湖水地方のおすすめ観光スポット10選!童話の世界でリラックスしよう

湖水地方のおすすめ観光スポット10選!童話の世界でリラックスしよう

更新日:2019/09/13 14:09

Akiko Nilsenのプロフィール写真 Akiko Nilsen 世界遺産検定2級

多くの湖が点在し、風光明媚な田園風景で人気のあるイギリスの湖水地方。ピーターラビットの作者であるビアトリクス・ポターなど多くの著名人に愛されていたことでも知られています。美しい草原や湖と、そのほとりにたたずむ石造りの街並みは古き良きイギリスの姿を見せてくれますよ。

今回はLINEトラベルjp ナビゲーターが徹底現地取材した湖水地方のおすすめ観光スポット10選をご紹介します。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1.ウィンダミア湖/ウィンダミア

1.ウィンダミア湖/ウィンダミア
Mizuki Yoshi

湖畔の絶景フットパスを歩く!英国湖水地方「ウィンダミア湖」で自然散策by Mizuki Yoshi

地図を見る

湖水地方の玄関口、ウィンダミアの街には、湖水地方最大の湖「ウィンダミア湖」があります。ウィンダミア湖畔にはフットパスが数多くあり、湖を眺めながら歩いたり、森の中を散策したりすることができます。様々なツアーが開催されていますのでお好みのものに参加してみるのもおすすめです。

<基本情報>
住所:Windermere LA23 1AH
アクセス:ウィンダミア駅から車で10分 この写真の記事を見る ≫

2.ビアトリクス・ポターの世界/ウィンダミア

2.ビアトリクス・ポターの世界/ウィンダミア
道明寺 彩希

ピーターラビットのテーマパーク!イギリス「ビアトリクス ポターの世界」by 道明寺 彩希

地図を見る

映画が公開されたことでも話題となったピーターラビットの絵本。シリーズ累計で何と2億5000万部を超える、世界中で人気のこの作品は、童話作家ビアトリクス・ポターによって書きあげられました。そんな彼女が愛した湖水地方に、ピーターラビットの世界にひたれる「ビアトリクス・ポターの世界」があります。ぜひ童話の世界に浸ってみてください。

<基本情報>
住所:Crag Brow, Bowness-on-Windermere, Windermere LA23 3BX
電話番号:+44-15-3948-8444
アクセス:ウィンダミア駅からバスで約8分 この写真の記事を見る ≫

3.ビアトリクス・ポター・ギャラリー/ホークスヘッド

3.ビアトリクス・ポター・ギャラリー/ホークスヘッド
Hiroko Oji

ピーター・ラビットの世界に浸る!イギリス湖水地方は自然の宝庫by Hiroko Oji

地図を見る

エスウェイト湖畔にある小さな町ホークスヘッドには「ビアトリクス・ポター・ギャラリー」があります。ここでは、ビアトリクスの遺品や物語原画などが展示されています。ホークスヘッドの町には、詩人ワーズワースが通っていた中学校も保存・公開されています。町自体も可愛らしいので一見の価値ありですよ。

<基本情報>
住所:Main St, Hawkshead, Cumbria LA22 0NS
電話番号:+44-15-3943-6355
アクセス:ウィンダミア駅からバスで約40分 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

4.レイクサイド&ハバースウェイト鉄道

4.レイクサイド&ハバースウェイト鉄道
Mizuki Yoshi

きかんしゃトーマスも?鉄道ファン必見!英国湖水地方の「SL」に乗ろう!by Mizuki Yoshi

地図を見る

今もなおファンの多いSLが現役で走っているのが「レイクサイド&ハバースウェイト鉄道」です。ウィンダミア湖畔からレイクサイドへのクルーズ船に乗ると、到着する岸壁に直結した駅があり、SLに乗車することができます。SLの車内はレトロでかわいらしいです。あの『きかんしゃトーマス』を思わせる機関車も展示されています。

<基本情報>
アクセス:ウィンダミア駅よりバスで約8分の「Bowness-on-Windermere Terminal」よりフェリーで約40分 この写真の記事を見る ≫

5.ヒル・トップ

5.ヒル・トップ
道明寺 彩希

『ピーターラビット』の舞台・イギリス湖水地方で作品の中に迷い込む旅by 道明寺 彩希

地図を見る

『ピーターラビット』の舞台になった場所が「ヒル・トップ」の町です。ここは、著者ビアトリクスが晩年を過ごした場所で、現在でもピーターラビットと同じウサギが野を駆け巡っています。現代とは思えないほどのどかな風景が遺されている貴重な場所です。

<基本情報>
アクセス:ウィンダミア駅よりバスで約50分 この写真の記事を見る ≫

6.オレストヘッド

6.オレストヘッド
Mizuki Yoshi

一度は行ってみたい英国・湖水地方、オレストヘッドで絶景ウォーキングby Mizuki Yoshi

地図を見る

ウィンダミア駅から徒歩25分ほどで登れる「オレストヘッド」は、手軽に湖水地方の魅力を感じたい方におすすめの場所です。オレストヘッドの頂上は標高239メートルのところにあり、湖水地方が360度パノラマで見渡せます。オレストヘッド頂上には、大型ベンチがあるので、ゆっくり絶景を楽しむことができますよ。

<基本情報>
住所:Windermere LA23 1AP
アクセス:ウィンダミア駅より徒歩約25分 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

7.サラ・ネルソンのジンジャーブレッド/グラスミア

7.サラ・ネルソンのジンジャーブレッド/グラスミア
Mizuki Yoshi

絶景の連続!英国湖水地方「10の湖巡り」は必見いいとこどりツアーby Mizuki Yoshi

地図を見る

湖水地方にあるグラスミアのお店で売られている人気のお菓子が「サラ・ネルソンのジンジャーブレッド」です。創業はなんと1854年!あまりにも人気が高まり、今では湖水地方での立派なひとつの観光地となっています。そこで味わえるのは、当時のままのレシピが受け継がれているジンジャーブレッド。ビスケットほど硬くなく、ケーキほどやわらかくない、絶妙な歯応え。ジンジャーの素朴な味をぜひ、味わってみてください。

<基本情報>
住所:Church Cottage, Grasmere, Ambleside LA22 9SW
電話番号:+44-15-3943-5428
アクセス:ウィンダミア駅よりバスで約45分 この写真の記事を見る ≫

8.ダーウェント湖/ケズウィック

8.ダーウェント湖/ケズウィック
Mizuki Yoshi

絶景の連続!英国湖水地方「10の湖巡り」は必見いいとこどりツアーby Mizuki Yoshi

地図を見る

湖水地方はその名の通り、多くの湖で成るエリアですが、その中でも正式に湖という名がついているのが「ダーウェント湖」です。(他の湖は正式には”沼”や”池”という名で呼ばれます。)ダーウェント湖は場所によって色が変わる美しい水面が魅力です。観光の拠点となるケズウィックの街にあるサプライズ・ビューからの眺めも絶景です。

<基本情報>
アクセス:ケズウィック中心部よりバスで約8分 この写真の記事を見る ≫

9.キャッスルリッグ・ストーン・サークル/ケズウィック

9.キャッスルリッグ・ストーン・サークル/ケズウィック
道明寺 彩希

英国・湖水地方の穴場「ミニ・ストーンヘンジ」で大自然を満喫しようby 道明寺 彩希

地図を見る

ケズウィックの街には、「キャッスルリッグ・ストーン・サークル」というミステリアスなスポットがあります。それはまるで、英国の世界遺産で有名な”ミニ・ストーンヘンジ”!誰が、何のために作ったのか謎の古代遺跡ですが、パワースポットとして人気を集めています。直接石に触ることもできますので、パワーをたくさんもらいましょう!

<基本情報>
住所:Castle Ln, Underskiddaw, Keswick CA12 4RN
アクセス:ケズウィック中心部より車で約10分 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

10.ブリッジ・ハウス/アンブルサイド

10.ブリッジ・ハウス/アンブルサイド
Hiroko Oji

緑に包まれた湖水地方は、自然の宝庫!詩人を育てたイギリスで最も美しい田園風景by Hiroko Oji

地図を見る

ウィンダミアよりバスに乗って約15分のところにある小さな町アンブルサイドには、中世に建てられた石造りの建物が並んでいます。その中でも、17世紀に造られた橋の上に立つ小さな切石造りの家「ブリッジ・ハウス」が人気です。イギリスを代表する画家、ターナーにも描かれたこの家は、今ではナショナルトラストに指定され、中世からの変わらぬ佇まいが保存されています。

<基本情報>
住所:Rydal Rd, Ambleside LA22 9AN
電話番号:+44-15-3943-2617
アクセス:ウィンダミア駅よりバスで約15分 この写真の記事を見る ≫

湖水地方の観光スポットはこれでキマリ!

イギリス・湖水地方でおすすめのスポットを10選ご紹介しました。ロンドンからは電車で3〜4時間と、日帰り旅行も可能ですが、時間が許せばぜひ宿泊してのんびりと滞在してみてください。また、避暑地として人気になる涼しい気候が特徴ですので、訪れるのは春から秋がおすすめです。

2019年9⽉現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -