日本の小江戸3選 川越・佐原・栃木のおすすめ見どころ!

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本の小江戸3選 川越・佐原・栃木のおすすめ見どころ!

日本の小江戸3選 川越・佐原・栃木のおすすめ見どころ!

更新日:2019/05/10 14:56

瀬田 エリーのプロフィール写真 瀬田 エリー 親子旅インフルエンサー、ホテルステイ研究家

古い町並みや武家屋敷など、江戸時代の面影を残す町『小江戸』。ノスタルジックな雰囲気、フォトジェニックな町並み、ここでしか食べられないグルメが揃い、メディアでも多く取り上げられる注目のスポットです。

国内にいくつかある小江戸の中でも、特に日本を代表する小江戸3つのエリアの見どころをご紹介しましょう。

    【川越】蔵造りの町並み

    【川越】蔵造りの町並み
    Benisei Rinka

    ココが魅力!小江戸川越観光をオススメする6つの理由by Benisei Rinka

    地図を見る

    最初にご紹介するのは、江戸時代に城下町として栄えた埼玉県・川越。今や外国人観光客も多く訪れる、人気の観光エリアになっています。

    川越でまず注目すべき見どころは、この「蔵造りの町並み」。日本ならではの耐火建築様式は、今でもかつての面影が感じられる風情ある雰囲気で、平成19年1月には『美しい日本の歴史的風土100選』にも選定されています。

    なかでも中心地である"一番街"には、明治期の重厚な蔵造りの建物が南北400m以上にわたって並んでいます。川越を訪れたら、まず散策したいスポットです。

    <基本情報>
    アクセス:
    西武新宿線本川越駅から徒歩約10分、JR・東武川越駅から徒歩約15分
    関越自動車道「川越IC」から車で約15分この写真の記事を見る ≫

    【川越】時の鐘

    【川越】時の鐘
    木村 優光

    日没後の「時の鐘」は小江戸の夜を象徴!埼玉「川越」の街並みby 木村 優光

    地図を見る

    川越のシンボルといえば「時の鐘」。木造の3層のやぐらで、高さは約16m。時間に正確だった当時の藩主によって建てられたと言われており、今でも午前6時・正午・午後3時・午後6時の1日4回鐘の音が鳴ります。

    朝焼けや夕暮れ時など、その時間ごとの情緒あふれる川越の趣を感じられる、川越にはなくてはならない存在です。

    <基本情報>
    住所:埼玉県川越市幸町15-7
    アクセス:西武新宿線本川越駅から徒歩約15分この写真の記事を見る ≫

    【川越】菓子屋横丁

    【川越】菓子屋横丁
    藤谷 愛

    小江戸川越の菓子屋横丁が完全復活!お勧めの美味しい新店舗4選by 藤谷 愛

    地図を見る

    川越のグルメスポットでおさえておきたいのが「菓子屋横丁」。石畳の道に、20軒を超えるお店がひしめきあっています。唯一残る手作りの飴屋、軒先にずらりと並ぶ駄菓子など、昔懐かしい風景と漂う香りが、なんともほっこりするスポットです。

    老舗のむらさきいもまんじゅう、くずゆから、おいもスイーツのお店や川越名物のうなぎが食べられる名店まで、食べ歩きを楽しみたいグルメがひしめきあい、お腹がいくつあっても足りないほど。大人も子供も一緒に楽しめますよ。

    <基本情報>
    住所:埼玉県川越市元町2-7
    アクセス:西武新宿線本川越駅から徒歩7分この写真の記事を見る ≫

      【佐原】舟めぐり

      【佐原】舟めぐり
      凜風 杏花

      水郷の町に流れるゆる〜い時間 千葉の小江戸「佐原」で舟めぐりby 凜風 杏花

      地図を見る

      つづいてご紹介するのは、千葉県香取市に位置する「佐原(さわら)」。北総の小江戸と呼ばれ、利根川水運の中継基地として栄えた水郷の町でもあります。

      こちらではずせないのが、江戸風情残る町並みを観光船からゆったりと眺めることができる「舟めぐり」。所要時間は約30分、船頭さんのガイドを聴きながらのんびり揺られてみてください。徒歩とはまた異なる趣が感じられるはずです。

      <基本情報>
      住所:千葉県香取市佐原イ1730-3
      アクセス:JR成田線佐原駅から徒歩約15分、東関東自動車道「佐原香取IC」から約6分この写真の記事を見る ≫

      【佐原】樋橋

      【佐原】樋橋
      Naoyuki 金井

      江戸時代の秘伝レシピ!香取市「小堀屋」のまっ黒蕎麦グルメby Naoyuki 金井

      地図を見る

      かつて小野川の東から対岸の水田に用水を送る為にあった大樋を、現代の観光用として作られた「樋橋」。30分ごとに落水しジャージャーと音を立てることから"、じゃあじゃあ橋"とも呼ばれ親しまれています。町並みに響くこの音は、『残したい日本の音風景100選』の一つにも選ばれています。

      近くには有名スポットである"伊能忠敬の旧宅"もあり、特に柳が映える春から夏にかけては、より美しい景観が楽しめます。

      <基本情報>
      住所:千葉県香取市佐原1722
      アクセス:JR成田線佐原駅から徒歩10分、東関東自動車道「佐原香取IC」から10分この写真の記事を見る ≫

      【佐原】水郷佐原あやめパーク

      【佐原】水郷佐原あやめパーク
      藤田 聡

      水郷佐原あやめパーク「あやめ祭り」で花菖蒲の絶景を舟から一望!by 藤田 聡

      地図を見る

      季節ごとの美しい花たちも魅力的な佐原。約8ヘクタールの広大な「水郷佐原あやめパーク」では、例年5月下旬〜6月下旬頃にあやめ祭りが開催され、400品種150万本の花菖蒲を楽しめることで有名です。園内の水路をめぐりながら花菖蒲を見る"園内舟めぐり"もまたここにしかない体験。

      7月上旬〜8月上旬頃に開催される"はす祭り"では、約300品種を超える蓮の花を鑑賞できます。

      <基本情報>
      住所:千葉県香取市扇島1837-2
      電話番号:0478-56-0411
      アクセス:東関東自動車道「佐原香取IC」から車で20分この写真の記事を見る ≫

        【栃木】横山郷土館

        【栃木】横山郷土館
        小谷 結城

        北関東の小江戸!美しき建もの探訪 〜栃木市〜by 小谷 結城

        地図を見る

        最後にご紹介する小江戸は、利根川の支流・巴波川(うずまがわ)の舟運によって栄えた「栃木市」。歴史のある建造物がいくつも残り、町そのものがまるで江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気です。

        商都・栃木らしい建物で代表的なのが「横山郷土館」。商家(写真)と2つの蔵からなる両袖切妻造(りょうそできりづまづくり)と呼ばれる貴重な建物です。すぐ裏手に"旧栃木県庁跡"もあるので、ぜひあわせて立ち寄ってみてください。蔵跡たちを楽しみながら巴波川沿いをぶらぶら散策しましょう。

        <基本情報>
        住所:栃木県栃木市入舟町2-16
        電話番号:0282-22-0159
        アクセス:JR・東武栃木駅から徒歩約18分
        入館料:大人300円/中学生以下無料
        営業時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)この写真の記事を見る ≫

        【栃木】とちぎ蔵の街美術館

        【栃木】とちぎ蔵の街美術館
        小谷 結城

        北関東の小江戸!美しき建もの探訪 〜栃木市〜by 小谷 結城

        地図を見る

        もうひとつ、おさえておきたい建物が「とちぎ蔵の街美術館」。約200年前に建てられた建物で、2階建て桟瓦葺き、黒漆喰の蔵が3連続く、重厚感がありながらどこかおしゃれな外観が特徴です。2階の観音開きの窓は、それぞれ戸を全開すると隣り合った戸がぴたりとくっつくようになっている、まさに匠の技。フォトスポットとしてもはずせません。

        栃木市ゆかりの作家の作品を多く収蔵しており、その興味深い展示品も評価されています。

        <基本情報>
        住所:栃木県栃木市万町3-23
        電話番号:0282-20-8228
        アクセス:JR・東武栃木駅から徒歩約18分
        営業時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)この写真の記事を見る ≫

        【栃木】蔵の街遊覧船

        【栃木】蔵の街遊覧船
        沢原 馨

        江戸情緒から昭和レトロまで!「蔵の街」栃木で町歩きを満喫by 沢原 馨

        地図を見る

        情緒豊かな雰囲気を堪能するのにぴったりなのが、巴波川を下る「蔵の街遊覧船」。すげ笠に法被姿の船頭さんが竹竿で舟を操りながら、約20分の舟旅にいざなってくれます。

        春には1000匹を超える鯉のぼりが、夏には幻想的な行灯が設置されるので、季節の催しとあわせて楽しむのもおすすめです。

        <基本情報>
        住所:栃木県栃木市倭町2-6 蔵の街遊覧船待合処
        電話番号:0282-23-2003
        料金:大人700円/小人(小学生)500円この写真の記事を見る ≫

          小江戸の見どころはこれでキマリ!

          どこか心落ち着く風情ある空間に、何度でも訪れたくなる「小江戸」。ぜひぶらり散策へ出かけてみてくださいね。

          2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

            - PR -

            条件を指定して検索

            LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

            - PR -

            旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
            この記事に関するお問い合わせ