全部かわいすぎる!ストラスブールのおすすめ観光スポット7選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

全部かわいすぎる!ストラスブールのおすすめ観光スポット7選

全部かわいすぎる!ストラスブールのおすすめ観光スポット7選

更新日:2019/09/04 14:59

長坂 ヒロのプロフィール写真 長坂 ヒロ ブラジル観光アドバイザー、世界の路地裏さすらい人

フランスの東部、ドイツとの国境に程近いアルザス地方に位置する街ストラスブール。なんとなく名前は聞いたことはあるけれど、実際に何があるのかは知らないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はストラスブールに訪れたら絶対訪れたい観光スポット7選をご紹介。木組みの街並み、美しすぎる大聖堂、さらには雰囲気たっぷりの高校まで、実に豊富なストラスブールの魅力を思う存分感じてみて下さい!

1.プティット・フランス

1.プティット・フランス
Hiroko Oji

フランスなのにドイツの香り!世界遺産ストラスブールの木組みと大聖堂by Hiroko Oji

地図を見る

最初にご紹介するのは、何と言っても木組みの街並みがかわいらしい「プティット・フランス」。古くから交通の要衝として栄え、ドイツのような建築がとっても素敵な運河沿いの景色は、1988年に世界遺産にも登録されました。

建物はもちろん、凝ったデザインの看板なども珍しく見応え抜群ですので、ぜひストラスブールらしい街並みをのんびりお散歩してみて下さい。 この写真の記事を見る ≫

2.ノートルダム大聖堂

2.ノートルダム大聖堂
LUI

フランスの世界遺産・ストラスブール大聖堂!ぜひ見ておきたいポイント!by LUI

地図を見る

ストラスブールの街並みの中で、一際存在感のある赤茶色の建物は「ノートルダム大聖堂(ストラスブール大聖堂)」。その尖塔の高さは、なんと142mにも達します。

華やかな外観をじっくり見学したら、内部も忘れずに見学しましょう。ステンドグラスのバラ窓や天文時計など、非常に珍しい装飾品も見ることができます。毎日12:30には天文時計のからくりが動きますので、ぜひ合わせてお出かけすると良いでしょう。

<基本情報>
住所:Cathedrale Notre Dame de Strasbourg, Place de la Cathedral, 67000 Strasbourg
アクセス:ストラスブール中央駅より徒歩18分 この写真の記事を見る ≫

3.メゾン・カメルツェル

3.メゾン・カメルツェル
たぐち ひろみ

世界遺産ストラスブールを完全攻略!絶対はずせない5つの観光スポットby たぐち ひろみ

地図を見る

ノートルダム大聖堂のすぐ近くに立っているオレンジ色の建物が「メゾン・カメルツェル」。何も知らずに歩いていると見落としてしまいそうな建物ですが、こちらはストラスブールを代表する15世紀建造の家で、現在はレストランとして利用されています。中ではアルザス料理を味わうことができますので、ストラスブールでのお食事にいかがでしょうか?

<基本情報>
住所:16 Place de la Cathedrale, 67000 Strasbourg
電話番号:+33-3-88-32-42-14 この写真の記事を見る ≫

4.遊覧船バトーラマ

4.遊覧船バトーラマ
たぐち ひろみ

世界遺産ストラスブールを完全攻略!絶対はずせない5つの観光スポットby たぐち ひろみ

地図を見る

ストラスブールの魅力をコンパクトに効率よく体感できるのが、「遊覧船バトーラマ」。ツアーの中ではプティット・フランスはもちろん、“ノイシュタット”と呼ばれる新市街や寺院など、ストラスブールのハイライトを見学することができます。風を感じながらの観光は格別ですので、ストラスブールの思い出におすすめですよ! この写真の記事を見る ≫

5.ポントニエ国際高校

5.ポントニエ国際高校
たぐち ひろみ

世界遺産ストラスブールを完全攻略!絶対はずせない5つの観光スポットby たぐち ひろみ

地図を見る

運河沿いに佇むちょっぴりレトロなこちらの建物は「ポントニエ国際高校」。1902年に創立された由緒正しい伝統校で、その外見はなんともメルヘンチックです。まるで映画のワンシーンに出てくるようなかわいらしい学校にも、ぜひ足を延ばしてみて下さいね。

<基本情報>
住所:1 Rue des Pontonniers, 67000 Strasbourg この写真の記事を見る ≫

6.アルザス博物館

6.アルザス博物館
たぐち ひろみ

世界遺産ストラスブールを完全攻略!絶対はずせない5つの観光スポットby たぐち ひろみ

地図を見る

フランスらしさもドイツらしさも感じることのできるアルザス文化をもっと詳しく知りたいという方は、「アルザス博物館」へ行ってみましょう。館内には衣類や食器類などの生活用品がズラリと並び、ストラスブールの暮らしを感じることができます。ドールハウスのコレクションもありますので、女性の方はぜひ注目してくださいね。

<基本情報>
住所:Musee Alsacien, 23-25 quai Saint-Nicolas, 67000 Strasbourg
電話番号:+33-3-68-98-5160
オープン時間:10:00〜18:00(月曜日を除く)
アクセス:ノートルダム大聖堂より徒歩5分 この写真の記事を見る ≫

7.クールドゥコルボー

7.クールドゥコルボー
たぐち ひろみ

ホテルがまるごと観光名所!?仏・ストラスブール「クール ドゥ コルボー」の木組み…by たぐち ひろみ

地図を見る

味わいある建物を間近に感じることのできるのが「クールドゥコルボー」。こちらは16世紀に建てられた宿泊施設で内装だけを近代的なホテルに改装しています。その歴史溢れる外観を眺めるだけでも浪漫たっぷり。16世紀開業の旅籠が、「ホテル クール ドゥ コルボー」として2009年に開業しています。

もちろん宿泊することも可能ですので、伝統あるクールドゥコルボーの雰囲気をぜひ味わってみたいという方は実際に泊まってみて下さいね!

<基本情報>
住所:6-8 Rue des Couples, 67000 Strasbourg
電話番号:+33-3-90-00-26-26 この写真の記事を見る ≫

ストラスブールの観光はこれでキマリ!

ヨーロッパの観光は春先から秋が観光シーズンとされていますが、ストラスブールの冬にはクリスマスマーケットという一大イベントもあります。この時期には華やかな光に包まれた街並みを味わうことができますので、また違ったストラスブールの魅力を感じることができるでしょう。

ぜひあなたも、様々な魅力にあふれるストラスブールへお出かけしてみませんか?

2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -