最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

シンガポールとマレーシアの人気観光地全部行く!2泊3日モデルコース

シンガポールとマレーシアの人気観光地全部行く!2泊3日モデルコース

更新日:2019/07/24 16:05

LINEトラベルjp 編集部 新垣のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部 新垣

シンガポールとマレーシア、どちらも魅力的な観光スポットがたくさんある人気の国ですが、2泊3日で両方訪れてみたい!という欲張りさんにこんな旅はいかが?

初日はシンガポールのベイエリアで夜景とチリクラブを堪能、2日目は異国情緒漂う街歩き。夜はマレーシア・クアラルンプールに移動し屋台街で舌鼓。3日目はオールドタウンを散策しペトロナスツインタワーへ。両国の魅力をギュッと詰め込んだ厳選モデルコースです。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1日目午後:シンガポールと言えばコレ!マーライオンパーク

1日目午後:シンガポールと言えばコレ!マーライオンパーク
阿部 吾郎

シンガポールの夜景撮影ベストスポットはここだ!by 阿部 吾郎

地図を見る

シンガポールとマレーシアの2国を2泊3日で効率的に楽しむなら、航空便のチョイスが重要。成田・関空発のシンガポール直行便の多くは、夕方から深夜にかけて現地に到着しますが、より多くの観光スポットを巡る為にも夕方着の便で向かいましょう。到着後すぐに有名観光スポットや夜景スポットが多く集まるベイエリアを訪れればテンションもアップ。初日からシンガポール名物グルメを堪能できますよ。

シンガポール・チャンギ国際空港からMRT(電車)に乗り、タナ・メラ駅で乗り換えでラッフルズ プレイス駅へ(所要時間:約35分)。下車後徒歩約10分で、シンガポールを象徴する有名観光スポット「マーライオンパーク」に到着。マーライオンとマリーナ・ベイ・サンズをバックに記念写真を!

<マーライオンパークの基本情報>
住所:21 Esplanade Dr
アクセス:MRTラッフルズ プレイス駅より徒歩約10分。 この写真の記事を見る ≫

1日目ホテル:ベイエリアに泊まって部屋から絶景の夜景を!

1日目ホテル:ベイエリアに泊まって部屋から絶景の夜景を!
ヒビノフウケイ

「マリーナ・ベイ・サンズ」でワンランク上のホテルステイを楽しむ♪by ヒビノフウケイ

地図を見る

シンガポールで泊まるなら、部屋の窓からのマリーナベイの景観が望めるベイエリアにあるホテルがおすすめです。

57階にあるインフィニティプールがあまりにも有名な「マリーナベイ・サンズ」。3棟にわたる巨大なホテルで、カジノのあるショッピングモールが併設されています。インフィニティプールで泳ぎたいならこちらのホテル一択! 部屋からバスローブのままプールに行くことができます。

また、クラブルームに泊まると、朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテル&カナッペアワーがついており、どれも57階のザ・クラブで無料で楽しめます。インフィニティプールを見ながらお食事やお酒が楽しめる、ラグジュアリーな空間で非日常感を満喫してみてはいかがでしょう。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
1日目ホテル:ベイエリアに泊まって部屋から絶景の夜景を!
高梨 きこ

「ザ リッツ カールトン ミレニア シンガポール」はマリーナ・ベイにある贅沢の極…by 高梨 きこ

地図を見る

マリーナベイにある「ザ リッツ カールトン ミレニア シンガポール」は、米国の旅行誌トラベル&レジャーでワールドベストアワード2017に選ばれたラグジュアリーホテル。館内にはアートコレクションが散りばめられ、その数なんと4200点。熱帯植物に囲まれた屋外プールもキャンバスの中のような美しい雰囲気。

マリーナベイ・サンズに泊まると、当然マリーナベイ・サンズの姿は見えませんが、こちらのホテルからならマリーナベイ・サンズの未来的な光景とバックの高層ビル群が一度に眺められます。英国コロニアル様式のレストランにはオープンキッチンが7つあり、シンガポールの人気グルメが揃っているのも魅力。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
1日目ホテル:ベイエリアに泊まって部屋から絶景の夜景を!
ミセス 和子

マリーナ・ベイ・サンズが正面に!スイソテル・ザ・スタンフォードby ミセス 和子

地図を見る

「スイソテル・ザ・スタンフォード」はシティホール駅の上にありラッフルズ・ショッピングセンターと直結、どこに行くにも便利です。バルコニーからは、マリーナ・ベイ・サンズや世界最大の観覧車のシンガポールフライヤーを見渡せる大パノラマが鑑賞できます。

特に夜景は絶景。日没と共にライトアップする光景をゆっくり部屋から眺めるのもいいですね。レーザーと噴水を使った光のショー「SPECTRA」も部屋に居ながらにして楽しめますよ。大理石の洗面所や浴室は広く、ゆったりとした雰囲気。予約時は是非ハーバービュー側を選びましょう。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

1日目夜:シンガポール名物、2つのナイトショーを見学

1日目夜:シンガポール名物、2つのナイトショーを見学
アシュ 飯田

無料で楽しめる シンガポールのナイトスポット3選by アシュ 飯田

地図を見る

シンガポールの定番観光スポットであるマリーナベイエリアは、夜の景色が煌びやかでインスタ映え抜群。特に毎晩20時と21時からマリーナベイサンズで開催される、光と水のシンフォニー「SPECTRA」は必見。対岸のマーライオンパークからでも見物できますが、マリーナベイサンズ側から見ると、噴水に映し出される映像が綺麗に見えます。MRTでマリーナベイサンズ最寄りのベイフロント駅に向かいましょう。 この写真の記事を見る ≫

1日目夜:シンガポール名物、2つのナイトショーを見学
花村 桂子

え、未来に来ちゃった!?シンガポール「OCBCガーデン・ラプソディ」めくるめく光…by 花村 桂子

地図を見る

SPECTRAが終わったらすぐにドラゴンフライブリッジを渡って「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」に移動しましょう。マリーナベイサンズからショーが開催されるスーパーツリー周辺までは徒歩約15分。漆黒の宇宙空間のような夜のジャングルで、巨大な人工樹スーパーツリー・グローブが青、赤、ピンクと万華鏡のように姿を変え、きらきら輝く光のシャワーが降り注ぐ「OCBCガーデン・ラプソディ」は必見です。毎晩19時45分と20時45分の2回開催。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、OCBCスカイウェイ、フラワードーム・クラウドフォレストなどの施設がありますが、最終入場時間は20時なのでご注意を。スーパーツリー・グローブなどがある屋外は深夜2時まで開園しています。

<ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの基本情報>
住所:18 Marina Gardens Dr
入場料:無料(施設は別途必要)
営業時間:館内:9:00〜21:00 屋外:5:00〜2:00
アクセス:MRTベイフロント駅から徒歩約8分。 この写真の記事を見る ≫

1日目夜:シンガポール名物、2つのナイトショーを見学
小浜 みゆ

マリーナベイ・サンズに上る3つの方法!シンガポールの絶景をその目にby 小浜 みゆ

地図を見る

SPECTRAは、金曜日と土曜日は22時にも開催されますので、先にガーデンズ・バイ・ザ・ベイを楽しんでからマリーナベイ・サンズへ向かってもいいでしょう。

マリーナベイ・サンズの屋上にあるスカイパークからSPECTRAを楽しむのもおすすめ。シンガポールの夜景がより一層美しく広がります。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1日目ディナー:シンガポール名物、チリクラブは外せない

1日目ディナー:シンガポール名物、チリクラブは外せない
北ノ峰 セイコ

シンガポールで食べたい「チリクラブ」もお手頃!地元で人気の「メルベン」by 北ノ峰 セイコ

地図を見る

シンガポールで絶対食べておきたいものの一つが「チリクラブ」。チリソースがたっぷりかかった丸ごとの蟹をワイルドにいただく一皿です。チリクラブを出しているお店は多く、ホテルのレストランやホーカーズ(屋台街)でも頂けますが、シンガポールでシーフードと言えばココと言われるのが「メルベン・シーフード(龍海鮮螃蟹王)」。おしゃれな雰囲気はありませんが、そのかわりに素敵なレストランよりも2割くらいはお安くいただけます。 この写真の記事を見る ≫

1日目ディナー:シンガポール名物、チリクラブは外せない
高野 祥

チリクラブや屋台も!シンガポールご当地グルメ食べ歩き旅by 高野 祥

地図を見る

カクテルの「シンガポール・スリング」も有名。ラッフルズ・ホテルのバーテンダーが1915年に作ったのが始まりと言われ、チェリーブランデーを使用したピンク色のものが一般的ですが、お店によってはパインジュースの色で黄色系に仕上がっている事もあります。マリーナベイエリアで飲みたい方は、スカイラウンジやルーフトップバーがオススメ。高層ビルの夜景と一緒に楽しめますよ。 この写真の記事を見る ≫

2日目午前:チャイナタウンでお買い物と寺院巡り

2日目午前:チャイナタウンでお買い物と寺院巡り

弾丸でも外せない!シンガポールのチャイナタウンと言えばココ!

地図を見る

多民族国家のシンガポールには、それぞれの文化が根付いたエリアが存在します。代表的なものがチャイナタウン、アラブストリート、リトルインディア。まずは、MRTに乗ってチャイナタウン駅まで移動し、「チャイナタウン」の中心にあるパゴダストリートに行ってみましょう。赤い提灯で彩られた道の両脇にはお土産屋さんが並び、アクセサリー類、食器、バッグ、Tシャツなど定番の物がシンガポールの何処よりも安く手に入ります。 この写真の記事を見る ≫

2日目午前:チャイナタウンでお買い物と寺院巡り

弾丸でも外せない!シンガポールのチャイナタウンと言えばココ!

地図を見る

沢山の人で賑わうチャイナタウンの中心に位置する「ブッダ・トゥース・レリック寺院」。唐代様式の大きな寺院で仏陀の歯が展示されています。外観は鮮やかな色でフォトジェニック。2階にはショップとカフェ、3階には仏教遺跡が展示されている龍華文物館、屋上には庭園もあります。歩き疲れたらここで休憩するのもいいかも。

<ブッダ・トゥース・レリック寺の基本情報>
住所:288 South Bridge Rd.
アクセス:MRTチャイナタウン駅から徒歩約7分。 この写真の記事を見る ≫

2日目午前:チャイナタウンでお買い物と寺院巡り
藤谷 ぽきお

シンガポールのチャイナタウン!チリクラブやライトアップを楽しもう!by 藤谷 ぽきお

地図を見る

パゴダストリートとサウスブリッジロードがクロスする交差点には、ヒンズー教の寺院「スリ・マリアマン寺院」が。パゴダストリートの名前の由来にもなっている高いパゴダ(塔門)がそびえ立ち異彩を放っています。

<スリ・マリアマン寺院の基本情報>
住所:244 South Bridge Rd.
拝観時間:9:00〜12:30、18:00〜21:00
※金曜日休み この写真の記事を見る ≫

2日目ランチ:ホーカーズ(屋台街)で名物のチキンライスを

2日目ランチ:ホーカーズ(屋台街)で名物のチキンライスを

美味でコスパ最高!シンガポールの有名店、天天海南鶏飯へ!

地図を見る

シンガポールグルメの代表格と言えば「海南鶏飯(ハイナンチキンライス)」。チャイナタウン駅から徒歩10分ほどの場所にあるホーカーズ(屋台街)の「天天海南鶏飯」は数多くあるお店の中でも列が絶えないほどの人気店。一口いただくと、想像以上にしっとりと炊き上げられたチキンと素材を生かした優しい味わいに、並んだ疲れも吹っ飛びます。

<天天海南鶏飯の基本情報>
住所:Maxwell Food Centre, 1 Kadayanallur St. この写真の記事を見る ≫

2日目ランチ:ホーカーズ(屋台街)で名物のチキンライスを

美味でコスパ最高!シンガポールの有名店、天天海南鶏飯へ!

地図を見る

この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

2日目午後:異国情緒漂うアラブストリートとカトン地区へ

2日目午後:異国情緒漂うアラブストリートとカトン地区へ
結月 ここあ

シンガポールのアラブストリート、リトルインディアで異国文化に触れるby 結月 ここあ

地図を見る

MRTブギス駅から徒歩10分ほどのところにあるのが「アラブストリート」。1924年にラッフルズ卿の支援を受けて建立されたサルタンモスクを中心にひらけた街で、アラブ商人が多く居住。サルタンモスクの前には、カラフルな可愛い建物が続くブッソーラ・ストリートがあり、カフェや雑貨店などもあって、お土産探しにもおすすめ。

<アラブストリートの基本情報>
住所:200 Victoria Street Singapore 188021(中心地のブギス・ジャンクション)
アクセス:MRTブギス駅から徒歩約10分。 この写真の記事を見る ≫

2日目午後:異国情緒漂うアラブストリートとカトン地区へ
斎 信夫(いつき)

パステルカラーの可愛いお家に絶品加東ラクサ!シンガポール・カトン地区by 斎 信夫(いつき)

地図を見る

MRTパヤ・レバー駅から徒歩約20分、もしくはタクシーで約8分ほどで行ける「カトン地区」は、中国系移民の子孫が作り出したプラナカンの伝統文化を感じる事が出来るエリアです。マカロンのショーケースのようなパステルカラーの可愛い建物が建ち並びインスタ映え必至。ビーズ雑貨、パステルカラーの陶器、シンガポール航空の制服で有名な民族衣装サロン・ケバヤのお店など、プラナカンにちなんだお土産屋さんも揃っています。

<カトン地区の基本情報>
住所:208 East Coast Road Singapre
アクセス:MRTパヤ・レバー駅から徒歩約20分、タクシー約8分。 この写真の記事を見る ≫

2日目午後:シンガポール一の繁華街、オーチャードエリアへ

2日目午後:シンガポール一の繁華街、オーチャードエリアへ
高野 祥

初めてのシンガポールを観光するならココ!5日間おすすめモデルコースby 高野 祥

地図を見る

オーチャードエリアは、たくさんのショッピングモールやデパートが建ち並ぶシンガポール一の繁華街。どのモールもとても広く、ショップ数はかなりのもの。お土産品はもちろん、アパレルやグルメなど、なんでも揃っています。シンガポールでの最後は、オーチャードエリアをぶらぶらしながらお土産を買ったり、食べ歩きして楽しみましょう。 この写真の記事を見る ≫

2日目午後:シンガポール一の繁華街、オーチャードエリアへ
やま かづ

「アイオン・オーチャード」でシンガポールを丸かじり!!食べて、買って、楽しんで!by やま かづ

地図を見る

オーチャードエリアの中でもひときわ目をひくのが、MRTオーチャード駅の真上にある「アイオン・オーチャード(ION Orchard)」。地下4階には、広大なグルメエリアとフードコートがあり、地下1階から地下3階のエリアにはお手ごろ価格の雑貨のお店が集まっています。エレベーターで地上218mの56階まで上れば、パノラマビューが臨める展望スペースも。

<アイオン・オーチャードの基本情報>
住所:2 Orchard Turn
アクセス:MRTオーチャード駅下車、徒歩約2分。 この写真の記事を見る ≫

2日目午後:シンガポール一の繁華街、オーチャードエリアへ
吉川 なお

絶対外せない!シンガポール「セントーサ島」の話題スポットはココ!by 吉川 なお

地図を見る

ここまで主に街歩きのスポットをご紹介しましたが、小さなお子様連れやリゾート気分を味わいたい方には、シンガポール本島の南側に位置する「セントーサ島」もおすすめです。MRTハーバーフロント駅から徒歩5分のハーバーフロントタワーより、セントーサ駅までケーブルカーで行くことができます。

セントーサ島にはカジノに加え、世界最大級の水族館マリン・ライフ・パーク、シンガポール屈指のビーチ、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)などがあります。USSも含めゆっくり楽しむなら一日かかりますが、水族館とビーチ周辺だけなら3時間もあれば楽しめます。マレーシア行きの飛行機の出発時間にもよりますが、街歩きの時間を削って、こちらでリゾート気分を満喫するのもいいかもしれません。 この写真の記事を見る ≫

2日目夜:チャンギ国際空港からマレーシアのクアラルンプールへ

2日目夜:チャンギ国際空港からマレーシアのクアラルンプールへ
高梨 きこ

もはや観光スポット!シンガポール「チャンギ国際空港」by 高梨 きこ

地図を見る

さて、シンガポール観光を堪能したら、次はマレーシアのクアラルンプールへと移動しましょう。クアラルンプール国際空港までは直行便でわずか1時間ほど。LCC便も多数出ており、格安の運賃で移動できますよ。

シンガポール・チャンギ国際空港は、エンターテインメント、グルメ、すべてにおいて秀でた巨大な空港。もはや1つの観光スポットと言えます。早めに空港に着いて、空港内を探検したり、ショッピングするのも楽しいですよ。 この写真の記事を見る ≫

2日目夜:チャンギ国際空港からマレーシアのクアラルンプールへ
斎 信夫(いつき)

ジンジャーチキンが絶妙な旨さ!シンガポール「スープレストラン(三盃雨件)」by 斎 信夫(いつき)

地図を見る

空港内にはレストランもたくさんあります。中でもターミナル2にある「スープレストラン(三盃雨件)」はジンジャーチキンが美味しいお店として有名。シンガポールの名物鶏料理といったらチキンライス(海南鶏飯)ですが、柔らかくジューシーに蒸された鶏肉に、まろやかな生姜ソースを付けて頂くジンジャーチキンも絶品。

夕食は、クアラルンプール到着後がおすすめですが、飛行機の出発時間が遅い場合などは、シンガポール・チャンギ国際空港内で済ませておきましょう。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

2日目ホテル:クアラルンプールのホテルにチェックイン

2日目ホテル:クアラルンプールのホテルにチェックイン
松本 沙織

立地抜群!都会のオアシス「ル メリディアン クアラルンプール」by 松本 沙織

地図を見る

クアラルンプールに着いたら市内中心部のホテルにチェックイン!

空港からの直通列車が乗り入れているKLセントラル駅直結の「ル メリディアン クアラルンプール」は、立地良し、設備良し、サービス良し、食事良し、コスパ良し。クアラルンプール空港からKLIAエクスプレスで約28分で、空港からホテルまで屋外に出ずに移動できるので快適。ペトロナスツインタワーがあるKLCC駅へもLRTで乗り換えなしで行くことができます。

プールはお隣のヒルトンと共有しているためとても広く、都心部ですが、リゾート気分も満喫できます。朝食はとにかく種類が多く、定番のアメリカンブレックファーストはもちろん、マレーに中華にインドに日本食、ヌードル、エッグステーション、自動で焼かれているソーセージ、クレープ、ソフトクリーム…、朝からどれを食べようか迷ってしまいます。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
2日目ホテル:クアラルンプールのホテルにチェックイン
U KOARA

大都会の真ん中のプール!ベルジャヤタイムズスクエアホテルKL・マレーシアby U KOARA

地図を見る

KLセントラル駅から6分、インビ駅直結の「ベルジャヤタイムズスクエアホテルKL」もアクセス抜群のホテルです。ブキッ・ビンタンという人気の繁華街があり観光にも大変便利な立地。プールからはKLタワーとツインタワーが一度に見えるというロケーションで、南国の大都会で贅沢な時間を体験できます。

ベルジャヤの朝食ビュッフェはライブキッチンが多いのが特徴。マレーシア名物ロティチャナイに加え、お粥や麺類のトッピングの種類も迷うほど多く、楽しい朝食タイムになること間違いなし。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
2日目ホテル:クアラルンプールのホテルにチェックイン
阿部 吾郎

「トレーダーズホテル・クアラルンプール」でペトロナスツインタワーの夜景を満喫!by 阿部 吾郎

地図を見る

ペトロナスツインタワーの夜景を満喫したいなら「トレーダーズホテル・クアラルンプール」がおすすめ。デラックスツインタワーに宿泊すれば真正面にツインタワーが見えます。特に夜景の美しさは感動的。朝起きてカーテンを開けた時にツインタワーが正面に見えるのも気持ちのいい瞬間です。

33階のスカイバーは、地元の人々にも観光客にも大人気のスポットです。プールの周りがバーになっていて、直接ツインタワーの絶景を見ることができます。写真を撮るにも最適の場所。18時半から19時半ごろが夕暮れから夜に移り変わる最も夜景がきれいに見える時間帯です。 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

2日目夜:屋台街ジャラン・アローでマレーシアグルメを

2日目夜:屋台街ジャラン・アローでマレーシアグルメを
吉川 なお

クアラルンプールってどんなところ?パワフルシティの街歩き指南!by 吉川 なお

地図を見る

ホテルに荷物を置いたら、屋台街でマレーシアグルメを堪能しましょう。ブキッ・ビンタン通り北側のアロー通りに連なる「ジャラン・アロー(アロー通り)」は、クアラルンプールきっての屋台街。まさにアジアの活気を肌で感じられるところで、約200メートルの通り一帯に中華系を中心にタイ、インド、マレー料理などを供するさまざまな店が軒を連ね、活気と匂いに満ちています。

<ジャラン・アローの基本情報>
住所:Jl. Alor
アクセス:KLモノレール ブキッ・ビンタン駅から徒歩約5分。 この写真の記事を見る ≫

2日目夜:屋台街ジャラン・アローでマレーシアグルメを

アジアの魅力が満載!クアラルンプールのお勧めスポット4選

地図を見る

屋台が連なるアロー通りから歩くことわずか1分。おしゃれなバーが連なるところが「チャンカット ブキッ・ビンタン」。約200mはあろう道の両側には様々な種類のバーやレストランがずらりと並び、屋台街とはまた違った雰囲気。各お店から流れてくるのは大音量の音楽と、楽しそうな話し声。世界各国から訪れる観光客が一挙に集い、ビールやカクテルを手に楽しむナイトスポットエリアです。

物価の高いシンガポールとは違い、マレーシアは日本の約3分の1の物価で、リーズナブルに旅ができるのも魅力の一つ。クアラルンプールの夜は、本格的なマレー料理、中華料理、インド料理を堪能しましょう。

<ジャラン・アローの基本情報>
住所:Jl. Changkat Bukit Bingtang
アクセス:KLモノレール ブキッ・ビンタン駅から徒歩約5分。 この写真の記事を見る ≫

3日目午前:インスタ映え必至のピンクモスクと旧市街へ

3日目午前:インスタ映え必至のピンクモスクと旧市街へ
阿部 吾郎

インスタ映えで人気!マレーシアのピンクモスクを美しく撮れるスポットby 阿部 吾郎

地図を見る

クアラルンプールには、高架鉄道のLRT、主に地下を走るMRT、KLモノレール、KTMコミューター、空港と中心部を結ぶKLIA(エクスプレス/トランジット)など様々な鉄道路線があり、多くの観光スポットは鉄道だけでアクセスできます。

3日目の朝は、数多くあるモスクの中でも、特に美しくフォトジェニックな「プトラモスク」に行ってみましょう。KLセントラル駅からKLIAトランジットに乗り約20分のプトラジャヤ&サイバージャヤ駅まで移動。タクシーで約10分です。ピンクモスクとも言われるこのモスクは、ピンク色をしたドームが美しく、外観だけでなく内部もピンク。ピンクの装飾に青いステンドグラスという配色はインスタ映え必至!

<プトラモスクの基本情報>
住所:Perdana Putra, Putrajaya
アクセス:KLIAトランジット プトラジャヤ&サイバージャヤ駅で下車。タクシーで約10分。
入場料(内部見学):無料 この写真の記事を見る ≫

3日目午前:インスタ映え必至のピンクモスクと旧市街へ
吉川 なお

クアラルンプールってどんなところ?パワフルシティの街歩き指南!by 吉川 なお

地図を見る

KLセントラル駅に戻り、LRTでマスジッドジャメ駅まで移動(約13分)するとそこにはオールドタウンが広がっています。KLセントラル駅が開業するまでは市内の中心駅であったクアラルンプール駅から、マレーシア独立を宣言した広場ムルデカ・スクエアまでの一帯は古い歴史を持つエリア。英国統治時代に建てられた美しいムーア建築の建物が点在しています。

中でも「ムルデカ・スクエア」に建つ、スルタン・アブドゥル・サマドビルは、ヴィクトリア様式とムーア様式が融合したレンガ造りの壮麗な建物で、白い時計塔と玉ねぎ形のドームが印象的。クアラルンプール観光では外せない人気観光スポットです。 この写真の記事を見る ≫

3日目午前:インスタ映え必至のピンクモスクと旧市街へ
麻田 ユウミ

歴史と文化に触れる!初めてのKLは「ムルデカ・スクエア」へGO!by 麻田 ユウミ

地図を見る

クアラルンプールの歴史を学べる「シティ・ギャラリー」前にある“I LOVE KL”のモニュメントも絶対外せない写真スポット。館内はクアラルンプールの歴史が写真で展示されており、マレーシア独立までの道のりを知ることができます。

<ムルデカ・スクエアの基本情報>
住所:Jalan Raja
アクセス:LRTマスジッドジャメ駅から徒歩約7分。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

3日目午後:約452mの超高層ビル、ペトロナスツインタワーへ

3日目午後:約452mの超高層ビル、ペトロナスツインタワーへ
渡部 洋一

高さ世界一!マレーシアが誇るペトロナスツインタワーは昼も夜景も美しすぎる!by 渡部 洋一

地図を見る

オールドタウンを散策した後は、KLCCと呼ばれる新しいエリアへ移動。ムルデカ・スクエアに近いマスジッドジャメ駅からだと、KLCC駅までLRTで23分。ここにはクアラルンプールを象徴するペトロナスツインタワーをはじめ、大型ショッピングセンターのスリアKLCCやKLCC水族館、KLCC公園などがあり、マレーシアの近代的な一面を見ることができます。

超高層ビル「ペトロナスツインタワー」は、20世紀完成の高層ビルとしては最も高く、その高さ実に約452m。1998年の完成から5年間、世界で一番高いビルとして君臨。今ではドバイのブルジュ・ハリファなど、多くの超高層ビルに抜かれましたが、現在も2棟のビルが対となるツインタワーとしては世界一の高さを誇っています。 この写真の記事を見る ≫

3日目午後:約452mの超高層ビル、ペトロナスツインタワーへ
アシュ 飯田

クアラルンプールのツインタワー 世界一の高さから最高の眺めby アシュ 飯田

地図を見る

先端部にある塔はイスラム様式に則って造られており、マレーシアのモスクに似た特徴的な尖塔になっています。展望台に上るエレベーターを降りると、まず初めに到着するのが41、42階。地上170mの高さで、両タワーを繋いでいるスカイブリッジの空中散歩が楽しめます。スカイブリッジからエレベーターを上がると、86階、370mにある超高層展望台へ。クアラルンプールを一望するその眺めはまさしく絶景。

<ペトロナスツインタワーの基本情報>
住所:Kuala Lumpur City Centre
営業時間:火曜日〜土曜日 9:00-21:00、月曜日は定休日
入場料金:80MYR
アクセス:LRT KLCC駅から徒歩約3分。地下道直結。 この写真の記事を見る ≫

3日目ランチ:マレーシアのローカルフードに舌鼓

3日目ランチ:マレーシアのローカルフードに舌鼓
アシュ 飯田

クアラルンプール王道観光1泊2日モデルコースby アシュ 飯田

地図を見る

ペトロナスツインタワーに併設するショッピングセンター、スリアKLCCにあるフードコートはお店のバリエーションが豊か。和・洋・中はもちろん、世界各国の様々な料理が食べられるのが特徴。3日目のお昼はここでマレーシアのローカルフードを頂きましょう。

中でもおすすめは、細長いパサっとしたご飯に、辛いタレが絡まった豆や煮干しのから揚げが添えられた、ナシッ・レマという代表的なマレー料理。添えるおかずも注文時にカスタマイズできるシステムなので、自分好みの一皿をオーダーすることができます。 この写真の記事を見る ≫

3日目ランチ:マレーシアのローカルフードに舌鼓
やま かづ

やっぱり本場で食べたい!マレーシアのお勧め定番料理5選by やま かづ

地図を見る

マレーシアを代表する麺料理といえばラクサ。もっとも有名なのは魚のダシがきいて酸味が強い太麺のアッサムラクサ(ペナンラクサ)ですが、その他、カレースープとココナッツで味つけした卵麺のニョニャラクサ、ビーフンを使った辛さが引き立つサラワクラクサ、日本人向きの酸味が少ないカレーラクサなどがあります。 この写真の記事を見る ≫

3日目ランチ:マレーシアのローカルフードに舌鼓
やま かづ

食べ比べしたい!マレーシアの伝統的かき氷「ABC」5選by やま かづ

地図を見る

デザートは、アイス・カチャンでキマリ! マレー語(Air Batu Campur)の頭文字をとってABCとも言われます。お店によってアレンジはいろいろですが、若者の間では、フルーツがたくさん入ったものに人気が集まっています。マンゴーアイスの底にピーナッツや寒天が入っている中華風のアイス・カチャンもおすすめ。 この写真の記事を見る ≫

3日目午後:KL随一の繁華街ブキッ・ビンタンでお買い物

3日目午後:KL随一の繁華街ブキッ・ビンタンでお買い物
やま かづ

無料の「ゴーKLシティバス」でお得にクアラルンプール観光by やま かづ

地図を見る

クアラルンプールでの街散策、最後は、クアラルンプール市内を無料で巡回する“ゴーKLシティバス”のグリーンラインで「ブキッ・ビンタン」へ。 この写真の記事を見る ≫

3日目午後:KL随一の繁華街ブキッ・ビンタンでお買い物
やま かづ

無料の「ゴーKLシティバス」でお得にクアラルンプール観光by やま かづ

地図を見る

ブキッ・ビンタンは、巨大なショッピングモールやブティック、おしゃれなカフェが並ぶ最新ファッションの情報発信エリアですが、一歩裏通りに目を移せば、昔ながらの雑貨屋さんや屋台街もあり、東南アジアの町らしい雑多な雰囲気も残っています。 この写真の記事を見る ≫

3日目午後:KL随一の繁華街ブキッ・ビンタンでお買い物
吉川 なお

クアラルンプールってどんなところ?パワフルシティの街歩き指南!by 吉川 なお

地図を見る

クアラルンプール一番の繁華街はブキッ・ビンタン通りとモノレールのブキッ・ビンタン
駅があるスルタン・イスマイル通りが交差する一帯。インビ駅までのエリア内に、パビリオン、スターヒル・ギャラリー、ファーレンハイト88、ペルジャヤ・タイムズスクエアなどの大型ショッピングセンターが何軒も建ち並んでいます。2泊3日でのシンガポール、マレーシアの旅、最後のお土産はこちらで調達しましょう。

ブキッ・ビンタンから空港へは、MRTブキッ・ビンタン駅からムジウム・ネガラ駅まで移動(3駅)し、徒歩約8分でKLセントラル駅へ。KLIAエクスプレスに乗り換えれば約28分でクアラルンプール国際空港に着きます。

<ブキッ・ビンタンの基本情報>
住所:Jalan Bukit Bintang
アクセス:MRTブキッ・ビンタン駅下車すぐ。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

シンガポール・マレーシア2泊3日モデルコースはこれでキマリ!

シンガポールとマレーシアを2泊3日で巡るモデルコースはいかがでしたか?

どちらも魅力いっぱいの国で、観光スポットは盛りだくさんですが、人気観光スポットだけに絞り、効率的なルートをチョイスすれば、2泊3日でもシンガポールとマレーシアの両国を十分楽しめます。

1日目午後のところで往路便について説明しましたが、海外の場合は航空便のチョイスも重要。クアラルンプール発の成田行き直行便は、マレーシア航空、全日空(ANA)、日本航空(JAL)の3社が運航していますが、ANAは午前中発、JAL、マレーシア航空が夜発ですのでJALかマレーシア航空の利用がおすすめ。

是非今回の記事を参考に、効率的なルートでシンガポールとマレーシアの旅を楽しんでくださいね。

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -