫力な「ローマ歴史地区」の建築物4選

地図を見る

イタリアの首都ローマ、そしてローマ市内にあるバチカンの歴史的建造物群はまとめて「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」として世界遺産に登録されています。バチカンにあるサンピエトロ大聖堂からくる、カトリック教会のイメージが強いですが、コロッセオやカラカラ浴場など、ローマ帝政期に作られた歴史的建造物も保存されており、ローマの歴史の深さを再確認させられます。この写真の記事を見る ≫

8.聖フランチェスコ聖堂

8.聖フランチェスコ聖堂
ナカヤ アキ

ピンク色に輝く珠玉の町、中世の雰囲気に浸るイタリア・アッシジ聖地巡礼の旅by ナカヤ アキ

地図を見る

イタリア中部の丘の上にたたずむ小さなアッシジの町。何の変哲もなさそうな小さな町ですが、ここはイタリアの守護聖人である聖フランチェスコゆかりの町です。フランシスコ派カトリックの総本山となっている「聖フランチェスコ大聖堂」が世界遺産に登録されています。今でも世界中から巡礼者が訪れる、イタリア屈指の巡礼地です。

<基本情報>
住所:Basilica Di San Francesco, Assisi
電話番号:(075)819001この写真の記事を見る ≫

9.ナポリ歴史地区

9.ナポリ歴史地区
Hiroko Oji

港町「ナポリ」は南イタリア最大の都市!人情味溢れる町並みに紛れる見所by Hiroko Oji

地図を見る

ミラノを中心に洗練された印象を受ける北イタリアに反して、南イタリアと言えば、治安的にやや不安なイメージがあります。そんな南イタリアの中心都市、ナポリには歴史的価値の高い建造物が揃っており、「ナポリ歴史地区」として世界遺産に登録されています。また、スペインの支配下に入ったという歴史から、スペイン文化が入り混じった独特の街並みを観光することもできます。この写真の記事を見る ≫

10.ヴェローナ市街

10.ヴェローナ市街
大里 康正

イタリア・ヴェローナの美しい町並みと恋のパワースポット!by 大里 康正

地図を見る

ミラノとヴェネツィアのちょうど中間にある「ヴェローナ」は、その美しい昔ながらの街並みが世界遺産に登録されています。ローマ帝国時代、そして中世の街並みの保存状態が良いことが登録の理由ですが、その他にも人々をひきつける理由が。それは、シェークスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』の舞台となった場所だということです。ヴェローナにはジュリエット像も設置されており、恋をかなえるパワースポットとしても人気を得ています。この写真の記事を見る ≫

イタリアの世界遺産ならこれでキマリ!

イタリアを代表する世界遺産を10か所に絞りご紹介しました。

歴史的建造物が至る所にあるイタリアだからこそ、旅行の際はしっかりと目的地を絞って効率よく周りたいものです。今回ご紹介したところはイタリアを訪れるなら外せない場所ばかりです。旅行の計画を立てる際に、ぜひ参考にしてみてください。

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ