イタリア・ミケランジェロゆかりの地10選 風光明媚な聖地だらけ!

| 旅の専門家がお届けする観光情報

イタリア・ミケランジェロゆかりの地10選 風光明媚な聖地だらけ!

イタリア・ミケランジェロゆかりの地10選 風光明媚な聖地だらけ!

更新日:2019/09/09 07:37

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ ヨーロッパ女子ひとり旅専門家、アートライター

イタリア・ルネサンス期に活躍した芸術家で、建築物も数多く設計したミケランジェロ。イタリアを訪れる観光客の中には、彼の作品を目当てにしている人もいることでしょう。ミケランジェロが過ごしたフィレンツェやローマには、彼のゆかりの地が集まっています。もちろん、作品が鑑賞できるスポットもたくさん!

LINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材した、ミケランジェロゆかりの地を紹介します。

1.サン・ピエトロ大聖堂/バチカン

1.サン・ピエトロ大聖堂/バチカン
さとう みゃーお

圧巻の絶景!バチカン「サン・ピエトロ大聖堂」クーポラ頂上からの眺めは必見!by さとう みゃーお

地図を見る

世界中からたくさんの人が訪れる「サン・ピエトロ大聖堂」。こちらはミケランジェロが晩年無給で設計に携わった建物です。キリスト教会としては世界最大級の広さを誇る堂内には、ミケランジェロ作の傑作『ピエタ像』などの世界的な芸術品で溢れかえっています。

『ピエタ像』を見たあとは、クーポラの頂上からの絶景をお見逃しなく。

<基本情報>
住所:Piazza San Pietro, 00120 Citta del Vaticano
電話番号:+39-06-6982
アクセス:バス停V.le ヴァレンティーノ/クリヴォ M.ヴァチカーノから徒歩20分 この写真の記事を見る ≫

2.システィーナ礼拝堂/バチカン

2.システィーナ礼拝堂/バチカン
阿部 美寿穂

皆の憧れ!バチカン美術館を上手に見学する7つのマル秘テクニックby 阿部 美寿穂

地図を見る

「システィーナ礼拝堂」はローマ教皇シクストゥス4世により建てられたレンガ造りの頑強な建築構造を持つ礼拝堂。内部をミケランジェロ、ボッティチェッリらルネサンス時代の偉大な画家達が装飾したことで知られています。ローマ教皇を選出する為の選挙(会議)、コンクラーベが行われる場所としても有名です。

<基本情報>
住所:Viale Vaticano, 00165 Roma
電話番号:+39-06-6988-4676
アクセス:地下鉄オッタヴィアーノ駅から徒歩7分 この写真の記事を見る ≫

3.ダヴィデ像(アカデミア美術館)/フィレンツェ

3.ダヴィデ像(アカデミア美術館)/フィレンツェ
藤谷 愛

タイムリミットは72時間!イタリア「フィレンツェカード」駆使のフィレンツェ・コス…by 藤谷 愛

地図を見る

言わずと知れたミケランジェロの名作「ダヴィデ像」は、フィレンツェのアカデミア美術館で展示しています。旧約聖書に出てくるイスラエルの王・ダビデの、戦いのときの様子がモデルです。

なお、この作品をはじめ貴重な名作が充実しているため、観光客に人気のある美術館です。あらかじめ優先入場の予約をしておくとスムーズです。

<基本情報>
住所:Via Ricasoli, 58, 50122 Firenze
電話番号:+39-055-0987100
アクセス:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂から徒歩6分 この写真の記事を見る ≫

4.ラウレンツィアーナ図書館(サン・ロレンツォ教会)/フィレンツェ

4.ラウレンツィアーナ図書館(サン・ロレンツォ教会)/フィレンツェ
Shibayama Shiho

ここは見ておくべき!フィレンツェ必見の教会4選by Shibayama Shiho

地図を見る

ブルネレスキによって設計されたサン・ロレンツォ教会は、ミケランジェロのファザードによって美しく飾られる予定だった教会です。

教会を一旦出て、回廊のほうへとまわると、ミケランジェロが設計した「ラウレンツィアーナ図書館」への入り口もあります。派手ではなくとも、シャープな装飾にミケランジェロの才能を感じる建物です。

<基本情報>
住所:Piazza di San Lorenzo, 9, 50123 Firenze
電話番号:+39-055-216634
アクセス:サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩7分 この写真の記事を見る ≫

5.サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会/ローマ

5.サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会/ローマ
藍色 しっぽ

まるで小さな美術館!伊・ローマ「サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会」の魅力by 藍色 しっぽ

地図を見る

ローマ唯一のゴシック様式の教会「サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会」。ミケランジェロは、主祭壇の左側にある彫刻『あがないの主・イエスキリスト』を制作しました。また、彫刻の下半身を隠しているブロンズの布は、16世紀に行われた検閲の影響によってのちに付け加えられたものです。

<基本情報>
住所:Piazza della Minerva, 42, 00186 Roma
電話番号:+39-06-6992-0384
アクセス:トラム ラルゴ・ディ・トッレ・アルジェンティーナ停留所から徒歩5分 この写真の記事を見る ≫

6.ブオナッローティの家/フィレンツェ

6.ブオナッローティの家/フィレンツェ
中山 久美子

ミケランジェロの貴重な素描も!フィレンツェ「ブオナッローティの家」by 中山 久美子

地図を見る

「ブオナッローティの家」はミケランジェロ自身が購入し、1516年〜34年にサン・ロレンツォ教会で仕事をしている間は滞在していたと言われています。現在は美術館として公開され、2階でミケランジェロの作品も展示しています。彼が10代の頃に制作したレリーフ『階段の聖母』はドラマチックな瞬間を切り取った名作。ファンなら外せないスポットです!

<基本情報>
住所:Via Ghibellina 70, 50122 Firenze
電話番号:+39-055-241752
アクセス:フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩20分 この写真の記事を見る ≫

7.ミケランジェロ広場/フィレンツェ

7.ミケランジェロ広場/フィレンツェ

フィレンツェの赤屋根を夕陽が照らす!ミケランジェロ広場は絶景サンセットスポット

地図を見る

ミケランジェロ自身の名前が付いた「ミケランジェロ広場」は、絶景スポットとして有名。華やかなフィレンツェの街を一望でき、特に夕暮れどきの風景は息をのむような美しさです。広場の中心には『ダヴィデ像』のレプリカが立っています。ぜひ、大切な人と絶景を楽しんでください。

<基本情報>
住所:Piazzale Michelangelo, 50125 Firenze
アクセス:バス停Il Davidすぐそば この写真の記事を見る ≫

8.ミケランジェロ要塞/チヴィタヴェッキア

8.ミケランジェロ要塞/チヴィタヴェッキア
藪内 成基

ローマから1時間!港に残る日本人の足跡とミケランジェロ要塞by 藪内 成基

地図を見る

ティレニア海に面したチヴィタヴェッキアには、ミケランジェロが設計した要塞が残っています。彼がフィレンツェからローマに逃れた後、1535年に完成した要塞です。海に突き出すように築かれた「ミケランジェロ要塞」は、クルーズ船をにらみつけるかのようにそびえています。外部のみ見学可能です。

<基本情報>
住所:Calata Cesare Laurenti, 00053 Civitavecchia
アクセス:チヴィタヴェッキア駅から徒歩15分 この写真の記事を見る ≫

9.パンテオン/ローマ

9.パンテオン/ローマ
四宮うらら

ミケランジェロも称賛!ローマ観光では古代ローマの建築「パンテオン」を見逃すなby 四宮うらら

地図を見る

「パンテオン」はミケランジェロが“天使の設計”と称えた建物。「パンテオン」という言葉には、万神殿(あらゆる神を祀った神殿)という意味があり、意味に違わぬ均整の取れた美しい内装は必見です!

また、映画『天使と悪魔』のロケ地としても有名です。映画を見てから訪れれば、感動もひとしお。

<基本情報>
住所:Piazza della Rotonda, 00186 Roma
電話番号:+39-06-6830-0230
アクセス:トレビの泉から徒歩7分 この写真の記事を見る ≫

10.サンタ・クローチェ教会/フィレンツェ

10.サンタ・クローチェ教会/フィレンツェ
Shibayama Shiho

ここは見ておくべき!フィレンツェ必見の教会4選by Shibayama Shiho

地図を見る

「サンタ・クローチェ教会」はミケランジェロが眠る場所です。ミケランジェロ以外にも、詩人のダンテや天文学者のガリレオ・ガリレイなど、ルネサンス期の著名人の墓や記念碑があります。お墓一つ一つが立派な彫刻で飾られ、墓そのものが芸術作品でもあります。主回廊にあるパッツィ家礼拝堂、付属美術館も必見です。

<基本情報>
住所:Piazza di Santa Croce, 16, 50122 Firenze
電話番号:+39-055-2466105
アクセス:サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩20分 この写真の記事を見る ≫

ミケランジェロゆかりの地めぐりはこれでキマリ!

ミケランジェロは絵画や彫刻だけでなく、建築分野でもたぐいまれなる才能を持っていました。彼の設計した建築は現在もイタリアに残っており、作品の鑑賞とあわせてゆかりの地めぐりが楽しめます。ぜひ、時間をとってじっくりとゆかりの地をめぐってみてください。教科書や画集で見るだけでは分からなかった、ミケランジェロ作品の魅力に気づけるかもしれません。

※2019年9月現在の情報です。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -