タイのおすすめリゾート地8選 ビーチパーティから秘境まで

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タイのおすすめリゾート地8選 ビーチパーティから秘境まで

タイのおすすめリゾート地8選 ビーチパーティから秘境まで

更新日:2019/04/09 12:07

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 元旅行会社勤務、温泉ソムリエ、子連れトラベラー

首都であるバンコクまではおよそ6時間半のフライトでアクセスすることができ、ビジネスや観光などで訪れる日本人も多い国「タイ」。

ヘルシーなタイフードは若い女性を中心に人気であり、スパやナイトライフなどといった数えきれない魅力に溢れた観光大国です。各地には美しいビーチやラグジュアリーなホテルが建ち並ぶ至福のリゾート地が点在。今回は、その中でも特におすすめしたいリゾートの数々をご紹介します。

1.パタヤ

1.パタヤ
沢木 慎太郎

格安で南国リゾートを満喫!パタヤのおすすめ高級ホテル5選by 沢木 慎太郎

地図を見る

タイを代表するリゾート地「パタヤ」。首都バンコクからも近く、日帰りでアクセスすることができるリゾート地です。多くのリゾートホテルが建ち並びますが、日本に比べて物価も安いことからお得にラグジュアリーなステイを味わうことができますよ。多くのホテルでは、本場タイのマッサージが受けられるスパを有しているので、ホテル選びのポイントにしてみてくださいね。この写真の記事を見る ≫

2.プーケット

2.プーケット
小浜 みゆ

プーケットタウンがおしゃれ!タイ女子旅はインスタ映えのオールドタウンへby 小浜 みゆ

地図を見る

アイランドホッピングやマリンスポーツといった、ビーチリゾートならではの楽しみも豊富な「プーケット」ですが、実はオールドタウンが今インスタ映えスポットとして女子旅にも人気の場所となっています。

パステルカラーの建物が並ぶ様はとてもフォトジェニック。アジアらしい喧噪が味わえるストリートと比較しながら楽しんでみてくださいね。この写真の記事を見る ≫

3.ホアヒン

3.ホアヒン
日向 ちゃあむ

まったり派?アクティブ派?タイの避暑地ホアヒンで非日常体験by 日向 ちゃあむ

地図を見る

タイ王室の避暑地として知られる「ホアヒン」。仏教大国タイで最も有名な僧侶“ワット・フワイ・モンコン”の巨大像がシンボル的存在となっています。ホアヒンは、海と山に囲まれた場所に位置しているため、ビーチで遊んだ後は高台にあるワイナリーでお酒を楽しんで、といった多様な楽しみ方が可能です。他のリゾート地と比べ、のんびりとした静かなステイができることで選ばれている場所です。この写真の記事を見る ≫

4.パンガン

4.パンガン
沢木 慎太郎

アジア3位!タイ・パンガン島の「マー島」は秘島の中の秘島by 沢木 慎太郎

地図を見る

世界3大ビーチパーティの一つと言われており、毎月満月の夜に開催される“フルムーンパーティ”。サムイからスピードボートなどでアクセスすることのできる「パンガン」には世界中のパーティー好きが集まります。ここでは、お酒を小さなバケツから飲むのがポピュラーな楽しみ方。その盛り上がり様も見逃せませんが、美しい自然も魅力の一つ。パンガンから歩いて渡れる場所にある離島“マー島”も秘境感満載!是非訪れていただきたいスポットです。この写真の記事を見る ≫

5.ピピ・レイ

5.ピピ・レイ
沢木 慎太郎

憧れの楽園!タイの秘境ピピレイ島、ボートで巡る観光ツアーby 沢木 慎太郎

地図を見る

プーケットやクラビからボートでアクセスすることのできる「ピピ・レイ」。ハリウッド映画の舞台になったことで一躍有名となった場所です。切り立った岩々や、“アンダマンブルー”と呼ばれる青のグラデーションが美しく、神秘的な光景を作り出しています。天候の悪い日にはボートが欠航となる場合もあるためスケジュールには余裕を持ってお出かけくださいね。この写真の記事を見る ≫

6.タオ

6.タオ
辻野 ヒロシ

美しい夕焼け!ダイビングの聖地「タオ島」は秘境ビーチリゾートby 辻野 ヒロシ

地図を見る

スキューバダイビングの聖地と言われている「タオ」。野生のジンベエザメに出会えることや、沈没船などダイバーにとっては垂涎のポイントに溢れています。日本よりも安い値段であることから、ライセンス取得を目的に訪れる人も多い場所。

日本ではあまりメジャーではありませんが、ヨーロッパからの観光客にはお馴染みのリゾート。バックパッカーも多く訪れます。サムイからは船でアクセスすることができますよ。この写真の記事を見る ≫

7.サムイ

7.サムイ
Nami Kita

爽快!レンタルバイクで巡るココナッツアイランド タイ・サムイ島by Nami Kita

地図を見る

別名ココナッツアイランドで知られる美しい島「サムイ」。美しいビーチ沿いにはリゾートホテルが建ち並び、夜のビーチもお酒や音楽を楽しむ人々で賑わう大変活気のある場所です。

存在感のある黄金のビックブッダはサムイを代表する観光名所。エレファントトレッキングやマリンスポーツなど多くの楽しみが待ち受けています。この写真の記事を見る ≫

8.サメット

8.サメット
沢木 慎太郎

タイの詩人が愛した恋の聖地!バンコクから近い島「サメット」by 沢木 慎太郎

地図を見る

バンコクからアクセスもよく、秘境感を感じることのできる「サメット」。国立公園にも指定されており、青い海と鳴き砂の白いビーチをはじめとした美しい自然が堪能できる場所です。

タイの人気ビーチリゾートによくあるような娯楽施設は一切なく、静かなひとときを楽しむことができるのが魅力。ハネムーンの渡航先としてもぴったりです。この写真の記事を見る ≫

タイのリゾート地はこれでキマリ!

同じタイ国内であっても、賑やかで刺激的な魅力を味わえる場所から、野趣溢れる島々まで実に様々なリゾートがあることがお分かりいただけましたでしょうか?

世界中から多くの人々が訪れリピーターとなることが多いリゾートの数々。日本では味わえない魅力を存分に堪能してくださいね!

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ