まるで絵葉書の美しさ!ストラスブールのおすすめホテル10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まるで絵葉書の美しさ!ストラスブールのおすすめホテル10選

まるで絵葉書の美しさ!ストラスブールのおすすめホテル10選

更新日:2019/07/29 15:51

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

木骨造りの住居や橋が絵葉書のような美しさを醸し出すストラスブール。世界遺産に登録されているドイツ国境の街です。フランス国内で最大のクリスマスマーケットがある街としても有名です。風情のある旧市街の駅前広場やプティット・フランス周辺は、5つ〜3つ星ホテルがたくさん。今回は、アルザス特有の美しい景色を望め、サービスも充実したおすすめのホテルをLINEトラベルjp編集部が10軒厳選してご紹介します。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1.メルキュール ストラスブール サントル ガール

1.メルキュール ストラスブール サントル ガール
たぐち ひろみ

ストラスブール「サントルガル」は、ひとり旅でも安心な駅前ホテル!by たぐち ひろみ

地図を見る

ストラスブール中央駅の広いロータリーに面する「メルキュール ストラスブール サントル ガール」。駅に到着後、徒歩わずか1〜2分でたどり着くことができます。日本からフライトと列車・バスを乗り継いで深夜到着になってしまった場合でも安心です。古い建物の外観を残しながら、モダンな内装に改装しています。伝統と現代文化、どちらをも大切にするフランスらしいホテルです。 この写真の記事を見る ≫

2.ホテル クール デュ コルボー ストラスブール Mギャラリー

2.ホテル クール デュ コルボー ストラスブール Mギャラリー
たぐち ひろみ

ホテルがまるごと観光名所!?仏・ストラスブール「クール ドゥ コルボー」の木組み…by たぐち ひろみ

アルザスの伝統家屋がそのままホテルになった「ホテル クール デュ コルボー ストラスブール Mギャラリー」。大胆な木の骨組み、その間を埋めるわらと泥の漆喰という、アルザス独特の木組み建築はそのままに、内装だけを近代的なホテルに改装しています。ガイドブックに紹介されるほど歴史的価値があり、観光客が見物に立ち寄るほどの人気スポットになっています。ぜひ、こちらへ滞在し、アルザスの伝統文化に心ゆくまで浸ってください。 この写真の記事を見る ≫

3.パヴィヨン リージェント ペティート フランス

3.パヴィヨン リージェント ペティート フランス

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/pavillon-rgent…

ストラスブール旧市街の5つ星ホテル「パヴィヨン リージェント ペティート フランス」。駅や大聖堂、近代美術館も徒歩圏内と、最高のロケーションです。館内のサービスも丁寧で親切。館内の設備のことだけでなく、観光のアドバイスもしてくれます。市内のおすすめスポットで知りたいことあったらロビーへ聞いてみると良いですよ。レストランのフランス料理専門も本格的です。晴れた日は外のテラスでゆったりと食事を楽しめます。 観光の拠点として一押しのホテルです。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

4.ソフィテル ストラスブール グラン ディル

4.ソフィテル ストラスブール グラン ディル

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/sofitel-strasb…

ストラスブールを代表する一流ホテル「ソフィテル ストラスブール グラン ディル」は、コスモポリタンな雰囲気と優れたサービス、洗練されたインテリアと、すべて整った5つ星ホテルです。アルザスの品格が紫やゴールドを基調とした館内のデザインへ反映されています。レストランの料理も本格派。夏も冬も美しいテラスで本格アルザス料理に舌鼓するのもいいですね。観光名所ノートルダム大聖堂は歩いてすぐ。観光にも理想的なホテルです。

5.オテル リ アラ

5.オテル リ アラ

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/htel-les-haras…

ストラスブール中心部の抜群のロケーションに位置する4つ星ホテル「オテル リ アラ」。ノートルダム美術館やストラスブール大聖堂へは徒歩圏内です。館内はとても落ち着いた雰囲気。ロビーが広くて壁画もとってもおしゃれ。客室のインテリアは優しい木目を活かしたデザインです。バスも広くゆったりとくつろぐことができるでしょう。ストラスブール滞在の拠点にピッタリのおすすめホテルです。

6.オテル エッテンハイム

6.オテル エッテンハイム

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/htel-ettenheim…

トラムやバスの乗り場がホテルから5分と、抜群のロケーションで人気の4つ星ホテル「オテル エッテンハイム」。ノートルダム大聖堂や植物園へ容易にアクセスできます。館内の雰囲気もよく、広い客室や美しい中庭が好評です。ホテルのおすすめは、レストランの料理。アルザス郷土料理も館内で味わうことができます。ホテル周辺にはおしゃれなカフェやレストランもいっぱい。街歩きと観光をよくばりに楽しめる一押しホテルです。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

7.オテル アロック

7.オテル アロック

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/hotel-arok-290…

ストラスブールの駅の目の前に位置する「オテル アロック」。モダンとクラシックが混在する素敵なホテルです。ストラスブール大聖堂やローハン宮殿などの見どころスポットへも徒歩圏内です。ホテルのおすすめは朝食。特にアルザス名物のクグロフがおいしいと好評です。部屋も広くて快適。バスタブでゆっくり体を癒すこともできますよ。3つ星ですが、4つ星程度の値打ちはあります。コスパ良し、ロケーション良し、客室の雰囲気良しの三拍子そろったホテルです。

8.ホテル & スパ ル ブクリア ドール

8.ホテル & スパ ル ブクリア ドール

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/htel-spa-le-bo…

16世紀の木組みのルネッサンス建築が活かされた4つ星ホテル「ホテル&スパ ル ブクリア ドール」。観光の中心地プティ・フランスに位置し、ストラスブール大聖堂から徒歩5分です。館内の施設は最高級。スパ、サウナ、ハマム、マッサージルームで、心も体もゆっくり癒してくださいね。おいしいアルザスワインをバーや部屋で味わうことができますよ。上質なひとときを味わいたい方へおすすめします。

9.ホテル オリガミ

9.ホテル オリガミ

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/htel-origami-2…

「ホテル オリガミ」は、その名の通り、折り紙がコンセプトになったモダンなホテルです。青と白のタイルに折り鶴のデザインが施されたモダンな外観が印象的です。客室の家具やインテリアもとてもおしゃれです。スタッフの方も親切で優しいので、なにか質問したいことがあったら聞いてみてくださいね。サービスがよく客室も快適で、一泊も10000円以下とリーゾナブルなので大人気。クリスマスシーズンは、すぐに埋まってしまうので、早めの予約をお忘れなく。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

10.リージェント プチ フランス & スパ

10.リージェント プチ フランス & スパ

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/regent-petite-…

旧市街の最も景色の美しい地区に立地の高級ホテル「リージェント プチ フランス & スパ」。ガラス工房だった建物を改築し、現代的なホテルとしてリニューアル。館内はゴージャスかつ洗練されたモダンな雰囲気が漂っています。客室から川の美しい風景や、歴史の薫る街の魅力を満喫できますよ。50種類以上のシャンパンが楽しめるバーや本格フレンチを味わえるレストランもおすすめ。セレブ気分で至福のひと時を味わってください。

ストラスブールのホテルはここにキマリ!

ストラスブールのおすすめホテル、いかがでしたか?今回は、旧市街の駅前広場やプティット・フランス周辺を中心に、旅行者にとって便利で快適な滞在ができるホテルを選びました。

さて、ストラスブールはクリスマスマーケットで有名な都市。クリスマスの季節は世界各国から多くの観光客が訪れるため、人気ホテルはすぐに満室になります。旅行の日程が決まり次第、早めに予約することをおすすめします。滞在の際は、ホテルのレストランでアルザスワインやアルザス料理を堪能してくださいね。本記事が皆さまのホテル選びにとって、役立つことができたら幸いです。

※2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -