シンガポールツーリストパスで巡れる!おすすめ観光スポット9選

シンガポールツーリストパスで巡れる!おすすめ観光スポット9選

更新日:2019/07/31 10:51

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 元旅行会社勤務、温泉ソムリエ、子連れトラベラー

魅力的なスポットが点在するシンガポール。各地へのアクセスには、プリペイド式の「シンガポールツーリストパス(有効期間:1〜3日)」がおすすめです。空港や駅などで購入することができ、主要な観光名所を網羅しているのでとっても便利。滞在中はMRTや普通路線バスに何度でも乗ることができてしまいます。

ここでは、ツーリストパスを利用して巡ることのできる、魅力的なスポットをご紹介致します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1.マーライオンパーク

1.マーライオンパーク
阿部 吾郎

シンガポールの夜景撮影ベストスポットはここだ!by 阿部 吾郎

地図を見る

シンガポールのシンボル的存在でもある、マーライオン。「マーライオンパーク」では口から水を噴き出すマーライオンと、小さなミニマーライオンの二つに出会うことができます。同じく人気のスポットである“マリーナベイサンズ”をのぞむように建つその姿はとてもフォトジェニック。MRTラッフルズプレイス駅から徒歩10分ほどの距離にあるので、ツーリストパスを有効活用して訪れてくださいね!

<基本情報>
住所:One Fullerton, Fullerton Rd, Singapore 049213
アクセス:MRTラッフルズプレイス駅から徒歩10分 この写真の記事を見る ≫

2.マリーナ ベイ サンズ

2.マリーナ ベイ サンズ
小浜 みゆ

マリーナベイ・サンズに上る3つの方法!シンガポールの絶景をその目にby 小浜 みゆ

地図を見る

数々の映画やテレビコマーシャルの舞台にもなった人気リゾート「マリーナ ベイ サンズ」。外観も特徴的で目を引く存在です。名物である地上57階の屋上インフィニティプールは宿泊者のみとなりますが、ルーフトップバーやレストラン、展望ラウンジはビジターでも利用可能。MRTのベイフロント駅にも直結しています。

写真提供:misato bamboo

<基本情報>
住所:10 Bayfront Avenue Singapore 018970
アクセス:MRTベイフロント駅直結 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

3.ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

3.ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
高野 祥

シンガポール「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」は夜がオススメ!by 高野 祥

地図を見る

“マリーナベイサンズ”が位置するマリーナベイエリア。こちらにある国立公園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」は、巨大な木をイメージした"スーパーツリー・グローブ"が幻想的な空間を作り出します。

毎晩19:45と20:45に行われる光と音のショー"OCBCガーデン・ラプソディ"は必見!ツーリストパスを活用すれば、ベイフロント駅からアクセス可能です。

<基本情報>
住所:18 Marina Gardens Drive, Singapore 018953
アクセス:MRTベイフロント駅から徒歩5分 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

4.オーチャード・ロード

4.オーチャード・ロード
高野 祥

初めてのシンガポールを観光するならココ!5日間おすすめモデルコースby 高野 祥

地図を見る

マリーナベイサンズやガーデンズ・バイ・ザ・ベイがあるベイフロント駅からMRTでおよそ15分のオーチャード駅。この辺りには、たくさんのショッピングモールが建ち並び、買い物客で賑わいます。

ハイブランドからリーズナブルな品まで何でも揃う「オーチャード・ロード」は、買い物好きにとっては何時間居ても飽きることのない場所。高島屋や伊勢丹といった日系のデパートもありますよ。

<基本情報>
住所:Orchard Road
アクセス:MRTオーチャード駅周辺 この写真の記事を見る ≫

5.ラッフルズ・ホテル

5.ラッフルズ・ホテル
吉川 なお

東洋の真珠!シンガポール「ラッフルズ・ホテル」で優雅で贅沢な極上タイムを♪by 吉川 なお

地図を見る

シンガポールを代表する有名ホテル「ラッフルズ・ホテル」。100ほどある客室は全てスイートルーム。数々の著名人も宿泊したことで知られています。人気のカクテル“シンガポール・スリング”発祥の地でもあり、宿泊者にはウェルカムドリンクとして振る舞われています。

本格的な英国式のハイティーも名物のひとつとなっており、宿泊者以外も利用することができます。MRTエスプラネードから徒歩1分の場所にあるので、アクセスも楽々です。

<基本情報>
住所:1 Beach Road, Singapore, 189673, Singapore
電話番号:+65-6337-1886
アクセス:MRTエスプラネード駅から徒歩1分 この写真の記事を見る ≫

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

6.チャイナタウン

6.チャイナタウン

弾丸でも外せない!シンガポールのチャイナタウンと言えばココ!

地図を見る

移民が多いシンガポールは、エリアごとに様々な特徴が味わえるのも魅力のひとつ。中でも、「チャイナタウン」はエネルギッシュな中華系の人々や文化に触れることのできる場所です。

買い物や屋台での食べ歩きなどもおすすめですが、モスクなど多文化による宗教的建造物などが混在していることも興味深いポイント。チャイナタウン駅までは、MRTの利用が便利です。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

7.ナショナルギャラリー

7.ナショナルギャラリー
北ノ峰 セイコ

シンガポールの絶景も楽しめる美術館!ナショナルギャラリーby 北ノ峰 セイコ

地図を見る

世界最大級の美術館「ナショナルギャラリー」は、歴史的保存建造物を活かした荘厳な佇まいの建物。館内にはレストランやギャラリーショップも併設しています。

夜はテラスからライトアップされたマリーナ ベイ サンズやエスプラネードが一望できる夜景スポット。バーも併設されており、お酒も楽しむことができます。MRTシティ・ホール駅からは徒歩5分の道のりです。

<基本情報>
住所: 1 Saint Andrew’s Road
電話番号:+65-6690-9400
アクセス:MRTシティ・ホール駅から徒歩5分 この写真の記事を見る ≫

8.ボタニック・ガーデン

8.ボタニック・ガーデン

シンガポール初の世界遺産「ボタニック・ガーデン」は大都会のオアシス

地図を見る

MRTボタニック・ガーデン駅を降りてすぐのところにある、「シンガポール・ボタニック・ガーデン」は、52ヘクタールもの敷地面積を持つ庭園植物園。2015年には世界遺産にも登録されました。南国の花々や、ユニークな彫刻達が訪れる者を楽しませてくれます。

<基本情報>
住所:1 Cluny Road, Singapore
電話番号:+65-6471-7361
アクセス:MRTボタニック・ガーデン駅から徒歩すぐ この写真の記事を見る ≫

9.カトン地区

9.カトン地区
斎 信夫(いつき)

パステルカラーの可愛いお家に絶品加東ラクサ!シンガポール・カトン地区by 斎 信夫(いつき)

地図を見る

中国系移民の子孫が作り出した“プラナカン文化”に出会うことができる「カトン地区」。MRTダコタ駅からバスに乗り継ぐことで、パステルカラーの建築群まで楽々アクセスすることができます。可愛らしいプラナカン雑貨もお土産には最適。フォトジェニックなこの場所で記念撮影はいかがですか。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

シンガポールツーリストパスで巡れる観光スポットはこれでキマリ!

年間を通して気温の高いシンガポールでは、エアコンの効いたMRTやバスを積極的に利用したいもの。滞在期間に応じて購入することのできるツーリストパスは、主要な観光名所までお得にアクセスすることができるので、是非とも活用したいアイテム。賢く利用し、快適にシンガポールでの滞在を楽しんでくださいね!

料金は1日パス・20シンガポールドル、2日パス・26シンガポールドル、3日パス・30シンガポールドルです。(デポジットの10シンガポールドルが含まれています。)

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -