最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

島根・山口でグルメと絶景を味わい尽くす夫婦旅!2泊3日モデルコース

島根・山口でグルメと絶景を味わい尽くす夫婦旅!2泊3日モデルコース

更新日:2020/03/11 10:23

古屋 江美子のプロフィール写真 古屋 江美子 旅行ライター

島根や山口というと、なんとなく首都圏から遠いイメージがあるかもしれませんが、飛行機を使えばわずか1時間40分!

今回は島根県の萩・石見空港を起点に山口県の山口宇部空港までをめぐる、夫婦におすすめの2泊3日モデルコースをご紹介。このエリアは風情溢れる城下町の萩・津和野や絶景の秋吉台など、夫婦で歩きたい見どころがいっぱい。食文化も豊かなので、美食や地酒を堪能しながらの夫婦旅におすすめです。(PR)

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1日目午後:のどかな「萩・石見空港」から旅をスタート!

1日目午後:のどかな「萩・石見空港」から旅をスタート!

写真:古屋 江美子

地図を見る

夫婦で絶景とグルメを楽しむ島根・山口2泊3日の旅。旅の拠点となる萩・石見空港へは東京羽田からわずか1時間40分。ANA便が結んでいます。

おすすめは「羽田10:35発−萩・石見12:15着」の便。同便は2020年3月29日のダイヤ改正で「羽田8:40−萩・石見10:15着」に変更されるので、3月29日以降はもう少し楽しめる時間が増えます。

1日目午後:のどかな「萩・石見空港」から旅をスタート!
提供元:島根県観光連盟

羽田−萩・石見空港便の利用者がもらえる「萩・石見ぶらり手形」と「石見の神楽めしクーポン」もお見逃しなく。温泉の無料入浴券や入場・体験クーポンなどが付いていて、お得に観光を楽しめるクーポン付き手形と、石見のご当地グルメ「石見の神楽めし」が食べられる1000円分のクーポン券のセットです。萩・石見空港の総合案内所で受け取れます。

受け取れる対象となるのは、指定の宿泊予約サイトのダイナミックパッケージや、旅行会社のツアー商品などの利用者です。詳しくは萩・石見空港キャンペーン特設ページをチェックしてくださいね。

手形とクーポンを受け取り、空港でレンタカーを借りたら、さあ出発です!

1日目昼:「荒磯館」で海を見ながら海鮮丼

1日目昼:「荒磯館」で海を見ながら海鮮丼

提供元:荒磯館

http://araisokan.com/

さっそく石見名物の「神楽めし」のランチから旅をはじめましょう。「神楽めし」とは石見地方の約30店舗で展開しているご当地グルメ。地物の新鮮な海鮮がどっさりのった「えびす丼」と、地元産の和牛ステーキが乗った「オロチ丼」、地元の特産品を使った「大黒めし」の3種類があります。

荒磯館でのおすすめは時期やその日の仕入状況によって具材が変わるえびす丼。「石見の神楽めしクーポン」が使えるので、お得に神楽めしを味わいましょう。

1日目昼:「荒磯館」で海を見ながら海鮮丼

提供元:荒磯館

http://araisokan.com/

ちなみに荒磯館は、海岸に建つ一軒宿の温泉旅館。日帰り入浴も可能です。

近くにある唐音水仙公園は、冬季には200万株のスイセンが咲き誇る人気スポットですので、時間があればそちらを訪ねてみるのもおすすめ。

1日目午後:ノスタルジックな小京都「殿町通り」

1日目午後:ノスタルジックな小京都「殿町通り」

写真:古屋 江美子

地図を見る

ランチのあとは、一路「殿町通り」へ。江戸時代に津和野藩の城下町として栄えた津和野は、山陰の小京都といわれる山あいの静かな町です。

なかでも「殿町通り」は藩校養老館跡、多胡家老門など見どころが集まっていて、歴史情緒が香る場所。なまこ壁や掘割に泳ぐ鯉も有名です。そんな通りを夫婦で歩いていると、なんだか昔にタイムスリップした気分になってきます。

1日目午後:ノスタルジックな小京都「殿町通り」

写真:古屋 江美子

地図を見る

途中、殿町通りと本町通りの境にある「三松堂 菓心庵」に立ち寄って、津和野名物の「源氏巻」や同店オリジナルの「笑小巻(えみこまき)」に舌鼓を。店内には椅子もあり、無料のまめ茶で一息つけます。

津和野名物の「源氏巻」は、薄く焼いたカステラ生地でこし餡を包んだ和菓子。「笑小巻」は、源氏巻を一口サイズに切り、季節で変わる焼き印を押した同店のオリジナル。北海道産の小豆を使用した餡は、ほどよい甘さの素朴な味です。

<三松堂 菓心庵の基本情報>
住所:島根県鹿足郡津和野町後田本町197
電話番号:0856-72-3225
営業時間:10:30-17:00、木曜休
アクセス:JR津和野駅より車で約3分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1日目午後:願望成就の神様「太皷谷稲成神社」へ参拝

1日目午後:願望成就の神様「太皷谷稲成神社」へ参拝

写真:古屋 江美子

地図を見る

「太皷谷稲成神社」も津和野を代表するスポットです。日本五大稲荷のひとつで、津和野の平安のために1773年に津和野藩主・亀井矩貞(かめいのりさだ)公によって建立されました。

「稲荷」ではなく「稲成」と書くのは、日本でもここだけ。願望成就の“成”の字からとられており、お願いごとがよく叶うように、という意味が込められています。

1日目午後:願望成就の神様「太皷谷稲成神社」へ参拝

写真:古屋 江美子

地図を見る

駐車場は境内近くにありますが、高台の下から続く表参道には、約1000本の鳥居がトンネルのように並んでいて壮観です。ちなみに鳥居はお礼のために建てられたのが8割、祈願のために建てられたのが2割とのこと。

お供えの「油揚げ・ローソク」を受けて、夫婦で家内安全を願うのもいいですね。高台にあるので、境内からは津和野の美しい町並みが眺められます。

<太皷谷稲成神社の基本情報>
住所:島根県鹿足郡津和野町後田409
電話番号:0856-72-0219
アクセス:JR津和野駅から車で約7分

1日目午後:江戸時代の風情が薫る「萩城下町」を散歩

1日目午後:江戸時代の風情が薫る「萩城下町」を散歩

写真:古屋 江美子

地図を見る

津和野のあとは「萩城下町」へ向かいましょう。津和野とセットで紹介されることが多い萩ですが、また違う趣があります。萩に到着したら、まずは宿に車を停めて、徒歩で城下町散策へでかけましょう。

萩城下町には、菊屋横町・伊勢屋横町・江戸屋横町という3つの風情ある細い通りがあり、美しいなまこ壁が残る菊屋横町は「日本の道百選」にも選ばれています。

1日目午後:江戸時代の風情が薫る「萩城下町」を散歩

写真:古屋 江美子

地図を見る

そんな菊屋横町にある「プチ・カフェ さくら木」は、萩特産の夏みかんを使った多彩なスイーツやドリンクが味わえるお店です。

迷ったら、ゼリーとソフトクリームを一度に味わえる「夏みかんゼリー」がおすすめ。甘酸っぱい夏みかんゼリーと甘くて爽やかな夏みかんソフトクリームは相性抜群。夫婦で別のメニューを頼んで、それぞれ味見してみてもいいですね。

<プチ・カフェ さくら木の基本情報>
住所:山口県萩市南古萩町20-2
電話番号:0838-25-4522
営業時間:9:00〜18:00頃、不定休
アクセス:JR東萩駅から車で約10分

1日目午後:江戸時代の風情が薫る「萩城下町」を散歩

写真:古屋 江美子

地図を見る

城下町として栄えた萩は酒蔵も多く、田町商店街アーケード内にある「岩崎酒造」もそのひとつ。萩産の酒米を使い、社長自らが酒造りをする蔵元杜氏のスタイルです。

代表ブランド「長陽福娘」は、やさしい口当たりで飲み飽きないと地元のファンも多数。気になるものがあれば試飲もできます。自宅用のお土産にすれば、後日、旅の思い出話を肴に夫婦で飲む楽しみも生まれますね。

<岩崎酒造の基本情報>
住所:山口県萩市東田町58
電話番号:0838-22-0024
営業時間:9:00〜18:00
アクセス:JR東萩駅から車で約5分

1日目夜:海が目の前!「リゾートホテル美萩」で美食と温泉三昧

1日目夜:海が目の前!「リゾートホテル美萩」で美食と温泉三昧

提供元:リゾートホテル美萩

http://resorthotel-mihagi.com/地図を見る

今夜の宿は、城下町へも徒歩圏内の「リゾートホテル美萩」。同ホテルは夕日もとても美しい菊ヶ浜沿いに建ち、眺望抜群。海側の部屋なら海を眺めて波の音を聞きながら、のんびりした時間を過ごせます。

1日目夜:海が目の前!「リゾートホテル美萩」で美食と温泉三昧

写真:古屋 江美子

地図を見る

夕食には白身魚のトロといわれるのどぐろ、萩ブランドの見蘭牛やむつみ豚など地元の幸がズラリと並びます(内容は季節やプランによって変わります)。「長陽福娘」や「東洋美人」などの地酒と合わせて楽しみましょう。

1日目夜:海が目の前!「リゾートホテル美萩」で美食と温泉三昧

提供元:リゾートホテル美萩

http://resorthotel-mihagi.com/地図を見る

地下1500メートルから湧き出ている自家源泉の温泉も自慢。泉質はカルシウム・ナトリウム塩化物泉で、保温効果や皮膚病、貧血などさまざまな適応症があります。

展望抜群の露天風呂は朝と夜で男女入替制。趣の違う和と洋のデザインなので、ぜひ両方楽しんでみてくださいね。

<リゾートホテル美萩の基本情報>
住所:山口県萩市堀内485
電話番号:0838-21-7121
アクセス:JR東萩駅から車で約5分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

2日目午前:幕末の歴史が丸わかり!「萩・明倫学舎」

2日目午前:幕末の歴史が丸わかり!「萩・明倫学舎」

写真:古屋 江美子

地図を見る

2日目は2017年オープンの観光施設「萩・明倫学舎」から。国の登録有形文化財でもある木造2階建ての建物は、2014年3月まで旧明倫小学校校舎として実際に使われていたもの。この場所は、高杉晋作や木戸孝允などの志士を輩出した萩藩校の跡地でもあります。

2日目午前:幕末の歴史が丸わかり!「萩・明倫学舎」

写真:古屋 江美子

地図を見る

本館には、かつての「復元教室」も。この教室は、NHKドラマ『はじまりの歌』(2013年)のロケ地にも使われました。

2号館には、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」を紹介する「世界遺産ビジターセンター」や江戸時代の歴史や科学技術史にまつわる「幕末ミュージアム」があり、歴史ファンにはたまりません。2号館は有料ですが、「萩・石見ぶらり手形」があれば、入館料が無料になります。

<萩・明倫学舎の基本情報>
住所:山口県萩市江向602
電話番号:0838- 21-0304
営業時間:9:00〜17:00
アクセス:JR東萩駅から車で約6分

2日目午前:世界が注目する美しい名所「元乃隅神社」

2日目午前:世界が注目する美しい名所「元乃隅神社」

写真:古屋 江美子

地図を見る

アメリカのCNNによって“日本の最も美しい場所31選”に選ばれた「元乃隅神社」。日本海の美しい青と123本の鳥居の赤のコントラストはまさに絶景。白狐のお告げにより、1955年に創建された神社です。

鳥居の先の海では、波が岩の穴に入り海水を噴出させる迫力のある噴潮現象「竜宮の潮吹」が見られるので、ぜひ鳥居を降りて海にも近づいてみましょう。

2日目午前:世界が注目する美しい名所「元乃隅神社」

写真:古屋 江美子

地図を見る

神社では、鳥居をくぐる前に、上を見上げるのもお忘れなく。なんと賽銭箱が大鳥居の上部に設置されているんです。高さは6メートルもあり、「日本一入れにくい賽銭箱」ともいわれています。賽銭が入ると願いが叶うといわれているので、夫婦で挑戦してみては。

<元乃隅神社の基本情報>
住所:山口県長門市油谷津黄498
営業時間:5:30〜17:30 ※夜間の立入・撮影は禁止
アクセス:JR長門古市駅から車で約20分

番外編:日本海と棚田の幻想的な絶景「東後畑の棚田」

番外編:日本海と棚田の幻想的な絶景「東後畑の棚田」

美しい棚田を見に行こう!「日本の棚田百選」長門市油谷・東後畑

地図を見る

元乃隅神社から近い「東後畑の棚田」も時間があればぜひ。海岸近くまで棚田が迫り、日本海とのコントラストが絶景。「日本の棚田百選」にも選ばれている人気の撮影スポットです。

5〜6月の田植え時期には、水を張った田んぼが夕日に照らされ美しく輝きます。5月下旬〜8月上旬の日暮れ後は、イカ釣り漁船の漁火が輝く風景も楽しめます。

<東後畑の棚田の基本情報>
住所:山口県長門市油谷東後畑
アクセス:JR人丸駅から車で約15分 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

2日目昼:地魚豊富な「汐風」のお得ランチに舌鼓

2日目昼:地魚豊富な「汐風」のお得ランチに舌鼓
提供元:汐風地図を見る

ランチは元乃隅神社のすぐ横にある食堂「汐風」で。すぐ下が漁港なので、地魚を使ったランチ「海鮮ミニ会席」がお得です。

お刺身からフライ、南蛮漬けなど魚料理は多彩。使われる魚はブリ、サワラ、タイ、ヒラメ、イカなど。季節や漁の状況によって変わります。毎日20〜30食限定なのでお早目に!

2日目昼:地魚豊富な「汐風」のお得ランチに舌鼓

写真:古屋 江美子

地図を見る

店の横の売店で販売している名物の「大いなり寿司」もおすすめ。甘味がありやわらかなイカを使った「イカ大いなり寿司」と、適度な歯ごたえと濃厚な旨みがある長州どりを使った「とり大いなり寿司」の2種類があります。にぎりこぶし大で具がたっぷり。豚汁と合わせれば軽めのランチにも。

<汐風の基本情報>
住所:山口県長門市油谷津黄17-3
電話番号:0837-32-2003
営業時間:11:30〜14:00(夜・予約制)、月曜休
アクセス:JR長門古市駅から車で約20分

2日目午後:心が洗われる清らかさ「別府弁天池」

2日目午後:心が洗われる清らかさ「別府弁天池」

写真:古屋 江美子

地図を見る

午後は自然美を満喫しましょう。まずは別府厳島神社の境内にある美しい池「別府弁天池」へ。毎分11トンという豊富な水が池の底から湧き出しています。

エメラルドグリーンの色をしているのは、溶けているミネラルの影響と考えられていますが、くわしいことはよくわかっていません。見ているだけで心が洗われるようです。

2日目午後:心が洗われる清らかさ「別府弁天池」

写真:古屋 江美子

地図を見る

湧水は飲料水や灌漑用水、養鱒場などに使われています。すぐ隣に「美祢市養鱒場」があるのでカーナビはこちらにセットするとよいでしょう。

駐車場近くには、水汲み場もあります。この水を飲むと長寿に効果があり、さらに財宝を授かるとの言い伝えあるので、浄財をおさめて、夫婦でいただいてみてはいかがでしょう。 空きのペットボトルなどを利用すれば汲んで持ち帰れます。

<別府弁天池の基本情報>
住所:山口県美祢市秋芳町別府水上
アクセス:中国自動車道美祢ICから車で約25分

2日目午後:手軽なトレッキングで「秋吉台」の自然満喫

2日目午後:手軽なトレッキングで「秋吉台」の自然満喫
高野 祥

山口県秋吉台のカフェ「カルスター」は日本最大カルストが望める!by 高野 祥

日本最大級のカルスト台地「秋吉台」。大昔のサンゴの化石などからできた石灰岩が長年の雨水で侵食された地形です。羊の群のような石灰岩柱とくぼみが織りなす景観は、まるで違う惑星のよう!

季節によって景観がガラリと変わり、春から夏にかけては爽やかな緑色の台地が広がります。トレッキングコースもたくさんあるので、時間が許せば、ぜひこの不思議な地形を歩いて体感することをおすすめします。一番手軽なのは、カルスト展望台から若竹山への片道約10分のコースです。 この写真の記事を見る ≫

2日目午後:手軽なトレッキングで「秋吉台」の自然満喫

写真:古屋 江美子

地図を見る

コーヒースタンド併設の観光案内所「Karstar(カルスター)」では、秋芳町の名産である梨を使った「秋芳の梨ソフトクリーム」や「秋芳の梨カステラ」も味わえます。甘酸っぱい梨の風味がたまりません。秋吉台のトレッキングコースのマップもここでもらえます。

<秋吉台(カルスター)の基本情報>
住所:山口県美祢市秋芳町秋吉11237-862
電話番号:0837-63-0040
アクセス:中国自動車道美祢東JCT経由小郡萩道路秋吉台ICから車で約10分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

番外編:「秋芳洞」は自然が作り上げた造形美

番外編:「秋芳洞」は自然が作り上げた造形美

写真:古屋 江美子

地図を見る

「秋芳洞」も自然のパワーを感じられる場所。東洋屈指の規模を誇る鍾乳洞ですので、時間があればぜひ訪れたいスポットです。

長さが11km以上あり、そのうち約1kmが観光コースになっています。洞窟内は1年中17度に保たれているので、冬は暖かく、夏は涼しく歩けます。

番外編:「秋芳洞」は自然が作り上げた造形美

写真:古屋 江美子

棚田のような「百枚皿」やぶらさがった傘のように見える「傘づくし」など、ユニークな形状の岩が続き、見飽きることがありません。自然の力にはただただ驚かされるばかりです。

<秋芳洞の基本情報>
住所:山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
電話番号:0837-62-0115(秋吉台観光交流センター総合案内所)
営業時間:3〜11月は8:30〜17:30(閉洞18:30)、12〜2月は8:30〜16:30(閉洞17:30) ※黒谷入口・エレベーター入口からの入洞は16:30まで
アクセス:中国自動車道美祢東JCT経由小郡萩道路秋吉台ICから車で約5分

2日目夜:山口名物ふぐを食す「浜ふく」至福ディナー

2日目夜:山口名物ふぐを食す「浜ふく」至福ディナー

写真:古屋 江美子

地図を見る

山口に来たからには名物のふぐを食べておきたいですよね。2日目の夜は新山口駅から徒歩5分の「浜ふく」へ。ここは地物の魚と野菜にこだわった料理店。駅近ながら落ち着いた雰囲気で、カウンター席に座れば店主との話も弾みます。

2日目夜:山口名物ふぐを食す「浜ふく」至福ディナー

写真:古屋 江美子

地図を見る

2日寝かした「とらふぐ刺」(予約制)は、もちっと弾力があり、上品ながらしっかりした旨みに感激。山口名産のふぐにもいろいろな種類がありますが、この店で出すのは、“ふぐの王様”といわれる、とらふぐのみ。

ほかにも30種類以上のメニューがあり、それらがすべて日替わりです。地元の日本酒も10種類前後あり、1合より少ないグラスでも提供してくれるので、夫婦でいろいろな地酒を飲み比べられます。

この日は山口市内のホテルに宿泊。市内にはたくさんのホテルがあるので、お好みに合わせて宿を選びましょう。

<浜ふくの基本情報>
住所:山口県山口市小郡大江町1-9
電話番号:083-973-2929
営業時間:17:30〜23:00、日曜休
アクセス:JR新山口駅から徒歩約5分

3日目午前:「瑠璃光寺」の優美な国宝五重塔に惚れ惚れ

3日目午前:「瑠璃光寺」の優美な国宝五重塔に惚れ惚れ

写真:古屋 江美子

地図を見る

最終日の午前中は寺社仏閣めぐり。まずは「国宝瑠璃光寺五重塔」へ。高さ31.2メートルの檜皮葺(ひわだぶき)のなめらかな屋根が優美な印象です。

全国で現存する五重塔の中で10番目に古く、法隆寺(奈良)と醍醐寺(京都)の塔と並び、日本三名塔に数えられています。応永の乱で亡くなった25代大内義弘氏を弔うために1442年に建立されました。

3日目午前:「瑠璃光寺」の優美な国宝五重塔に惚れ惚れ

写真:古屋 江美子

地図を見る

「瑠璃光寺」の境内は香山公園と呼ばれ、梅や桜の名所でもあり、季節になると五重塔との見事なコラボレーションを魅せます。

<瑠璃光寺の基本情報>
住所:山口県山口市香山町7-1
電話番号:083-922-2409
アクセス:JR山口駅から車で約10分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

3日目午前:お守りの数が800種類以上!「琴崎八幡宮」

3日目午前:お守りの数が800種類以上!「琴崎八幡宮」

写真:古屋 江美子

地図を見る

続いては「琴崎八幡宮」へ。宇部の守り神として親しまれている859年創建の歴史ある神社です。

本殿横には、雨が降ると複数のハート模様が現れる不思議な木(夫婦小賀玉)があり、夫婦円満にもご利益があるといわれています。夫婦ならそれぞれ左右から周りはじめ、出会ったところで誓いを立てると永遠の愛が約束されるそうですよ。ぜひ試してみてくださいね。

3日目午前:お守りの数が800種類以上!「琴崎八幡宮」

写真:古屋 江美子

地図を見る

実はここ、800種類以上のお守りがあることでも有名。一例をあげると、仕事守、消防士安全守、登山安全守、厄除け、スポーツ上達、ペット用……などなど。健康を祈願するお守りも、病気平癒、足腰健康、目/耳の病用など細分化されているので、ピンポイントでほしいお守りがきっと見つかります。

<琴崎八幡宮の基本情報>
住所:山口県宇部市大字上宇部大小路571
電話番号:0836-21-0008
アクセス:山陽自動車道宇部ICから車で約3分

3日目昼:「お食事処ばんちゃ屋」で味わう名物の瓦そば

3日目昼:「お食事処ばんちゃ屋」で味わう名物の瓦そば

写真:古屋 江美子

地図を見る

ランチは地元の人気食堂「お食事処ばんちゃ屋 宇部店」で。定食・丼・お好み焼きなどメニューは、どれも早い・安い・美味しい・ボリューム満点・メニュー豊富と5拍子そろっていて、地元の人に大人気。

ここで食べたいのが山口のソウルフード「瓦そば」。瓦そばとは、茶そばを焼いてパリパリにし、温かい醤油ベースのだし汁につけて食べる郷土料理で、上には錦糸卵や牛肉がたっぷり。瓦の上にのって提供されるので見た目のインパクトも大! もともとは武士が野戦のあいだに、瓦で肉や野菜を焼いたのが起源といわれています。

<お食事処ばんちゃ屋 宇部店の基本情報>
住所:山口県宇部市中村3-8-28
電話番号:0836-22-5193
営業時間:11:00〜21:00、火曜休
アクセス:JR琴芝駅から車で約5分

3日目午後:アート・植物・動物に癒やされる「ときわ公園」

3日目午後:アート・植物・動物に癒やされる「ときわ公園」

写真:古屋 江美子

地図を見る

食事の後のひとときは、山口宇部空港からもほど近い、湖畔に広がる「ときわ公園」でのんびりした時間を。

まずは西駐車場に車を停め、「UBEビエンナーレ彫刻の丘」へ。ここには2年に一度開催される「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」の作品が飾られています。UBEビエンナーレはなんと1961年に始まった日本初の大規模な野外彫刻展なんですよ。作品は自由に見て触れられるので、ぜひアートを楽しんでみてください。

3日目午後:アート・植物・動物に癒やされる「ときわ公園」

写真:古屋 江美子

地図を見る

UBEビエンナーレ彫刻の丘のすぐ横には、プラントハンター西畠清順さんが監修した「ときわミュージアム世界を旅する植物館」があります。原産地の植生を意識した8つのゾーンに世界の珍しい植物や花、果実が展示され、デート気分で歩くのにぴったり。

動物好きには「ときわ動物園」もおすすめ。野生動物の生息地の環境を再現し、動物の生態をそのまま見せる“生息環境展示”という先駆的な取り組みが話題。シロテテナガザルなどが自由に木々を飛び回る姿はなんともかわいく癒やされますよ。

<ときわ公園の基本情報>
住所:山口県宇部市則貞3丁目4-1
電話番号:0836-54-0551
営業時間:9:30〜17:00、火曜休(祝日の場合は翌日)
アクセス:山口宇部道路宇部南ICから車で約5分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

心とお腹が満たされる、島根・山口のゆるり夫婦旅

東京から遠い印象のある島根や山口も、飛行機を使えばあっという間。とくに萩・石見空港からスタートするドライブは、車窓から見える自然豊かな風景に心が癒やされ、移動中も心地よく夫婦の時間を楽しめます。

今回ご紹介した萩・石見空港から山口宇部空港までのコースは、絶景から歴史ある寺社仏閣まで見どころがいっぱい。さらにグルメや地酒も充実していて心もお腹も満たされます。次の休みに夫婦で出かけてみませんか。

【この記事は 島根県観光連盟 とのタイアップです】

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -