熊野古道と周辺のおすすめ観光スポット10選 熊野三山に自然も満喫

| 旅の専門家がお届けする観光情報

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

古代の息吹を感じる世界遺産「熊野古道」。熊野速玉大社・熊野本宮大社・熊野那智大社これら“熊野三山”を目指してお参りするための道のことをいいます。いくつものルートがあり、見どころも多数。有名な熊野三山以外にも、自然豊かなスポットが盛りだくさんです。

LINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材した、おすすめの観光スポット10選をご紹介します。

1.熊野本宮大社

1.熊野本宮大社
浦賀 太一郎

よみがえりの地・熊野!世界遺産「熊野本宮大社」参拝のススメby 浦賀 太一郎

地図を見る

熊野三山をはじめ、高野山や吉野山、そして、熊野古道を構成する小辺路や中辺路などの“道”が“紀伊山地の霊場と参詣道”として世界遺産に認定されています。

その最終到着地が「熊野本宮大社」であり、全国に3000あると言われる熊野神社の総本宮です。主祭神は素戔嗚命(スサノオ)であり、伊勢神宮の主祭神“天照大御神(あまてらすおおみかみ)”の弟神のひとり。パワースポットとしても有名な場所です。

<基本情報>
住所:和歌山県田辺市本宮町本宮
電話:0735-42-0009
アクセス:紀伊田辺駅から明光バス・龍神バスで本宮大社前まで約120分この写真の記事を見る ≫

2.熊野本宮大社旧社地 大斎原

2.熊野本宮大社旧社地 大斎原
常盤 兼成

世界遺産の熊野三山を訪問し、心身ともにリフレッシュ!by 常盤 兼成

地図を見る

「熊野本宮大社旧社地 大斎原(おおゆのはら)」は、熊野本宮大社が大水害で流される前にあった場所です。水害の多い土地で社殿まで流されてしまう水害が発生したことをきっかけに1889(明治22)年、神社ごと場所を移動させました。

現在は2基の石祀と森、大きな鳥居しか残っていませんが、“神が舞い降りた場所”としてパワースポットにもなっています。

<基本情報>
住所:和歌山県田辺市本宮町本宮
電話:0735-42-0009
アクセス:紀伊田辺駅 明光バスもしくは龍神バスから本宮大社前まで約120分この写真の記事を見る ≫

3.熊野速玉大社

3.熊野速玉大社
常盤 兼成

世界遺産の熊野三山を訪問し、心身ともにリフレッシュ!by 常盤 兼成

地図を見る

熊野三山の中でもアクセスのしやすい「熊野速玉大社」。朱色にかがやく社殿が美しいです。

熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)が主祭神として祀られています。境内にある御神木の梛(なぎ)の実で作られた、二神をかたどった“なぎ人形”や“なぎまもり”など縁結びのお守りが人気です。

<基本情報>
住所:和歌山県新宮市上本町1-1
電話:0735-22-2533
アクセス:新宮駅から徒歩で約15分この写真の記事を見る ≫

4.神倉神社

4.神倉神社
Yuma A.

ドライブで1DAYトリップ!世界遺産・熊野三山を巡る王道モデルコースby Yuma A.

「神倉神社」の起源はとても古く、熊野三山がお祀りされる遥か昔から自然信仰の対象として同地で大切にされていた聖地です。

“天ノ磐盾”という崖の上に本殿はあり、そこに向かうまでには五百数十段の自然石の石段を登ります。本殿の真上に突き出すようにあるのが御神体である巨石“ゴトビキ岩”。市街地と熊野灘を眺めることができます。

<基本情報>
住所:和歌山県新宮市神倉1-13-8
電話:0735-22-2533(熊野速玉大社)
アクセス:新宮駅から徒歩で約15分この写真の記事を見る ≫

5.熊野那智大社

5.熊野那智大社
乾口 達司

巨大おみくじと那智の滝!和歌山県の熊野那智大社・青岸渡寺by 乾口 達司

地図を見る

「熊野那智大社」の起源は古代までさかのぼります。日本神話の女神である熊野夫須美大神(イザナミノミコト)を中心に、国づくりに縁の深い一三柱の神々が祀られており、国の重要文化財に指定されています。

境内には願い事が叶うと言われる樹齢800年のクスノキや、神の使いヤタガラスのマークなどの見どころがあります。

<基本情報>
住所: 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
電話:0735-55-0321
アクセス:紀伊勝浦駅からバスで約30分 那智山バス停から徒歩約10分この写真の記事を見る ≫

6.那智の滝

6.那智の滝
モン ガラ

和歌山4つの世界遺産を半日で巡る「那智大社・青岸渡寺・那智の滝」入門ルートby モン ガラ

「那智の滝」は日本最大級の瀑布(ばくふ)。高低差133メートル、日本一の落差を誇る世界遺産です。滝そのものが飛瀧神社のご神体として祀られています。

はるか昔から、この場所から流れ続ける水脈があるなんで、ロマンチックですよね。滝の水もマイナスイオンが大量放出で、スピリチュアルパワーと癒やし効果が期待できそうです。

<基本情報>
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
電話:0735-52-5311(那智勝浦町観光協会)
アクセス:那智勝浦駅から熊野交通バスで那智山行き 滝前を下車し徒歩約30分この写真の記事を見る ≫

7.青岸渡寺

7.青岸渡寺
常盤 兼成

熊野古道以外も魅力たっぷりの「南紀熊野」日本三大名瀑「那智滝」からマイナスイオン…by 常盤 兼成

地図を見る

西国三十三所の始点にもなっている霊験あらたかな「青岸渡寺」は、隣接する“熊野那智大社”とセットで参拝したいお寺。

境内には本堂、宝篋印塔(ほうきょういんとう)、三重塔、と見どころがズラリと続きます。なかでも宝篋印塔、本堂は国の重要文化財にも指定され貴重な史跡として有名。

<基本情報>
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8番地
電話:0735-55-0001この写真の記事を見る ≫

8.玉置神社

8.玉置神社
SHIZUKO

世界遺産のパワースポットめぐり〜熊野古道の三つの神社by SHIZUKO

「玉置神社」のある玉置山は標高1076メートルの大峰山系に位置する山。修験道の山岳修行の山であり、起伏の激しいその道を踏破することが修験者にとっての修行とされていました。この玉置山の9合目に玉置神社はあります。そのため、参拝までの道のりも楽ではありません。準備をしっかりして、お出かけください。

<基本情報>
住所:奈良県吉野郡十津川村玉置川1番地
電話:0746-64-0500この写真の記事を見る ≫

9.瀞峡

9.瀞峡

大自然が作り出した神秘的な峡谷!奈良県「瀞峡」へ行こう!

地図を見る

「瀞峡(どろきょう)」は約31kmにもおよぶ吉野熊野国立公園の大渓谷のことで、ウォータージェット船で断崖奇岩の景色を楽しむことができます。

“亀岩”、“こま犬岩”、“松茸岩”などユーモラスな名前を名付けられた岩たちなど、往復約2時間のクルージングを季節により変化する風景とともに満喫することができます。

<基本情報>
瀞峡観光ウォータージェット船
住所:和歌山県新宮市熊野川町日足272
電話:0735-44-0331(熊野交通志古営業所)
アクセス:JR新宮駅から熊野交通バスで約40分、志古バス停下車この写真の記事を見る ≫

10.谷瀬の吊り橋

10.谷瀬の吊り橋
別司 道三

大自然で楽しむ絶景と絶叫と美食!奈良県十津川村「谷瀬の吊り橋」by 別司 道三

地図を見る

「谷瀬の吊り橋」は、上野地と谷瀬を結ぶ長さ297メートル、高さ53メートルものつり橋で、日本有数の長さを誇ります。

そびえ立つような山々に囲まれ、眼下には十津川(熊野川)という最高のロケーションのなか、橋を渡ります。歩くたびにゆらゆらと揺れるつり橋はスリル満点、十津川村のおすすめ観光スポット!

<基本情報>
住所:奈良県吉野郡十津川村谷瀬・上野地
アクセス:上野地から徒歩で3分この写真の記事を見る ≫

熊野古道と周辺のおすすめ観光スポットならここでキマリ!

熊野古道は、熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社の熊野三山を筆頭に、魅力あふれるスポットがたくさんあります。パワースポットしても知られている人気の観光地です。

ひとつひとつが歴史を刻み続けているから色褪せない、そんなロマン感じる熊野古道の旅を計画してみませんか。

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -