旅の達人でもやってしまう「旅行失敗談」あるあるランキング

| 旅の専門家がお届けする観光情報

旅の達人でもやってしまう「旅行失敗談」あるあるランキング

旅の達人でもやってしまう「旅行失敗談」あるあるランキング

更新日:2017/04/18 10:23

トラベルjp編集部 伊賀真弓のプロフィール写真 トラベルjp編集部 伊賀真弓 プロデューサー

旅にはトラブルやハプニングはつきものですが、事前に知っておけば防げたような失敗もあるはず。そこで、トラベルjp<たびねす>ではナビゲーター500人にアンケートを行い、旅慣れた人でもやってしまった失敗談を聞いてみました。ナビゲーターからのクチコミを元にランキング形式でご紹介します。

    持って行くのを忘れて後悔したものTop3

    持って行くのを忘れて後悔したものTop3

    提供元:フリー素材ぱくたそ photoつるたま

    https://www.pakutaso.com/

    【1位】カメラ関連グッズ

    カメラや三脚、電池、充電器、フィルム、SDカードなどカメラ関係のものを忘れてしまったり、充電がなくなったりして、一生に一度のシャッターチャンスを活かせなかった……と後悔する人、多数!

    ・波照間島は南十字星が見れることでも有名な星空の島。当然きれいな星空を撮影しようと良いカメラを持って行きましたが、三脚を忘れ、うまく露出ができず悔しい思いをしました。現地では生活必需品しか売っていないので、購入できませんでした。(西野ネリさん)

    【2位】電源・充電グッズ

    コンセントのアダプター、iPhoneの充電ケーブルなど電源や充電に関するグッズを忘れて困ったという声もありました。

    ・コンセント用のアダプターを忘れて困りました。ホテルのフロントで貸してくれるのですが、旅行中ホテルを変わるごとに改めて借りなければならず面倒でした。(たぐちひろみさん)

    【3位】水・飲み物

    自宅から持って行く必要はありませんが、離島などに行く際は現地で調達できないこともあるので、持参しないと大変! 特に暑い時期や子供連れの旅はいつも水分を摂れるよう、持ち歩く必要があります。

    ・宮古島の自動販売機には子ども飲料定番のリンゴジュースや乳酸菌飲料はなかなかなく、「シークワーサー」ばかりなので、関東育ちの我が子には飲めるジュースが少なかった記憶があります。(藤ともみさん)

    事前の下調べを忘れて大失敗したものTop3

    事前の下調べを忘れて大失敗したものTop3

    写真:トラベルjp編集部 伊賀真弓

    【1位】お目当のスポット(美術館やレストランなど)の営業日、営業時間

    旅の失敗談アンケートで一番多かった回答がこちら。見たい絵があって訪れた美術館が臨時休館だった、シーズンオフのため工事中だった、など。「せっかく行ったのにやっていなかった」と後悔しないためには、絶対に行きたいところは事前に営業しているかチェックしておくほうがよさそうです。

    ・海外TV番組で一目惚れしたドイツの小さな村のワイン農家経営のホテルに泊まった時のこと。ホテルが開いていれば併設レストランは当然営業と思っていましたが、行ってみたら日曜日は休み! TVの画像を頼りにやっと探し当てた宿で、楽しみにしていたディナーだったので大ショック。またスペインは2〜3時間ほどの昼休み(シエスタ)を取る文化があり、場所によっては美術館や博物館もクローズ。シエスタで滞在時間内に見ることができなかった美術館もありました。日曜やシエスタは要注意です。(フルリーナYOCさん)

    【2位】移動手段・所要時間

    ・プランを詰め込みすぎてしまい、周り切れなかった、宿に到着するのが遅くなってしまった、ことは多々ありました。(桜小町さん)

    ・パリで夜ムーラン・ルージュへ行こうとしたところ、渋滞がひどく、電車も時間通りに来ず、移動に予想外に時間がかかり、結局たどり着けませんでした。移動手段は明確に確保するか、スケジュールにもっと余裕がないとダメだなとしみじみ思いました。(陽月よつかさん)

    【3位】旅行先の事情

    ところ変われば常識もいろいろ。旅行先の国や地域の事情を調べて行かなかったために失敗したというコメントも多く集まりました。

    ・タイの禁酒日を確認してなかったので、ビールを買えませんでした。(さや あいださん)

    ・中国でGoogleやFacebook、Twitterが使えないことを知らず、Wi-Fiが繋がっていないのかと思いました。Googlemapも使えないので、普段頼っている人は要注意です。(HIRATA ERIKOさん)

    知らずに大恥&顰蹙を買ったものTop3

    知らずに大恥&顰蹙を買ったものTop3

    写真:トラベルjp編集部 伊賀真弓

    【1位】宗教

    宗教の違いで、日本とは全く違う考え方やマナーを持つ国もあります。海外旅行では、現地の宗教や宗教上の習慣を知り、そのやり方を尊重することが必要。宗教上のタブーに触れてしまい、思わぬトラブルにつながることも。海外に行く際は事前に宗教についても調べておきましょう。

    ・宗教のタブーなどを知らず、相手にも不快な思いをさせてしまいました。(さや あいださん)

    【2位】言語

    言葉がわからなかったゆえの失敗談もよく耳にします。笑い話ですむものから、トラブルに発展するものまで。挨拶程度の現地語を覚えたり、翻訳アプリなどを使って、コミュニケーションも楽しみたいものですね。

    ・生クリームたっぷりのケーキに合わせるため、ブラックコーヒーを注文するつもりが、どれが「ブラックコーヒー」に相当するか分からず、一番上のものを注文したら、生クリームたっぷりの「ウィンナコーヒー」が出てきました。(ゐさ よりんさん)

    【3位】チップ

    日本にはチップの習慣がないので、チップの失敗談もよく耳にします。チップを払い忘れてしまったり、多く支払いすぎてしまったり、逆に少ない額を支払って店員さんから文句を言われてしまったり……。また、チップを渡したかったけれど大きいお金しか持ち合わせていなかったという失敗談も。チップのある国では、チップ用に小額のお金をいつも準備しておくと安心ですね。

    ・うっかりチップを出し忘れてしまいました……。(ゐさ よりんさん)

    +αで情報収集しておきたかったことTop3

    +αで情報収集しておきたかったことTop3

    写真:トラベルjp編集部 伊賀真弓

    調べなかったからといって「大失敗!」というほどではないにせよ、ちょっとした情報収集不足が原因で、せっかく行った旅行を100%満足できなかったと後悔が残ることもあるようです。

    【1位】近くの見どころ情報

    旅行で行ったところの近くに、別の行くべきスポットがあったとあとから知るととても悔しい思いがするものですよね。

    ・昨年花見に行ったところの近くに、別の花見名所があったことにあとから気づきました。その名所自体は知っていたのですが、至近距離にあったとは! とても悔しく思っています。(藤田聡さん)

    【2位】おいしいお店の情報

    旅先での食事、これも重要視する人は多いと思います(筆者もです、笑)。せっかくの旅先ですから、一食たりとも気が抜けません!

    ・台北に旅行の際、適当に近くにあるお店に入って食事をしたらあまりおいしくなく、きちんとおいしいお店を調べておけばよかったと思いました。(Yui Imaiさん)

    【3位】お土産情報

    ・現地でどんなお土産を買えばいいか、おすすめのお土産についての事前の情報収集をしておけばよかったと思うことがあります。(阿部美寿穂さん)

    旅の達人からのアドバイス:持って行くと安心なものTop3

    旅の達人からのアドバイス:持って行くと安心なものTop3

    写真:トラベルjp編集部 伊賀真弓

    【1位】米ドル

    海外旅行に行くなら、行き先がどこだとしても持って行くと安心なのが米ドル。空港などで日本円が使えない国はあっても、米ドルが使えるところは多いです。

    ・インチョン空港で別の国に乗り換えをしたのですが、乗り継ぎの時間が数時間もあるのに米ドルを忘れたために飲み物などが買えませんでした。それからは、必ず米ドルは持っていくようにしています。(万葉りえさん)

    【2位】靴・サンダル

    旅行中に靴やサンダルが壊れてしまうと大ピンチ!万が一に備え、予備の靴やサンダルをいくつか持って行くと安心です。

    ・旅行中はとにかくたくさん歩くので、靴を1足だけでなく、いくつか持っていくべきです。特にヨーロッパは石畳も多く、足の筋肉をとても使います。しかし、ディナー時にはおしゃれするので、きれいな靴も必要です。活動的な靴とエレガントな靴、またホテルによってはスリッパのないところもあるので、室内履きの3足は必要だと思います。(橘 凛さん)

    ・離島に長く行くとき、ビーチサンダルの鼻緒が切れて困りました。結局どうにもならず普通のお家にお願いして便所サンダルを売ってもらいました。(かっぴーさん)

    【3位】日本製の質のいいボールペン

    海外旅行先でもボールペンは手に入りますが、日本で使っているようなスラスラと滑らかに書けるものはあまりありません。消えるボールペンなども外国人に喜ばれるので、お土産代わりに多めに持って行くのもおすすめです。

    ・国際線の飛行機に乗るときにボールペンを忘れると、機内で入国カードを書けないので困ります(CAさんや周囲の人に借りられますが)。(HIRATA ERIKOさん)

    番外編:この失敗は自分もやってしまいそう

    番外編:この失敗は自分もやってしまいそう

    写真:トラベルjp編集部 伊賀真弓

    アンケートのコメントをここですべて紹介できないのが残念ですが、ほかにも示唆に富むコメントがたくさん! 後学のために先人の失敗談を頭の片隅に入れておいても損はないかも。

    ・長期旅行中、万が一のためにと靴底に100ドル入れていたのに、靴がボロボロになって買い替えたタイミングでお金ごと捨ててしまいました……。(HIRATA ERIKOさん)

    ・フランスでキレイな絵葉書がたくさん売っていたので書いて出したくなったのですが、友人たちの住所がほとんどわからず、出せませんでした。(陽月よつかさん)

    ・雨が降った場合のことを調べておらず、無駄な時間を過ごすことがあり、そんなときは常に後悔します。(旅人間さん)

    旅の達人の失敗談から学んで、楽しい旅を!

    失敗も楽しめればベスト!でもなるべく失敗したくない方は、ぜひ旅の達人たちの失敗談を参考に、旅行前の準備を綿密に行っていただければと思います。

    アンケート回答のなかには、以下のようなコメントもありました。失敗も含めて旅の思い出になるので、ある意味真理と言えるかもしれませんね!

    ・失敗は一度もない。失敗もすべて旅のアクセント。(かっぴーさん)

    - PR -

    旅行プランをさがそう!

    このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

    条件を指定して検索

    トラベルjp 旅行ガイド

    トップページへ戻る

    トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

    - PR -

    旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
    この記事に関するお問い合わせ