イースター島のおすすめ観光スポット7選 モアイに会いに行こう!

イースター島のおすすめ観光スポット7選 モアイに会いに行こう!

更新日:2019/05/10 09:29

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 元旅行会社勤務、温泉ソムリエ、子連れトラベラー

その知名度は高くとも、日本から訪れる人はまだまだ少ないチリの「イースター島」。島内には多くのモアイ像が乱立していますが、その製造方法や意味合いなどは解明されていないものが多く、謎を残しています。

ここでは、そんなイースター島で欠かせない、魅惑的なスポットを厳選してご紹介。一度訪れればそのミステリアスさに魅了されること間違いなしですよ!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

1.ラノ・ララク

1.ラノ・ララク
高田 真美

太平洋に浮かぶ孤島「イースター島」へ!モアイに会いに行こうby 高田 真美

地図を見る

イースター島の南東部にある小さな火山「ラノ・ララク」。島内にあるほとんどのモアイは、この山の岩から切り出されました。多くのモアイ達はここで造られた後、島内の各村落の祭壇へと運ばれましたが、どのようにして作られどのようにして運ばれたのか、まだまだ解明されない謎が沢山残っています。400体にも及ぶモアイがあちこちに残っており、見応えがありますよ。

〈基本情報〉
住所:Volcano Rano Raraku. この写真の記事を見る ≫

2.アフ・トンガリキ

2.アフ・トンガリキ
高田 真美

太平洋に浮かぶ孤島「イースター島」へ!モアイに会いに行こうby 高田 真美

地図を見る

モアイがずらりと並んだ祭壇(アフ)。数あるアフの中でも最も人気なのが、島の南東部にある「アフ・トンガリキ」という場所。美しい海をバックに15体の巨大なモアイが並びます。

1960年のチリ沖大地震の津波で壊滅的な被害を受けてからは放置されたままでしたが、日本の企業により修復作業が進められ、再び祭壇の上に並べられました。日本人として、是非とも立ち寄りたいスポットですね。

〈基本情報〉
住所:Ahu Tongariki, Easter Island, Chile この写真の記事を見る ≫

3.アフ・アキビ

3.アフ・アキビ

絶海の孤島!世界の七不思議!神秘に満ちた島・イースター島

多くのモアイは海を背にして立っていますが、唯一海を向いて立っている7体のモアイが「アフ・アキビ」。このモアイはイースター島を見つけた“7人の使者”であると語り継がれています。

台座の下からは何体もの人骨が発見されたり、7体がほぼ同じ大きさで浸食状態も同じであることなど、多くのミステリーを持つアフ・アキビ。謎めいた歴史にロマンを感じずにはいられません。 この写真の記事を見る ≫

4.アフ・テ・ピト・クラ

4.アフ・テ・ピト・クラ

絶海の孤島!世界の七不思議!神秘に満ちた島・イースター島

直径75センチ、地球のへそと呼ばれる丸い石がある「アフ・テ・ピト・クラ」。周りに小さい丸い石が4つ並べられており、マナと呼ばれるパワーを発しているため石に額をつけて願い事をすると叶うと言い伝えられています。

磁気を帯びているこの石は、方位磁石を置くとあらゆる方向に動きます。不思議なエネルギーを感じることのできるパワースポット。イースター島を訪れたのであれば必訪です。 この写真の記事を見る ≫

5.アフ・ナウ・ナウ

5.アフ・ナウ・ナウ

絶海の孤島!世界の七不思議!神秘に満ちた島・イースター島

島唯一の白い砂浜が広がるアナケアビーチ。近くにある、帽子をかぶっためずらしいモアイたちが建つ「アフ・ナウ・ナウ」も是非訪れたいスポット。背中に入れ墨のようなものが入っていたり、ふんどしのようなものを着けていたりと、他とはちょっと変わった外観が特徴です。 この写真の記事を見る ≫

6.プナ・パウ

6.プナ・パウ
高田 真美

太平洋に浮かぶ孤島「イースター島」へ!モアイに会いに行こうby 高田 真美

地図を見る

頭の上に“プカオ”と呼ばれる赤い帽子のようなものが載っているモアイを目にしますが、こちらは帽子ではなく、当時の髪型を模倣したものと言われています。赤い岩を使って造られているプカオですが、その製造現場だったのが、イースター島南西部にある「プナ・パウ」。周辺の地面や岩が赤い色をしているので、注目してみてくださいね。 この写真の記事を見る ≫

7.ラノ・カウ山

7.ラノ・カウ山
高田 真美

太平洋に浮かぶ孤島「イースター島」へ!モアイに会いに行こうby 高田 真美

地図を見る

イースター島にいくつか存在する火山のうち、注目したいのが島の南東にある「ラノ・カウ山」。かつて鳥人儀式が行われていたオロンゴ村の遺跡が残ることでも知られています。島の権力者を決めるために行われていた過酷なレース。大自然に囲まれたこの場所で、当時の暮らしぶりを想像してみてはいかがでしょうか。 この写真の記事を見る ≫

イースター島のおすすめ観光スポットはこれでキマリ!

飛行時間も長く、謎に満ちたイースター島。渡航先としてはハードルが高いといった印象を抱く人も多いのではないでしょうか。一方、一生に一度は本物のモアイ像にお目にかかりたいといった人も多いはず。神秘に満ちたこの島へ、忘れられない光景を見つけに出かけてみてくださいね!

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -