ラトビアのおすすめ観光スポット10選 美しい街並みに豊かな自然も!

ラトビアのおすすめ観光スポット10選 美しい街並みに豊かな自然も!

更新日:2020/03/30 12:58

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ ヨーロッパ女子ひとり旅専門家、アートライター

ロシアに隣接したバルト三国のうちのひとつ、ラトビア。かつては旧ソ連の構成国のひとつでもありました。首都リガの旧市街は世界遺産にも登録された美しい街並みで有名。ハンザ同盟に加盟していた頃の面影を残すメルヘンな街並みが残ります。また、リガから少し離れれば豊かな自然が広がります。

独特な歴史をたどったラトビアの国で、LINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材したおすすめスポットをご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1.聖ペテロ教会/リガ

1.聖ペテロ教会/リガ
高田 真美

メルヘンな街並みが素敵!バルト海の真珠・ラトビアの首都「リガ」by 高田 真美

地図を見る

首都リガにある「聖ペテロ教会」は、かつて旧ソ連の支配下にあった頃も破壊をまぬがれた貴重な建築物です。旧市街でも最も目を惹く建物のひとつです。空高くそびえ立つ123mの尖塔は、リガ旧市街のランドマークとなっています。

起源は13世紀初頭までさかのぼります。当初は木造で建てられていましたが、第二次世界大戦での焼失を経て、現在は石造りに。

<基本情報>
住所:Reformacijas laukums 1, Riga, LV-1050
電話番号:+371-67181430
アクセス:リガ中央駅から徒歩14分 この写真の記事を見る ≫

2.ブラックヘッドの館/リガ

2.ブラックヘッドの館/リガ
高田 真美

メルヘンな街並みが素敵!バルト海の真珠・ラトビアの首都「リガ」by 高田 真美

地図を見る

「ブラックヘッドの館」もリガ旧市街のランドマークのひとつ。独身の貿易商人が集まる集会場として、1334年に建てられました。聖ペテロ教会と同様に第二次世界大戦中に破壊されてしまいましたが、1999年に再建されました。オレンジ色の壁とファザードが見惚れるような美しさです。

<基本情報>
住所:Ratslaukums 7, Centra rajons, Riga, LV-1050
電話番号:+371-67-043-678
アクセス:リガ中央駅から徒歩15分 この写真の記事を見る ≫

3.三兄弟/リガ

3.三兄弟/リガ

バルト三国最古にして最大の街ラトヴィア”リガ”歴史地区の行くべきポイント

地図を見る

リガ旧市街のマザーピルス通りに並ぶ、3つの建物は「三兄弟」と呼ばれています。建てられた当時の、15〜17世紀にかけての建築様式の移り変わりをそのまま残しています。装飾はひかえめですが、パステルカラーと枠から切り取ったような外観がかわいらしく撮影スポットの定番です。内部も見学可能です。

<基本情報>
住所:Maza Pils iela 17, Centra rajons, Riga, LV-1050
アクセス:リガ中央駅から徒歩18分 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

4.自由の記念碑/リガ

4.自由の記念碑/リガ
高田 真美

メルヘンな街並みが素敵!バルト海の真珠・ラトビアの首都「リガ」by 高田 真美

地図を見る

ラトビアは長い間、周辺の国に翻弄される歴史を歩みました。ラトビアが初めて独立を果たしたのが1918年。「自由の記念碑」は独立戦争の際の戦死者を追悼するために、1935年に建設されました。しかしその後まもなく旧ソ連に併合され、ふたたび独立を果たしたのは1991年のこと。

現在もラトビアの自由・独立・主権のシンボルとして大切にされており、集会や式典が行われることも多い場所です。

<基本情報>
住所:Central District, Riga, LV-1050
アクセス:リガ中央駅から徒歩11分 この写真の記事を見る ≫

5.リガ中央市場/リガ

5.リガ中央市場/リガ
高田 真美

メルヘンな街並みが素敵!バルト海の真珠・ラトビアの首都「リガ」by 高田 真美

地図を見る

「リガ中央市場」は1930年オープンの歴史ある市場。リガ市民の胃袋を支えつづけています。屋外にも屋台が並び、いつも多くの人で賑わっています。建物はかつてドイツの飛行船の格納庫用に建てられたため、天井が高く広々としています。肉や魚、野菜など幅広く食材を扱うほか、雑貨や衣料品など、生活に必要なものはたいていそろっています。

<基本情報>
住所: Negu lela 7, Latgales priekspilseta, Riga, LV-1050
電話番号: +371-67-229-985
アクセス:リガ中央駅から徒歩8分 この写真の記事を見る ≫

6.リガ大聖堂/リガ

6.リガ大聖堂/リガ

バルト三国最古にして最大の街ラトヴィア”リガ”歴史地区の行くべきポイント

地図を見る

「リガ大聖堂」は現存するバルト三国最古の建築物のひとつです。現在の建物は18世紀後半のもの。ロマネスク様式やバロック様式など、複数の建築様式が混在しています。バルト三国で建てられた中世の大聖堂の中では最大規模の建物です。

大聖堂内はシンプルなデザインですが、設置された1884年当時は世界最大だったドイツ製パイプオルガンが目を惹きます。修道院の中庭と回廊も美しく、見逃せません。

<基本情報>
住所:Herdera laukums 6, Centra rajons, Rīga, LV-1050
電話番号:+371-67-227-573
アクセス:リガ中央駅から徒歩18分 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

7.スウェーデン門/リガ

7.スウェーデン門/リガ

女子旅にも!バルトの可愛い国ラトヴィア・リガの魅力

地図を見る

かつてリガはスウェーデン王国最大の都市でした。旧市街の北側にある「スウェーデン門」はその時代の名残りともいえる場所です。街に唯一残る城門で、かつて壁外にスウェーデン軍の兵舎があり、スウェーデン兵たちが利用していました。

あるスウェーデン兵と地元の娘の恋の物語が残されている場所でもあり、現在では、門をくぐると幸せになると噂され、カップルが立ち寄る名所に。

<基本情報>
住所:Atgriezu iela, Riga, LV-1050
アクセス:リガ中央駅から徒歩17分 この写真の記事を見る ≫

8.トゥライダ城/スィグルダ

8.トゥライダ城/スィグルダ
藤 華酉

愛憎に満ちた「神の庭」ラトビア・スィグルダの歴史探索by 藤 華酉

地図を見る

リガからバスで約1時間。スィグルダは国立公園の一部に含まれる渓谷に位置する、緑と坂の多い町です。11世紀に街が築かれ、ドイツやスウェーデンなどの国に侵略を受けながら今に至ります。

のどかな大自然に囲まれた「トゥライダ城」は赤レンガの美しいゴシック様式の城です。城からは美しい自然を眺められます。

<基本情報>
住所:Turaidas iela 10, Sigulda, Siguldas pilsēta, LV-2150
電話番号:+371-67-971-402
アクセス:スィグルダ駅からバスと徒歩で20分 この写真の記事を見る ≫

9.スィグルダ城址/スィグルダ

9.スィグルダ城址/スィグルダ
藤 華酉

愛憎に満ちた「神の庭」ラトビア・スィグルダの歴史探索by 藤 華酉

地図を見る

「スィグルダ城址」は帯剣騎士団の夢の址。現在は廃城となっており、この地域での争いの激しさを実感できます。

城自体は、ラトビア・ドイツ系の人々で構成されていた、帯剣騎士団によって建築されました。ほぼ外壁しか残っていないものの、かつての堅牢さを伺い知る事が出来ます。

<基本情報>
住所:Pils iela 18, Sigulda, Siguldas pilseta, LV-2150
電話番号:+371-67-971-335
アクセス:スィグルダ駅から徒歩20分 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

10.グートゥマニャ洞穴/スィグルダ

10.グートゥマニャ洞穴/スィグルダ
藤 華酉

愛憎に満ちた「神の庭」ラトビア・スィグルダの歴史探索by 藤 華酉

地図を見る

「グートゥマニャ洞穴」は、スィグルダガウヤ川沿いにぽっかりと空く深さ14mの洞穴です。はるか昔からこの地にある洞窟で、なんと500年も前の落書きが残されています。多くの国では落書きは犯罪行為ですが、この場所となると些か荘厳な気持ちになるのではないでしょうか。

<基本情報>
住所:Turaidas iela 4, Sigulda, Siguldas pilsēta
アクセス:スィグルダ駅からバスと徒歩で25分 この写真の記事を見る ≫

ラトビアのおすすめ観光スポットはこれでキマリ!

日本でいう九州の約1.7倍の面積に、見どころがつまった国ラトビア。ほかのバルト三国の国とは異なる文化や景色があります。観光のメインはやはり首都のリガに集中しているものの、リガから日帰りできるスィグルダもミステリアスな魅力のある場所です。1日だけ、とは言わず時間をとってじっくりと観光してみてくださいね。

2020年3月現在の情報です。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -