夏に行きたい!フランスのおすすめ観光スポット10選

夏に行きたい!フランスのおすすめ観光スポット10選

更新日:2020/05/15 09:56

Akiko Nilsenのプロフィール写真 Akiko Nilsen 世界遺産検定2級

フランスの夏は湿度が低く、日没も22時近くになることもあるので観光にピッタリのシーズン。人気のモンサンミッシェルはもちろん、ラベンダーの美しいヴァランソル高原でのんびり、ポルクロール島でリゾートを満喫するのもいいですね!

夏のフランス旅行におすすめの観光スポットをまとめてご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1.ニース

1.ニース
星村 侑希

ニースの海岸リゾート「プロムナード・デ・ザングレ」の散歩コースby 星村 侑希

地図を見る

フランスで最も人気のバカンス先と言えば、間違いなく南仏の”コート・ダジュール”と呼ばれる海岸線です。その中の一つ「ニース」は、プロムナード・デ・ザングレ(イギリス人の遊歩道)と呼ばれる海岸線の曲線が美しく、毎年多くの観光客を魅了します。

展望台に登るとガイドブックなどによくある景観が広がっています。周辺には旧市街や市場もあり、散策やグルメも楽しめますよ。 この写真の記事を見る ≫

2.マルセイユ

2.マルセイユ
いまづる めぐ

定番から穴場まで!フランス第2の都市「マルセイユ」の見どころby いまづる めぐ

地図を見る

フランス第2の都市、「マルセイユ」。また、フランスきっての港町という事もあって活気に満ちた大都市です。夏の南仏観光といえばビーチですが、マルセイユは大聖堂や旧港、近年再開発されたエリアなどたくさんの観光スポットに溢れていて、様々な体験をしたい方にぴったりの街です。 この写真の記事を見る ≫

3.アルル

3.アルル
小谷 雅緒

アルルの女も男も子供も伝統衣装で大集合!「衣装祭」はプロヴァンス随一の祭りby 小谷 雅緒

地図を見る

短編小説『アルルの女』や画家ゴッホのゆかりの地として知られる「アルル」。古代ローマの遺跡が数多く残る人気観光スポットです。

その中でも、もっとも多くの観光客が集まるのが毎年7月の第1日曜日。この日は伝統衣装を身にまとった地元民で溢れ、中世の世界にトリップできる「衣装祭」が行われます。予定が合うようであればぜひ行ってみてください。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

4.ヴァロンソル高原

4.ヴァロンソル高原
橘 凛

香りあふれるラベンダー祭!輝く夏の南仏・ヴァロンソル高原by 橘 凛

地図を見る

南仏・プロヴァンス地方のイメージフラワーは、ラベンダー。プロヴァンス地方で、お土産といえば必ずと言っていいほどラベンダー製品が売られています。

そんなラベンダーは初夏から見ごろとなりますが、特に「ヴァロンソル高原」のラベンダー畑が圧巻です。また、ヴァロンソル村では、毎年7月の第3日曜日にラベンダー祭も開催されます。民族衣装を着た踊り子たちの可愛らしいダンスや、ヘリコプターの上空飛行など、多くの催しが行われます。 この写真の記事を見る ≫

5.エズ

5.エズ
かもた のぞみ

地中海のラビリンス!かわいさ抜群の「エズ村」に迷い込もうby かもた のぞみ

地図を見る

ニースからバスで約30分、フランス南東部に位置する村「エズ」は”鷲の巣村”と呼ばれる高台に佇む村です。村の入り口まではバスが乗り入れていますが、その先は迷路のような小さく傾斜した小径を徒歩でのぼります。

そんな時代に取り残されたような小さな村は、絵本のような街並みを今に残していて、観光客を魅了しています。 この写真の記事を見る ≫

6.ポルクロル島

6.ポルクロル島

ヨーロッパで一番美しいビーチがある南仏「ポルクロル島」

地図を見る

南仏イエールからフェリーで15分の距離にある「ポルクロル島」は、日帰り観光にもおすすめのスポットです。小さな島には、南仏らしい可愛らしい街並みや鮮やかな花々など素敵な景観が広がりますが、ヨーロッパで一番美しいビーチと言われる”ノートルダムビーチ”は必見です。

提供写真:南仏イエール観光局公式サイト この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

7.モナコ

7.モナコ
Akiko Nilsen

セレブだけの国じゃない!誰もが満喫できるモナコの楽しみ方by Akiko Nilsen

地図を見る

ニースから電車で約30分、正確にはフランスではありませんが南仏観光とセットで訪れることがおすすめの国「モナコ」。世界で2番目に小さな国でありながら、F1グランプリのコースやカジノ、高級ホテルなどが所狭しと建つ煌びやかな国です。

世界中のセレブに愛される美しい街並みだけでなく、治安の良さも世界一!安心して街歩きができます。 この写真の記事を見る ≫

8.ロスコフ

8.ロスコフ
鶴見 ゆうこ

フランスの海辺の街「ロスコフ」ぜひ行きたい4つの理由!by 鶴見 ゆうこ

地図を見る

フランス夏のバカンスと言えば南仏が有名ですが、北西部ブルターニュ地方にもおすすめの観光スポットがあるのです。それが「ロスコフ」の町です。紺碧の海に囲まれ、海の幸に恵まれたロスコフの町では、ブルターニュ地方の郷土料理、ガレットをはじめ絶品のグルメにありつけます。

白砂のビーチもあり、夏でもひんやりとした爽やかな大西洋の海水浴が楽しめます。 この写真の記事を見る ≫

9.エトルタ

9.エトルタ
Grace Okamoto

ルパン「奇巌城」のモデル!絶景なる仏・エトルタの白亜岸壁by Grace Okamoto

地図を見る

同じくノルマンディー地方に位置する「エトルタ」は、怪盗ルパン・シリーズ『奇巌城』のモデルにもなった白亜の断崖絶壁が迫力満点の観光スポットです。

雄大な自然を身近に感じながら、ビーチでゆったりとした時間を過ごすのがフランス流のバカンス。モネなどの画家にも愛されたこの地で日常を忘れ、リラックスしたひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。 この写真の記事を見る ≫

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

10.モンサンミッシェル

10.モンサンミッシェル
渡部 洋一

美しすぎる修道院!フランスの世界遺産モンサンミッシェルの歴史に触れる!by 渡部 洋一

地図を見る

フランスの観光スポットで外せないのが、ノルマンディー地方に位置する「モンサンミッシェル」。島全体が修道院となっていて世界遺産にも登録されているモンサンミッシェルは、パリからの日帰り観光も可能ですが可能であれば1泊したいところ。

特に夏は夜間拝観ができ、この時期はライトアップもされて、さらに美しい姿を見ることができます。

<基本情報>
住所:50170 Mont Saint-Michel
電話番号:+33-2-33-60-14-30
アクセス:パリよりツアーバスで約5時間 この写真の記事を見る ≫

夏に行きたいフランスの観光スポットはこれでキマリ!

夏におすすめのフランスの観光スポットをご紹介しました。その多くはバカンスで人気の南仏ですが、北西部ノルマンディー地方にも外せないスポットがあります。南仏のイベントなどは時期が決まっていますので、ぜひ事前にチェックして旅程を組んでみてくださいね。

2020年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -