東京から大分まで!福沢諭吉ゆかりの観光スポットのすゝめ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京から大分まで!福沢諭吉ゆかりの観光スポットのすゝめ

東京から大分まで!福沢諭吉ゆかりの観光スポットのすゝめ

更新日:2017/11/29 12:14

トラベルジェイピー編集部のプロフィール写真 トラベルジェイピー編集部

慶応義塾の創始者であり、医学研究や翻訳家としても偉大な成果を残した福沢諭吉。一万円札の顔としてもおなじみですよね。名門・慶應義塾大学をはじめ、諭吉が幼少期を過ごした大分県中津市など、ゆかりのスポットも多くあります。トラベルjpナビゲーターが徹底現地取材した、福沢諭吉ゆかりのおすすめ観光スポットをご紹介します。

    1.慶応義塾図書館・旧館(慶應義塾大学)(東京)

    1.慶応義塾図書館・旧館(慶應義塾大学)(東京)
    Naoyuki 金井

    キャンパスは観光地!港区慶應大学と福沢諭吉のトリビア旅行by Naoyuki 金井

    地図を見る

    東京都港区三田にあり、全国から入学希望者が集まる著名な大学、慶應義塾大学。あの福沢諭吉が創立した東京六大学の一校で、入学のハードルが超高い名門校です。

    キャンパス内で、煉瓦造りの一際輝いている建物が「慶応義塾図書館・旧館」です。
    明治40年に創立50周年を迎えた際に、その記念事業として明治45年に竣工され、現在は重要文化財に指定されています。この写真の記事を見る ≫

    2.福沢記念園(慶應義塾大学)(東京)

    2.福沢記念園(慶應義塾大学)(東京)
    Naoyuki 金井

    キャンパスは観光地!港区慶應大学と福沢諭吉のトリビア旅行by Naoyuki 金井

    地図を見る

    慶応義塾大学キャンパスの東南方向の一画にある「福沢記念園」。中津藩(現在の大分県)藩士であった福沢諭吉が江戸築地鉄砲洲の中津藩中屋敷内に創設した蘭学塾が、この地に移転した際に諭吉の邸宅となった場所です。

    明治7〜8年頃に建てられた邸宅には、明治34(1901)年2月3日、諭吉が脳出血で亡くなるまでの約30年居住していました。この写真の記事を見る ≫

    3.丸善本店(東京)

    3.丸善本店(東京)
    Naoyuki 金井

    東京日本橋・MARUZEN cafeの元祖ハヤシライスと檸檬by Naoyuki 金井

    地図を見る

    東京駅からほど近く、高島屋の前にある老舗書店「丸善本店」。創業者である丸屋善八こと早矢仕有的(はやしゆうてき)は、幕末に福沢諭吉に師事、諭吉もまた有的の実業での才能を見抜きバックアップしたといいます。

    そして、有的は横浜で丸屋商社を創業し、開業当初は主に諭吉の著作販売を手掛けながら、医薬品や医療器具の輸入を行い、現在の丸善へと続いています。この写真の記事を見る ≫

    4.箱根湯本温泉 真綿の湯 萬翠楼福住(神奈川)

    4.箱根湯本温泉 真綿の湯 萬翠楼福住(神奈川)
    権丈 俊宏

    圧巻の風格と異次元空間!箱根「萬翠楼福住」&「平賀敬美術館」は心潤う文化財の名湯by 権丈 俊宏

    地図を見る

    神奈川県箱根にある「箱根湯本温泉 真綿の湯 萬翠楼福住」は寛永2(1625)年創業の老舗で、古くは福沢諭吉や伊藤博文も逗留した箱根を代表する名宿。2002年に旧館は、現役で営業している旅館としては初めて国の重要文化財に指定されました。

    全般的には日本建築に西洋建築の要素を組み込んだ佇まいで、独特の気品と風格に満ち溢れています。この写真の記事を見る ≫

    5.福澤諭吉旧宅(大分)

    5.福澤諭吉旧宅(大分)
    肥後 球磨門

    血痕が浮かぶ赤壁の寺が残る町・中津市〜黒田官兵衛が築き福澤諭吉が育った城下町〜by 肥後 球磨門

    地図を見る

    大分県中津市の中津城下町は、黒田官兵衛が築き福澤諭吉が育った町です。黒田官兵衛が最初に築いた中津城から徒歩5分ほどの所には、福澤諭吉が長崎に遊学する19歳まで過ごした「福澤諭吉旧宅」が残されています。

    旧宅は、享和3(1803)年に建築された木造茅葺きの平屋建て。諭吉自らが改造して勉学に励んだと伝えられる土蔵などを見学することができます。この写真の記事を見る ≫

    6.福澤記念館(大分)

    6.福澤記念館(大分)
    KISHI Satoru

    大分・中津「福澤諭吉旧居・福澤記念館」は知恵と人材の宝庫by KISHI Satoru

    地図を見る

    旧宅と同じ敷地内に建てられているのが、二階建ての「福澤記念館」。一階は福澤諭吉の生涯を辿る内容。書・手紙・写真などから、一万円札の1号券(A000001B)や万延元(1860)年に乗船した「咸臨丸(かんりんまる)」の模型も展示されています。

    二階は、家族や慶應義塾門下生といった、福澤諭吉と深い関係の人物たちが紹介されています。この写真の記事を見る ≫

    7.福沢諭吉像(大分)

    7.福沢諭吉像(大分)
    水津 陽子

    天然温泉扇城の湯「スーパーホテル大分中津駅前」健康とエコにこだわりby 水津 陽子

    地図を見る

    大分県・JR中津駅の北口には、威厳に満ち溢れたオーラを放つ「福沢諭吉像」があります。高い台座の上で腕を組みながら遠い眼差しをしているのは、あの福沢諭吉先生!"諭吉"は今や一万円札の代名詞にもなっていますが、像の隣には諭吉モデルの一万円札の看板もあります。この写真の記事を見る ≫

    福沢諭吉ゆかりの観光はこれでキマリ!

    福沢諭吉ゆかりの観光スポットをまとめてみましたが、いかがでしたか?
    旅行の計画を立てる際に、ぜひ参考にしてくださいね!

    - PR -

    条件を指定して検索

    トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

    - PR -

    旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
    この記事に関するお問い合わせ