下関のおすすめ観光スポット10選

下関のおすすめ観光スポット10選

更新日:2017/08/07 14:17

トラベルjp編集部 新垣のプロフィール写真 トラベルjp編集部 新垣

山口県・下関は関門海峡に面する街で、巌流島の決闘や壇之浦の合戦など、数々の歴史の舞台となってきたところ。歴史にまつわる人気観光地から、関門海峡、角島などの絶景の定番観光地、海鮮グルメが楽しめる唐戸市場まで見どころは多彩。トラベルjpナビゲーターが現地徹底取材した、下関のおすすめ観光スポットをご紹介します。

1.関門海峡(関門橋・関門トンネル)

1.関門海峡(関門橋・関門トンネル)
結月 ここあ

下関から門司までの関門トンネルの人道は海の底by 結月 ここあ

地図を見る 地図を見る

山口県の下関と福岡県の門司の間にある「関門海峡」に架かる関門橋は、全長1,068mの吊橋で高速道路となっていますが、その海底には人が歩いて横断できる関門人道トンネルがあります。山口県と福岡県の県境は人気の撮影スポット。また、トンネルの下関側の入り口付近は、壇之浦合戦の古戦場だったところで、源義経・平知盛の像や砲台跡もあります。この写真の記事を見る ≫

2.火の山公園

2.火の山公園
嶋長 幸浩

関門海峡の夜を楽しむ5つのスポット!〜海峡一望の大観覧車も唐戸に!!by 嶋長 幸浩

地図を見る 地図を見る

関門橋を眺めるなら「火の山公園」がおすすめ。下関市の関門橋すぐそばの火の山山頂にあり、標高268mの山頂からは北九州市までも望め、360度のパノラマで海峡の景色を楽しめます。展望台には回転式の展望レストランも併設され、下関名物ふぐ料理を食べながらの夜景観賞も楽しめます。この写真の記事を見る ≫

3.唐戸市場

3.唐戸市場
みぃ

下関・唐戸市場でふぐをつまみ食い!「活きいき馬関街」の楽しみ方by みぃ

地図を見る 地図を見る

下関といえばふぐに代表される新鮮なお魚ですが、海鮮が手軽に味わえるのが下関にある魚の卸売市場「唐戸市場」。ここでは毎週末の金・土・日と祝日に“活きいき馬関街”という飲食イベントが開催され、リーズナブルに新鮮なお魚、特に“ふぐ”が食べられるとあって観光客で大賑わい。コロッケやフライもあるので生魚が苦手な方でも楽しめます。この写真の記事を見る ≫

4.下関市立しものせき水族館・海響館

4.下関市立しものせき水族館・海響館
嶋長 幸浩

関門海峡の夜を楽しむ5つのスポット!〜海峡一望の大観覧車も唐戸に!!by 嶋長 幸浩

地図を見る 地図を見る

唐戸市場からお土産店やレストランがあるカモンワーフを経て、10分ほど歩いたところにあるのが「下関市立しものせき水族館・海響館」。イルカとアシカが共演するショーが人気の水族館で、GWや年末年始などには期間限定で夜の水族館イベントも開催。隣には関門海峡を一望できる大観覧車がある“はい!からっと横丁”もあり一日中楽しめます。この写真の記事を見る ≫

5.海峡ゆめタワー(海峡メッセ下関)

5.海峡ゆめタワー(海峡メッセ下関)
村井 マヤ

恋人たちの聖地・下関♪デートスポットを巡って素敵な恋旅をby 村井 マヤ

地図を見る 地図を見る

下関のシンボル「海峡ゆめタワー」。頂上球形総ガラス張り展望室は世界初! 関門海峡のきらめく海のごとく美しくキラキラ輝くすてきなタワーで、最上階からは360度の大パノラマが広がり、夜景も見事。海峡ゆめタワー内には縁結び神社や“恋人の聖地”と呼ばれるスポットもありカップルで訪れるのもおすすめです。この写真の記事を見る ≫

6.角島

6.角島
渡部 洋一

日本の橋ランキング1位!角島大橋(山口県)が絶景すぎる!by 渡部 洋一

地図を見る 地図を見る

山口県下関市豊北町の沖、約1.5キロに位置する「角島」。エメラルドグリーンの海に浮かぶ白い砂浜が美しい小さな島で、風光明媚な景勝地として人気。特に、本州と角島を結ぶ角島大橋は、全長1780メートルの白く美しい橋で、橋を駆け抜ける気分はまさに爽快。極上ドライブを堪能できます。日本海側初の洋式灯台“角島灯台”も必見。この写真の記事を見る ≫

7.巌流島

7.巌流島
KISHI Satoru

山口県下関市「巌流島」宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の地へby KISHI Satoru

地図を見る 地図を見る

“巌流島の決闘”といえば、1612年(慶長17年)の宮本武蔵と佐々木小次郎の戦い。山口県下関市にある「巌流島」には、文学碑、武蔵像と小次郎像、必勝タヌキ、佐々木巌流之碑と見所がいっぱい。歴史好きの方や勝負事に挑戦する方にピッタリの場所です。下関市の唐戸桟橋から船で約10分で渡ることができます。この写真の記事を見る ≫

8.長府

8.長府
村井 マヤ

城下町・長府〜景観大賞受賞の風情ある町並みをそぞろ歩きby 村井 マヤ

地図を見る 地図を見る

下関市にある城下町「長府」は、大化の改新後に長門国に国府が置かれ、長府と呼ばれるようになったと『日本書紀』にも記されている歴史ある城下町。風情ある美しい町並みが続き、2時間あれば十分楽しめるのも魅力。長府毛利家14代元敏によって建てられた邸宅、長府毛利邸には、明治天皇が使用されたお部屋も当時のまま残されています。この写真の記事を見る ≫

9.旧下関英国領事館

9.旧下関英国領事館
小谷 結城

山口の瀟洒な要港の町で近代建築探訪を愉しむ〜下関〜by 小谷 結城

地図を見る 地図を見る

下関は、昔から海上交通の要衝。この立地のために港町として興隆し、多くの西洋を模した近代建築が建てられました。唐戸市場から西へ100mほどのところにある「旧下関英国領事館」は、桟瓦葺きの寄棟屋根を乗せた2階建てのアシンメトリーなレンガ造りで、当時の下関の隆盛を感じられる建築物。自由に見学ができ、2階はレストランになっています。この写真の記事を見る ≫

10.赤間神宮

10.赤間神宮
桜 小町

強い気は平家の怨念?安徳天皇を祀るパワースポット下関 赤間神宮by 桜 小町

地図を見る 地図を見る

源平合戦で敗れ、わずが8歳で入水した安徳天皇を祀る下関の「赤間神宮」。入水した海を望むように建っているこの神宮は、本殿から海まで力強い気が満ちているパワースポット。ご利益は水難除け、家内安全、開運招福、国家鎮護、安産祈願など。幼くして命を落とした安徳天皇や、栄華を極めながら儚くも滅びた平家に思いを馳せながら参拝してみましょう。この写真の記事を見る ≫

下関のおすすめ観光スポットはこれでキマリ!

下関のおすすめ観光スポットをまとめてみましたが、いかがでしたか?
旅行の計画を立てる際に、ぜひ参考にしてくださいね!

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ