イタリア旅行で外せない美術館&博物館10選 有名作品勢ぞろい!

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ ヨーロッパ女子ひとり旅専門家、アートライター

紀元前からの歴史を持ち、文化が花開くイタリアで楽しみたい、美術館・博物館めぐり。イタリアを訪れたなら外せない、見ごたえのある美術館・博物館を紹介します。イタリア・ルネサンス期の巨匠の作品や古代遺跡の出土物など、日本ではなかなかお目にかかれない展示物にワクワクすることでしょう!

1.ウフィツィ美術館(フィレンツェ)

1.ウフィツィ美術館(フィレンツェ)
ナカヤ アキ

イタリアルネッサンス美術の宝庫・ウフィツィ美術館を訪れるby ナカヤ アキ

地図を見る

イタリアルネサンス絵画を所蔵する「ウフィツィ美術館」は1591年からメディチ家のコレクションを公開する、ヨーロッパ最古の美術館。ボッティチェリの『春』やカラヴァッジョの『メデューサ』など、誰もが一度は目にしたことのある巨匠たちの作品が目白押し!

予約なしで入ろうとすると何時間も並んだり、ダフ屋から高値で入場券を買ったりしなければいけません。インターネットなどで事前予約しておくと安心です。

<基本情報>
住所:Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze
電話番号:+39-055-294883
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩17分
開館時間:8:15〜18:50この写真の記事を見る ≫

2.バチカン美術館(ローマ)

2.バチカン美術館(ローマ)
阿部 美寿穂

皆の憧れ!バチカン美術館を上手に見学する7つのマル秘テクニックby 阿部 美寿穂

地図を見る

ローマ市内にある世界最小の独立国家、バチカン市国。ここには、全長7kmの展示コースに世界中から集められたコレクションが所狭しと並ぶ「バチカン美術館」があります。見学コースの終わりに位置する有名なシスティーナ礼拝堂は、内部をミケランジェロ、ボッティチェッリ、ペルジーノらルネサンス時代の偉大な画家達が装飾したことで知られています。スムーズに見学するなら、事前にオンライン予約をしておくのがおすすめ。

<基本情報>
住所:Viale Vaticano, 00165 Roma
電話番号:+39-06-6988-4676
アクセス:地下鉄オッタヴィアーノ駅から徒歩7分
開館時間:9:00〜16:00
閉館日:日曜日この写真の記事を見る ≫

3.国立古典絵画館(ローマ)

3.国立古典絵画館(ローマ)
藍色 しっぽ

これだけは押さえたい!ローマ「国立古典絵画館」おすすめ絵画4選by 藍色 しっぽ

地図を見る

「国立古典絵画館」のコレクションは12、3世紀から18世紀の絵画を中心とした美術品が中心です。イタリア・ルネサンスの巨匠ラファエロやバロック期に大きな影響を与えたカラヴァッジョなど、見ごたえのある作品が揃います。建物自体もバロック様式のデザインが美しく、必見です。

<基本情報>
住所:via delle Quattro Fontane, 13–00184 Roma
電話番号:+39-06-4814591
アクセス:地下鉄A線バルベリーニ駅より徒歩1分
開館時間:8:30〜19:00この写真の記事を見る ≫

4.ボルゲーゼ美術館(ローマ)

4.ボルゲーゼ美術館(ローマ)
阿部 美寿穂

ローマ「ボルゲーゼ美術館」には有名作品がずらり!森の中のかわいい美術館by 阿部 美寿穂

地図を見る

「ボルゲーゼ美術館」は広大な敷地を持つ、ボルゲーゼ公園の森の中にあります。豪華な内装もさることながら、ベルニーニの『プロセルピナの略奪』などイタリアの巨匠の作品が展示されています。館内は写真撮影が許可されていますが、フラッシュの使用は禁止です。また、入館は完全予約制です。人気も高いので、早めに予約をすることをお勧めします。

<基本情報>
住所:Piazzale Scipione Borghese, 5 Roma
電話番号:+39-06-8413979
アクセス:地下鉄A線フラミニオ駅すぐそば
開館時間:9:00〜19:00この写真の記事を見る ≫

5.パラティーナ美術館(フィレンツェ)

5.パラティーナ美術館(フィレンツェ)
藍色 しっぽ

これだけは絶対に押さえたい!伊「パラティーナ美術館」で見るべき絵画4選by 藍色 しっぽ

地図を見る

フィレンツェ・アルノ川の西岸に位置するピッティ宮殿。宮殿内の6つの美術館・博物館のうち、絵画を中心とした展示を行っているのが「パラティーナ美術館」です。ラファエロの作品を多数所蔵しており、中でも世界的に有名なのが『小椅子の聖母』。他館に貸し出される機会も少ない作品ですので、ぜひ観ておきましょう。

<基本情報>
住所:Piazza de’ Pitti, 1, 50125 Firenze
電話番号:+39-055-23885
アクセス:バス停ピッティすぐそば
開館時間:8:15〜18:50この写真の記事を見る ≫

6.ミラノ市立博物館(ミラノ)

6.ミラノ市立博物館(ミラノ)
Hiroko Oji

見逃せない伊・ミラノの古城「スフォルツァ城」と寛ぎ公園センピオーネby Hiroko Oji

地図を見る

「ミラノ市立博物館」は、ルネサンス期に建てられたスフォルツァ城の中にあります。膨大なコレクションの中でも、ミケランジェロが手がけた『ロンダニーニのピエタ像』は見逃せない傑作。彼が生涯で残した4つのピエタのうちひとつです。ドゥオーモ広場とあわせて訪れたいミラノの観光スポット。

<基本情報>
住所:Piazza Castello, 20121 Milano
電話番号:+39-02-8846-3700
アクセス:地下鉄1号線カドルナ駅とカイロリ駅、地下鉄2号線ランツァ駅、国鉄ミラノ北駅からそれぞれ徒歩2〜3分
開館:7:00〜19:30この写真の記事を見る ≫

7.トリノ市立古代美術館(トリノ)

7.トリノ市立古代美術館(トリノ)
Hiroko Oji

北イタリア・トリノ観光のポイント!広場を起点に街歩きby Hiroko Oji

地図を見る

「トリノ市立古代美術館」は、かつて王妃たちが暮らしたマダーマ宮殿内にある美術館です。宮殿自体は世界遺産に登録されているサヴォイア家王宮群のひとつでもあります。館内は豪華絢爛な装飾で溢れ、イタリア絵画を中心とした充実したコレクションを見ることができます。宮殿の周辺にも歴史ある建物が集まっており、見逃せません。

<基本情報>
住所:Piazza Castello 10122 Torino
電話:+39-06-67061
アクセス:トラムFermata 471 - カステッロ駅すぐそば
開館時間:(火〜土)10:00〜18:00、(日)10:00〜19:00この写真の記事を見る ≫

8.国立考古学博物館(カリアリ)

8.国立考古学博物館(カリアリ)
Hiroko Oji

伊・サルデーニャ最大の町「カリアリ」は島の南の玄関口!見所が丘の上に集中!by Hiroko Oji

地図を見る

サルデーニャ島・カリアリの「国立考古学博物館」には、島特有の遺跡の模型やそこから発掘された遺品が数多く展示されています。青銅器時代の槍や銛、紀元前の石の彫刻などのユーモラスな芸術品も見ごたえあり。博物館のある丘の上からは地中海の美しい風景が見渡せますよ!

<基本情報>
住所:Piazza Arsenale, 1, 09124 Cagliari
電話番号:+39-070-655911
アクセス:バス停Buoncammino (Polizia)から徒歩5分
開館時間:9:00〜19:15この写真の記事を見る ≫

9.サンセポルクロ市立美術館(サンセポルクロ)

9.サンセポルクロ市立美術館(サンセポルクロ)
藍色 しっぽ

ルネサンスの巨匠ピエロ・デッラ・フランチェスカ作品の宝庫 トスカーナ3都市を1日…by 藍色 しっぽ

地図を見る

トスカーナ州の北部にある「サンセポルクロ市立美術館」は、イタリア・ルネサンスでの有名画家、ピエロ・デッラ・フランチェスカ作品を複数所蔵しています。中でも『キリストの復活』は彼の傑作のひとつです。日本ではなかなかお目にかかれない作品を間近で楽しむことができます。

<基本情報>
住所:Via Niccolo’ Aggiunti, 65, 52037 Sansepolcro
電話番号:+39-0575-732218
アクセス:バス停ポルタ・デル・カステッロから徒歩3分
開館時間:10:00〜13:00、14:30〜18:00この写真の記事を見る ≫

10.ナポリ考古学博物館(ナポリ)

10.ナポリ考古学博物館(ナポリ)
Hiroko Oji

まさに歴史の宝箱!「ナポリ考古学博物館」南イタリアの最も重要な博物館by Hiroko Oji

地図を見る

ナポリの旧市街北端にある「ナポリ考古学博物館」は、南イタリアで最も重要とされる博物館です。ギリシア・ローマ時代の大理石彫刻や、ポンペイ・エルコラーノ遺跡からの発掘品など、展示は世界的にも名高いものばかり!入館の際には、美術館・博物館・遺跡などへの入場料や、公共交通機関がお得になるカンパーニャアルテカードも利用できます。

<基本情報>
住所:Piazza Museo, 19, 80135 Napoli
電話番号:+39-081-442-2149
アクセス:地下鉄ムゼオ駅すぐそば
開館時間:9:00〜19:30この写真の記事を見る ≫

イタリアの美術館・博物館めぐりはこれでキマリ!

イタリアは、世界的に有名な巨匠の作品を擁する美術館や、歴史のある建物を活用した博物館など、ユニークかつ見応えある施設が目白押しです!スムーズに見学するなら、現地の観光パスを手配するのもおすすめ。地域や施設にもよりますが、持っていれば優先入館ができたり、チケット代わりになったりすることもありますよ。

2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -