バルセロナは観光名所がいっぱい!必見スポット10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バルセロナは観光名所がいっぱい!必見スポット10選

バルセロナは観光名所がいっぱい!必見スポット10選

更新日:2018/06/20 15:36

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

世界遺産サグラダ・ファミリアに代表されるガウディ建築や、サッカークラブ・FCバルセロナなどで知られる人気観光地、スペインの「バルセロナ」。ショッピングが楽しめるグラシア通り、夜中まで観光客が絶えないランブラス通り、歴史ある建築物や中世の面影が残るゴシック地区、ボルン地区など、街の中心部には見所が満載。LINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材したおすすめ観光スポットをご紹介します。

1.サグラダ・ファミリア

1.サグラダ・ファミリア
大里 康正

サグラダ・ファミリアに刻まれたミステリーと美しき礼拝堂by 大里 康正

地図を見る

世界遺産「サグラダ・ファミリア」はアントニ・ガウディの未完であり、1882年の着工から今もなお建築中の巨大な教会。当初は工事が終わるまでに300年とされましたが、2026年完成予定です。ユニークな外観は常に注目されますが、そこには数々のミステリーが!もちろん、礼拝堂内部の美しい装飾も必見です。この写真の記事を見る ≫

2.カサ・バトリョ

2.カサ・バトリョ
まつり はるこ

全て世界遺産!バルセロナ市内で巡るガウディ建築完全ガイドby まつり はるこ

地図を見る

ガウディが造った奇跡の建築物の一つ「カサ・バトリョ」は、ガウディ建築の中でもとても人気の高い邸宅。“ガウディっぽさ”が前面に出ている外観は、見事の一言。

日が暮れると建物全体がライトアップされるので、さらにドラマチックな雰囲気に。外観だけでも絶対に見てほしいマストスポットです。この写真の記事を見る ≫

3.カサ・ミラ

3.カサ・ミラ
濱中 知穂

時間がなくても絶対みたい!バルセロナのガウディ作品群by 濱中 知穂

地図を見る

「カサ・ミラ」は、ガウディが手がけた最後の私邸で、現在も4世帯が住む集合住宅となっています。屋上、最上階、最上階の1つ下の階、そして2階が見学可能なので、見応えは十分。

建物内側にぎっしり並ぶ窓は、下の階に行くほど大きくなっており、自然光を意識して取り入れようとしたガウディのこだわりが感じられます。この写真の記事を見る ≫

4.グエル公園

4.グエル公園
フルリーナ YOC

天才ガウディと遊ぼう!スペイン世界遺産「グエル公園」by フルリーナ YOC

地図を見る

「グエル公園」は当初庭園都市としてガウディが設計したもので、「自然との融合」をコンセプトに作り上げた空間は、優しく楽しく訪れる人を迎えてくれます。

公園で絶大な人気を誇るのがこの爬虫類のオブジェ。正面ファサードの階段の途中にあり、いつも写真を撮りたい人の列ができています。ドラゴンともトカゲともサンショウウオとも言われるこの人気者が何なのかは、はっきりとわかっていません。この写真の記事を見る ≫

5.ガウディの家博物館

5.ガウディの家博物館
高橋 樂

芸術家の夢の足跡!バルセロナ・グエル公園とガウディの家博物館by 高橋 樂

地図を見る

グエル公園は元々、ガウディのパトロンで友人の実業家グエル氏が建設を依頼して、自然と芸術が融合した“英国風の田園都市”をコンセプトとする、ブルジョワのための夢の新興住宅地を造る予定でした。

しかし当時としては斬新すぎる住宅地な上に、交通の便が悪かったためなかなか買い手が付かず、60戸造成予定が2戸造られただけで計画は頓挫。そのうちの1戸がガウディが一時住んだ家で、今は「ガウディの家博物館」となっています。この写真の記事を見る ≫

6.ピカソ美術館

6.ピカソ美術館
濱中 知穂

ピカソ作品の舞台もある、中世街並みが残るバルセロナのゴシック地区by 濱中 知穂

地図を見る

スペインが生んだ偉大な芸術家パブロ・ピカソ。「ピカソ美術館」は、バルセロナの石畳が続く旧市街地にあります。このエリアにあるAVINYO通りはピカソの「アヴィニョンの娘たち」の舞台となった通りです。

ピカソといえば、「泣く女」や「ゲルニカ」に代表されるようなキュビスムの時代の絵のイメージが強いと思われますが、こちらの美術館は、そこに至るまでのピカソの足跡を堪能できます。この写真の記事を見る ≫

7.バルセロナ王立美術サークル

7.バルセロナ王立美術サークル
エム チヒロ

たった半日で芸術とビーチリゾートを満喫できる街バルセロナby エム チヒロ

地図を見る

スペイン現代美術の巨匠ダリ。バルセロナ郊外フィゲラスにあるダリ美術館が有名ですが、実はダリの作品、郊外に行かなくてもバルセロナの中心街で鑑賞することができるのです。

「バルセロナ王立美術サークル」は観光客もほとんどおらず、ゆっくりとダリの作品を楽しむことができる穴場の美術館です。館内には絵画、デッサン、写真、彫刻等、700点以上ものバラエティーに富んだ作品が展示されています。この写真の記事を見る ≫

8.カタルーニャ美術館

8.カタルーニャ美術館
橘 凛

ヨーロッパ随一・迫力の噴水ショー!バルセロナのマジカ噴水by 橘 凛

地図を見る

バルセロナの地下鉄エスパーニャ駅近く、宮殿のように鎮座しているのが、「カタルーニャ美術館」です。この美術館は、1929年のバルセロナ万博を記念して造られたもの。夜間はライトアップされて、市内でもひときわ目立つ存在です。

カタルーニャ美術館前にあるのが「マジカ噴水」。美術館と同じ時に造られた築100年近い噴水で、週末の夜には噴水ショーが楽しめます。この写真の記事を見る ≫

9.カタルーニャ音楽堂

9.カタルーニャ音楽堂
高橋 樂

究極の装飾美!バルセロナ世界遺産「カタルーニャ音楽堂」でコンサートby 高橋 樂

地図を見る

ゴシック地区にある世界遺産「カタルーニャ音楽堂」は、繊細優美な装飾美が見事!20世紀初頭モデルニスモ芸術様式の最高傑作と言われ、今も毎晩クラシックコンサートが行われています。フラメンコやスパニッシュギター等、スペインならではの演目もあり、観光客にも大人気です。

モデルニスモの究極美に包まれつつ、心地良い音楽に浸る至福のひとときを過ごすことができます。この写真の記事を見る ≫

10.サンタ・マリア・ダル・マール教会

10.サンタ・マリア・ダル・マール教会
濱中 知穂

ピカソ作品の舞台もある、中世街並みが残るバルセロナのゴシック地区by 濱中 知穂

地図を見る

ボルン地区にある「サンタ・マリア・ダル・マール教会」は、 14世紀に建立されたカタルーニャ・ゴシック様式の建築物の中でも最も美しいものの一つ。別名「海のカテドラル」と呼ばれていて、当時は教会のすぐそばに海岸線があったといいます。

この教会の魅力は、無駄のない装飾、そしてなんといってもステンドグラスの美しさ。ステンドグラスに光が差し込む光景は見事!この写真の記事を見る ≫

バルセロナ観光はこれでキマリ!

バルセロナ観光の人気観光スポットをまとめてみましたが、いかがでしたか?
旅行の計画を立てる際に、ぜひ参考にしてくださいね!

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ