オセアニア旅行のおすすめプランは?費用やベストシーズン、安い時期、スポット情報などを解説!

オセアニア旅行のおすすめプランは?費用やベストシーズン、安い時期、スポット情報などを解説!

更新日:2020/05/15 09:19

都築 空のプロフィール写真 都築 空 トラベルホリック、ときめき写真撮り

オセアニアは豊かな自然が残り、美しい海や緑溢れる絶景が楽しめる地域。一度は行ってみたいけど、日本からは具体的にどのように行けばいいの?

ここではオセアニア旅行を検討している人に旅の予算やベストシーズン、ツアーが安くなる時期などを解説していきます。オセアニアでぜひ訪れてほしい、おすすめの観光スポットもご紹介!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1.オセアニアってどんなところ?

1.オセアニアってどんなところ?
津郷 佳子

世界遺産のサンゴ礁×絶景の海!イルデパン島「カヌメラビーチ」by 津郷 佳子

■オセアニアの魅力や見どころ
オセアニアとは太平洋上の国々のことを指します。日本では見ることのできない生物や、豊かな自然に触れることができます。

コアラやカンガルーなどの動物たちや世界最大の珊瑚地帯であるグレートバリアリーフが楽しめる「オーストラリア」。美しい港町のオークランドや豊かな自然の広がる「ニュージーランド」。美しい白砂と青い海が魅力の人気のビーチリゾート「フィジー」や、“天国に一番近い島”と言われる美しいビーチが広がる「ニューカレドニア」などの見どころがあります。 この写真の記事を見る ≫

1.オセアニアってどんなところ?
坂元 美鈴

ケアンズ発!熱帯雨林まるごと体感1日ツアー!by 坂元 美鈴

地図を見る

■オセアニアのシーズン情報
オーストラリアやニュージーランドは、南半球にあるため日本とは季節が逆。地域によっても気候が異なり、ケアンズはオーストラリアにありますが、気候は東南アジアに近く、雨季と乾季に分かれています。ビーチを楽しむのであれば、4〜5月上旬ごろがベストシーズンと言えるでしょう。

オセアニア・ミクロネシアの島々は、雨季と乾季に分かれており、シーズンによって海の透明度が異なります。また、泳ぐには少し肌寒い季節もあるので、旅行の目的によってどのシーズンが良いかを確認すると良いでしょう。 この写真の記事を見る ≫

1.オセアニアってどんなところ?
高野 祥

サクッと!ゴールドコースト王道観光1泊2日モデルコースby 高野 祥

■オセアニアの予算相場
オセアニアを訪れるツアーには航空券とホテルがセットになったフリープランと、添乗員や現地係員付きのツアーの2種類があります。料金の面でお得なのはフリープラン。時期によっても異なりますが、例えばオーストラリア4〜5日間のフリープランの場合、70,000円〜250,000円ほど。

またニューカレドニアは現地係員付きのツアーで、4日間60,000円〜110,000円ほどです。
※2020年5月現在

年末年始やゴールデンウィーク、お盆の繁忙期には旅行代金が大幅に上がります。旅行日程に融通が効く人は、予算面から日程を決めるのがおすすめですよ! この写真の記事を見る ≫

2.オセアニア旅行は何泊がおすすめ?

2.オセアニア旅行は何泊がおすすめ?
川越 コウ

シドニーから2時間!世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園満喫ツアーby 川越 コウ

【6日間】オーストラリア周遊コース
1日目の夜に日本を出発し、2日目の朝現地に到着。ブリスベンとゴールドコーストを観光します。3日目にスプリングブルック国立公園を訪れ、夜はオプショナルプランの土ボタル洞窟ツアーにでかけます。

4日目の午前中にシドニーへ移動し、市内観光を楽しみます。5日目はブルーマウンテンズ国立公園で雄大な自然を満喫。夜現地を出発し、6日目の朝日本に到着します。 この写真の記事を見る ≫

2.オセアニア旅行は何泊がおすすめ?
makana airi

紙でできてる!?NZクライストチャーチの「カードボード」がすごい!by makana airi

【6日間】ニュージーランド周遊コース
1日目の夕方に日本を出発し、2日目にオークランドを経由し、お昼頃クライストチャーチに到着します。3日目はクライストチャーチ市内を観光。

4日目にニュージーランド最大の都市オークランドへ。シンボルである328mのスカイ・タワーを見学します。5日目はケリータールトンズ水族館や動物園を楽しみます。6日目の朝現地を出発し、夕方に日本に帰国。 この写真の記事を見る ≫

2.オセアニア旅行は何泊がおすすめ?
堀江 廣喜

サンゴ礁に囲まれたフィジーの離島ホテル「マナ アイランド・リゾート&スパ」by 堀江 廣喜

【8日間】フィジー満喫コース
1日目の夜に日本を出発し、2日目の朝現地に到着します。そしてナンディ市内を観光。3日目は美容効果のあるナンディの泥温泉やフィジーの自然を活かした植物園を観光します。

4日目はマナ島へ移動。5日目はホテルやビーチでのんびりと過ごし、夜はメケショーを鑑賞。6日目はコーラルコーストに移動します。7日目はコーラルコーストでゆっくりとした時間を過ごし、8日目に日本へ帰国。 この写真の記事を見る ≫

3.格安でオセアニア旅行するコツは?

3.格安でオセアニア旅行するコツは?
渡辺 裕希子

3歳以上の子連れに!家族旅行にフィジーを激推ししたい3つの理由by 渡辺 裕希子

■航空券+宿泊施設がセットになったフリープランがお得
なるべく旅行代金を抑えたい人におすすめなのは、往復の航空券と宿泊がセットになったフリープラン(パッケージツアー)です。

現地での移動や食事が含まれていないため、自分で手配をする必要があります。また、現地の人とのコミュニケーションも必要となるため、多少の英語力が必要。 この写真の記事を見る ≫

3.格安でオセアニア旅行するコツは?
SAORI GRAPH

オーストラリアの動物と触れ合える!クリーランドワイルドライフパークby SAORI GRAPH

■WEBでお得なプランが急遽登場することも
年末年始やゴールデンウィーク、お盆は繁忙期のため、ツアー料金が上がる傾向にあります。1月中旬〜3月や5月下旬〜6月、9月〜11月ごろは比較的ツアー料金がお得に設定されています。インターネットでツアーを探すと、突然お得な価格の商品が出るようなこともあるので、これらの時期を中心にツアーを探してみてください。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

4.オーストラリアのおすすめ観光スポット

4.オーストラリアのおすすめ観光スポット
吉川 なお

サンゴ礁と熱帯雨林、ケアンズで2つの世界自然遺産を満喫しよう!by 吉川 なお

■ケアンズ
オーストラリア大陸の北東岸にある「ケアンズ」。温暖な気候で、オーストラリアの他の都市よりもさらに自然が身近にあります。世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフと、世界最古の熱帯雨林ウエットトロビックスという2つの世界自然遺産が楽しめます。

グレートバリアリーフを訪れるのであれば船に乗る必要があるなど、アクセスが少し不便。観光付きのパッケージツアーを利用すれば効率よく見どころを巡ることができますよ。 この写真の記事を見る ≫

4.オーストラリアのおすすめ観光スポット
都築 空

ゴールドコーストの絶景を大パノラマで!「スカイポイント展望台」by 都築 空

■ゴールドコースト
長く美しい砂浜が特徴的な「ゴールドコースト」。多くのサーファーが集まるスポットでもあります。南半球で一番高い住居ビルであるスカイポイント展望台や、コアラやカンガルーと触れ合えるカランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリなどの見どころがあります。

ゴールドコーストを訪れるのであれば、フリープランを利用するとお得に旅行を楽しめます。 この写真の記事を見る ≫

4.オーストラリアのおすすめ観光スポット
Mayumi Iwasaki

シドニーの夕日が美し過ぎるフォトスポット5選by Mayumi Iwasaki

■シドニー
オーストラリア最大の人口を誇る都市「シドニー」。都会の町並みを楽しむことができ、シンボルとして知られているのはオペラハウスやハーバー・ブリッジです。世界遺産にも登録されている広大な公園、ブルーマウンテンズ国立公園では自然の迫力を感じられます。

シドニーを訪れるならパッケージツアーを利用するのがおすすめ。郊外も含めて訪れることを検討している場合は観光付きのツアーを選ぶと良いでしょう。 この写真の記事を見る ≫

5.ニュージーランドのおすすめ観光スポット

5.ニュージーランドのおすすめ観光スポット
makana airi

“帆の町”NZオークランドの街歩きが楽しい!by makana airi

■オークランド
ニュージーランド最大の都市である「オークランド」。“帆の町”という愛称を持つ港町です。美しい港ウィンヤード・クオーターをはじめ、常にたくさんの人で賑わうメイン通りクイーン・ストリート、街のシンボルであるスカイ・タワーなど見どころ盛りだくさん。郊外に行けば自然も満喫することができ、魅力がいっぱいです。

オークランドを訪れるのであればパッケージツアーを利用すると旅行予算を抑えることができますよ。 この写真の記事を見る ≫

5.ニュージーランドのおすすめ観光スポット
Mizuki Yoshi

超絶景!NZクライストチャーチのゴンドラで360度パノラマを楽しもうby Mizuki Yoshi

■クライストチャーチ
「クライストチャーチ」は南島最大の都市。2011年の大地震では甚大な被害を受けました。その際、街の重要な大聖堂が崩れてしまい、元の姿への復元が難航。そこで造られた仮設の大聖堂が紙で造られているとして注目を集めています。また、クライストチャーチでは英国統治時代の名残が色濃くみられ、英国の雰囲気を味わうこともできます。

クライストチャーチを訪れるのであれば、航空券とホテルがセットのパッケージツアーを利用するのがおすすめ。 この写真の記事を見る ≫

5.ニュージーランドのおすすめ観光スポット
手塚 大貴

星空&世界遺産も!ニュージーランド南島6泊7日観光モデルコースby 手塚 大貴

■ミルフォードサウンド
「ミルフォード・サウンド」はニュージーランド南島の南西部のフィヨルドランド国立公園に位置していて、観光地として人気のスポット。遊覧船によるフィヨルド遊覧周遊クルーズが人気です。切り立った岸壁や、雪を被った山々、大きな滝、さらには野生の生き物たちを目にすることができます。

ミルフォードサウンドへ行くにはクイーンズタウンやテアナウからツアーに参加をする必要があります。そのため、予め観光が含まれたパッケージツアーを利用するのが良いですよ。 この写真の記事を見る ≫

6.ポリネシアの島々

6.ポリネシアの島々
西野 ネリ

サメとシュノーケル!?タヒチ・ボラボラ島ぐるっと満喫「モツピクニック」by 西野 ネリ

■ボラボラ島
フランス領ポリネシアの島である「ボラボラ島」。世界の海を代表するリゾート地として、モルディブやセイシェルとも並んで登場するハネムーナーの聖地です。楽園のように美しいことは言うまでもなく、海の透明度の高さ、色とりどりのお魚天国と珊瑚礁、神々しいオテマヌ山を楽しむことができます。

ボラボラ島をお得に訪れるなら、パッケージツアーを利用するのがおすすめ。 この写真の記事を見る ≫

6.ポリネシアの島々

ハワイ島の景色を高台から一望!ロコに人気の絶景レストラン

■ハワイ諸島
ハワイと言えばホノルルのあるオアフ島が有名ですが、「ハワイ諸島」には8つの島があり、そのうち6つの島を観光で訪れることができます。温暖な気候と美しいビーチで常に人々を魅了し続けています。海のイメージが強いかもしれませんが、山など内陸部にも見どころはたくさん。

ハワイ諸島を訪れるツアーの多くはオアフ島を訪れます。ハワイ島やマウイ島、カウアイ島などキーワードを入力して検索すると他の島を訪れるツアーや、周遊できるツアーを探すこともできますよ。 この写真の記事を見る ≫

6.ポリネシアの島々
大川原 明

モアイで有名な南太平洋に浮かぶ孤島「イースター島」滞在の楽しみ方by 大川原 明

■イースター島
モアイ像が無数にある事で知られる南太平洋に浮かぶ小さな孤島「イースター島」。チリ本土から3,700km、タヒチから4,100kmの距離にある文字通りの孤島。モアイの研究は進んでいるものの、未だに謎に包まれたことが多いです。他には火口湖やビーチなど自然を楽しむことができます。

イースター島内の移動は車。慣れない土地をレンタカーで移動するのは大変です。そのため、観光付きのパッケージツアーを利用して訪れると安心して旅行を楽しむことができます。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

7.ミクロネシアとメラネシアの島々

7.ミクロネシアとメラネシアの島々
木内 つばめ

知っておきたいグアム基本情報!もっと楽しむための予備知識by 木内 つばめ

■マリアナ諸島
「マリアナ諸島」はミクロネシア北西部の列島で、約15の島からなります。グアムやサイパンが代表的。日本から4時間ほどとアクセスが良く、気軽に南国の雰囲気を感じられるビーチリゾートです。ビーチでのマリンアクティビティや、マーケットでのショッピングなどを楽しむことができます。

グアムを訪れるならパッケージツアーを利用するのがおすすめ。ツアーの中には空港からの送迎が付いたものもありますよ。 この写真の記事を見る ≫

7.ミクロネシアとメラネシアの島々
高野 祥

ニューカレドニア「カナール島」はピクニック感覚で行ける無人島!by 高野 祥

■ニューカレドニア
“天国に一番近い島”と言われている「ニューカレドニア」。透明度抜群の海と白い砂浜が美しいビーチを満喫できます。海の幸を使用した、フランス領ならではのグルメを楽しむことも。首都ヌメアのある島でもビーチは楽しめますが、離島を訪れると人も少なくゆっくりとした時間を過ごすことができます。

ニューカレドニアを訪れるパッケージツアーの多くはヌメアに宿泊するものです。離島に行く場合はオプショナルツアーを組み合わせてみてください。 この写真の記事を見る ≫

7.ミクロネシアとメラネシアの島々
堀江 廣喜

家族で楽しむ南の楽園フィジー「インターコンチネンタル フィジー ゴルフリゾート&…by 堀江 廣喜

■フィジー
南太平洋に浮かぶ330以上の小さな島々からなる国「フィジー」。首都ナンディのあるビチレブ島は、空港の近くにリゾートエリアが広がっています。離島へ足を延ばすと、手つかずの自然を楽しむことができるのでおすすめ。世界遺産の街レブカのあるオバラウ島、民族の儀式を目にすることができるベンガ島などがあります。

フィジーをお得に訪れるならパッケージツアーを利用するのが良いですよ。リゾートホテルが多く存在するので、気に入ったホテルからツアーを選ぶのも良いでしょう。 この写真の記事を見る ≫

8.自分にぴったりのツアーを探そう!

手つかずの自然やビーチリゾートを満喫できるオセアニア。オセアニアを旅行するなら往復の交通手段とホテルがセットになったツアーがお得です。

自分の旅行スタイルに合った宿泊施設に泊まるツアーを選べば、オセアニア旅行がさらに楽しいものになるはず。ご希望のこだわり条件を指定してツアーを探してみてくださいね。

2020年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

オーストラリア・ニュージーランド・南太平洋諸島へ行く旅行プラン

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -