札幌駅周辺のおすすめ観光スポット10選 フォトジェニックで美味しい!

| 旅の専門家がお届けする観光情報

札幌駅周辺のおすすめ観光スポット10選 フォトジェニックで美味しい!

札幌駅周辺のおすすめ観光スポット10選 フォトジェニックで美味しい!

更新日:2019/07/30 10:27

瀬田 エリーのプロフィール写真 瀬田 エリー 親子旅インフルエンサー、ホテルステイ研究家

観光スポット、グルメスポット、どちらも目移りしてしまうほど魅力的なスポットにあふれる札幌。

そこで今回は、旅の拠点となる札幌駅周辺で、おさえておきたいおすすめ観光スポットを厳選してご紹介。これを読んで、"美しくて美味しい、これぞ札幌!"を手っ取り早く感じられる旅にしましょう!

1.JRタワー

1.JRタワー

札幌観光・デートで外せない!夜景のプロが認める夜景4選

地図を見る

札幌駅直結、ショッピングゾーンやレストランが充実している駅ビル「JRタワー」。なかでも38階に位置する"JRタワー展望室T38(タワー・スリーエイト)"は、石狩湾や札幌の街並み、天気が良ければ夕張岳なども望めるビュースポットです。もちろん夜景スポットとしてもイチオシ!360度大パノラマの開放感あふれる絶景をお楽しみください。

<基本情報>
住所:札幌市中央区北5条西2丁目5
電話番号:011-209-5500
アクセス:地下鉄南北線・東豊線さっぽろ駅、JR札幌駅から徒歩5分
展望室料金:大人720円/中高校生500円/小学生・幼児(4歳以上)300円 この写真の記事を見る ≫

2.そらのガーデン

2.そらのガーデン
月宮 うさ

札幌駅に天空の庭!有名デザイナーが手がけた「そらのガーデン」by 月宮 うさ

地図を見る

札幌駅直結のショッピングセンター"札幌エスタ"の屋上にある「そらのガーデン」。富良野の"風のガーデン"を手掛けたことで知られる上野砂由紀氏監修による、国内でも珍しいグラスガーデンです。北海道の風土に適した宿根草をはじめ、様々な草花がちりばめられており、北海道の空と四季の移り変わりを感じることのできる話題の最新スポットです。

<基本情報>
住所:札幌市中央区北5条西2丁目 エスタ屋上
電話番号:011-213-2776
アクセス:JR札幌駅、地下鉄南北線・東豊線「さっぽろ」駅直結
開園時間:春・秋10:00〜18:00/夏10:00〜19:00 この写真の記事を見る ≫

3.さっぽろら〜めん共和国

3.さっぽろら〜めん共和国
ミセス 和子

ラーメン好きは見逃せない!「札幌ら〜めん共和国」北海道三大ご当地ラーメン食べ比べby ミセス 和子

地図を見る

同じく"札幌エスタ"にある道内有数の8店舗のラーメン店が結集している「札幌ら〜めん共和国」。札幌の味噌ラーメン、函館の塩ラーメン、旭川の特製醤油ラーメンなど、北海道各地の有名ラーメンを味わうことができます。カニめしやザンギなど、サイドメニューにも北海道グルメが並び、各店のこだわりを楽しめますよ。

<基本情報>
住所:札幌市中央区北5条西2丁目 エスタ10階
電話番号:011-209-5031
アクセス:地下鉄東豊線札幌駅から徒歩1分
営業時間:11:00〜22:00(ラストオーダー21:45) この写真の記事を見る ≫

4.北海道大学

4.北海道大学
月宮 うさ

北海道大学イチョウ並木ライトアップ!黄金に輝く北大金葉祭by 月宮 うさ

地図を見る

札幌駅近くにありながら、豊かな自然と広大な敷地を持つ「北海道大学」。レトロな農学部校舎、白亜の洋館・古河記念講堂、クラーク像など見応えたっぷり。ポプラ並木やイチョウ並木は、北海道を訪れたらはずせない名所でもあります。新緑や紅葉の季節も美しく、ゆったりと散策するのにぴったり。入館料無料の博物館やカフェに立ち寄るのもおすすめです。

<基本情報>
住所:札幌市北区北8条西5丁目
電話番号:011-716-2111(代表)
アクセス:地下鉄さっぽろ駅またはJR札幌駅から徒歩10分 この写真の記事を見る ≫

5.赤レンガ庁舎

5.赤レンガ庁舎
東郷 カオル

札幌駅周辺、残り1時間で楽しめるおすすめグルメ・観光スポットby 東郷 カオル

地図を見る

フォトジェニックなスポットとしておすすめしたいのが「赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)」。明治時代に建てられた、ドームを載せたアメリカ風ネオ・バロック様式の美しい建築物です。館内も無料で見学可能。ボランティアガイドの説明を聞くと、建物の奥深さをより理解できますよ。前庭にはたくさんの美しい花が植えられており、散策の合間に休憩するのにもぴったりのスポットです。

<基本情報>
住所:札幌市中央区北3条西6丁目
電話番号:011-204-5019(ダイヤルイン/平日8:45〜17:30)
アクセス:JR札幌駅から徒歩10分、地下鉄大通駅から徒歩9分
見学可能時間:8:45〜18:00 この写真の記事を見る ≫

6.大通公園・さっぽろテレビ塔

6.大通公園・さっぽろテレビ塔
月宮 うさ

美しいのは紅葉だけじゃない!秋の札幌市「大通公園」散歩by 月宮 うさ

地図を見る

地元民の憩いの場であり、札幌の象徴とも言える「大通公園」。木々や芝生、四季折々の花が楽しめる花壇や噴水などに囲まれている、いわばオアシス的スポットです。そしてセットで訪れたいのが「さっぽろテレビ塔」。テレビ塔の展望台からは、札幌市の街並みや石狩平野、藻岩山などの絶景を見渡すことができますよ。

<基本情報>
住所:札幌市中央区大通西1〜12丁目
アクセス:JR札幌駅から徒歩15分、地下鉄大通駅から徒歩すぐ
展望台入場料金:大人720円/高校生600円/中学生400円/小学生300円/幼児(3歳以上)100 この写真の記事を見る ≫

7.札幌時計台

7.札幌時計台
アシュ 飯田

がっかりスポットとは言わせない!札幌時計台の奥深い魅力by アシュ 飯田

地図を見る

日本最古の塔時計である「札幌市時計台」。赤い屋根と白い壁が目印で、現在も毎正時に鐘が鳴る国指定の重要文化財です。外観のイメージが強いですが、実は時計台の中も見学可能。時計台の歴史を知ることのできるミニ博物館になっています。レトロな教会のような雰囲気に、ノスタルジックな気分になれるスポットです。

<基本情報>
住所:札幌市中央区北1条西2丁目
電話番号:011-231-0838
アクセス:地下鉄大通駅から徒歩5分
営業時間:8:45〜17:10(入館は17:00まで)
入館料:大人200円(高校生以下無料) この写真の記事を見る ≫

8.サッポロビール博物館

8.サッポロビール博物館
ヒーロ ユキ

三種のビールを飲み比べ!サッポロビール博物館で歴史と試飲を楽しむby ヒーロ ユキ

地図を見る

サッポロビールの歴史を体感できる「サッポロビール博物館」。無料で自由見学ができますが、有料のプレミアムツアーに参加すれば、創業当時の味を復元した"復刻札幌製麦酒"と"サッポロ生ビール黒ラベル"を試飲することができます。四季折々で表情を変えるレンガ造りの建物も、クラシカルで美しいフォトスポットです。

<基本情報>
住所:札幌市東区北7条東9丁目1-1
電話番号:011-748-1876
アクセス:札幌駅前より中央バスで「サッポロビール園」下車すぐ、または地下鉄東豊線「東区役所前」駅から徒歩約10分
開館時間:11:00〜20:00
※見学ツアー最終回は17:30、スターホール(有料試飲)は11:00〜19:00(L.O. 18:30) この写真の記事を見る ≫

9.二条市場

9.二条市場
ろぼたん

北海道の海鮮を朝から食べ歩き!札幌「二条市場」の楽しみ方by ろぼたん

地図を見る

札幌市民の台所といわれる「二条市場」。北海道を訪れたなら堪能したい海鮮丼や焼き魚定食などを、お腹いっぱい食べられるスポットです。ほかにも、たくさんの海の幸を試食しながらぶらぶら歩いたり、おみやげを調達したりと、様々な楽しみ方ができますよ。朝早くから営業しているお店も多いので、朝ごはんに訪れるのもおすすめです。

※店舗により休日・営業時間が異なります。

<基本情報>
住所:札幌市中央区南3条東1丁目〜東2丁目
電話番号:011-222-5308
アクセス:札幌駅から徒歩約15分、地下鉄バスセンター前駅から徒歩3分 この写真の記事を見る ≫

10.すすきの

10.すすきの
ミセス 和子

東京以北最大の歓楽街「さっぽろ雪まつり・すすきの会場」で氷を楽しもう!by ミセス 和子

地図を見る

やっぱりはずせない「すすきの」。観光しながらであれば札幌駅から徒歩で、地下鉄なら2駅、3分ほどで行ける場所です。定番のジンギスカンやスープカレー、バル風居酒屋やシメパフェを食べられるスイーツショップまで、様々なジャンルのお店がたくさん。旅のスタートに、締めくくりに、北海道グルメを満喫するのに間違いなしのスポットです。

<基本情報>
住所:札幌市中央区南4条西4丁目周辺
アクセス:札幌駅から徒歩20分、地下鉄すすきの駅/市電すすきの停留場 この写真の記事を見る ≫

札幌駅周辺のおすすめ観光スポットはこれでキマリ!

都会と自然の調和が取れている札幌には、フォトジェニックなスポットや美味しいグルメスポットがたくさんありますね。

ぜひ次の旅行の参考にしてくださいね!

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -