イタリア・ラファエロゆかりの地10選 故郷やお墓めぐりも外せない!

| 旅の専門家がお届けする観光情報

イタリア・ラファエロゆかりの地10選 故郷やお墓めぐりも外せない!

イタリア・ラファエロゆかりの地10選 故郷やお墓めぐりも外せない!

更新日:2019/09/11 09:16

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ ヨーロッパ女子ひとり旅専門家、アートライター

15世紀末に生まれ、イタリア・ルネサンス期に活躍した芸術家、ラファエロ・サンティ。イタリア国内には、ラファエロの作品を展示する美術館やゆかりの地が点在しています。

なかなか日本で鑑賞する機会のない作品も含め、功績をたどるのに欠かせないスポットをLINEトラベルjp ナビゲーターが徹底取材した中から厳選して紹介します!

1.ラファエロの間(バチカン美術館)/バチカン市国

1.ラファエロの間(バチカン美術館)/バチカン市国
阿部 美寿穂

皆の憧れ!バチカン美術館を上手に見学する7つのマル秘テクニックby 阿部 美寿穂

地図を見る

バチカン美術館には、自身の名前がついた「ラファエロの間」と呼ばれる4つの空間があります。四方八方をラファエロが手がけたフレスコ画に囲まれた空間です。中でもとくに有名なのが『アテナイの学堂』。作品の中には古代ギリシアの哲学者が描かれており、ひじをついて考えごとをしている人物は彼の自画像だと言われています。

美術館の中でもとくに人気の場所のため、混雑必須です。

<基本情報>
住所:Viale Vaticano, 00165 Roma
電話番号:+39-06-6988-4676
アクセス:地下鉄オッタヴィアーノ駅から徒歩7分 この写真の記事を見る ≫

2.ウルビーノ

2.ウルビーノ

ラファエロの生まれた伊・ウルビーノは中世の香り漂う世界遺産の街

地図を見る

世界遺産の街「ウルビーノ」は、ルネサンス時代の面影が残るラファエロの生まれ故郷。彼自身の名前がついたラファエロ通りには生家があり、当時の様子を再現して調度品が置かれ、コピーではありますがラファエロの作品も飾られています。重厚な石造りの道を歩けば、まるで彼が生きていた当時へとタイムスリップしたかのような気分を味わえることでしょう。 この写真の記事を見る ≫

3.小椅子の聖母(パラティーナ美術館)/フィレンツェ

3.小椅子の聖母(パラティーナ美術館)/フィレンツェ
藍色 しっぽ

これだけは絶対に押さえたい!伊「パラティーナ美術館」で見るべき絵画4選by 藍色 しっぽ

地図を見る

フィレンツェのパラティーナ美術館は複数のラファエロ作品を所蔵していますが、中でも有名なのが『小椅子の聖母』。

優しいまなざしの聖母や人物の丸みを帯びた体つき、幼いキリストの愛らしい表情はラファエロならではの表現で、聖母子の奥には洗礼者ヨハネが描かれています。日本ではなかなか見られない作品のため、フィレンツェを訪れた際はぜひ鑑賞してみてください。

<基本情報>
住所:Piazza de’ Pitti, 1, 50125 Firenze
電話番号:+39-055-23885
アクセス:バス停ピッティすぐそば この写真の記事を見る ≫

4.サンタゴスティーノ教会/ローマ

4.サンタゴスティーノ教会/ローマ
藍色 しっぽ

ラファエロの生涯をたどる、ローマおすすめのスポット4選by 藍色 しっぽ

地図を見る

ラファエロは、1508年にローマ法王ユリウス二世の招きをうけてから、1520年に亡くなるまでの10年あまりをローマで過ごしたとされています。「サンタゴスティーノ教会」には、1512年制作の『預言者イザヤ』が。イザヤの姿を臨場感たっぷりに描きました。ラファエロ以外にも、ヤコポ・サンソヴィーノやカラヴァッジョの作品が所蔵されています。

<基本情報>
住所:Piazza di S. Agostino, 00186 Roma
電話番号:+39-06-6880-1962
アクセス:ナヴォーナ広場から徒歩1分 この写真の記事を見る ≫

5.サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会/ローマ

5.サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会/ローマ
藍色 しっぽ

ラファエロの生涯をたどる、ローマおすすめのスポット4選by 藍色 しっぽ

地図を見る

「サンタ・マリア・デッラ・パーチェ教会」はラファエロが装飾を手掛けた教会です。キージ家の礼拝堂のアーチ部分には、1514年の作品『巫女』が描かれています。やわらかい色彩に優雅な巫女や天使の姿など、円熟期のラファエロ作品の特徴がつまった作品です。さらにその上には、ラファエロの下絵をもとにした預言者のフレスコ画があります。

彼の繊細な技術がうかがえる装飾は、必見です!

<基本情報>
住所:Arco della Pace, 5, 00186 Roma
電話番号:+39-06-6880-4038
アクセス:バス停セナートから徒歩3分 この写真の記事を見る ≫

6.サンタ・マリア・デル・ポポロ教会/ローマ

6.サンタ・マリア・デル・ポポロ教会/ローマ
藍色 しっぽ

観光からスイーツまで!ローマ「ポポロ広場」周辺4つのおすすめスポットby 藍色 しっぽ

地図を見る

11世紀末、当時のローマ法王が建てた「サンタ・マリア・デル・ポポロ教会」には、ラファエロが天井の下絵と設計を手掛けたキージ礼拝堂があります。実際に完成させたのはベルニーニですが、ラファエロの緻密で丁寧な仕事ぶりがうかがえます。他にも、ドラマチックな画風が有名なカラヴァッジョやピントゥリッキオの工房制作の絵画など、貴重な作品が目白押しです。

<基本情報>
住所:Piazza del Popolo, 12, 00187 Roma
電話番号:+39-06-361-0836
アクセス:地下鉄A線フラミニオ駅から徒歩1分 この写真の記事を見る ≫

7.フォルナリーナ(国立古典絵画館)/ローマ

7.フォルナリーナ(国立古典絵画館)/ローマ
藍色 しっぽ

これだけは押さえたい!ローマ「国立古典絵画館」おすすめ絵画4選by 藍色 しっぽ

地図を見る

ローマの国立古典絵画館にある「フォルナリーナ」。彼が密かに愛したマルゲリータという女性がモデルで、死ぬ直前まで手元に置いていた大切な作品だと言われています。結局、身分の違うマルゲリータとは結婚することができませんでしたが、彼女に対する気持ちをひしと感じるような美しい作品です。美術館自体の装飾も美しく、見惚れることでしょう。

<基本情報>
住所:via delle Quattro Fontane, 13–00184 Roma
電話番号:+39-06-4814591
アクセス:地下鉄A線バルベリーニ駅より徒歩1分
開館時間:8:30〜19:00 この写真の記事を見る ≫

8.ファルネジーナ荘/ローマ

8.ファルネジーナ荘/ローマ
藍色 しっぽ

魅力溢れる美しい内装にラファエロの壁画…伊・ローマ「ファルネジーナ荘」の見どころ…by 藍色 しっぽ

地図を見る

「ファルネジーナ荘」はかつてラファエロが教会内の礼拝堂の設計を担当した、キージ家の銀行家アゴスティーノ・キージの別荘です。別荘内もラファエロ作品で装飾され、特に壁に描かれた『ガラティアの凱旋』は必見。美しく舞うトリトンやキューピッドに、卓越した技術がうかがえます。

<基本情報>
住所:Via della Lungara, 230, 00165 Roma
電話番号:+39-06-68027268
アクセス:バス停Lgt Farnesinaから徒歩1分 この写真の記事を見る ≫

9.パンテオン/ローマ

9.パンテオン/ローマ
藍色 しっぽ

ラファエロの生涯をたどる、ローマおすすめのスポット4選by 藍色 しっぽ

地図を見る

映画『天使と悪魔』のロケ地としても有名な「パンテオン」は、世界最大の石造り建築。ここには、37歳で夭折したラファエロの墓があります。死の直前には自身をここパンテオンに埋葬するよう遺言を残しており、大理石の石棺には「ラファエロここに眠る…」から始まるピエトロ・ベンボ枢機卿の哀悼詩が刻まれています。現存するローマ建築の最高傑作とも言われる場所で、彼に祈りを捧げましょう。

<基本情報>
住所:Piazza della Rotonda, 00186 Roma
電話番号:+39-06-6830-0230
アクセス:トレビの泉から徒歩7分 この写真の記事を見る ≫

10.サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会/ローマ

10.サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会/ローマ
藍色 しっぽ

まるで小さな美術館!伊・ローマ「サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会」の魅力by 藍色 しっぽ

地図を見る

ラファエロゆかりの地や作品めぐりを楽しんだら、彼の師・ペルジーノ作品も鑑賞することをおすすめします。ラファエロの表現力は、ペルジーノからの影響が大きいと言われているためです。ローマの「サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会」には、ペルジーノ作のイエス・キリストの絵画が!威厳がありながらもやさしい表情のキリストが描かれています。

<基本情報>
住所:Piazza della Minerva, 42, 00186 Roma
電話番号:+39-06-6992-0384
アクセス:トラム ラルゴ・ディ・トッレ・アルジェンティーナ停留所から徒歩5分 この写真の記事を見る ≫

ラファエロゆかりの地めぐりはこれでキマリ!

崇高かつ慈愛に満ちた雰囲気のものが多いラファエロ作品。美術館等で鑑賞する際には、彼と同じ時期に活躍した画家と見比べてみるのも楽しみかたのひとつ。ラファエロ作品の持つやわらかな色彩や繊細な筆遣いに、あらためて目を見張ることでしょう。イタリア国内各地にあるゆかりの地めぐりも、より充実したものとなるはずです!

※2019年9月現在の情報です。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -