秋葉原駅から徒歩圏で1万以下も!格安ビジネスホテル6選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

秋葉原といえば言わずと知れた電気街。オタク文化を体験できる地域でもあり、JR秋葉原駅を中心とした個性的なエリアです。メイドや執事の衣装を身にまとった店員が、食事やデザートを運ぶメイド喫茶も秋葉原名物です。秋葉原駅から半径1km以内での徒歩圏内でも、一人1万円以下の格安ホテルがあります。今回はLINEトラベルjpおすすめの秋葉原にある格安ホテルをご紹介します。

1.ホテルリソル秋葉原

1.ホテルリソル秋葉原

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/2907581

「ホテルリソル秋葉原」は、2019年4月にオープンしました。秋葉原駅中央改札口から徒歩約3分の好立地です。国内外のアートが館内を彩り、秋葉原のディープでラフな雰囲気と都会的な要素が融合した個性的な館内空間を演出。リソルオリジナルの低反発ポケットコイル式マットレスに羽毛布団を使ったデュベスタイルを使用し、上質な眠りが期待できます。

2.京急EXイン秋葉原

2.京急EXイン秋葉原

提供元:Agoda

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/1171456

「京急EXイン 秋葉原」は秋葉原駅から徒歩5分といった、絶好のロケーションを誇るホテルです。シモンズ社と京急EXインが共同開発した寝心地抜群のマットレスを全客室に完備。また無料Wi-Fiサービスに加え、加湿機能付き空気清浄機、着心地の良いワッフルパジャマも用意されており、快適なホテルステイが満喫できます。

3.ヴィアイン秋葉原

3.ヴィアイン秋葉原

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/850871

「ヴィアイン秋葉原」はJR西日本グループのホテルです。秋葉原駅から徒歩4分の立地で、ビジネスや観光に幅広く利用できます。朝食は無料サービスで、毎朝焼きたてパンや肉料理・卵料理・お惣菜などが日替わりメニューとなっており、連泊利用でも飽きることなく楽しめるのが魅力です。セキュリティーを重視した女性専用フロアがあり、女性の一人利用でも安心です。

4.スーパーホテル 秋葉原・末広町

4.スーパーホテル 秋葉原・末広町

提供元:Agoda

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/856140

秋葉原周辺のホテルなら「スーパーホテル 秋葉原・末広町」がおすすめです。秋葉原駅から徒歩約7分、今や世界中から注目を集める観光名所の秋葉原電気街まで徒歩すぐの好立地。2015年度 日本経営品質賞(大規模部門)受賞、J.D.Powerホテル宿泊客満足度調査1泊9000円未満部門で3年連続1位を受賞しているホテルです。

5.ホテル江戸屋

5.ホテル江戸屋

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/hotel-edoya-83…

「ホテル江戸屋」は、全館和風スタイルのホテルです。秋葉原駅まで約900m、徒歩で9分ほどの立地。最寄り駅は地下鉄千代田線・湯島駅で、ホテルまでは徒歩3分です。東京都心に位置しながら、城の堀のような外観が特徴的で、懐かしい雰囲気が漂います。広い和室と6階にある屋上露天風呂、そしておいしい朝食が評判です。

6.すえひろの湯 ドーミーイン秋葉原

6.すえひろの湯 ドーミーイン秋葉原

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/dormy-inn-akih…

「すえひろの湯 ドーミーイン秋葉原」は秋葉原駅から徒歩5分、地下鉄東京メトロ銀座線・末広町駅から徒歩1分の場所にあります。

露天風呂付き大浴場完備で、都内では珍しいタイプのビジネスホテルです。情緒溢れる一人桧風呂、サウナも完備。全室シモンズ社製ベッドを設置、さらには安心して水が飲める機能的なミニキッチンもあり、自宅にいるかのようにくつろげます。

秋葉原の格安ホテルはこれでキマリ!

秋葉原の格安ホテル6選はいかがでしたか?秋葉原駅から半径1km以内で、一人1万円以下の宿泊料金プランがあるホテルをセレクトしました。宿泊料金をできるだけ抑えたい方におすすめです。ビジネスや東京・秋葉原観光の拠点としてぜひお役立てください。お気に入りのホテルを見つけて、素敵な旅にしてくださいね!

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -