冬に訪れたい金沢・石川県の観光スポット8選 雪景色にグルメも

冬に訪れたい金沢・石川県の観光スポット8選 雪景色にグルメも

更新日:2019/10/21 11:03

Mayumi Tのプロフィール写真 Mayumi T 金沢出身の歴史探索家、B級グルメマニア、北陸の旅先案内人

金沢をはじめ、石川県を旅行に訪れたなら、兼六園や近江町市場、そして能登や加賀の温泉地へ出かける場合が多いでしょう。冬の季節をむかえると、雪景色をみたり冬ならではのグルメが味わえます。

LINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材した冬に訪れたい金沢・石川県の観光スポットをご紹介します。雪化粧の兼六園や海岸沿いなど自然を満喫したら、美味しい冬ならではのグルメもぜひ味わってみてください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1.兼六園/金沢市

1.兼六園/金沢市
Mayumi T

金沢と近郊 冬のおすすめ雪景色スポット5選by Mayumi T

地図を見る

日本三名園の一つで、特別名勝の指定を受けている金沢市内の兼六園は、春の季節の桜をはじめ四季折々の花々が美しいことでも知られています。そしてタイミングがあえば、11月より備えられた雪吊りに実際に雪が降り積もっていく景観が見られます。瓢池(ひさごいけ)や日本最古の噴水なども独特の風情が感じられます。

<基本情報>
住所:金沢市丸の内1番1号(金沢城・兼六園管理事務所)
電話番号:076-234-3800(金沢城・兼六園管理事務所)
アクセス:(電車)JR金沢駅よりバス「兼六園下」または「広坂」バス停下車すぐ
※兼六園シャトルバス、城下まち金沢周遊号などもあり
(車)北陸自動車道「金沢西IC」より約30分、または「金沢東IC」より約30分、金沢森本ICより約20分※近隣に有料駐車場あり この写真の記事を見る ≫

2.尾山神社/金沢市

2.尾山神社/金沢市
Mayumi T

金沢と近郊 冬のおすすめ雪景色スポット5選by Mayumi T

加賀藩主前田利家公と正室お松の方が祀られている「尾山神社」。市民の心の故郷としても親しまれています。近年は多くの観光客の方々で賑わっていますが、"入母屋造屋根瓦葺"がとても荘厳で、中央天井は格天井づくり、欄間には約八寸厚の欅の一枚板に加賀藩前田家の家紋"梅花紋"が施されています。ステンドグラスが施されている神門も、雪が降る景観は歴史が感じられます。

<基本情報>
住所:金沢市尾山町11-1
電話番号:076-231-7210
アクセス:(電車)JR金沢駅より車、タクシー約5分、またはバス「南町・尾山神社」バス停下車すぐ
※兼六園シャトルバス、城下まち金沢周遊号などもあり
(車)北陸自動車道「金沢西IC」より約30分、または「金沢東IC」より約20分※近隣に有料駐車場、コインパーキングあり この写真の記事を見る ≫

3.近江町市場/金沢市

3.近江町市場/金沢市
Mayumi T

金沢「近江町市場」海鮮グルメ&食べ歩きグルメ5店by Mayumi T

金沢市民の台所として知られている「近江町市場」。金沢市民にとっては、古くから日常生活に欠かせない身近な場所として親しまれています。金沢港などから水揚げされた新鮮なとれたて海鮮グルメが購入できます。人気の近江町コロッケ、海鮮類の串焼き、海鮮丼にお寿司など、目移りしてしまうほど。特に冬の季節は、加能ガニがおすすめです。
※近江町市場の通路は狭いのでゴミは出さないようにし、その場で味わう場合は各店舗のイートインなどを利用し、店舗ごとに食べ終えるようにしましょう。

<基本情報>
住所:金沢市青草町88番地
電話番号: 076-231-1462
アクセス:(電車)JR金沢駅 兼六園口(東口)より徒歩約15分、または北鉄バス6番〜9番のりばより約5分「武蔵ヶ辻」バス停すぐ
(車)北陸自動車道「金沢西IC」より約25分、または「金沢東IC」より約20分、または「森本IC」より約15分 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

4.長町武家屋敷跡/金沢市

4.長町武家屋敷跡/金沢市

雪の季節こそ風情たっぷり。冬に訪れたい!金沢・長町武家屋敷跡

地図を見る

金沢市内の「長町武家屋敷跡」。本格的な冬の季節12月から3月頃までの間、土塀を覆う薦(こも)という藁で編まれた莚(むしろ)が掛けられることから、冬の独特の風情が感じられます。これは雪によって土蔵が傷みやすくなるので、大雪から守る為に保護するための冬支度の一つ。周辺の鞍月(くらつき)用水沿いも風情があるので、そぞろ歩きにもおすすめです。

<基本情報>
住所:金沢市長町
アクセス:(電車)JR金沢駅兼六園口(東口)より徒歩約15分、または北鉄バス6番〜9番のりば〜「香林坊」バス停すぐ
(車)北陸自動車道「金沢西IC」より約25分、または「金沢東IC」より約20分、または「森本IC」より約15分 この写真の記事を見る ≫

5.四十萬谷本舗(しじまやほんぽ)/金沢市

5.四十萬谷本舗(しじまやほんぽ)/金沢市
四宮 うらら

期間限定!冬の金沢は「加能ガニ」「寒ブリ」など美味の玉手箱by 四宮 うらら

地図を見る

金沢は日本海に近く、冬の季節は脂ののった海鮮類が味わえます。地域がら発酵食品がよく食べられていますが、"かぶら寿し"もその一つ。古くから金沢で暮らす人は自宅でかぶらやニンジン、昆布とともに米麹で漬けこんで"かぶら寿し"を作りますが、近年は老舗の「四十萬谷本舗」などで購入することが多くなっています。
※四十萬谷本舗本店では、かぶら寿し体験や糀漬け体験教室あり

<基本情報>
住所:金沢市弥生1丁目17-28(四十萬谷本舗 弥生本店)
電話番号:0120-41-4173
アクセス:(電車)JR金沢駅よりバス(泉野三丁目経由)にて「沼田町」バス停下車、徒歩約5分
(車)北陸自動車道 金沢西ICより約20分、金沢東ICより約30分 この写真の記事を見る ≫

6.坂網鴨(片野鴨池)/加賀市

6.坂網鴨(片野鴨池)/加賀市
四宮 うらら

石川県加賀市・古式猟法で獲る絶品「坂網鴨」を味わうby 四宮 うらら

地図を見る

加賀市には江戸時代から伝わるカモ猟がありますが、投げ網猟の一つ"坂網猟(さかあみりょう)"が行われています。この猟で冬の期間に獲れるのはわずか300羽ほどなので、稀少ともいえます。そのカモが生息するのが「片野鴨池」で、ラムサール条約にも登録されている水鳥の飛来地です。片野鴨池にやってくる約20種以上ものガンやカモは"加賀市鴨池観察館"で観察でき、これらの歴史を知ることができます。

写真提供:田尻浩伸

<基本情報>
住所:加賀市片野町
電話番号:0761-72-2200(加賀市鴨池観察館)
アクセス:(電車)JR加賀温泉駅より加賀周遊バス"キャンバス"海まわり「鴨池観察館」バス停下車徒歩すぐ
(車)北陸自動車道 加賀ICより約10分 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

7.加賀温泉郷

7.加賀温泉郷
四宮 うらら

冬の加賀温泉郷でほっこり温泉と極上ズワイガニ「橋立蟹」を味わうby 四宮 うらら

地図を見る

加賀市の山代、山中、片山津温泉の三つの温泉地、小松市の"あわづ温泉"の四つの温泉地からなる「加賀温泉郷」。松尾芭蕉や魯山人など多くの文化人が訪れています。それぞれ特徴があり泉質も違いますので、あちこちを堪能するのがおすすめです。

「瑠璃光」では冬の季節、石川県の"加能ガニ"として知られているズワイガニが味わえますが、ここでは橋立魚港より水揚げされる"橋立蟹"(ダブルタグ付き)が味わえます。温泉や橋立蟹を堪能してみましょう。※料理のコース名など最新の情報は公式サイトなどでご確認ください

<基本情報>
住所:加賀市大聖寺南町二41加賀市役所(加賀市観光交流機構)
   加賀市作見町ヲ6-2 JR加賀温泉駅内(加賀市観光情報センター KAGA旅・まちネット)
電話番号:0761-72-0600(加賀市観光交流機構)
     0761-72-6678(加賀市観光情報センター) この写真の記事を見る ≫

8.白米千枚田/輪島市

8.白米千枚田/輪島市
Eiichi Yoshioka

輪島の絶景棚田で幻想的イルミネーション!白米千枚田〜あぜのきらめき〜by Eiichi Yoshioka

地図を見る

輪島市の「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」。世界農業遺産"能登の里山里海"として能登を象徴するスポットです。昼間も絶景の棚田ですが、例年10月中旬頃〜3月中旬頃にかけて、壮大なイルミネーションイベント"あぜのきらめき"が開催されます。あぜ道に太陽光発電LEDが配置され、大小様々な大きさの棚田を見事に美しく彩る光景は幻想的です。

<基本情報>
住所:輪島市二ツ屋町2字29番地
電話番号::0768-23-1146(輪島市交流政策部観光課)
アクセス:(電車)JR金沢駅より北陸鉄道バス輪島特急線約2時間、「輪島駅前下車」、北陸鉄道 奥能登バス曽々木口方面行き約20分、「白米」バス停下車徒歩すぐ
(車)関越自動車道 藤岡JCT〜上信越自動車道 上越JCT〜北陸自動車道 金沢森本ICより約2時間〜白米千枚田へ この写真の記事を見る ≫

金沢・石川県で冬に訪れたい観光スポットはここでキマリ

金沢市内をはじめ、石川県内の観光地では、雪が降り積もる季節をむかえる前に様々な準備が始まります。雪吊りなどは、個人の住宅でも施されますので、街を散策していると観光地だけではなく、あちこちで見ることができるでしょう。

ぜひ、石川で冬の風情を感じてみませんか。

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -