オランダは芸術作品の宝庫!絶対外せない観光スポット10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

オランダは芸術作品の宝庫!絶対外せない観光スポット10選

オランダは芸術作品の宝庫!絶対外せない観光スポット10選

更新日:2017/12/19 16:13

トラベルjp編集部のプロフィール写真 トラベルjp編集部

ゴッホやフェルメール、レンブラントなど世界有数の芸術家が誕生した国であり、チューリップなど花のイメージも強い人気の観光地、オランダ。美術館に限らず、街なかや教会でも中世から近代の芸術作品に出会えるほか、春には花、冬にはクリスマスマーケットなども楽しめます。トラベルjpナビゲーターが現地徹底取材した、おすすめ観光スポットをご紹介します。

1.アムステルダム・運河地区

1.アムステルダム・運河地区
堀江 廣喜

アムステルダム・運河地区の絵になるお勧めポイントはここ!by 堀江 廣喜

地図を見る 地図を見る

「アムステルダム・運河地区」は、中央駅を中心に運河とその街並みが扇状に広がっています。内側からヘーレン運河、カイザー運河、プリンセン運河、シンゲル運河。一番外側のシンゲル運河は17世紀の市の城壁の外堀でした。

2010年に、アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の環状運河地域として、世界遺産に登録されました。この写真の記事を見る ≫

2.アムステルダム国立美術館/ミュージアム広場(アムステルダム)

2.アムステルダム国立美術館/ミュージアム広場(アムステルダム)
菊池 模糊

美の殿堂!オランダ・アムステルダム国立美術館を完全制覇by 菊池 模糊

地図を見る 地図を見る

「アムステルダム国立美術館(ライクスミュージアム)」は、レンブラントやフェルメールをはじめとするオランダ画家を中心に、中世から近代に至る多くの絵画がまとめて観られる美術館。5000点を超える多くのコレクションを有し、一日たっぷりと美の世界を楽しめます。

近くにはゴッホ美術館やアムステルダム市立美術館もあり、このエリアは「ミュージアム広場」としても知られています。この写真の記事を見る ≫

3.アンネ・フランクの家(アムステルダム)

3.アンネ・フランクの家(アムステルダム)
きんぎょ 美歩

アムステルダム・少女が日記を綴った『アンネ・フランクの家』by きんぎょ 美歩

地図を見る 地図を見る

アムステルダムで、ぜひ一度は訪れてほしい場所が「アンネ・フランクの家」です。アンネは第2次世界大戦中、この家に身を隠し、ここで日記を書き綴りました。当時、実際にアンネがこの隠れ家で感じたこと、あった出来事がそのまま『アンネの日記』に書かれています。

中に入ると、アンネたちが生活した部屋、壁に貼られた写真、屋根裏部屋へと続く階段、洗面所、食堂などを当時のまま見ることができます。この写真の記事を見る ≫

4.ユトレヒト

4.ユトレヒト
浅井 みらの

宗教改革の生き証人。時代と共に変化した蘭・ユトレヒト「ドム教会」by 浅井 みらの

地図を見る 地図を見る

アムステルダムから南へ電車で30分の所にある「ユトレヒト」。オランダ最大の大学や一番高い建築物があるなど、学生から観光客まで訪れる落ち着いた雰囲気が特徴です。

この街の中心地にあるドム教会(別名:聖マルティン大聖堂)の基礎が築かれたのは、なんと紀元630年!途方もない歴史の中、宗教改革や災害をも乗り越えて、今も街のシンボルとして輝いています。この写真の記事を見る ≫

5.キューケンホフ公園

5.キューケンホフ公園
かわい ゆうこ

春爛漫のオランダ!キューケンホフ公園の豪華チューリップと美しい花々の競演by かわい ゆうこ

地図を見る 地図を見る

春の訪れとともに開園する「キューケンホフ公園」。3月下旬から5月中旬までの数週間しか開園しませんが、そこは春だけの楽園。緑豊かな自然の中でさまざまな種類の花が咲き誇る春は、オランダにとって最も美しく輝く季節。

約32ha(東京ドーム8個分)の広大な面積を誇る公園には、チューリップをはじめ、水仙やヒヤシンス、アイリス等、球根がなんと約700万個以上植えられています!この写真の記事を見る ≫

6.ロッテルダム

6.ロッテルダム
浅井 みらの

現代ツリーハウス!?からくり屋敷のような蘭「キュービックハウス」by 浅井 みらの

地図を見る 地図を見る

近代ビルが多い「ロッテルダム」。積み木を重ねたようなレッドアップルビルや、かまぼこ型の屋内市場マルクトハルなど、街を歩くだけでも十分美術館を巡っているようです。

その中でひと際目立つ、黄色い立方体が連なっているキュービックハウス。実は立派な“家”なんです。一つひとつのキュービック(立方体)は独立しており、37棟のほぼ全てで住民が今も生活をしています。この写真の記事を見る ≫

7.キンデルダイク

7.キンデルダイク

これぞオランダのシンボル!世界遺産キンデルダイクの風車

地図を見る 地図を見る

ユネスコの世界遺産に登録されている、キンデルダイク=エルスハウトの風車網。ロッテルダム近郊に位置し、国内最大規模の風車網として有名な観光地となっています。

周りを川に囲まれた「キンデルダイク」。この周辺の土地は水面よりも低いので、川の水面上昇や地盤沈下を防ぐために、1740年代から風車による排水システムが使用されています。広大な土地には運河に沿って19基の風車が設置されており、見晴らしも抜群!この写真の記事を見る ≫

8.デルフト

8.デルフト
カジヤマ シオリ

フェルメールの世界観に浸る!オランダ・デルフトで聖地巡礼の旅by カジヤマ シオリ

地図を見る 地図を見る

オランダ出身の画家として、高く評価されているフェルメール。彼が生まれた「デルフト」には、ゆかりのある場所が至る所にあります。

写真はフェルメールの人生や作品について、マルチメディアを用いて展示を行っているフェルメール・センター。実物の作品展示はありませんが、フェルメールについてより学ぶことができる施設です。聖地巡礼の前に、ここで作品について学ぶのがおすすめです。この写真の記事を見る ≫

9.ドルトレヒト

9.ドルトレヒト
浅井 みらの

未完の塔を持つ教会!運命に翻弄された蘭「ドルトレヒト大教会」by 浅井 みらの

地図を見る 地図を見る

人口11万人が暮らすオランダの静かな街「ドルトレヒト」。アムステルダムやハーグより古い歴史を持ち、貿易で栄えた歴史があります。

旧市街の中心地には、存在感あるレンガ造りの建物が。正式名称は“聖母教会”ですが、ドルトレヒトで一番高い建物なので大教会という名前で親しまれています。塔の展望エリアに登れば、ドルトレヒトの街を見渡せます。この写真の記事を見る ≫

10.マーストリヒト

10.マーストリヒト

世界一美しい本屋とクリスマスを楽しむ!蘭・マーストリヒト

地図を見る 地図を見る

「マーストリヒト」はアムステルダム中央駅から約2時間半で到着する、リンブルグ州の州都です。ドイツやベルギーに近いマーストリヒトは、“オランダにしてオランダにあらず”といった雰囲気の町。特に食事はフランスの影響を強く受けているため、オランダ一美食の町と言っても過言ではありません。

洗練された街並みと歴史的建造物が多く、冬場はクリスマスマーケットやショッピングに繰り出す人々で賑わいます。この写真の記事を見る ≫

オランダ観光はこれでキマリ!

オランダ観光の人気スポットをまとめてみましたが、いかがでしたか?
旅行の計画を立てる際に、ぜひ参考にしてくださいね!

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ