冬に訪れたい熱海の観光スポット9選 早咲の梅や桜に花火大会も!

冬に訪れたい熱海の観光スポット9選 早咲の梅や桜に花火大会も!

更新日:2019/11/29 16:04

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

静岡県の熱海市は、伊豆の玄関口の一つでもある人気の観光地。寒い冬は熱海温泉でのんびり過ごすのもいいですが、早咲きの熱海梅園の梅や糸川の桜も必見です。熱海海上花火大会や、サンビーチのライトアップは、夏だけでなく冬にも催されていますよ。

LINEトラベルjp ナビゲーターが現地取材した、冬に行きたい熱海のおすすめ観光スポットをご紹介します。
静岡行き新幹線プランの価格をチェック!(AD)

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

1.熱海梅園

1.熱海梅園
藤田 聡

熱海梅園の絶景ベスト5!梅まつりの見頃は2月中下旬by 藤田 聡

日本で最も早咲きの梅といわれる「熱海梅園」。2020年1月11日〜3月8日の期間で"熱海梅園梅まつり"が開催されます。樹齢百年を越える梅の古木を含め、59品種、472本の梅が咲き誇ります。梅園で収穫された梅は、梅酒や梅干しに加工され、熱海名物のお土産になります。観梅の記念に購入すれば、味わうたびに旅の思い出に浸れますよ。

<基本情報>
住所:静岡県熱海市梅園町8-11
電話番号:0557-85-2222(熱海市観光協会)
アクセス:JR来宮駅から徒歩約10分 この写真の記事を見る ≫

2.糸川遊歩道

2.糸川遊歩道
sachie

早春の梅&あたみ桜をダブルで楽しめる!熱海の花見所へby sachie

市内の中心部を流れる川沿いの「糸川遊歩道」は、日本で最も早咲きのあたみ桜が楽しめるスポット。梅まつりと重なる2020年1月11日〜2月9日に"あたみ桜 糸川桜まつり"が開催し、同じ熱海にいながら梅と桜をダブルで楽しむことができるのです。まつりの期間中は、桜茶のサービスや桜のライトアップも。

<基本情報>
住所:静岡県熱海市銀座町・中央町の境
電話番号:0557-85-2222 (熱海市観光協会)
アクセス:JR熱海駅より徒歩約15〜20分 この写真の記事を見る ≫

3.熱海海上花火大会

3.熱海海上花火大会
安藤 美紀

もっと熱海の花火を楽しみたい!おすすめ鑑賞スポット目的別4選by 安藤 美紀

夏だけではなく年間十数回以上も花火を楽しめる「熱海海上花火大会」。12月にも開催されます。花火を上げる熱海湾はすり鉢状の山に囲まれた地形のため、風や波の影響を受けにくい上に、音が反響し大迫力の重低音。花火業者さんも絶賛する恵まれた花火打上会場なのです。船上、カフェ、ホテル、ビーチ、市内の様々な場所から楽しむことができます。

<基本情報>
住所:静岡県熱海市渚町地先
問い合わせ先:0557-85-2222 (熱海市観光協会)
アクセス:熱海駅から徒歩約20分(親水公園まで) この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

4.熱海城

4.熱海城
吉野 友梨

訪れて損はなし!絶景が自慢の伊豆・熱海城を遊びつくすby 吉野 友梨

1959年に錦ヶ浦の山頂に建てられた天守閣風のアミューズメントスポット「熱海城」。内部は、鎧・刀などを展示する武家文化資料館、18歳未満立ち入り禁止の春画の展示、ゲームセンターなど、学びや遊びの様々なスポットがあります。熱海の市街地が一望できる絶景スポットでもあり、見どころたっぷりの観光スポットです。

<基本情報>
住所:静岡県熱海市熱海1993
電話番号:0557-81-6206
アクセス:JR熱海駅から観光周遊バスで約13分「熱海城」下車 この写真の記事を見る ≫

5.熱海トリックアート迷宮館

5.熱海トリックアート迷宮館
藤 ともみ

熱海トリックアート迷宮館で「キャッー襲われちゃう!」な写真をby 藤 ともみ

地図を見る

"熱海城"に隣接する「熱海トリックアート迷宮館」は目の錯覚を利用して平面画が立体的に感じるトリックアートが展示されています。見るだけでなく、触って楽しんだり、サメやゴリラに襲われるようなユニークな写真や、巨人になったように錯覚する不思議な写真も撮れますよ。ペットも一緒に入館OKです。

<基本情報>
住所:静岡県熱海市熱海1993 
電話番号:0557-82-7761
アクセス:JR熱海駅から観光周遊バスで約13分「熱海城」下車 この写真の記事を見る ≫

6.起雲閣

6.起雲閣
結月 ここあ

ドラマ「花子とアン」のロケ地、熱海の起雲閣はロマンが溢れる名邸!by 結月 ここあ

地図を見る

「起雲閣」は、1919年(大正8年)に別荘として築かれ、非公開の岩崎別荘と、今はなき住友別荘と並んで、熱海の三大別荘と呼ばれていた名邸が基となっている古建築。宿として利用されていた時には、太宰治・ 尾崎紅葉など日本を代表する多くの文豪にも愛されました。現在は熱海市の文化財として一般公開されています。

<基本情報>
住所:静岡県熱海市昭和町4-2
電話番号:0557-86-3101
アクセス:熱海駅より徒歩20分 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

7.MOA美術館

7.MOA美術館
sachie

黄金の茶室がある「MOA美術館」〜熱海市〜by sachie

地図を見る

日本美術を中心に、国宝や重要文化財の美術品も収蔵する「MOA美術館」。貴重な美術品の展示はもちろんのこと、メインロビーからは相模湾を一望できる素晴らしい景色も必見。戦国時代に豊臣秀吉が作った"黄金の茶室"の復元や、四季折々に違った姿を見せる庭園など、日本の美意識と自然を感じられます。

<基本情報>
住所:静岡県熱海市桃山町26-2
電話番号:0557-84-2511
アクセス:JR熱海駅よりバス約7分「MOA美術館」下車すぐ この写真の記事を見る ≫

8.熱海サンビーチ

8.熱海サンビーチ
野水 綾乃

お宮像が指輪をしてる?意外に奥深い熱海の王道スポットby 野水 綾乃

熱海駅から徒歩圏内の市街地にある「熱海サンビーチ」。賑わう夏のビーチも楽しいですが、人の少ない冬のビーチは、落ち着いた時間を過ごすことができますよ。

世界的な照明デザイナー:石井幹子氏が手がけたライトアップを、冬でも毎晩実施しています。熱海海上花火大会の時は消灯し、花火をじっくり見ることができます。

<基本情報>
住所:静岡県熱海市東海岸町
電話番号:0557-86-6218(熱海市公園緑地課)
アクセス:JR熱海駅より徒歩約20分 この写真の記事を見る ≫

9.初島

9.初島
さとちん

パラダイスは熱海にあった!都心から日帰りできるリゾートアイランド初島で極上の休日…by さとちん

静岡県唯一の離島「初島」は、温暖な気候で、一年中季節の花が咲くリゾートアイランド。東京都心から2時間で行けるので、日帰りも可能。"初島アイランドリゾート"で南国気分を味わったり、島の象徴"初島灯台"から海の絶景を堪能したり、冬でもみどころがいっぱいです。

<基本情報>
住所:静岡県熱海市初島
アクセス:JR熱海駅からバス約15分、熱海港から定期船約30分 この写真の記事を見る ≫

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

冬の熱海観光はこれでキマリ!

東京から気軽に行ける距離にある熱海は、昔も今も人気の温泉地。ビーチや海もあり夏のイメージも強いですが、花火大会やライトアップといった季節限定が多い催しも、熱海なら冬も変わらず楽しむことができるのがうれしいですよね。ぜひ、冬ならではの熱海の旅を、楽しんでみてください!

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -