チェンマイで人気の観光スポット10選 寺院やグルメで欲張る!

チェンマイで人気の観光スポット10選 寺院やグルメで欲張る!

更新日:2019/09/04 15:52

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

チェンマイはタイで2番目に大きな都市です。バンコクからのアクセスは飛行機で約1時間。チェンマイは“古都”とよばれるだけに、観光スポットに仏教寺院は外せません。ワット・プラタート・ドイ・ステープなどの、きらびやかで細やかな装飾も見どころです。

その他にも、市場や絶景レストランなどを紹介しているので、旅の参考にしてください。タイ料理が楽しめるレストランもありますよ!

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1.ワット・プラタート・ドイ・ステープ

1.ワット・プラタート・ドイ・ステープ
大里 康正

チェンマイ人気No1のワット・プラタート・ドイ・ステープは全てが黄金色!by 大里 康正

タイの中でも珍しい、エメラルドグリーンのブッダが鎮座している「ワット・プラタード・ドイ・ステープ」。場所は国立公園の山々に囲まれた高台にあり、麓の門から寺院までケーブルカーで登れます。金色に輝く高さ約22mの仏塔も見どころの一つ!

<基本情報>
住所:Su Thep, Mueang Chiang Mai, Chiang Mai 50200
アクセス:チェンマイ市内中心部から車で約40分 この写真の記事を見る ≫

2.ワット・ムーングンコーン

2.ワット・ムーングンコーン
沢木 慎太郎

小人のような可愛い仏像!チェンマイのメルヘン寺「ムーングコーン」by 沢木 慎太郎

白壁のまわりに、色とりどりの小さなブッダが並ぶ特徴的な寺院が「ワット・ムーングンコーン」。チェンマイ旧市街に位置します。ほかにも、本堂の中には金色や紅色のブッダが鎮座していたり、その横にあるお堂には、お釈迦様が入滅する様をあらわした“涅槃仏(ねはんぶつ)”が横たわっていたりと見ごたえのある寺院です。

<基本情報>
住所:30 Samlan Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200
アクセス:市内からソンテウで数分 この写真の記事を見る ≫

3.ワット・チェディルアン

3.ワット・チェディルアン
吉田 彩緒莉

チェンマイ最強のパワースポット「ワットチェディルアン」巨大な仏塔に圧倒されるby 吉田 彩緒莉

パワースポットとしても知られ、繊細な彫刻で飾られた建物たちが見事な「ワット・チェディルアン」。そびえ立つ仏塔はチェンマイで一番の高さをほこり、1545年の大地震で先端が壊れてしまったものの、後に修復され現在の姿になっています。

<基本情報>
住所:103 Pra Pokklao Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200
アクセス:市内からソンテウで数分 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

4.ワット・プラ・シン

4.ワット・プラ・シン
沢木 慎太郎

チェンマイで最も高い格式を誇る寺院「ワット・プラ・シン」by 沢木 慎太郎

チェンマイ市内の寺院で最も大きい「ワット・プラ・シン」。ブッダは“ウィハーン・ラーイカム”とよばれるお堂の中に鎮座しています。建物の繊細で美しい装飾や、仏塔も見事で、チェンマイに行くなら訪れたいスポット!

<基本情報>
住所:Samlan Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200
アクセス:市内からソンテウで数分 この写真の記事を見る ≫

5.ワット・ウモーン

5.ワット・ウモーン
沢木 慎太郎

森に佇む神秘の洞窟!チェンマイ瞑想の寺「ワット・ウモーン」by 沢木 慎太郎

スリランカから招いた僧侶が修行できる場として建立された「ワット・ウモーン」。寺院の多いチェンマイでも珍しい洞窟寺院です。寺院は地下にあり、洞窟のような構造になっています。入り口となるのは、地下につながる4つのトンネル。それぞれのトンネルの中にはブッダが鎮座していたり瞑想をするための空間になっていたりします。

<基本情報>
住所:135 Moo 10 Suthep Subdistrict, Chiang Mai 50200 この写真の記事を見る ≫

6.ワット・チェン・マン

6.ワット・チェン・マン
沢木 慎太郎

チェンマイ随一のパワースポット!「ワット・チェン・マン」by 沢木 慎太郎

ブッダのいる拝殿が見どころの一つの「ワット・チェン・マン」。メンラーイ王によるチェンマイ創都の時に建てられた寺院で、かつては王の宮殿として利用されていました。赤色を基調としていて、規則的に並ぶ美しい柱や、天井の一部の装飾も見ごたえ抜群です。また、金色に輝く仏塔も見事!

<基本情報>
住所:270 Ratchapakhinai Rd, Amphoe Mueang, Chiang Mai 50200
アクセス:旧市街内、ターペー門から北方向へ車で約5分 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

7.ドイ・インタノン山

7.ドイ・インタノン山
沢木 慎太郎

チェンマイからタイ最高峰への旅!ドイ・インタノン国立公園by 沢木 慎太郎

タイで最も標高が高いチェンマイに佇む山が「ドイ・インタノン山」。高さは、海抜2,565m。そのため、南国のタイでありながらも気温が低く、マイナスになる日も。登山をするのであれば、寒さ対策を十分に!

<基本情報>
住所:Ban Luang, Chom Thong District, Chang Wat Chiang Mai 50160 この写真の記事を見る ≫

8.ワローロット市場

8.ワローロット市場
さとう みゃーお

チェンマイ随一の買い物エリア!「ワローロット市場」周辺散歩by さとう みゃーお

チェンマイの中心地から車で約10分ほどの場所にある「ワローロット市場」。地元の人々やたくさんの観光客でにぎわう大きな市場です。売られているのは、食品や日用品、お土産など。また、場内にはタイ料理の屋台がいくつもあるので、ショッピングと食を一カ所で楽しめます!

<基本情報>
住所:Chang Moi Rd., Tambon Chang Moi, Amphur Muang, Chiang Mai
アクセス:国鉄チェンマイ駅からソンテウで約20分 この写真の記事を見る ≫

9.フルーツジュースショップ(ソンペット市場)

9.フルーツジュースショップ(ソンペット市場)
インディカ マイ

自転車でタイの古都 チェンマイ旧市街を走り抜けよう!by インディカ マイ

チェンマイで暮らす人びとの台所的な存在の“ソンペット市場”内にある「フルーツジュースショップ」。市場やその周辺はフランス人が多いエリアで、フルーツジュースショップはそんなフランス人からも大人気。フルーツジュースは、健康意識の高い欧米人も納得の、砂糖少なめでフルーツ多めのヘルシーさです。 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

10.フアンフアイケーオ

10.フアンフアイケーオ
吉田 彩緒莉

タイ・チェンマイの滝を眺める絶景レストラン「フアンフアイケーオ」by 吉田 彩緒莉

“ワット・プラタート・ドイ・ステープ”が佇んでいる山の懐にある絶景レストランが「フアンフアイケーオ」。チェンマイの家庭料理や、タイ料理を楽しめます。入口の門は遺跡寺院を連想する様相で、どこか神秘的な雰囲気。建物の中を進んでいくと、テラスに作られた座席に到着です。樹々の緑に囲まれ、岩肌に流れる滝のコラボレーションが絶景の一言!

<基本情報>
アクセス:ニマンヘミン通り「メーヤーライフスタイルショッピングセンター」よりタクシーで10分 この写真の記事を見る ≫

チェンマイの観光はこれでキマリ!

チェンマイは程よく自然が残り、比較的、ゆったりとした時間が流れている場所。そのため、ロングステイしたい都市に良く名前があがるほど、高い人気を誇っています。少し長めの旅行にするなら、自然を満喫しながら仏教寺院をまわったり、市場でゆっくりショッピングを楽しんだりと、のんびり過ごすのがオススメです!

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -