ベトナムのグルメが楽しめるレストラン10選 各都市ごとにご紹介!

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ベトナムのグルメが楽しめるレストラン10選 各都市ごとにご紹介!

ベトナムのグルメが楽しめるレストラン10選 各都市ごとにご紹介!

更新日:2019/08/08 08:14

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 元旅行会社勤務、温泉ソムリエ、子連れトラベラー

フォーや生春巻きなど、今や日本でも定着しつつあるベトナム料理。野菜を沢山使っておりヘルシーなものが多いことから、女性を中心に人気を集めています。一口にベトナム料理といっても、地域ごとに味付けは異なるもの。本場を訪れればきっとお気に入りの一品に出会うことができますよ!

ここでは、ハノイ、ホーチミン、フエ、ダナンといった人気都市において、各都市おすすめの名店たちをご紹介致します。

1.ブンチャー・フォン・リエン/ハノイ

1.ブンチャー・フォン・リエン/ハノイ
沢木 慎太郎

ハノイ観光おすすめ!ベトナム料理の人気グルメ&有名レストランby 沢木 慎太郎

地図を見る

ハノイを訪れたら必ず食べたいグルメのひとつが、ハノイ発祥の麺料理“ブンチャー”。豚肉や肉だんごが入った甘辛いタレに、米粉で出来た麺や香草を混ぜ豪快にいただきます。

中でも、オバマ元大統領が訪れたことで、有名になったお店「ブンチャー・フォン・リエン」では、ビールもセットになったお得な“コンボ・オバマ”がおすすめです。実際に座った席がそのままに保存されているので記念撮影もお忘れなく!

<基本情報>
住所:Le Van Huu, Hanoi
電話番号:+84-96696-2683
アクセス:ハノイ駅からタクシーで約5分
営業時間:8時〜20時この写真の記事を見る ≫

2.Ly Quoc Su/ハノイ

2.Ly Quoc Su/ハノイ
中川 康雄

北ベトナムのご当地グルメ!「バインダークア」をハノイのローカル食堂でby 中川 康雄

地図を見る

北部にある港町、ハイフォン発祥のカニ汁麺“バインダー・クア”もまた、ハノイを訪れたらトライしたい料理の一つ。「Ly Quoc Su」は、サトウキビ入りの米粉平麺に沢山の具を盛り付けたボリュームたっぷりのバインダー・クアが食べられるお店です。さつま揚げや野菜に豚肉、カニのすり身など、これだけ入って1杯200円弱!栄養も満点です。

<基本情報>
住所:6 Phung HungQuan Hoan Kiem Ha Noi
アクセス:ドンスアン市場から徒歩10分この写真の記事を見る ≫

3.Mandala restaurant/ホーチミン

3.Mandala restaurant/ホーチミン
中川 康雄

必食のベトナム南部料理!ホーチミンでおすすめの名物グルメ3選by 中川 康雄

地図を見る

精進料理のひとつとして親しまれている“花鍋”。見た目にも美しく、花が持つ独特の香りが楽しめるのが特徴です。花鍋の人気店「Mandala restaurant」は、他にも珍しいベジタリアンフードを提供してくれるお店。食べ頃になるまで、スタッフが目の前で調理してくれるので安心してお任せしてしまいましょう。

<基本情報>
住所:110 Suong Nguyet Anh, Ho Chi Minh City
電話番号:+84 8 3926 0638
アクセス:ベンタイン市場から徒歩15分くらいこの写真の記事を見る ≫

4.コムタム77/ホーチミン

4.コムタム77/ホーチミン
古川 悠紀

レストランにはない味!ベトナムで食べる食堂グルメ5選by 古川 悠紀

地図を見る

フォーなどといったサッパリとしたメニューが多いベトナムにおいて、お腹をたっぷり満たしたい人におすすめなのが、ぽろぽろとしたごはんに惣菜をのせて戴くローカルフード“コムタム”。「コムタム77」はボリュームたっぷりのコムタムが食べられると、長年に渡り人気を集めている地元で有名なお店です。豪快にかきこみ、観光をエネルギッシュに楽しみましょう!

<基本情報>
住所:77 Bui Vien St. Dist.1. Ho Chi Minhこの写真の記事を見る ≫

5.オックダオ/ホーチミン

5.オックダオ/ホーチミン
古川 悠紀

貝はベトナム料理の名物!ホーチミンで人気の貝料理店を紹介!by 古川 悠紀

地図を見る

ホーチミンの台所、ベンタイン市場から徒歩15分ほどの場所に位置する「オックダオ」は、貝やカニ、エビなどを扱う海鮮食堂。夕方ごろから店内は多くの地元民で賑わいはじめます。

レン貝と呼ばれる小さな貝をココナッツミルクで炒めた“レンサオユア”や、貝をタマリンドと豚肉の脂で炒めた“オッモンサオメー”など、貝を使った様々な料理が楽しめます。もちろん網で焼いたシンプルな食べ方もお好み次第。深夜24時まで営業しているのも嬉しいポイント。ローカル気分が味わえますよ!

<基本情報>
住所:132 Nguyen Thai Hoc St. Dist.1. Ho Chi Minhこの写真の記事を見る ≫

6.ブン・ボー・フエ/フエ

6.ブン・ボー・フエ/フエ
沢木 慎太郎

ベトナム料理フォーよりもおすすめ!世界遺産フエの名物料理by 沢木 慎太郎

地図を見る

フエを代表する名物料理“ブン・ボー・フエ”は、豚足や牛肉を柔らかくなるまで煮込んだスープ料理。トライするなら、“ブン・ボー・フエ”の発祥とされるお店「ブン・ボー・フエ」がおすすめです。

お店によって味付けは異なりますが、こちらのお店の鶏ガラ風味は日本人の舌にも合うこと間違いなし!お好みでライムやパクチー、生野菜を入れていただきましょう。

<基本情報>
住所:17 Ly Throng Kiet, Hue
電話:+84-5-4382-6460
アクセス:フエ駅からタクシーで約7分
営業時間:5:30〜21:00(無休)この写真の記事を見る ≫

7.ル・パフューム/フエ

7.ル・パフューム/フエ
二松 康紀

天皇皇后両陛下のメニューを堪能!ベトナム・フエ「ラレジデンスホテル&スパ」by 二松 康紀

地図を見る

天皇皇后両陛下がベトナム訪問時に宿泊された“ラレジデンスホテル&スパ(La Residence Hotel & Spa)”は、フランス統治時代に建てられたコロニアル建築の建物が美しいホテル。充実の施設やスタッフのホスピタリティに定評があります。

宿泊者以外にもおすすめしたいのが、館内にあるレストラン「ル・パフューム」。ベトナムと西洋料理の融合が楽しめます。一般客でも両陛下が召し上がった料理を注文することができ、優雅な雰囲気の中食事が楽しめるので、フエでの特別なディナーに選びたいですね。この写真の記事を見る ≫

8.ミークワン1A/ダナン

8.ミークワン1A/ダナン
成田 ゆり

ミークワンにバインミー「ダナン」で絶対食べたいローカルグルメ5選by 成田 ゆり

地図を見る

ダナン発祥の料理“ミークワン”。最も有名なお店が「ミークワン1A」です。コシのある平打麺にたっぷりの野菜とピーナッツのトッピングが絶妙なバランス。ヘルシーな汁なし麺は、観光に疲れた体をリフレッシュさせてくれますよ!

<基本情報>
住所:1 Hai Phong, Thach Thang, Hai Chau, Da Nang
電話番号:+84-236-3827-936この写真の記事を見る ≫

9.ソイガーベー/ダナン

9.ソイガーベー/ダナン
成田 ゆり

ミークワンにバインミー「ダナン」で絶対食べたいローカルグルメ5選by 成田 ゆり

地図を見る

“ソイガー”は、香ばしいドライオニオンや野菜を添えていただくベトナム版おこわ。ダナン中心部にある「ソイガーベー」は、そんなソイガーを食べることのできる人気のお店です。

併せて提供される鶏ガラのスープが相性抜群。気軽にテイクアウトすることができるのもまた魅力です。

<基本情報>
住所:37 Nguyen Thi Minh Khai, Thach Thang, Hai Chau, Da Nangこの写真の記事を見る ≫

10.バインミーフォン/ホイアン

10.バインミーフォン/ホイアン
成田 ゆり

並んでも食べたい!世界一美味しい「バインミーフォン」はホイアンにあり!by 成田 ゆり

地図を見る

ベトナム滞在中一度は食べたいソウルフード“バインミー”。気軽に食べることのできるベトナム版サンドイッチは国内至る所にお店がありますが、折角食べるのであれば本場であるダナンやホイアンがおすすめ。

国内で最も人気のお店がダナンから車で30分ほどのホイアンにある「Banh mi Phuong(バインミー・フォン)」です。世界遺産の都市に観光がてら、美味しいバインミーにトライしてくださいね!

<基本情報>
住所:2b Phan Chu Trinh, Cam Chau, Hoi An,
電話番号:+84-90-574-37-73この写真の記事を見る ≫

ベトナムのグルメが楽しめるレストランはこれでキマリ!

都市ごとに魅力の異なるベトナムにおいて、グルメもまたその地その地によって特徴があります。定番料理のフォーやバインミーも、地域やお店によって異なる味付けを楽しめますよ!

ここでは、地元の評判の美味しいお店をそれぞれの都市からご紹介。お気に入りの味を見つけ、ベトナムグルメを堪能してくださいね。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -