首里城と周辺のおすすめ観光スポット5選 琉球王国の歴史を感じる!

| 旅の専門家がお届けする観光情報

首里城と周辺のおすすめ観光スポット5選 琉球王国の歴史を感じる!

首里城と周辺のおすすめ観光スポット5選 琉球王国の歴史を感じる!

更新日:2019/07/29 16:35

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

1429年から1879年まで続いた琉球王国の中心地として栄えたのが「首里城」です。沖縄那覇市に位置し現在では世界遺産に登録され、沖縄随一の観光スポットと言っても過言ではありません。

LINEトラベルjp ナビゲーターが徹底現地取材した首里城とその周辺のおすすめ観光スポットをご紹介します。

1.首里城

1.首里城
万葉 りえ

沖縄「首里城」観光にお勧め 鎖之間で“琉球王国のティータイム”by 万葉 りえ

地図を見る

王の居城である世界遺産「首里城」は、小高い丘の上に建つ沖縄観光では外せない観光スポットです。こちらの写真は"守礼門(しゅれいもん)"。日本城郭でいうと王手門、城の正門にあたります。二千円札にも描かれており、沖縄の象徴的建造物です。 この写真の記事を見る ≫

1.首里城
小谷 結城

世界遺産!琉球王国の王城で知る歴史とグスク〜首里城〜by 小谷 結城

地図を見る

「首里城」見学のメインとも言えるのが、首里城正殿(せいでん)と御庭(うなー)です。正殿は日本、中国、朝鮮の建築様式を取り入れた琉球建築で、技術の粋を集めています。入母屋造りで本瓦葺き。巨大な唐破風には絢爛豪華な意匠が施されています。

御庭には磚(せん)というタイル状の赤い敷瓦と琉球石灰岩が縞模様に敷かれており、これが儀式の際には官位の順番に整列するための目印となったと言われています。 この写真の記事を見る ≫

1.首里城
まるい くにお

一眼レフで撮ってみたい!魅惑の沖縄夜景スポット3選by まるい くにお

青空に映える朱色の城が美しい「首里城」ですが、毎日、日没から24時までライトアップされています。夜の幻想的な雰囲気の中で浮かび上がる首里城の美しさは、昼間とはまた違った感動が味わえます。閉園後に城内に入ることはできませんので、城郭外からの見学となります。守礼門はくぐれますし、歓会門や久慶門を外から撮影することは可能です。(※機器整備・点検のため点灯しない日があります。)

写真提供:一般財団法人 沖縄美ら島財団

<基本情報>
住所:那覇市首里金城町1-2
電話番号:098-886-2020(首里城公園管理センター)
アクセス:アクセス:ゆいレール首里駅または儀保駅から徒歩で15分 この写真の記事を見る ≫

2.玉陵

2.玉陵
大里 康正

首里城近くの見どころ3選!世界遺産玉陵と金城町石畳道、安國寺の魅力by 大里 康正

「玉陵(たまうどぅん)」は第二尚氏王統の大型の墓地で、1501年に尚真王が、父である尚円王を祀るために造らせました。玉陵は、2000年12月に"琉球王国のグスク及び関連遺産群"として世界遺産に登録されています。琉球王国の第二尚氏は尚円王を初代として廃藩置県まで19代続き、その後は華族となりました。玉陵は沖縄県最初にして最大の破風墓(はふばか)です。破風墓とは、琉球時代からの沖縄独特の墓を意味しています。

<基本情報>
住所:那覇市金城町1-3
電話番号:098-885-2861(首里城公園管理センター)
アクセス:ゆいレール首里駅より徒歩約15分 この写真の記事を見る ≫

3.龍潭池

3.龍潭池
まるい くにお

一眼レフで撮ってみたい!魅惑の沖縄夜景スポット3選by まるい くにお

「龍潭(りゅうたん)池」は首里城の北西にある、龍頭の形に掘られた人工の池です。1427年、琉球王国の第一尚氏王統・第2代尚巴志王の命により、国相懐機が作庭したといわれています。首里城公園の周辺を走る龍潭通りからは龍潭池を挟んでライトアップされた首里城正殿が浮かび上がり幻想的な景色を見ることができ、夜景撮影スポットとしても人気です。緑が多く茂り、市民憩いの場にもなっています。

写真提供:一般財団法人 沖縄美ら島財団

<基本情報>
住所:那覇市首里真和志町
電話番号:098-886-2020(首里城公園管理センター)
アクセス:ゆいレール首里駅または儀保駅から徒歩で15分 この写真の記事を見る ≫

4.金城町石畳道

4.金城町石畳道
大里 康正

首里城近くの見どころ3選!世界遺産玉陵と金城町石畳道、安國寺の魅力by 大里 康正

首里城と那覇を結ぶ主要道であった「金城町石畳道」は、首里城からは歩いて5分程の距離にあり、真珠道と呼ばれる一部が当時のまま残されています。琉球王国尚真王の治世である1522年に建造が始まり、500年もの時を経て238mの区間が金城町に現存。首里城からは石畳を歩いてずっと下りとなります。古道が持つ独特の静けさの中、戦火を免れた石畳の美しさに思いをはせてみてはいかがでしょうか。

<基本情報>
住所:那覇市首里金城町2、3丁目付近
アクセス:ゆいレール首里駅より徒歩約15分、車で約8分。首里城公園より徒歩約7分、車で約4分。 この写真の記事を見る ≫

5.安國寺

5.安國寺
大里 康正

首里城近くの見どころ3選!世界遺産玉陵と金城町石畳道、安國寺の魅力by 大里 康正

古道よりもさらに古い歴史を持つ禅寺「安國寺」。尚思紹王を初代とした第一尚氏の第6代目、尚泰久王(在位1454年−1460年)が建立したとされる禅寺です。琉球石灰岩で作られた鐘楼には、2体の龍が彫られており、見る者を圧倒する迫力を持っています。正面側にある2体の金剛力士像の眼力にも注目です。

<基本情報>
住所:沖縄県那覇市首里寒川町1-2
電話番号:098-884-2735
アクセス:首里城前バス停より徒歩4分 この写真の記事を見る ≫

首里城とその周辺の観光はこれでキマリ!

首里城とその周辺のおすすめ観光スポット5選はいかがでしたか?"琉球王国のグスク及び関連遺産群"として世界遺産に登録されている首里城や玉陵、周辺には歴史の重みが感じられる観光名所があります。旅行ガイドを参考にして、ぜひお気に入りのスポットを見つけて訪れてみてくださいね!

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -