オーロラにサンタ!フィンランドのおすすめ観光10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

オーロラにサンタ!フィンランドのおすすめ観光10選

オーロラにサンタ!フィンランドのおすすめ観光10選

更新日:2017/11/29 12:19

トラベルjp編集部のプロフィール写真 トラベルjp編集部

神秘的な景色や美味しい食事、雪国独自の文化が発展した不思議な魅力を持つフィンランド。北欧デザインの発信地でもある首都ヘルシンキや、一年中サンタクロースと出会えるロバニエミなど、観光はもちろん、憧れの雑貨ショッピングなど楽しみもいっぱい!トラベルjpナビゲーターが現地徹底取材した、おすすめ観光スポットをご紹介します。

1.カンピ礼拝堂/テンペリアウキオ教会(ヘルシンキ)

1.カンピ礼拝堂/テンペリアウキオ教会(ヘルシンキ)
ろぼたん

岩の中!?木の箱!?デザインの国フィンランドの教会が凄いッ!!by ろぼたん

地図を見る 地図を見る

本場フィンランドの首都ヘルシンキの北欧デザインの領域は、実用的な食器や家具だけでなく、教会や礼拝堂まで及んでいます。

写真のノアの箱舟のような不思議な箱は「カンピ礼拝堂」。シンプルな建物の内部では、木目や木肌、曲線の美しさを感じるはずです。もう一つのおすすめは、ヘルシンキ中心部の住宅街に突如現れる、氷河時代の岩をくり抜いて造られたという「テンペリアウキオ教会」。どちらもヘルシンキの観光名所です。この写真の記事を見る ≫

2.ヘルシンキ大聖堂(ヘルシンキ)

2.ヘルシンキ大聖堂(ヘルシンキ)

憧れのヘルシンキへ!白亜の大聖堂&北欧デザイン探訪の旅

地図を見る 地図を見る

ヘルシンキの中心にそびえる「ヘルシンキ大聖堂」は、1852年に約30年の月日をかけて完成しました。ヘルシンキの観光地としても有名ですが、ルーテル派教会として人々の祈りの場となっています。

青空に映えるこの純白の大聖堂は、一見シンプルなデザインですが、屋根には精巧な12使徒の像が置かれ、大聖堂全体にも美しい彫刻が施されています。この写真の記事を見る ≫

3.マリメッコ本社アウトレット(ヘルシンキ)

3.マリメッコ本社アウトレット(ヘルシンキ)
橘 凛

可愛い雑貨天国!フィンランド・マリメッコ本社アウトレットby 橘 凛

地図を見る 地図を見る

フィンランドを代表するテキスタイルブランド「マリメッコ(marimekko)」。もはや説明が要らないほど有名で、特に女性であればほとんどの方に知られているブランドかもしれません。その本社はヘルシンキ郊外にあります。

本社ビルに入って左手側が、直営店と「アウトレット」になります。アウトレットには大幅値下げをした商品がたくさん!日本未発売商品も多く、掘り出し物が見つかりそうです。この写真の記事を見る ≫

4.カウッパトリマーケット(エテラ港/ヘルシンキ)

4.カウッパトリマーケット(エテラ港/ヘルシンキ)
ろぼたん

北欧デザインに胸キュン。フィンランド『かもめ食堂』ロケ地巡りby ろぼたん

地図を見る 地図を見る

映画『かもめ食堂』のスタートのカットは、エテラ港のかもめのシーンから始まりました。もたいまさこさん演じるマサコさんが、おじいさんから猫を預かる海辺のシーンもこの港。

エテラ港はオレンジ色の屋根の露店が並び、「カウッパトリ(Kauppatori)マーケット」がオープンする場所です。魚介類などの生鮮品、手造りの工芸品、絵画、雑貨などたくさんのお店が軒を連ねています。この写真の記事を見る ≫

5.アラビアセンター(ヘルシンキ)

5.アラビアセンター(ヘルシンキ)
橘 凛

フィンランド発!北欧食器アウトレット「アラビアセンター」by 橘 凛

地図を見る 地図を見る

フィンランドはもちろん、北欧を代表する陶磁器・ガラスメーカーであるイッタラとアラビア。それらを代表する商品をお得に購入できるアウトレットが、ヘルシンキにある「アラビアセンター(Arabia center)」です。

ショップには、2006年の邦画『かもめ食堂』で使用されたり、北欧ブームにより、依然高い人気を誇るアラビアとイッタラの食器やインテリア雑貨がずらりと並んでいます。この写真の記事を見る ≫

6.タリンク・シリヤライン

6.タリンク・シリヤライン
ネプフリン 由香

北欧船の旅、シリヤラインでヘルシンキからストックホルムへby ネプフリン 由香

地図を見る 地図を見る

北欧の豪華客船“シリヤライン”。現在はエストニアの船会社、タリンク社に買収され「タリンク・シリヤライン」と名を改め、同路線を引き続き運航しています。

ヘルシンキからストックホルム、または逆ルートのストックホルムからヘルシンキは、どちらも夕刻5時頃の出航です。夜10〜12時頃遅くまで明るい北欧の夏は、夕方出航でも長時間、外の眺めを楽しむことができるので大変おすすめです!この写真の記事を見る ≫

7.ヌークシオ国立公園

7.ヌークシオ国立公園
藤井 麻未

北欧神話の森でピクニック!ヌークシオ国立公園はヘルシンキから日帰りできる夢の世界by 藤井 麻未

地図を見る 地図を見る

ヘルシンキの北西、電車とバスを乗り継いで2時間程の場所に位置する「ヌークシオ国立公園」。ここでは、好みのルートに沿って森の中をハイキングしてみましょう。

森の中には巨大な倒木がそのままになっていたり、木の根がときおり足元を塞いでいたり。ありのままの美しい森の姿に抱かれることができます。この写真の記事を見る ≫

8.サンタクロース・エキスプレス

8.サンタクロース・エキスプレス

サンタクロースの故郷へ!ヘルシンキの寝台特急「サンタクロース・エキスプレス」

地図を見る 地図を見る

寝台特急「サンタクロース・エキスプレス」は夜にヘルシンキ中央駅を出発し、約12時間かけて翌日の朝にはラップランドの首都ロバニエミに到着する夜行列車。効率よくヘルシンキとラップランドを観光できるおすすめの移動方法です。

特に冬場は走行中の列車内からオーロラが見える可能性が高く、車窓から望むフィンランドの美しい景色が、夜行列車での旅の気分をいっそう高めてくれます。この写真の記事を見る ≫

9.サンタクロース村(ロバニエミ)

9.サンタクロース村(ロバニエミ)

フィンランド・ロバニエミの「サンタクロース村」で本物のサンタクロースに大感動!

地図を見る 地図を見る

ロバニエミの「サンタクロース村」では、子供の頃誰でも一度は憧れた、ふさふさのひげ・小さいめがね・赤い三角帽子をかぶったサンタさんと会うことができます。しかも、一年中いつでも会えるんです!大人も思わず子供に戻ってはしゃいでしまうかも。

ほかにも、クリスマスに届くポストがある郵便局やトナカイが引くソリの体験など、こんなにクリスマスを満喫できるのは世界でここだけ。この写真の記事を見る ≫

10.ユッラス

10.ユッラス
山田 光子

死ぬまでに見たいオーロラ!フィンランドで北極圏を遊びつくせ!by 山田 光子

地図を見る 地図を見る

「ユッラス」という北極圏にある小さな村は、オーロラベルトと呼ばれるオーロラが発生しやすい地域の中にあります。また、小さい村で周りに都市もないため、余計な光に邪魔されることなくオーロラの観測ができます。

冬は日が短いので、オーロラチャンスも増えます。運がよければブレイクアップという、突如オーロラが広がる現象が見られますよ。この写真の記事を見る ≫

フィンランド観光はこれでキマリ!

フィンランド観光の人気スポットをまとめてみましたが、いかがでしたか?
旅行の計画を立てる際に、ぜひ参考にしてくださいね!

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ