フィリピン旅行のおすすめプランは?費用やベストシーズン、安い時期、スポット情報などを解説!

フィリピン旅行のおすすめプランは?費用やベストシーズン、安い時期、スポット情報などを解説!

更新日:2019/12/10 17:08

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 元旅行会社勤務、温泉ソムリエ、子連れトラベラー

7000以上もの島々から成るフィリピンは、手つかずの自然から歴史的建造物まで、エリアによって様々な魅力が味わえる国。一度は行ってみたいけれど、日本からは具体的にどのように行けばいいの?

ここではフィリピン旅行を検討している人に旅の予算やベストシーズン、ツアーが安くなる時期などを解説していきます。フィリピンでぜひ訪れてほしい、おすすめの観光スポットやホテルもご紹介!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1.フィリピンってどんなところ?

1.フィリピンってどんなところ?
Mayumi Kawai

見てこの海の青!フィリピン・シアルガオ島で絶景アイランドホッピングby Mayumi Kawai

地図を見る

■フィリピンの魅力や見どころ
フィリピンは、無数の島々から成る宝石箱のような国。ダイビングのメッカとして知られるセブ島に、セレブ御用達の秘境エルニドなど。手つかずの大自然が味わえることも魅力です。

アジアらしい喧噪を味わいたいのであれば首都マニラへ!カジノやショッピングが楽しめるスポットも沢山あります。世界三大夕日のひとつに数えられる“マニラの夕日”も必見!スペイン統治時代の歴史ある建造物の数々も見応えがあります。 この写真の記事を見る ≫

1.フィリピンってどんなところ?
かとう とも

野生のウミガメと一緒に泳げるフィリピンの秘島「アポ島」by かとう とも

地図を見る

■フィリピンのベストシーズン
フィリピンには四季がありませんが、乾期と雨期に分かれているので観光するなら雨が少ない11〜5月に行くのがおすすめ!マリンスポーツも盛んなフィリピンですが、もちろん晴天時の方が楽しめるものばかりです。

気を付けておきたいのが、8月〜11月にかけて訪れる台風のシーズン。地域差もありますが、交通機関もストップしてしまうこともあるので注意が必要です! この写真の記事を見る ≫

1.フィリピンってどんなところ?
aki sakura

常夏の国で食べたい!定番フィリピン料理4選by aki sakura

地図を見る

■フィリピン旅行の相場
フィリピンを訪れるツアーはホテルと航空券がセットになったフリープランと、添乗員もしくは現地係員付きのツアーのものがあります。

旅行代金は訪れる時期や日数によりますが、例えば東京発でフィリピンを3・4泊の合計5・6日間のフリープランなら、各旅行会社で約25,000円〜450,000円。
※2019年12月現在。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの繁忙期は料金が大幅に上がりますので、予算面から出発日を決めるのも一つの方法ですよ! この写真の記事を見る ≫

2.フィリピン旅行は何泊がおすすめ?

2.フィリピン旅行は何泊がおすすめ?
木内 つばめ

見せてあげたい透明な海!「セブ島」で無理のない子連れ旅行by 木内 つばめ

地図を見る

【4日間】美しい海を堪能!セブ島満喫コース
短い期間でもリゾート地で羽を伸ばしたい!という人に、最もポピュラーな旅行スケジュールは、現地に2泊して3日目の深夜に日本へ戻るというもの。

1日目は移動日、2日目にアイランドホッピングで美しい海を堪能しましょう。3日目にはオスロブでジンベイザメとの触れ合い体験を!短くても充実した内容が人気です。 この写真の記事を見る ≫

2.フィリピン旅行は何泊がおすすめ?
Mayumi Kawai

規格外の豪華さ!フィリピン・オカダマニラで極上のナイトライフをby Mayumi Kawai

地図を見る

【3日間】3連休でマニラをサクッと楽しもう!
首都マニラでの観光を楽しむのであれば、2泊3日でも十分!1日目は移動日となりますが、2日目には旧市街にある歴史的スポットなど観光地巡りを。午後はマカティのアヤラセンターでご当地グルメにショッピング!マニラだけなら1日で街巡りが可能です。

写真提供:OKADA MANILA(R) この写真の記事を見る ≫

2.フィリピン旅行は何泊がおすすめ?
Mayumi Kawai

楽園エルニドは島遊びの宝庫!アプリット島で日常を忘れる旅へby Mayumi Kawai

地図を見る

【5日間】フィリピン最後の秘境!エルニド堪能プラン
フィリピン最後の秘境と呼ばれるエルニド後。マニラ経由で行くのが一般的であるため初日はマニラに1泊し、2日目にエルニドに到着します。

現地発のアイランドホッピングはコースも豊富。4日目まで美しい島での時間を楽しんだあとは、5日目にマニラ経由で帰国となります。 この写真の記事を見る ≫

3.格安でフィリピン旅行するコツは?

3.格安でフィリピン旅行するコツは?
竹内 あや

この冬はセブに決まり! 近くて、リーズナブルな南国リゾートへby 竹内 あや

地図を見る

■航空券+宿泊施設がセットになったフリープランがお得!
なるべく旅費を抑えたい方におすすめなのが、旅行会社が販売する往復の交通手段と宿泊がセットになったフリープラン(パッケージツアー)。

旅費は抑えることができるのがメリットですが、食事代が別だったり、添乗員も同行しないというツアーもあるので、現地で行動するのに多少の英語力は必要です。 この写真の記事を見る ≫

3.格安でフィリピン旅行するコツは?

子連れリゾート滞在におすすめ!セブ島「プランテーション ベイ リゾート&スパ」

地図を見る

■ローシーズンを狙うのも手!
例えば、年末年始やゴールデンウィークなどは航空券の価格が高くなり、ツアーの料金はアップします。一方、1月中旬〜3月や5月下旬〜6月、9〜11月などはツアー料金が下がることがあるので絶好のチャンス!

この時期を狙ってツアーを探すと、お得なプランを見つけることができるかもしれませんよ! この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

4.セブ島のおすすめ観光スポット

4.セブ島のおすすめ観光スポット
Mayumi Kawai

世界でここだけ!?セブ島オスロブで超ド級のジンベエザメウォッチングby Mayumi Kawai

地図を見る

■オスロブでジンベエザメと泳ごう!
「オスロブ」は、ダイバーたちの憧れ“ジンベエザメ”と泳いだり、触れ合ったりすることのできる場所。ジンベエザメはサメの中でも性格が穏やかで、悠々と泳ぐ様は観る者に感動を与えてくれます。もちろん、その姿を間近で観る事のできるダイビングがおすすめですが、泳ぐのが苦手な人には船上からのツアーも選択できます。

セブ市内からは車で長距離の移動となるため、送迎とガイド付きのツアーが安心です。 この写真の記事を見る ≫

4.セブ島のおすすめ観光スポット
makana airi

離島から夜景までセブ島を遊びつくせ!王道1日観光モデルコースby makana airi

地図を見る

■アイランドホッピング(アイランドピクニック)
セブ島で最も人気のオプショナルツアーといえば、潮風を浴びながら島々をハシゴする「アイランドホッピング」!島ごとに異なる魅力を堪能してくださいね。シュノーケリングやバナナボートなどのアクティビティにも参加できます。

短い滞在期間を有効に使うためにも、事前の予約が安心ですよ! この写真の記事を見る ≫

4.セブ島のおすすめ観光スポット
竹内 あや

フィリピン・ボホール島のチョコレート・ヒルズへ。空中から不思議な光景を一望!by 竹内 あや

地図を見る

■ボホール島で絶景を拝もう!
無数の茶色い山々が連なる、その名も“チョコレートヒルズ”。セブ島から高速フェリーで2時間場所に位置する「ボホール島」は、そんなユニークな絶景にである場所です。世界最小のメガネザル“ターシャ”に出会うことができるのもここだけ!

ジップラインの上を自転車で走る“ジップバイク”など、エキサイティングなアクティビティがセットになったプランもおすすめです。 この写真の記事を見る ≫

5.マクタン島のおすすめホテル

5.マクタン島のおすすめホテル
坂元 美鈴

セブ・マクタン島の隠れ家リゾート「クリムゾン・リゾート&スパ・マクタン」by 坂元 美鈴

地図を見る

■クリムゾン・リゾート&スパ・マクタン
セブ・マクタン空港から車で30分ほどの「クリムゾン・リゾート&スパ・マクタン」は、バンガロータイプの客室が南国ムードを高めてくれる5つ星ホテル。喧噪から離れて静かなバカンスを楽しみたい人におすすめです。無料のシャトルバスで市街地までは楽々アクセス!ヤシの木が生い茂るインフィニティプールでリゾート気分を満喫しましょう。プライベートビーチでは、シュノーケリングも楽しめます。 この写真の記事を見る ≫

5.マクタン島のおすすめホテル

提供元:Agoda

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/waterfront-air…地図を見る

■クリムゾン・リゾート&スパ・マクタン
セブ市内中心という便利なロケーションが人気の「ウォーターフロント エアポート ホテル アンド カジノ マクタン」。設備の充実したホテル内にはプールやレストラン、ショッピングアーケードも。

別館には24時間営業のカジノがあり、飽きることのないステイを提供してくれます。空港前に位置しているので、深夜到着や早朝出発にも便利ですよ!

6.マニラのおすすめ観光スポットとホテル

6.マニラのおすすめ観光スポットとホテル
aki sakura

マニラ激動の歴史を探して 城塞都市「イントラムロス」を散策by aki sakura

地図を見る

■イントラムロス
スペイン統治下にあったマニラの歴史を感じることのできるスポットが、四方を城壁に囲まれた城塞「イントラムロス」。かつてのスペインの英雄が眠るモニュメントに、フィリピンで最も重要な教会とされているマニラ大聖堂など、見どころに溢れたスポットです。大聖堂の敷地内には日本人が整備したという日本庭園も。同じ日本人としては訪れておきたいスポットです。

訪れるのであれば、より理解が深まる日本語ガイド付きのツアーがおすすめですよ! この写真の記事を見る ≫

6.マニラのおすすめ観光スポットとホテル
Yuma A.

マニラから行く、タガイタイの絶景を楽しむお手軽半日トリップby Yuma A.

地図を見る

■タガイタイ
マニラ中心部から2時間以内で行ける避暑地「タガイタイ」。時間のない人にもおすすめできるマニラ近郊の半日観光スポットです。カルデラ湖である「タール湖」や世界一小さい活火山「タール火山」など見どころも豊富!

日帰りのオプショナルツアーならこの2つのスポット以外にも周辺の見どころを巡ることができるので便利ですよ。 この写真の記事を見る ≫

6.マニラのおすすめ観光スポットとホテル

提供元:Expedia

https://www.travel.co.jp/stay/hotel/the-peninsula-…地図を見る

■ザ・ペニンシュラ・マニラ
マニラを代表するラグジュアリーホテルといえば「ザ・ペニンシュラ・マニラ」。老舗ホテルならではの洗練されたサービスに信頼が持てます。落ち着いたインテリアの客室では、旅の疲れも癒されますよ。

大理石を使用したコロニアル調のロビーでは、ホテル自慢のアフタヌーンティで優雅な時間を。お土産ショッピングに便利な“アヤラ・センター・マカティ”からもすぐ近く!スパやレストランのクオリティーにも定評があります。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

7.エルニドのおすすめ観光スポットとホテル

7.エルニドのおすすめ観光スポットとホテル
Mayumi Kawai

フィリピン最後の秘境エルニド!心あらわれる神々の島でアイランドホッピングby Mayumi Kawai

地図を見る

■ラグーン
フィリピン最後の秘境と称されるエルニド。白い砂に青い海のコントラストが美しく、生い茂る深い緑の間に広がるラグーンはエルニドにおいて必ず訪れたいスポットです。開放的なビッグラグーンに、カヤックでアクセスするスモールラグーン、それぞれに異なる魅力があります。透明度の高いエメラルド色の水に身体を浸せば心まで洗われるよう!

国内線やホテルもセットになったプランが安心でお得です。 この写真の記事を見る ≫

7.エルニドのおすすめ観光スポットとホテル
Mayumi Kawai

最後の秘境エルニド「アプリット島」で極上アイランドホッピングby Mayumi Kawai

地図を見る

■エルニド・リゾーツ・アプリット・アイランド・タイライ
1島1リゾートが特徴のエルニドにおいて、今注目を集めているのがタイタイ湾の海上に浮かぶアプリット島。「エルニド・リゾーツ・アプリット・アイランド・タイライ」は、そんなアプリット島の入江を囲むように水上コテージが建ち並ぶ、理想の隠れ家リゾート。アプリット島宿泊者のみ訪れることのできるシークレット・ビーチなど、プライベート感たっぷりのステイが楽しめますよ! この写真の記事を見る ≫

8.自分にぴったりのツアーを探そう!

フィリピンを旅行するなら往復の交通手段とホテルがセットになったツアーがお得。セブ島ならリゾートステイを堪能できるし、マニラなら歴史的建造物なども巡ることができます。

自分の旅行スタイルに合った宿泊施設に泊まるツアーを選べば、フィリピン旅行がさらに楽しいものになるはず。ご希望のこだわり条件を指定してツアーを探してみてくださいね!

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -