チェンマイのグルメが楽しめるレストラン10選 郷土料理がいっぱい!

チェンマイのグルメが楽しめるレストラン10選 郷土料理がいっぱい!

更新日:2019/11/28 17:39

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

タイ旅行で人気の観光地チェンマイでは、カントークと呼ばれる郷土料理や、カレーラーメンのカオソーイ、ローストチキンのガイヤーンなど、グルメもタイ舞踊などのエンターテインメントも抜群。

LINEトラベルjp編集部が日本でも予約可能なおすすめレストランをピックアップ。事前予約できるレストランも一部あるので、現地でも並ぶことなくスムーズにプーケットのグルメを楽しむことができますよ。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1.カントーク・ディナー(チェンマイ観光1日ツアー)

1.カントーク・ディナー(チェンマイ観光1日ツアー)

提供元:ベルトラ

https://www.veltra.com/jp/asia/thailand/chiang_mai…

タイ北部の街、チェンマイ。ここには13世紀にラーンナー王朝の都が置かれ、バンコクとは違った独自の食文化を楽しめることで有名です。代表的な郷土料理がカントークと呼ばれるもの。これは「円卓」という意味があり、結婚式などの特別な日にテーブルを囲んで食べる食事のことを、「カントーク・ディナー」と呼んでいます。数々の郷土料理が小皿に並べられ、お皿が空いたら自動的に追加。

チェンマイの1日ツアーに申し込むと、タイ舞踊を鑑賞しながら楽しむことも可能です!

2.ルアン・タマリンド・レストラン

2.ルアン・タマリンド・レストラン

提供元:ベルトラ

https://www.veltra.com/jp/asia/thailand/chiang_mai…地図を見る

チェンマイ旧市街の隠れ家ホテル「タマリンド・ビレッジ」。このホテルにあるのが「ルアン・タマリンド・レストラン」です。タイ北部の名物料理を味わうことができる名店。シェフの家に代々伝わるレシピをもとに作られているため、独自の深みと味わいがあります。プールサイドにあるレストランで、オープンテラス席は開放感が抜群!

<基本情報>
住所:50/1 Rachadamnoen Rd
アクセス:ターぺー門から徒歩約5分

3.ガイヤーン・ウィシアンブリー

3.ガイヤーン・ウィシアンブリー
中川 康雄

絶品の炭火焼き鶏「ガイヤーン」!タイの古都・チェンマイにあるおすすめの名店とは?by 中川 康雄

地図を見る

チェンマイのご当地グルメ「ガイヤーン」。鶏の炭火焼のことです。「ガイ」とは鶏肉、「ヤーン」はあぶり焼くという意味。絶品のローストチキンが味わえる店が「ガイヤーン・ウィシアンブリー」。一羽まるまるだと、かなりのボリューム。一人であればハーフサイズがおすすめです。

<基本情報>
住所:Nimmana Haeminda Rd, Lane 11
アクセス:ターぺー門から車で約12分 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

4.SPチキン

4.SPチキン
中川 康雄

絶品の炭火焼き鶏「ガイヤーン」!タイの古都・チェンマイにあるおすすめの名店とは?by 中川 康雄

地図を見る

チェンマイ旧市街にある「SPチキン」も、ガイヤーンがおいしいと評判のレストラン。ワット・プラシンなどの寺院に近く、観光の合間に立ち寄るのもおすすめ。店頭には目立つ看板もしっかりあり、鶏の丸焼きがぐるぐると回っているので、すぐにわかるでしょう。英語メニューもあるので、外国人の観光客の来店の多いお店となっています。

<基本情報>
住所:Samlan Rd Soi 1, Tambon Si Phum
アクセス:ターぺー門から車で約5分 この写真の記事を見る ≫

5.フアン・ムアン・チャイ

5.フアン・ムアン・チャイ
沢木 慎太郎

チェンマイ必食グルメがぜんぶ乗せ!タイ北部カントーク料理by 沢木 慎太郎

地図を見る

タイの有名芸能人や有名政治家がお忍びで訪ねる穴場のレストランが「フアン・ムアン・チャイ」。しかし、気取ったところはなく、料金もリーズナブル。メニュー表に写真が入り、日本語の表記もあります。このレストランでも、タイ北部の郷土料理がぜんぶ乗った「カントーク料理」を味わうことができます。

<基本情報>
住所:24 Ratchaphuek Alley,Tambon Chang Phueak
アクセス:ターぺー門から車で約8分 この写真の記事を見る ≫

6.カオソーイ・メーサイ

6.カオソーイ・メーサイ
中川 康雄

老舗や名店を厳選!チェンマイのカオソイ屋おすすめ5選by 中川 康雄

地図を見る

チェンマイでナンバーワンと推す人もいるくらいの人気店が「カオソーイ・メーサイ」。カオソーイというのはカレーラーメンのこと。スープの深みやコク、スパイシーさ、その味のバランス感覚は抜群!麺は平たいバミー(たまご麺)で、スープとよく絡んでくれます。柔らかく煮込まれたお肉がゴロッと入っていてこれがまたおいしい。

<基本情報>
住所:29/1 Ratchaphuek Alley, Tambon Chang Phueak
アクセス:ターぺー門から車で約8分 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

7.カオーソイ・ラムドゥワン

7.カオーソイ・ラムドゥワン
沢木 慎太郎

激うまっ!チェンマイ名物「カオ・ソーイ」超人気店で味わうタイ風カレーラーメン&パ…by 沢木 慎太郎

地図を見る

旧市街のはずれにあるレストラン「ラムドゥアン・ファーハーム」。カオソーイのレシピはお店によって微妙に異なるため、どこが一番おいしいかは人それぞれですが、地元でも人気の老舗レストランです。舌にざらりと残る濃厚なスープの香辛料がたまらない。カレースープに鶏肉のジューシーさが加わり、独自の風味が楽しめます。

<基本情報>
住所:352 22 Wat Ket
アクセス:ターぺー門から車で約8分 この写真の記事を見る ≫

8.サムジャーイ

8.サムジャーイ
成瀬 アキコ

日本人もハマる麺料理!チェンマイ名物「カオソーイ」2つの名店を食べくらべby 成瀬 アキコ

地図を見る

チェンマイに来たなら、カオソーイは必食グルメ。知られざるカオソーイの名店が「サムジャーイ」です。サムジャーイのカオソイは揚げ麺が多めに盛られ、バミー(たまご麺)の色もキレイ。ラムドゥアンは辛さがありながらもマイルドな感じ。サムジャーイは特に濃厚な味わい。

<基本情報>
住所:391 Fa Ham
アクセス:ターぺー門から車で約8分 この写真の記事を見る ≫

9.ジョーク・ソムペット

9.ジョーク・ソムペット
中川 康雄

チェンマイで人気のお粥屋「ジョーク・ソムペット」その魅力とは?by 中川 康雄

地図を見る

旧市街にあるレストラン「ジョーク・ソムペット」。このお店の名物料理は「ジョーク(Jok)」と呼ばれている料理。これは、お米のかたちがなくなってしまうほど煮込まれたお粥のこと。それが器に盛られて、ネギやショウガなどが乗せられています。そのまま食べても美味しいのですが、醤油やコショウをかけると全体の味が引き立つのでおすすめ。

<基本情報>
住所:59/3 Sri Poom Rd
アクセス:ターぺー門から車で約3分 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

10.フアンフアイケーオ

10.フアンフアイケーオ
吉田 彩緒莉

タイ・チェンマイの滝を眺める絶景レストラン「フアンフアイケーオ」by 吉田 彩緒莉

地図を見る

滝を眺める絶景のレストランが「フアンフアイケーオ」。一番人気は、なんといっても滝が目前にある席です。料金もお手頃。チェンマイ家庭料理「ゲーンハンレー」は大きな豚肉がゴロゴロ入ったカレーはまろやかで、豚肉も柔らかくスプーンが止まらない美味しさ。自然の宝庫・チェンマイならではの素敵な食事の時間を楽しみましょう。

<基本情報>
住所:31/2 Huaykaew Rd,Tambon Huai Kaeo
アクセス:ターぺー門から車で約20分 この写真の記事を見る ≫

チェンマイのレストランならこれで決まり!

チェンマイでおすすめレストランをピックアップしました。事前に予約できるレストランなら、現地でスムーズにチェンマイのグルメを楽しめること間違いなし!旅行前でも現地でもいろいろと探してみてくださいね。

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -