冬に訪れたい新潟県の観光スポット9選 温泉やグルメ、雪景色を満喫

冬に訪れたい新潟県の観光スポット9選 温泉やグルメ、雪景色を満喫

更新日:2019/11/21 09:03

Mayumi Tのプロフィール写真 Mayumi T 金沢出身の歴史探索家、B級グルメマニア、北陸の旅先案内人

豪雪地帯として知られている新潟県。冬の季節ともなれば、たくさんの雪が降り積もりますが、そんな冬の季節でも温泉や酒蔵、美味しいお米など新潟ならではのスポットがあり、楽しめます。

LINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材した新潟県の冬に訪れたいおすすめの観光スポットをご紹介します。年間を通して温泉地を中心に筆者もよく訪れています。美しい雪景色を堪能してくださいね!

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1.魚沼の里

1.魚沼の里
野水 綾乃

昼ごはんだけ開放!新潟「八海山みんなの社員食堂」が旨すぎるby 野水 綾乃

八海醸造が手がける「魚沼の里」は、酒造りを行う酒蔵を中心にそば店、和洋菓子、ベーカリーなどが点在する複合施設です。その中の"八海山みんなの社員食堂"は従業員の社食ですが、昼の時間帯には一般にも開放。魚沼のごはん、麹などでつくられたおかずが美味しくおすすめです。冬には広くとられた窓から、一面の雪景色が眺められます。

<基本情報>
住所:南魚沼市長森334-2
電話番号:0800-800-3865(八海山みんなの社員食堂 お客様相談室)
アクセス:上越新幹線 浦佐駅より車、タクシー約15分、またはJR上越線 五日町駅より車、タクシー約10分 この写真の記事を見る ≫

2.青木酒造

2.青木酒造
Nami Kita

米どころ酒どころ新潟!南魚沼市でおいしい酒蔵&漬物店めぐりby Nami Kita

米どころ酒どころとして知られる新潟県。景観大賞をとったことで知られる牧之通りに建つのが、銘酒"鶴齢"を手掛ける「青木酒造」です。原材料にこだわり300年以上もの間、美味しいお酒を造り続けています。新潟が誇る酒造好適米"腰淡麗"をどこよりも多く使っており、農家さんとの関係を大切にしている青木酒造では、甘口で飲みやすいものから辛口タイプまで揃っています。

<基本情報>
住所:新潟県南魚沼市塩沢1214
電話番号:025-782-0023
アクセス:(電車)JR上越線 塩沢駅より徒歩約5分
(車)関越自動車道 塩沢石打ICより約10分、または六日町ICより約15分 この写真の記事を見る ≫

3.寺泊市場(魚のアメ横)

3.寺泊市場(魚のアメ横)
KA RINTO

ズワイガニが100円から!魚介類の宝庫・寺泊「魚のアメ横」は食べ歩きが楽しいby KA RINTO

新潟県内の寺泊港や出雲崎港から水揚げされた鮮魚が販売されている市場、通称「魚のアメ横」。たくさんの鮮魚店が建ち並び、紅ズワイガニをはじめとした魚介類、食べ歩きグルメが並んでいます。日本海に面した通り沿いにありますので、ドライブをしながら立ち寄ってみるのもおすすめです。

<基本情報>
住所:長岡市寺泊下荒町
電話番号:0258-75-3363(寺泊観光協会)
アクセス:JR信越本線 長岡駅より越後交通バス約60分、またはJR越後線 寺泊駅よりバス約20分
(車)北陸自動車道 中之島見附ICより約30分、または三条燕ICより約30分、または長岡北スマートICより約30分 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

4.道の駅マリンドーム能生

4.道の駅マリンドーム能生
八岳木 流泉

カニにノドグロ、ハタハタも!新潟「道の駅マリンドーム能生」は海産物の宝庫by 八岳木 流泉

地図を見る

糸魚川市能生(のう)の町は日本海に面する漁師町。その町に位置する「道の駅 マリンドーム能生」では、二階の食事処などで冬の海の幸が味わえます。また新潟のお土産や特産品の他、能生漁港直送の海の幸がたくさん販売されており、市場のような雰囲気で買い物が楽しめますよ。品揃えが豊富で、目移りしてしまうほどです。

<基本情報>
住所:糸魚川市能生小泊3596-2
電話番号:025-566-3456
アクセス:(電車)えちごときめき鉄道 能生駅より車で約5分
(車)北陸自動車道 能生ICより約5分 この写真の記事を見る ≫

5.つなん雪まつり

5.つなん雪まつり

新潟県・つなん雪まつりの幻想的なスカイランタンに感動!

スカイランタンの打ち上げ体験が毎年開催されている、津南町の「つなん雪まつり」。元々、中国やタイのお祭りなどで打ち上げる熱気球の一つですが、海外では無病息災などの願い事をスカイランタンに書いて打ち上げています。津南町のこちらのイベントは2010年に始まり、東日本大震災や色々な災害に見舞われたことを受け、災害復興の意味を込めて行われています。

【前夜祭】2020年3月13日(金)【本祭】2020年3月14日(土)に開催予定。

<基本情報>
住所:中魚沼郡津南町秋成12300 ニュー・グリーンピア津南会場、大割野特設会場
電話番号:025-765-5585(津南町観光協会)
アクセス:関越自動車道 塩沢石打ICより約80分
※会場・町内臨時駐車場は完全予約制 この写真の記事を見る ≫

6.瓢湖

6.瓢湖
長坂 ヒロ

新潟・冬の風物詩!渡り鳥と触れあえる2大スポットがすごい!by 長坂 ヒロ

豪雪地帯として知られる新潟県では、冬ならではの景観を巡ることができますが、シベリアからやってくる渡り鳥たちが眺められる「瓢湖」はおすすめです。県内の様々な場所で渡り鳥を目にすることができますが、ここは水鳥の生息地となる湿地の保護を目的としてラムサール条約にも指定。例年10月から3月にかけて、約5000羽近くの白鳥が飛来する瓢湖は圧巻の景観です。

<基本情報>
住所:阿賀野市水原313-1
電話番号:0250-62-2510(阿賀野市商工観光課)
アクセス:(電車)JR羽越本線 水原駅より徒歩約30分、または車、タクシー約5分
(車)磐越自動車道 新津ICより約15分 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

7.越後湯沢温泉

7.越後湯沢温泉
水津 陽子

源泉かけ流しもある!越後湯沢温泉3つの足湯と隣接面白観光施設by 水津 陽子

地図を見る

「越後湯沢温泉」では、冬の季節は歴史あるお宿などで温泉をゆっくり満喫するのはもちろん、温泉街は独特の風情がありますので、のんびりと散策するのもおすすめです。また駅周辺には足湯があり、くつろげますよ。昔ながらのお店や近年OPENのカフェなどもあります。

<基本情報>
住所:南魚沼郡湯沢町湯沢(越後湯沢温泉観光協会 雪国観光舎 越後湯沢温泉)
電話番号:025-785-5353(越後湯沢温泉観光協会)
アクセス:(電車)上越新幹線、JR上越線 越後湯沢駅より各地へ
(車)関越自動車道 湯沢ICより各地へ この写真の記事を見る ≫

8.松之山温泉

8.松之山温泉
泉 よしか

日本三大薬湯!越後の松之山温泉を知らないなんてもったいないby 泉 よしか

日本三大薬湯の一つ「松之山温泉」。雪深い里山にあり、冬の季節は周辺の雪景色を堪能しながら温泉が楽しめます。グッドデザイン賞を受賞した温泉街、源泉、また温泉を利用したご当地グルメ、この温泉街に伝わる越後の奇祭などを満喫してみましょう。

<基本情報>
住所:十日町市松代3816番地1(松代、松之山温泉観光案内所)
電話番号:025-597-3442(松代、松之山温泉観光案内所)
アクセス:(電車)ほくほく線まつだい駅よりバス、車、タクシーなどで各地へ
(車)関越自動車道 塩沢石打IC、または北陸自動車道 上越ICより各地へ この写真の記事を見る ≫

9.飯山線

9.飯山線
高橋 しゅう

ローカル線情緒いっぱい!飯山線に乗って越後路を行く雪見の旅by 高橋 しゅう

地図を見る

「飯山線」は、新潟県の越後川口駅から長野県の豊野駅とを結ぶローカル線です。信濃川(長野県では千曲川)沿いを走行し、車窓からは山々や田園風景など、日本の原風景ともいえるのどかな景観が眺められます。この路線沿いは日本有数の豪雪地帯であることから、冬の季節は雪国独特の景観が車窓から楽しめます。

<基本情報>
所在地:新潟県 越後川口駅〜長野県 豊野駅 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

冬の季節に訪れたい新潟県の観光スポットはここでキマリ

新潟県は自然豊かで、日本の原風景ともいえる景観があちこちに残されており、特に冬の季節は雪が降り積もり、独特の風情が楽しめます。温泉やグルメも楽しみたいですね。

ぜひ、冬の季節に新潟県の観光スポットを訪れてみませんか。

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -