名古屋城と周辺のおすすめ観光スポット8選 歴史にグルメに大満足

| 旅の専門家がお届けする観光情報

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

名古屋城といえば、名古屋を代表する観光名所。敷地内は、歴史の息吹感じる重要文化財の宝庫でもあり、また最新グルメスポットを楽しめる金シャチ横丁もあります。2019年5月現在、天守閣は耐震性が低いことに対応するため閉館中ですが、それ以外にも見所があふれていますよ。

LINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材した名古屋城と周辺のおすすめ観光スポットをご紹介します。

1.名古屋城(天守閣)

1.名古屋城(天守閣)
小谷 結城

御三家筆頭、尾張徳川家の巨城を攻めよう〜名古屋城〜by 小谷 結城

地図を見る

御三家筆頭・尾張徳川家の居城として栄えた「名古屋城」は、名古屋に来たならおさえておきたい観光スポットの代表格。

天守閣から見渡す景色は名古屋の街を一望でき、写真や動画撮影におすすめです。階下には名古屋城と、名古屋の街が歩んできた歴史について学びを深めることのできる展示が続き、そちらも見応え抜群。

※耐震性が低いことに対応するため、2019年5月現在、天守閣は閉館しています。この写真の記事を見る ≫

2.本丸御殿(名古屋城敷地内)

2.本丸御殿(名古屋城敷地内)
安藤 美紀

名古屋城の本丸御殿が公開中!どえりゃ〜スゴイ!本丸御殿見学を楽しむコツby 安藤 美紀

地図を見る

絢爛豪華な武家様式の建築と、美しい襖絵や障壁画などの工芸を完全復元した名古屋城「本丸御殿」。

空襲により焼失しましたが、名古屋市民の熱い要望により復元されることとなり、2018年6月に完成。展示は安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍した狩野派の描く、ダイナミックでゴージャスな金箔の屏風の数々。顔料、材質などを科学的に分析し、江戸時代の絵師たちの伝統的な画法に則って緻密に復元した作品は、細かく美しい。とにかく一度見るとその世界観の虜になってしまいます。この写真の記事を見る ≫

3.名勝二之丸庭園(名古屋城敷地内)

3.名勝二之丸庭園(名古屋城敷地内)

ちゃんと見てますか 名古屋城の文化財 〜 指定文化財の門・櫓・庭園・絵画もお忘れ…

地図を見る

名古屋城内にある「名勝二之丸庭園」は歴代藩主たちが過ごした二之丸御殿の北側に造られた庭園。御殿の庭園としては日本一の規模を誇る大名庭園が残されています。

現在に至るまでに御殿は取り除かれ、庭園も縮小されてしまいましたが、その美しさは変わりません。季節により景色を変える花々や木々たちを眺めるなど、ゆったり見学したり、写真撮影などに持ってこいのフォトスポットです。この写真の記事を見る ≫

4.清正石(名古屋城敷地内)

4.清正石(名古屋城敷地内)
Mizuki Yoshi

「金シャチ」の天守閣は閉鎖!でも名古屋城の人気スポットは目白押しby Mizuki Yoshi

天守閣や、本丸御殿のある“本丸ゾーン”にあるのが「清正石」です。天守閣の石垣を作った清正に因み、名づけられました。

名古屋城は各地方の武将がこぞって築城に関わっており、石垣などに使用する巨大な石を運ぶことができるのがある種のステータスでした。清正石の近くには重要文化財 “旧二之丸東二之門”もありますので、ぜひそちらも忘れずチェック!この写真の記事を見る ≫

5.西南隅櫓(名古屋城敷地内)

5.西南隅櫓(名古屋城敷地内)
Mizuki Yoshi

「金シャチ」の天守閣は閉鎖!でも名古屋城の人気スポットは目白押しby Mizuki Yoshi

名古屋城敷地内に昔と変わらない姿のまま現存する「西南隅櫓(せいなんすみやぐら)」。この櫓の他に、西北隅櫓(せいほくすみやぐら)、東南隅櫓(とうなんすみやぐら)と計3つの櫓が現存し、そのどれもが重要文化財に指定されています。

その中でも常時公開しているのは西南隅櫓のみ。天守は鉄筋コンクリート造りとなっていますが、修復を重ねながらも当時のままの姿を残す貴重な文化財です。ぜひ天守閣に登る際などに合わせて見学してみてください。

<名古屋城の基本情報>
住所:名古屋市中区本丸1-1
電話:052-231-1700
アクセス:名城線市役所駅を下車、徒歩約5分。
開館時間:9:00〜16:30
休館日:12月29日〜31日・1月1日この写真の記事を見る ≫

6.金シャチ横丁

6.金シャチ横丁
まえだ えみり

名古屋城「金シャチ横丁」義直ゾーンでなごやめしを堪能by まえだ えみり

有名どころの“なごやめし”から、新たな名古屋の味覚が味わえるエリアが名古屋城の目と鼻の先に、2018年3月完成!義直ゾーン、宗春ゾーンと二箇所あり、その名も「金シャチ横丁」。

義直ゾーンは、山本屋総本家、矢場とんなどの名古屋ならではの飲食店がズラリ。宗春ゾーンは、有機野菜、渥美半島産“保美豚”を使用するなどの素材を活かした食事が楽しめます。名古屋城観光と合わせて訪れたい、名古屋の美味しいものが凝縮したスポットです。

<基本情報>
【義直ゾーン】
住所:名古屋市中区三の丸1丁目2番3〜5号
アクセス:地下鉄 市役所駅・浅間町駅を下車徒歩約10分
【宗春ゾーン】
住所:名古屋市中区二の丸1番2・3号
アクセス:地下鉄 市役所駅下車すぐ
電話番号:052-973-9011(共通問い合わせ先)この写真の記事を見る ≫

7.名古屋市役所本庁舎

7.名古屋市役所本庁舎
一番ヶ瀬 絵梨子

市役所も県庁も地下鉄もお城?ブラタモリで話題の名古屋城はどれだ?!by 一番ヶ瀬 絵梨子

昭和8年竣工、近代的でありながらレトロモダンな様式が美しい「名古屋市役所本庁舎」。外観同様に内部も重厚感のある造りで、映画『SP革命編』や、『三度目の殺人』など数々の作品のロケ地に選ばれるなど雰囲気も満点。一歩、中に入れば非日常な空間を味わえます。

市役所の隣にある“愛知県庁舎”も同じくレトロモダン、天守閣を模した帝冠様式は見る人を圧倒させるパワーを持っています。こちらも一緒に見学してみるのも、おすすめですよ。

<基本情報>
住所:名古屋市中区三の丸三丁目1-1
電話:052-961-1111(代表)
アクセス:名城線 市役所駅から地下連絡通路直通
開庁日:月曜日〜金曜日
閉庁時間:8:45〜17:15(休日・祝日・年末年始を除く)
     ※開庁時間が異なる組織、施設があるので注意この写真の記事を見る ≫

8.名古屋市市政資料館

8.名古屋市市政資料館
古都の U助

さすが名古屋!素敵過ぎるミュージアムカフェ&喫茶室4選by 古都の U助

「名古屋市市政資料館」は、1922(大正11)年に竣工、裁判所として誕生しました。現在は国指定重要文化財にも指定されているネオ・バロック様式の建物。

名古屋市の公文書館として機能しているほか、名古屋市の江戸時代から現代までの成り立ちや、歴史についてパネルなどで展示されています。重厚感のある佇まいも充分素敵ですが、夜はライトアップされ荘厳な様子が際立ってとてもロマンチック。写真に残すなら昼と夜どちらもおすすめです。

<基本情報>
住所:名古屋市東区白壁1-3
電話:052-953-0051
アクセス:地下鉄名城線 市役所駅を下車、徒歩約10分。
開館時間:9:00〜17:00
休館日:月曜日(休日の場合は直後の平日)・第3木曜日(休日の場合は第4木曜日)・年末年始この写真の記事を見る ≫

名古屋城と周辺のおすすめ観光スポットならここでキマリ!

名古屋城敷地内と、周辺についてのおすすめスポットはいかがでしたでしょうか。

名古屋城敷地内の“清正石”や“西南隅櫓”などは、あまり知られていない観光スポットです。ぜひ、有名どころの天守閣や本丸御殿とあわせて、じっくり名古屋城をお楽しみください。周辺グルメの“金シャチ横丁”は、名古屋の味覚や、お土産物を一箇所にギュッと凝縮したスポットになっていて、観光客に大人気です。

ぜひ、名古屋城や周辺を旅行する際の参考にしてみてください。

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -