西安のおすすめ観光スポット10選 兵馬俑から温泉まで!

| 旅の専門家がお届けする観光情報

西安のおすすめ観光スポット10選 兵馬俑から温泉まで!

西安のおすすめ観光スポット10選 兵馬俑から温泉まで!

更新日:2019/08/29 11:50

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

中国中央部にある陝西省(せんせいしょう)の省都・西安市(せいあんし)は、紀元前11世紀以降、約二千年に渡り数々の王朝の都として栄えた中国の古都。かつては長安と呼ばれ、シルクロードの東の起点にあたります。三蔵法師ゆかりの塔や紀元前の遺跡"兵馬俑"など、長い歴史の中で独自の文化を創り上げた見所がたくさん。

LINEトラベルjp ナビゲーターが徹底現地取材したおすすめのスポットをご紹介します。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1.兵馬俑(兵馬俑博物館)

1.兵馬俑(兵馬俑博物館)
島野 佳幸

スケールの大きさは圧巻!中国西安・兵馬俑遺跡で古代中国の歴史に浸るby 島野 佳幸

秦始皇帝の陵(墓)とその周辺にある「兵馬俑(兵馬俑博物館)」が世界遺産として登録されており、世界中から多くの観光客が訪れます。

俑とは古代中国で死者を埋葬する際に副葬された人形のこと。兵馬俑とはこの副葬された俑のうち、兵士及び馬をかたどったものを指します。秦始皇帝陵を永遠に守るこの兵馬俑遺跡は、1974年に発見されるまで、2200年もの間地下に眠ったままでした。地下に埋められていた推定8000体と言われる兵馬俑は、始皇帝の絶大な権力を象徴する遺産です。

<基本情報>
住所:陝西省西安市臨潼区
電話番号:+86 29 8139 9127
アクセス:西安市内から車で1時間 この写真の記事を見る ≫

2.始皇帝陵

2.始皇帝陵
島野 佳幸

スケールの大きさは圧巻!中国西安・兵馬俑遺跡で古代中国の歴史に浸るby 島野 佳幸

兵馬俑博物館から少し離れたところにある「始皇帝陵」。周囲約6.2キロ、高さ76メートルと巨大な規模を誇っています。当時陵(墓)の上には宮殿や楼閣が築かれていました。秦の第一代皇帝である始皇帝は紀元前210年に亡くなり、陵墓の中心に葬られています。

始皇帝は皇帝となった時から陵墓の建設を始め、38年の歳月と70万人の人々を動員し、自分の墓を作らせました。現在は公園として整備されていて、記念碑のはるか向こうに山としてそびえる"陵"が見えます。

<基本情報>
住所:陝西省西安市臨潼区
アクセス:西安市内から車で1時間 この写真の記事を見る ≫

3.鐘鼓楼広場

3.鐘鼓楼広場
浮き草 ゆきんこ

兵馬俑だけじゃない!西安観光おすすめ1泊2日モデルコースby 浮き草 ゆきんこ

西安市内のちょうど中心地にあるのが、「鐘鼓楼広場」です。広場内には、約600年もの歴史があり、釘を使わずに立てられた鐘楼、その横には、明の時代、夕方になると太鼓をたたいて時刻を知らせていたと言われる鼓楼もあります。西安市内のどこに観光にいったとしてもここに戻ってくれば、迷うことはありません。観光の拠点としても、最初に訪れておくのがおすすめです。

<基本情報>
住所:西安蓮湖区
アクセス:最寄り駅 鐘楼(しょうろう)駅 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

4.西安城壁

4.西安城壁
島野 佳幸

中国西安城壁は見どころ満載!貸し自転車で一周14Kmを巡ってみよう!by 島野 佳幸

1370年代(明の時代)にレンガを積み重ねて作られたのが「西安城壁」です。西安の城壁は四方すべて残っており、完全に保存されている世界最大の古代城壁として、また世界で最も整った古代の軍事砦としても有名です。

約14キロにわたり、西安の街を長方形に囲っている城壁。城壁の上を一周することができ、一般の自動車が入れないので自転車でのサイクリングがおすすめ。のんびり一周しながら自転車で回ると2時間以上かかります。

<基本情報>
住所:西安中心区
アクセス:西安市外の四方にあり、南門から巡ると1周できる。 この写真の記事を見る ≫

5.安遠門

5.安遠門
浮き草 ゆきんこ

兵馬俑だけじゃない!西安観光おすすめ1泊2日モデルコースby 浮き草 ゆきんこ

鐘鼓楼広場などの西安の古都を感じられるエリアを囲んでいるのが、約14kmもある城壁。東西南北と4つの門があるうち、最大規模のものが、「安遠門(北城門)」です。安遠門では、入場式典を見学することができます。15分ほどの式典ですが、華やかさに目を奪われること間違いなしです。

<基本情報>
住所:西安中心区
アクセス:最寄り駅 安遠門駅 この写真の記事を見る ≫

6.大雁塔

6.大雁塔
高田 真美

歴史好きにはたまらない!中国・悠久の都「西安」by 高田 真美

城壁に囲まれた西安の中心部から5キロほど南には、「大雁塔(だいがんとう)」という唐の時代に建造された煉瓦造りの美しい塔が建っています。西遊記でおなじみの玄奘(三蔵法師)がインドから持ち帰った経典を保存するために建てられたものです。大慈恩寺という仏教寺院の敷地内にあり、塔の最上階まで登ることが可能。夜間には美しくライトアップされ、大雁塔の北にある広場では、ライトショーや噴水ショーなども行われます。

<基本情報>
住所:西安荐福寺
アクセス:最寄り駅 大雁塔北駅 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

7.陝西省歴史博物館

7.陝西省歴史博物館
浮き草 ゆきんこ

兵馬俑だけじゃない!西安観光おすすめ1泊2日モデルコースby 浮き草 ゆきんこ

「陝西省歴史博物館」は、古都西安の長い歴史をまるごと堪能できる博物館です。西安を中心とした陝西省各地の出土品や文化財の所蔵数は、10万点以上!年代順に3つの展示室に分かれており、一番の見どころは壮大な唐代の壁画に圧倒される第3展示室です。

その他、世界最古の紙や曲線美が美しいメノウ杯、陵墓から発見された巨大な壁画など、見どころが満載で、1日いても飽きることがありません。

<基本情報>
住所:西安小寨東路91号
アクセス:最寄り駅 小寨駅 この写真の記事を見る ≫

8.回民街

8.回民街

街全体が歴史博物館!三千年の都「西安」の歴史とグルメ

西安の夜は「回民街」がおすすめ。ここは西安で最も大きなモスクである"清真大寺"がある地域で、イスラム教徒が多いエリアです。西安らしいイスラムと中華のミックスされた独特のローカル食堂がたくさん。イスラム教の人々に好まれるラム肉やハラール料理を楽しむことができます。他にもヨーグルトや果物などのデザートも豊富にあり、食べ歩きを楽しめる大通りです。

夜になると人出がグッと多くなり、周りは人だらけになるので荷物や貴重品には注意して楽しみましょう!

<基本情報>
アクセス:最寄り駅 鐘楼駅 この写真の記事を見る ≫

9.華清池

9.華清池
浮き草 ゆきんこ

兵馬俑だけじゃない!西安観光おすすめ1泊2日モデルコースby 浮き草 ゆきんこ

玄宗と楊貴妃のロマンスの舞台となったのが、驪山(れいざん)の麓にある温泉地「華清池(かせいち)」です。玄宗は、毎年秋から翌年の春まで、楊貴妃とともに華清宮で、歓楽の日々を過ごしていたと言われています。

敷地内の御湯遺跡博物館では、楊貴妃が入浴したといわれている海棠湯、玄宗皇帝と愛を育んだ蓮華湯、宮女専用の尚食湯、太子湯など浴場の遺跡が発掘され、一般に公開されています。海棠湯は、花の形でとてもかわいらしい作りです。

<基本情報>
住所:陝西省西安市臨潼区
アクセス:バス306、307路「華清池」下車 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

10.古観音禅寺

10.古観音禅寺
かわい まゆみ

ここは極楽浄土?西安古刹・古観音禅寺の千年イチョウが放つ金色の絨毯by かわい まゆみ

「古観音禅寺」は、唐の貞観年間(628年)に創建された千年古刹(こさつ)の一つ。中国にありがちな華美できらびやかな外観とは無縁の、素朴で地味で落ち着いた村の禅寺です。狭い境内にとびきり強烈な存在感を放つのは一本のイチョウの巨木「千年銀杏樹」。毎年11月中旬にはおびただしい数の落ち葉が境内を埋め尽くしまばゆい金色の絨毯に変貌します。

イチョウの足元には神々しい観音菩薩像が設置され、イチョウの黄金がまるで菩薩の後光のようです。

<基本情報>
住所:陝西省西安市東大鎮羅漢洞村
電話番号:+86-29-85867417
アクセス:西安中心部からの所要は約3時間。南石村のバス停留所からは徒歩15分程度。 この写真の記事を見る ≫

西安の観光はこれでキマリ!

長い歴史の中で独自の文化を創り上げた西安。世界遺産に登録されている"秦始皇帝陵及び兵馬俑坑"や、三蔵法師ゆかりの塔、西安城壁など、見どころが満載です。宗教文化を肌で感じられる寺院やイスラム街など、日本では見ることのできない光景が広がっています。旅行ガイドを参考にして、ぜひお気に入りの観光スポットを見つけて訪れてみてくださいね!

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -