世界で一番幸せな国・ブータンのおすすめ観光スポット10選

世界で一番幸せな国・ブータンのおすすめ観光スポット10選

更新日:2019/08/29 15:24

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部

ブータンはヒマラヤ山脈の東の端にある仏教王国。北は中国、東西南はインドと国境を接しています。世界で一番幸せな国ともいわれるブータン。

今回は歴史ある僧院をはじめとした、LINEトラベルjp ナビゲーターが徹底現地取材したおすすめのスポットをご紹介します。国際空港のあるパロと、ブータンの首都であるティンプーで楽しめるスポットがたくさん揃っていますよ。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

1.タクツァン僧院/パロ

1.タクツァン僧院/パロ
Kaycom D

標高3000mの断崖絶壁の寺!ブータン「タクツァン僧院」はチベット仏教の聖地by Kaycom D

地図を見る

「タクツァン僧院」は標高約3000mの断崖絶壁に張り付くように建つ僧院で、世界中からたくさんの参拝客が訪れるチベット仏教の聖地。パロの郊外にあるタクツァン僧院へは、麓の登山口まで車で行き、そこから2時間ほど山道を登っていくことになります。辿りつくのに苦労する分、参拝を終えた後の達成感はかなりのものです。

<基本情報>
住所:Taktsang Trail, Paro, Bhutan
電話番号:+975 2 323 251
アクセス:国際空港があるパロの中心地からは車で20〜30分程度。 この写真の記事を見る ≫

2.ドゥゲ・ゾン/パロ

2.ドゥゲ・ゾン/パロ
Kaycom D

映画『リトルブッダ』のロケ地!おとぎの国ブータンの都パロの名所を巡るby Kaycom D

地図を見る

「ドゥゲ・ゾン」は、1647年にブータンとチベットが戦ったとき、戦場の地に勝利を記念して建てられた城。もともとチベット軍の侵攻を防ぐために構築されましたが1951年に火事で焼失し、今は廃墟となっています。"女神の聖なる山"という意味をもつ標高7316mのチョモラリへの登山口でもあり、少し移動すれば真っ白な頂も見られます。

<基本情報>
住所:Paro 11001, Bhutan この写真の記事を見る ≫

3.パロ・ゾン/パロ

3.パロ・ゾン/パロ
Kaycom D

映画『リトルブッダ』のロケ地!おとぎの国ブータンの都パロの名所を巡るby Kaycom D

地図を見る

「パロ・ゾン」は別名をリンプン・ゾン(宝石の山の城)といい、映画『リトルブッダ』のロケ地ともなったパロ最大級の建物です。約400年間、パロの県庁として使用され続けており、現役の県庁でもあります。真っ白に聳えるその姿はまさに圧巻。間近で見ると巨大な壁が覆いかぶさってくるような迫力があります。

<基本情報>
住所:Paro, Bhutan この写真の記事を見る ≫

4.キチュ・ラカン/パロ

4.キチュ・ラカン/パロ
Kaycom D

映画『リトルブッダ』のロケ地!おとぎの国ブータンの都パロの名所を巡るby Kaycom D

地図を見る

「キチュ・ラカン」はブータン最古の寺。本堂には千手千眼十一面観音像がたくさん安置され、奥の部屋にご本尊が祀られています。ご本尊正面の床には、一箇所だけ足の形に磨り減って窪んだ場所があります。1000年以上の間人々が五体倒地をして祈りを捧げてきたために出来た足の形のへこみが自然とできたものだそう。

<基本情報>
住所:Lamgong Gewog, Paro 12001, Bhuta
アクセス:パロの中心街から車で約20分 この写真の記事を見る ≫

5.タシチョ・ゾン/ティンプー

5.タシチョ・ゾン/ティンプー
Kaycom D

伝統が息づくブータンの首都ティンプー!国の中枢機関からヒマラヤの絶景まで見どころ…by Kaycom D

地図を見る

パロ空港から車で1時間のティンプーはブータンの首都。市内・郊外含めて見どころがたくさんあり、「タシチョ・ゾン」もそのひとつです。タシチョ・ゾンは、ブータンの政治と宗教を担う最重要機関で、国王の執務室も併設されています。この建物は、釘を1本も使用しないで建てられており、ブータンの伝統的な建築様式を見られることでも外せない場所のひとつです。

<基本情報>
住所:Chhagchhen Lam, Thimphu, Bhutan この写真の記事を見る ≫

6.シムトカ・ゾン/ティンプー

6.シムトカ・ゾン/ティンプー
Kaycom D

伝統が息づくブータンの首都ティンプー!国の中枢機関からヒマラヤの絶景まで見どころ…by Kaycom D

地図を見る

「シムトカ・ゾン」はブータン最古の城です。ティンプーの街の入口にあり、1629年にシャブドゥン・ンガワン・ナムギャルによって建立されました。規模はそれほど大きくはありませんが、歴史を感じさせる境内は心が静まるような雰囲気をもっています。

<基本情報>
住所:5 Kms South of Thimphu, Thimphu, Bhutan この写真の記事を見る ≫

7.王制100周年記念市場/ティンプー

7.王制100周年記念市場/ティンプー
大川原 明

東洋最後の秘境ブータンの首都「ティンプー」で訪れるべき5つの場所by 大川原 明

市街中心部の北東を流れる川沿いにある「王制100周年記念市場」は、ブータンで最大&最古の市場です。貨幣経済の浸透が遅かったブータンでは、最古と言えど50年程の歴史しかありません。かつては、簡素な屋根付き露店市場でしたが、王制100周年を記念して2階建てのビルに生まれ変わりました。

<基本情報>
住所:Main Town, Near the Wangchhu River, Thimphu, Bhutan この写真の記事を見る ≫

8.チャンリミタン競技場/ティンプー

8.チャンリミタン競技場/ティンプー
大川原 明

東洋最後の秘境ブータンの首都「ティンプー」で訪れるべき5つの場所by 大川原 明

「チャンリミタン競技場」は、ブータンの首都ティンプーにある多目的スタジアムであり、ブータンの国立競技場です。チャンリミタン競技場横の射場では、ブータンの伝統的なスポーツが国技となっている弓術(ダツェ)の試合がおこなわれています。ブータンでは田舎の村にいっても射場があり、いたるところで弓術(ダツェ)が楽しまれています。

<基本情報>
住所:hang Lam, Thimphu, Bhutan
アクセス: ティンプー市のバスターミナルより徒歩すぐ この写真の記事を見る ≫

9.クエンセルポダン/ティンプー

9.クエンセルポダン/ティンプー
大川原 明

東洋最後の秘境ブータンの首都「ティンプー」で訪れるべき5つの場所by 大川原 明

「クエンセルポダン」は、ブータンの首都ティンプーにある大仏。ティンプー市街地から5キロ程南にある山の尾根にあり、ティンプー市街地と周りの山々の景色を堪能できます。高さ51メートルの仏陀の坐像で、シンガポールや香港、台湾にいる仏教徒の寄付により2012年に完成しました。内部には多くの仏像が安置されています。

<基本情報>
住所:Kuensel Phodrang | Viewing Point, Thimphu 11001, Bhutan
電話番号:+975 17 47 42 24
アクセス:ティンプー市内から車で20分 この写真の記事を見る ≫

10.ドチュ・ラ/ティンプー

10.ドチュ・ラ/ティンプー
Kaycom D

伝統が息づくブータンの首都ティンプー!国の中枢機関からヒマラヤの絶景まで見どころ…by Kaycom D

地図を見る

ティンプー市内から車で1時間ほどで行くことができる標高約3200mの「ドチュ・ラ」は、ブータンヒマラヤを見渡せる絶景ポイント。標高が高いため空気が薄くちょっと息が切れるかもしれませんが、美しい山並みが一望できます。小さなチョルテン(仏塔)がたくさん立ち並んだ小高い丘や寺もあります。

<基本情報>
住所:Thimphu, Bhutan
アクセス:ティンプー市内から車で1時間 この写真の記事を見る ≫

ブータンの観光はこれでキマリ!

ブータンのおすすめ観光スポット10選はいかがでしたか?世界で一番幸せな国ともいわれるブータンでは、宗教文化を肌で感じられる僧院や寺、大仏など、日本では見ることのできない光景が広がっています。

ブータンに入国する際には、事前に観光ビザの取得が必要です。旅行会社を通じて手配することができます。パスポートの残存有効期間はブータン出国予定日より6ヵ月以上必要となります。日程に余裕をもった申請がおすすめです。

2019年8月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -