ハバナのおすすめ観光スポット10選 古き良き街並みを歩こう!

ハバナのおすすめ観光スポット10選 古き良き街並みを歩こう!

更新日:2019/11/08 14:47

長坂 ヒロのプロフィール写真 長坂 ヒロ ブラジル観光アドバイザー、世界の路地裏さすらい人

キューバの首都ハバナ。古き良き街並みが残ることから人気の観光地にも挙げられ、街を歩けば至る所にカメラを構えたくなるような絶景が広がります。

今回はそんなハバナの中でもLINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材したおすすめの観光スポット10選をご紹介。ぜひハバナの街並みで数十年前の時代へタイムスリップしましょう!

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1.マレコン通り

1.マレコン通り

カリブの赤い島、キューバの首都ハバナ旧市街を探検しよう

地図を見る

ハバナに来たら、何と言っても楽しみなのが海岸線ドライブ。中でも「マレコン通り」は一番人気のドライブルートで、ハバナ観光のハイライトとしても挙げられます。

車はもちろん、キューバ名物の古いアメリカ車。潮風を浴びながら走るドライブは最高ですよ!ぜひお試しあれ。 この写真の記事を見る ≫

2.オビスポ通り

2.オビスポ通り
wanderlust tomoko

寝不足は覚悟して。キューバ・ハバナの夜はここが熱い!by wanderlust tomoko

地図を見る

ハバナ旧市街で街歩きを楽しみたい方は「オビスポ通り」へ行ってみましょう!オールドハバナと呼ばれる旧市街の中でも一番賑わうこの通りには、多くのレストランやカフェが立ち並びます。

この通りを歩くとどこからともなく陽気なキューバ音楽が聞こえ、次第にキューバ人たちが集まってダンスパーティーが始まります。なんともキューバらしい風景を味わってみてくださいね。 この写真の記事を見る ≫

3.旧国会議事堂

3.旧国会議事堂

コロニアル時代の面影が残るキューバ・ハバナ旧市街を歩こう

地図を見る

ハバナの街並みの中でも一際目を引く立派な建物が「旧国会議事堂」。アメリカのワシントンD.C.にある連邦議会議事堂をモデルにしたと言われるこちらの建物は、真っ白で巨大なドームがとても立派です。

現在は国会議事堂としては機能しておらず、内部は一般公開されていますので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

<基本情報>
住所:513 Paseo de Martí, La Habana この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

4.セントラルパーク

4.セントラルパーク
長坂 ヒロ

絵葉書のような世界で絶景さんぽ!キューバ・オールドハバナ地区by 長坂 ヒロ

地図を見る

ハバナの街並みの中心に位置するのが「セントラルパーク」。公園と言うよりは小さな広場というイメージの広さですが、周囲には高級ホテルや劇場などが立ち並び、ハバナ随一の夜景スポットとしても知られています。昼と夜の2度楽しめるので、ぜひ滞在中に2回は訪ねてみてください。

<基本情報>
住所:267 Agramonte, La Habana この写真の記事を見る ≫

5.グランテアトロ・デ・ラ・ハバナ

5.グランテアトロ・デ・ラ・ハバナ
wanderlust tomoko

寝不足は覚悟して。キューバ・ハバナの夜はここが熱い!by wanderlust tomoko

地図を見る

セントラルパークの周囲にある建物の中でも、一際目を引く豪華な建物が「グランテアトロ・デ・ラ・ハバナ」。こちらはハバナ最大級の劇場で、夜になると煌びやかなイルミネーションを楽しむことができます。

もちろんスケジュールが合えば内部で劇などを鑑賞することもできますので、ぜひ入り口のスケジュール表でチェックしてみましょう。

<基本情報>
住所:458 Paseo de Martí, La Habana この写真の記事を見る ≫

6.ハバナクラブ博物館

6.ハバナクラブ博物館
麻田 ユウミ

キューバでラム酒を楽しもう!ハバナクラブ博物館と美味しいラム酒カクテルby 麻田 ユウミ

地図を見る

キューバと言えば、特産のラム酒を連想される方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方には「ハバナクラブ博物館」がおすすめです。ここではラム酒の歴史と製造過程を学ぶことのできる見学ツアーが人気で、ツアーの最後にはラム酒の試飲もすることができます。お酒好きのあの人にお土産を買ってみるのも素敵ではないでしょうか。

<基本情報>
住所:Avenida del Puerto 262, esq. Sol,, Havana
営業時間:9:00〜16:00 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

7.モロ要塞

7.モロ要塞
長坂 ヒロ

絵葉書のような世界で絶景さんぽ!キューバ・オールドハバナ地区by 長坂 ヒロ

地図を見る

ハバナ旧市街の対岸に見える大きな建物が「モロ要塞」。かつては要塞として機能していましたが、現在は観光客向けに一般開放されています。

マレコン通りなどから眺めるモロ要塞の雄姿も圧巻ですが、実際に中に入るとその大きさを肌で体感することができます。

<基本情報>
住所:Via Monumental y Carretera De La Cabana,Havana
オープン時間:10:00〜19:00 この写真の記事を見る ≫

8.ホテル・アンボスムンドス

8.ホテル・アンボスムンドス

キューバを愛した文豪ヘミングウェイの足跡をオールドハバナで辿る旅

地図を見る

ハバナを愛した文豪として知られるのが、アメリカのヘミングウェイ。ハバナの地で人生の約3分の1を過ごしたヘミングウェイがハバナ滞在時にいつも泊まっていたのが「ホテル・アンボスムンドス」です。

ピンク色の可愛らしいホテルには実際に宿泊することもできますので、ハバナの名物ホテルに泊まってみたいという方は、事前に予約してからハバナへ出かけましょう。

<基本情報>
住所:Calle Obispo No 153, Havana
電話番号:+53-7860-9530 この写真の記事を見る ≫

9.ヘミングウェイ博物館

9.ヘミングウェイ博物館
麻田 ユウミ

小説の舞台にも!キューバでヘミングウェイを訪ねよう!by 麻田 ユウミ

地図を見る

ヘミングウェイファンの方には、ハバナ郊外に位置する「ヘミングウェイ博物館」もおすすめ。ここにはハバナを愛したヘミングウェイの貴重な資料が多数展示されており、ファンにとってはたまらない場所となっています。

中でも『老人と海』を執筆したとされるタイプライターは必見!個人で行くのは難しい場所なので、ハバナ市内からツアーに参加しましょう。

<基本情報>
住所:Singer, La Habana
オープン時間:10:00〜16:00(日曜は9:00〜13:00) この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

10.コヒマル

10.コヒマル
大竹 進

キューバでノーベル賞作家ヘミングウェイゆかりの地を訪ねる!by 大竹 進

地図を見る

キューバの中でもヘミングウェイが愛してやまなかった場所が、ハバナ郊外にある小さな漁村「コヒマル」。一見何もない小さな港ですが、かの有名な『老人と海』の舞台にもなった場所とされています。

ファンの方はもちろん、そうでなくてものんびりカフェなどで過ごすにはおすすめの場所なので、ぜひヘミングウェイゆかりの地を巡ってみてはいかがでしょうか。 この写真の記事を見る ≫

ハバナの観光はこれでキマリ!

古き良き街並みが今でも残るハバナの街。その分移動などには少々苦労することもありますが、それもハバナ観光の醍醐味の一つです。個人でバスなどを乗り継ぐのは難しいことも多いので、そういったときにはタクシーを利用するか、現地ツアーに参加するのがおすすめですよ。

アメリカとの国交回復を機に、日々変わりゆくハバナの街並み。ぜひ今しか見られないレトロな街へと出かけてみてはいかがでしょうか?

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -