多彩な魅力いっぱいの「南アフリカ」観光の見どころを総まとめ!

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

多彩な魅力いっぱいの「南アフリカ」観光の見どころを総まとめ!

多彩な魅力いっぱいの「南アフリカ」観光の見どころを総まとめ!

更新日:2017/03/31 10:49

トラベルjp<たびねす>編集部のプロフィール写真 トラベルjp<たびねす>編集部

アフリカ大陸の最南端に位置する「南アフリカ共和国」。2010年にFIFAワールドカップが開催された国、という印象を持つ方も多いのでは?
“レインボーネーション(虹の国)”と称される、多彩な魅力を持つ南アフリカ。でも実際はどんなところ?おすすめ観光スポットは?
知られざる南アフリカ共和国の魅力を、南アフリカ観光局に聞いてみました!

南アフリカ最大の都市「ヨハネスブルグ」を楽しもう

南アフリカ最大の都市「ヨハネスブルグ」を楽しもう
南アフリカ観光局

ショッピングやナイトライフから歴史、世界遺産まで楽しめる『ヨハネスブルグ』の魅力…by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

南アフリカ最大の都市「ヨハネスブルグ」は、日本から入国する際に南アフリカで1番最初に訪れる都市。
街なかでは、1994年に撤廃されたアパルトヘイトの歴史やネルソン・マンデラ元大統領による自由への闘争の足跡を辿ったり、ショッピングやナイトライフを楽しんだり、周辺の観光地に足を延ばしたり・・・。多様性に富んだ文化と歴史、都会の躍動と大自然の鼓動を体感できるヨハネスブルグは、そんな楽しさに溢れた都市なのです。この写真の記事を見る ≫

南アフリカ最大の都市「ヨハネスブルグ」を楽しもう
南アフリカ観光局

ショッピングやナイトライフから歴史、世界遺産まで楽しめる『ヨハネスブルグ』の魅力…by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

市内から北西約30kmに位置する「スタークフォンテーン」とその周辺エリアは、“人類のゆりかご(The Cradle of Humankind)”として、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。代表的な見どころは、東端にある鍾乳洞「スタークフォンテーン洞窟」。1947年に約250万年前の人類の頭皮とあごの骨の化石、ミセス・プレス(Mrs. Ples)が発掘されたことで知られています。この写真の記事を見る ≫

南アフリカ最大の都市「ヨハネスブルグ」を楽しもう
南アフリカ観光局

ショッピングやナイトライフから歴史、世界遺産まで楽しめる『ヨハネスブルグ』の魅力…by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

ヨハネスブルグから北へ50kmほどの地点に位置する「プレトリア」は、政府機関や官庁、諸外国の大使館が集結する南アフリカの行政の首都。
この街では10〜11月になると、南アフリカの桜とも称される「ジャカランダ」の花がいっせいに咲き、プレトリアの街全体を美しい紫色に染めます。この写真の記事を見る ≫

世界最大級の野生の王国「クルーガー国立公園」

世界最大級の野生の王国「クルーガー国立公園」
南アフリカ観光局

南アフリカ・世界最大級の野生の王国『クルーガー国立公園』でビッグファイブ・サファ…by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

野生動物の宝庫と言われる南アフリカでは、陸上でのサファリはもちろん、クジラやサメといった海の巨大動物を観察する、海でのサファリも楽しめます。

「クルーガー国立公園」は1926年、国立公園法の制定とともに設立された南アフリカを代表する野生動物保護区。四国がすっぽり入るほどの広大な200万haものエリアを誇り、140種以上の哺乳類、500種以上の鳥類が生息しています。さらに多くの爬虫類、両生類、魚類が見られるほか、1,500種もの植物や無数の昆虫類が生息していて、まさに大自然の宝庫!この写真の記事を見る ≫

世界最大級の野生の王国「クルーガー国立公園」
南アフリカ観光局

南アフリカ・世界最大級の野生の王国『クルーガー国立公園』でビッグファイブ・サファ…by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

南アフリカの大自然の中、国立公園などで動物を探し求めながらドライブをすることを「ゲームドライブ」と言います。ビッグファイブと呼ばれるサイ・ゾウ・ライオン・バッファロー・ヒョウをはじめとした野生動物との出会いは、南アフリカならではの観光ハイライトのひとつ。
ゲームドライブのほかに、レンジャーと一緒に歩きながら楽しむ「ウォーキングサファリ」も。車からでは見つけることのできない動物や植物に出会えますよ!この写真の記事を見る ≫

世界最大級の野生の王国「クルーガー国立公園」
南アフリカ観光局

南アフリカ・世界最大級の野生の王国『クルーガー国立公園』でビッグファイブ・サファ…by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

クルーガー国立公園は、宿泊施設も充実しています。園内には豪華なロッジから素朴なテントやバンガローまで、様々なタイプの宿泊施設がそろっているので、目的に応じて選ぶことが可能。どの宿泊施設も環境に配慮した造りで、自然保護と観光が見事に調和しています。この写真の記事を見る ≫

神話と伝説の舞台!「リンポポ州」で大地のパワーを感じよう

神話と伝説の舞台!「リンポポ州」で大地のパワーを感じよう
南アフリカ観光局

神話と伝説の舞台!南アフリカ最北部の『リンポポ州』で大地のパワーを感じよう!by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

南アフリカ共和国に、「リンポポ州」という州があることはご存知でしょうか?
南アフリカの玄関口であるヨハネスブルグから、リンポポ州の州都「ポロクワネ(Polokwane)」へは、飛行機(直行便)で約1時間20分、車では4時間ほど。リンポポ州は、旅のスケジュールも比較的組みやすい、見どころたっぷりの観光スポットが点在する州なのです!この写真の記事を見る ≫

神話と伝説の舞台!「リンポポ州」で大地のパワーを感じよう
南アフリカ観光局

神話と伝説の舞台!南アフリカ最北部の『リンポポ州』で大地のパワーを感じよう!by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

「マプングブェ」はリンポポ州の州都・ポロクワネから車で約2時間半、ボツワナとジンバブエ国境そばにある丘で、2003年に世界遺産に登録されました。10〜12世紀に南アフリカで繁栄を築いた古代王国の跡地と考えられており、これまでに金で作られたサイの像や器などが発見されています。この写真の記事を見る ≫

神話と伝説の舞台!「リンポポ州」で大地のパワーを感じよう
南アフリカ観光局

神話と伝説の舞台!南アフリカ最北部の『リンポポ州』で大地のパワーを感じよう!by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

童話『星の王子さま』にでてくる“バオバブの木”。太古の昔には、王族や長老たちが巨大なバオバブの下に集まり、重要な事柄を決めたと言われています。
南アフリカではこのリンポポ州で見ることができ、世界一大きなバオバブの木もここに!高さ22m、幹の太さは47m、そして樹齢は6000年とも言われています。さらに驚くことに、バオバブの木の中にバーがあるんです!この写真の記事を見る ≫

雄大な自然と出会える!山岳リゾート「ドラケンスバーグ」

雄大な自然と出会える!山岳リゾート「ドラケンスバーグ」
南アフリカ観光局

雄大な自然と出会える!南アフリカの山岳リゾート「ドラケンスバーグ」by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

アフリカーンス語で“ドラゴンの山”を意味する「ドラケンスバーグ山脈」は、リンポポ州南東部から東ケープ州北西部を結ぶ長大な山の連なりで、その距離は1000km以上にも及びます。なかでもレソト国境と接するクワズールー・ナタール州の西端は、最も高い3000m級の山々が林立。この山岳地帯を取り巻く一帯が「ドラケンスバーグ」です。

登山やハイキング、釣りや乗馬、ゴルフ、ヘリコプター遊覧観光などの様々なアクティビティが体験できる、南アフリカの雄大な自然を体感するには絶好の場所ですよ!この写真の記事を見る ≫

雄大な自然と出会える!山岳リゾート「ドラケンスバーグ」
南アフリカ観光局

雄大な自然と出会える!南アフリカの山岳リゾート「ドラケンスバーグ」by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

「ウカシャンバ・ドラケンスバーグ・パーク」は、ドラケンスバーグ観光の中心となる山岳地帯です。24万haのエリア内に3000m以上の山が10以上連なり、麓からは雄大な山々のパノラマを一望できます。希少動物の生存と世界最大規模の岩絵(ロック・アート)が残されていることから、2000年に世界遺産に登録されました。
岩絵の保存状態がいいのも特徴で、大自然に加え、歴史的にも魅力のある観光エリアです。この写真の記事を見る ≫

雄大な自然と出会える!山岳リゾート「ドラケンスバーグ」
南アフリカ観光局

雄大な自然と出会える!南アフリカの山岳リゾート「ドラケンスバーグ」by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

ドラケンスバーグがあるクワズールー・ナタール州は、ほかにも見どころが満載!
ヨハネスブルグ、ケープタウンに次ぐ南アフリカ第3の都市「ダーバン」は、インド洋に面した港町。温暖な亜熱帯気候に恵まれ、周辺には美しいビーチがたくさんあります。世界遺産「グレーター・セントルシア湿原公園(イシマンガリソ湿地公園)」や、南アフリカ最大の部族・ズールー族が多く住む「ズールーランド」など、併せて訪れてみましょう。この写真の記事を見る ≫

南アフリカの「ワインランド」で美食と絶景を堪能!

南アフリカの「ワインランド」で美食と絶景を堪能!
南アフリカ観光局

南アフリカの「ワインランド」で美食と絶景を楽しもう!by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

ケープタウンの東に位置し、南アフリカで最も優れたワインの生産地として知られる「ワインランド」。世界に名だたるワイン生産地の中でも、特に注目の“美食の地”といわれています。
ブドウ畑が広がる美しい風景の中で、美味しい南アフリカワインと食事が堪能でき、高級リゾートやB&B、アウトドア・アクティビティも充実!ケープタウンから気軽に足を延ばせる、人気のリゾートエリアです。この写真の記事を見る ≫

南アフリカの「ワインランド」で美食と絶景を堪能!
南アフリカ観光局

南アフリカの「ワインランド」で美食と絶景を楽しもう!by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

味に定評のある南アフリカワインの中でも、是非試してほしいのは、南アフリカ独自のブドウ品種「ピノタージュ」から作られるワイン。1925年にステレンボッシュ大学の教授がピノ・ノワールとサンソー(エルミタージュ)を交配し誕生した品種です。
ピノタージュから作られるワインは、深みのあるしっかりとした味わいで、シーンを選ばず気軽に美味しく飲むことができます。この写真の記事を見る ≫

南アフリカの「ワインランド」で美食と絶景を堪能!
南アフリカ観光局

南アフリカの「ワインランド」で美食と絶景を楽しもう!by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

「パール」は、海外に多くのワインを輸出する南アフリカ最大手ワイナリーの一つ「KWV(ケイ・ダブリュー・ヴィ)」の拠点があることで知られる町。
1918年建造の本社ビル「ラ・コンコルド」は街のランドマークになっており、施設が充実したワイナリーを備えています。この写真の記事を見る ≫

世界で最も美しい街の一つ「ケープタウン」

世界で最も美しい街の一つ「ケープタウン」
南アフリカ観光局

世界で最も美しい街の一つ「ケープタウン」で南アフリカの多彩な魅力を体感しよう!by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

南アフリカ発祥の地として“マザーシティ”の愛称を持つ港町「ケープタウン」は、世界で最も美しい街の一つ。ヨハネスブルグに次ぐ南アフリカ第2の大都市で、議会が置かれる立法の首都でもありますが、豊かな自然にも恵まれています。

「テーブルマウンテン」はケープタウンを一望できるビューポイントとして知られ、テーブルのように平らな頂上が印象的な高さ1,086mの山。頂上へは歩いて登ることができ、初心者から上級者向けのトレッキングコースも人気です。この写真の記事を見る ≫

世界で最も美しい街の一つ「ケープタウン」
南アフリカ観光局

世界で最も美しい街の一つ「ケープタウン」で南アフリカの多彩な魅力を体感しよう!by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

ケープタウンの街の中心部には、観光だけでなくショッピングやランチ、ディナーで訪れたいスポットがたくさんあります。
観光名所「ボカープ地区」は、可愛らしい家屋が軒を連ねる絶好の写真撮影スポット。かつてオランダ人によって、マレーシア・インドネシアなどのアジアやアフリカ諸国から労働者として連れて来られた人々(ケープマレー)の多くの子孫が住んでおり、ケープマレー文化の中心地となっています。この写真の記事を見る ≫

世界で最も美しい街の一つ「ケープタウン」
南アフリカ観光局

世界で最も美しい街の一つ「ケープタウン」で南アフリカの多彩な魅力を体感しよう!by 南アフリカ観光局

地図を見る 地図を見る

せっかくケープタウンを訪れたなら、ケープ半島へも足を延ばしてみましょう。
インド洋と大西洋の2つの大海が出会う「喜望峰(Cape of Good Hope)」は、南アフリカを旅行するなら一度はその地に立ってみたい場所!南アフリカを代表する観光地で、アフリカ大陸の最南西端に位置。天気が良い日には、インド洋と大西洋の海の色の違いを見ることもできます。この写真の記事を見る ≫

魅力溢れる南アフリカへ行こう!

美しい大自然が広がり、多彩な楽しみ方を持つ南アフリカの魅力、お分かりいただけましたか?

少し遠いけれど、一生に一度は行ってみたい南アフリカ。南アフリカ観光局では、魅力たっぷりの南アフリカの情報を発信していますので、ぜひチェックしてみてください!
※関連MEMOをご参照ください。

また、LINEでも検索することができます。
◆LINE@:「南アフリカ観光局」、もしくはID @wow-southafricaで検索!

【この記事は 南アフリカ観光局 とのタイアップです】

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ