チェコ観光でおとぎの国気分!絶対行くべきおすすめスポット10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

チェコ観光でおとぎの国気分!絶対行くべきおすすめスポット10選

チェコ観光でおとぎの国気分!絶対行くべきおすすめスポット10選

更新日:2017/12/19 16:20

トラベルjp編集部 田中のプロフィール写真 トラベルjp編集部 田中

14世紀に神聖ローマ帝国の首都でもあったプラハをはじめ、中世の歴史を感じさせる都市が多い人気の観光地、チェコ。古城や教会、美しい建造物が立ち並ぶ世界遺産の町、温泉保養地、ビール醸造で有名な町など、観光スポットには事欠きません!トラベルjpナビゲーターが現地徹底取材した、おすすめ観光スポットをご紹介します。

1.プラハ城/聖ヴィート大聖堂(プラハ)

1.プラハ城/聖ヴィート大聖堂(プラハ)
ShinYah シンヤ

ステンドグラスが美しい!チェコ・プラハ城「聖ヴィート大聖堂」by ShinYah シンヤ

地図を見る 地図を見る

いにしえの王が切り開いた歴史の街プラハ。ここには9世紀から悠久の歴史を刻む「プラハ城」があって、その城壁内には数々の宮殿や教会などが寄り添うように立っています。

その中で一際大きなプラハ大司教の聖堂「聖ヴィート大聖堂」は、歴史的なゴシック様式の外観と内部に見られる数々のステンドグラスがとても美しい教会で、その威風堂々たる姿と鮮やかな色彩美は必見!おススメのスポットです。この写真の記事を見る ≫

2.カレル橋(プラハ)

2.カレル橋(プラハ)
藤谷 愛

「橋」に願いを?御利益を期待してしまうプラハの歴史遺産!by 藤谷 愛

地図を見る 地図を見る

「カレル橋」はプラハ観光の際には誰もが訪れる、旧市街とプラハ城を結ぶ橋です。その歴史は古く、洪水で破壊された橋を復旧し、45年の歳月をかけて1402年に完成。600年以上も壊れることなくヴルタヴァ川に架かり続けているいにしえの建築技術には脱帽です。

現在、橋上には30体の歴史上の人物や聖人の彫像が並び、その中には摩訶不思議な伝説を持つ彫像もあるのです。この写真の記事を見る ≫

3.クトナー・ホラ

3.クトナー・ホラ
kyaori

プラハからの日帰り旅行に!チェコ・クトナーホラ歴史地区by kyaori

地図を見る 地図を見る

プラハより約70kmの場所に位置する「クトナー・ホラ」は、世界遺産にも登録されている歴史地区。旧市街を歩いて進むと、3本の大きな尖塔のある大きな建物が見えてきます。これがチェコのゴシック建築の最高峰とも呼ばれる、聖バルバラ大聖堂です。

そして、もう一つのハイライトは、セドレツ納骨堂です。素晴らしい装飾の数々は、すべて人骨でできています。その数、約4万人!この写真の記事を見る ≫

4.チェスキー・クルムロフ

4.チェスキー・クルムロフ
篠宮 あかり

チェコで圧倒的な人気!「チェスキー・クルムロフ」のおすすめスポットby 篠宮 あかり

地図を見る 地図を見る

“世界一美しい街”との呼び声も高いチェコの都市「チェスキー・クルムロフ」。おとぎの国のようにメルヘンチックな街並みで、1992年にはユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録されたことから、チェコ国内の観光名所でも圧倒的な人気を誇ります。

プラハからはバスで片道約3時間と近いので、日帰りで出かけることもできますよ。この写真の記事を見る ≫

5.ピルゼン

5.ピルゼン
浅井 みらの

ビール好き以外も楽しめる!チェコ「ピルゼン」の人気スポット5選by 浅井 みらの

地図を見る 地図を見る

チェコ西部に位置する「ピルゼン」は、製造業などで発展したチェコ第4の都市。まずは、街の名前ピルゼンがそのままビールの名前ピルスナーになるほど、ビール文化が花開いた場所へ訪れてみましょう。

チェコで知らない人がいないほど有名なブランド“ピルスナー・ウルケル”の工場があり、ここでは一般の人も工場内を見学することができます。この写真の記事を見る ≫

6.チェスケー・ブディェヨヴィツェ

6.チェスケー・ブディェヨヴィツェ
Hiroko Oji

チェコ・南ボヘミアの古都は童話の世界!チェスケー・ブディェヨヴィツェは欧州最大の…by Hiroko Oji

地図を見る 地図を見る

南ボヘミア地方にある古都「チェスケー・ブディェヨヴィツェ」。交通の要衝地として、塩の取引や輸送、近郊で採れる銀の集積所として発展を続け、後には、醸造されるビールが各地で愛飲されるほど名を知られるまでになりました。

町の中心地、ブジェミスル・オタカル2世広場は、ヨーロッパ最大の広場の一つと言われています。この写真の記事を見る ≫

7.カルロヴィ・ヴァリ

7.カルロヴィ・ヴァリ
浅井 みらの

飲んで飲みまくる!チェコ温泉街「カルロヴィ・ヴァリ」でしたい5つのことby 浅井 みらの

地図を見る 地図を見る

温泉リゾート地としてヨーロッパで人気の「カルロヴィ・ヴァリ」。その歴史は古く、数々の音楽家や文豪が何度も訪れ、つかの間の休息をとった場所です。町の中心を流れる川の両側には、パステルカラーの建物が立ち並び、まるでおとぎ話のよう。

中心を流れるテプラ川。カルロヴィ・ヴァリに到着したら、この川沿いを散策することから始めましょう。この写真の記事を見る ≫

8.リトミシュル

8.リトミシュル
浅井 みらの

町全部が美術館!?中世から現代のアートに出会えるチェコ「リトミシュル」by 浅井 みらの

地図を見る 地図を見る

13世紀に誕生したチェコ東部の町「リトミシュル」は、中世に建てられた建築が多く残り、今でもその雰囲気が色濃く残る町です。しかし、それだけでなく現代アートも積極的に取り入れ、時代によるアートの流れも感じることができます。

1999年にユネスコ世界遺産に登録されたリトミシュル城は、観光客だけでなく地元の人も訪れる、町の中心的存在。必見のスポットです。この写真の記事を見る ≫

9.ブルノ

9.ブルノ
ゐさ よりこ

チェコの素顔がぎゅっ!チェコ第2の都市、モラヴィア最大の街、ブルノby ゐさ よりこ

地図を見る 地図を見る

モラヴィア地方に位置する、チェコ第2の都市「ブルノ」。石畳の路地に面したゴシック建築の教会、自由広場を走るトラム、美味しい地ビール、地元の人の穏やかな笑顔も魅力です。

自由広場のど真ん中をトラムが通っており、トラムに乗って旧市街を眺めながら移動ということもできます。世界で2番目に大きいと言われる地下納骨堂で有名な聖ヤコブ教会は、この自由広場のすぐ近くです。この写真の記事を見る ≫

10.オロモウツ

10.オロモウツ
浅井 みらの

マリア・テレジアも訪れた!ディープなチェコに出会える「オロモウツ」by 浅井 みらの

地図を見る 地図を見る

11世紀には既に町として認識されている「オロモウツ」。中世から近世にかけて、チェコ東部モラヴィア地方の中心地として発展し、現在保有する文化財は首都プラハに次いで2番目の多さを誇ります。その中にはユネスコの世界遺産に登録されたものも。

聖三位一体柱、市庁舎、それに天文時計がある広場。夏はのどかな雰囲気が漂いますが、一層華やかになるのが11月下旬から12月中旬までのクリスマスマーケットの期間です。この写真の記事を見る ≫

チェコ観光はこれでキマリ!

チェコ観光の人気スポットをまとめてみましたが、いかがでしたか?
旅行の計画を立てる際に、ぜひ参考にしてくださいね!

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ