色彩と古代ロマンの国・メキシコ観光で外せない行き先15選

色彩と古代ロマンの国・メキシコ観光で外せない行き先15選

更新日:2021/06/02 17:58

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部

日本の約5倍の面積があり、北はアメリカに接し、東と西は太平洋・メキシコ湾・カリブ海に面する人気観光地、メキシコ。地形や気候も起伏に富み、テオティワカンをはじめとする遺跡や色鮮やかな街並みが美しい古都、カンクンといったビーチリゾートなど、見どころ&アクテビティはたくさん!LINEトラベルjp ナビゲーターが現地徹底取材した、おすすめ観光スポットをご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(トラベルjp)

1.メキシコシティ

1.メキシコシティ

大都市メキシコシティで見ておきたい5つのモニュメント

地図を見る

メキシコの首都である「メキシコシティ」。この大都市の中に散らばる建築は、目を見張るものばかり。それは繊細な彫刻を纏い、世界遺産の威風に満ちた姿そのものです。

アステカの都・テノチティトランの時代から、メキシコシティの中心であり続けるソカロ(中央広場)は、メキシコシティの顔。一辺が200mを優に超える、ほぼ正方形をしたとても大きな広場です。 この写真の記事を見る ≫

2.テオティワカン

2.テオティワカン
miyoshi yuca

感動!メキシコ・ライトショーで夜空に浮かび上がる太陽のピラミッドby miyoshi yuca

地図を見る

「テオティワカン」の古代都市は、年間約200万人の観光客が訪れるメキシコ最大の観光スポット。世界遺産にも登録されている、一度は見たい絶景です。

最も重要な建造物は、太陽のピラミッドと月のピラミッド。それぞれ太陽の神と月の神に捧げられたとされています。太陽のピラミッドは幅にして225mあり、世界で三番目に大きいピラミッドとして知られています。 この写真の記事を見る ≫

3.プエブラ

3.プエブラ
miyoshi yuca

メキシコ伝統が息づく世界遺産の街「プエブラ」の見逃せない観光ポイント!by miyoshi yuca

地図を見る

メキシコ首都メキシコシティから車で2時間。「プエブラ」はメキシコ有数のコロニアル都市です。旧市街地は世界遺産にも登録されており、タイル装飾が特徴の建築物が美しい街並み。メキシコ郷土料理の発祥の地としても名を馳せ、さらに工芸品の生産も盛んな文化豊かな街として親しまれています。

プエブラ観光で何と言っても見逃せないのが、旧市街地の中心に位置する「サント・ドミンゴ教会」のロサリオ礼拝堂。礼拝堂全体が金箔で覆われ黄金に輝いていて、誰しもが足を踏み入れた瞬間息を飲むことでしょう。 この写真の記事を見る ≫

4.グアナファト

4.グアナファト

まるでレゴ!メキシコ・カラフルな世界遺産の街「グアナファト」

地図を見る

赤、青、緑、黄色、オレンジ、ピンクetc。さまざまな色が混沌と混ざり合い、ひしめき合う街「グアナファト」。まるでレゴブロックを積み上げたようなカラフルで可愛らしい街並みは、スペイン植民地時代の16世紀から18世紀にかけて、銀の発掘による莫大な富をもとに形成されました。

観光スポットとして一番有名なピピラの丘。丘の上からはグアナファトの街並みを一望することができます。 この写真の記事を見る ≫

5.グアダラハラ

5.グアダラハラ

メキシコ第二の都市グアダラハラの行っておくべき場所5選

地図を見る

首都メキシコシティに次ぐ第二の都市「グアダラハラ」。コロニアルな街並みが美しく、アメリカ経由の飛行機の発着便も多いため、日本からメキシコ入りする最初の街としてもおすすめです。

背後にカテドラルを望み、レースのように繊細で美しい鋳鉄のキオスコが広場の中心を飾っているアルマス広場。この広場はガイドブックや観光サイトでよく目にする、グアダラハラの代表的な風景の一つです。 この写真の記事を見る ≫

6.サンミゲル・デ・アジェンデ

6.サンミゲル・デ・アジェンデ

卓越した美で魅了!メキシコ・サンミゲルデアジェンデおすすめ撮影スポット

地図を見る

メキシコ中央高原の珠玉の街「サンミゲル・デ・アジェンデ」。ピンク、オレンジ、イエローといった暖色系の街並みは、統一感があり大変美しいです。

ますは「Mirador」という展望台へ。眼下に広がるサンミゲル・デ・アジェンデの街は、まるでミニチュアみたいに手中に収まっているかのよう。中心には、天を突くように延びる尖塔が一際目立つパロキアの姿が見えます。 この写真の記事を見る ≫

7.サカテカス

7.サカテカス
ジュマペル ヤマモト

超絶的装飾美のピンク・シティ〜メキシコ サカテカスby ジュマペル ヤマモト

地図を見る

メキシコの“ピンク・シティ”と呼ばれる「サカテカス」。16世紀に銀鉱山の街として大繁栄したため、立派なコロニアル建築が多く、かつ主要な建物は、地元で産出するピンク色の砂岩で建てられているため、街全体が美しいピンク色を放っています。

ピンク・シティの中心にあるのが、カテドラルです。これこそが“ピンクの顔と銀の心臓”を持つ街と呼ばれる由縁です。 この写真の記事を見る ≫

8.オアハカ

8.オアハカ
高田 真美

毎日がお祭り気分!メキシコの陽気な町「オアハカ」の歩き方by 高田 真美

地図を見る

メキシコ南部に位置する「オアハカ」は、7月のゲラゲッツァ祭や11月の死者の日には、壮大なお祭りが繰り広げられることで有名ですが、それ以外の時期も、毎日のようにパレードが町を練り歩いたり、広場や路地に屋台が並んだりと、お祭り気分が味わうことができる陽気な町。

コロニアル調の美しい街並み、美食と芸術の町として知られ、郊外には先住民族の古代遺跡があり、観光地としての魅力がいっぱい! この写真の記事を見る ≫

9.イエルベ・エル・アグア

9.イエルベ・エル・アグア

メキシコにある“石の滝”「イエルベ・エル・アグア」で感じる大自然の神秘

地図を見る

オアハカから約90km。人里離れた古き良きメキシコの雰囲気を残す道を進んだところにある「イエルベ・エル・アグア」。

スペイン語で“沸騰する水”という名を持つこの地は、大自然が造り出した圧巻の景色を堪能できる場所。天然プールが点在していて、水温は低くも高くもなく温泉とプールの中間。浅いところや深いところ、大小さまざまな天然のくぼみに湧き出ているので、のんびりと浸かることができますよ。 この写真の記事を見る ≫

10.サン・クリストバル・デ・ラス・カサス

10.サン・クリストバル・デ・ラス・カサス
ジュマペル ヤマモト

メキシコ先住民族の超絶キュートな町 「サン・クリストバル・デ・ラス・カサス」by ジュマペル ヤマモト

地図を見る

「サン・クリストバル・デ・ラス・カサス」はキュートな装飾の教会や周辺の村ごとに異なる鮮やかな民族衣装など、メキシコらしい美しい色彩に溢れた町です。

サン・クリストバル・デ・ラス・カサス周辺は先住民族の魅力的な小さな村が点在していて、旅行会社が日帰りツアーを催行しています。村々を巡ると、今でも土着の宗教とキリスト教が混ざり合った独特の宗教観が深く根付いていて、まるで異世界に迷い込んでしまったよう。 この写真の記事を見る ≫

11.カンクン

11.カンクン
Nami Kita

憧れのカリビアンリゾート!メキシコ・カンクンを遊びつくそうby Nami Kita

地図を見る

青く美しい海に素晴らしいホテルが多く、人気のリゾート「カンクン」。世界遺産など見どころがたくさんあり、いくら時間があっても足りないくらいアクティビティも豊富です。

ここでは、どのホテルを選ぶかが、快適なカンクンライフにおける最大のポイント。ハネムーナーには嬉しい大人専用のホテルから、子供向けの施設が充実したホテルまでさまざまなので、要チェック! この写真の記事を見る ≫

12.チチェン・イツァ

12.チチェン・イツァ

カンクンから日帰り世界遺産観光!「チチェン・イツァ遺跡」ってどんなところ?

地図を見る

マヤ遺跡の代表的なピラミッドがある「チチェン・イツァ」。遺跡の入口を通過し、しばらく歩くとまず初めに見えてくるのがエル・カスティージョです。マヤ遺跡の中でもかなり有名なこの神殿、実はピラミッドが巨大なカレンダーになっています。

四方にある階段の数、中央の階段で二分された基壇、各基壇の凹み、そのすべてでマヤの2つの暦を表しているのです。 この写真の記事を見る ≫

13.セノーテ

13.セノーテ

まるで“光のシャワー”!カンクンのセノーテで感動ダイビング

地図を見る

カラフルな熱帯魚、水中美術館、沈船だけでなく、カンクンではここでしか体験できない「セノーテ」でのダイビングが楽しめます。セノーテの最大の特徴は、透明度の高さ。現在ダイビング用に開放されているセノーテは、20カ所以上あります。

その中でも、ダイバーに人気のチャックモール。ここでは広範囲に光が差し込み、目の前には大きい光のカーテンが出来上がります。 この写真の記事を見る ≫

14.ピンク・ラグーン

14.ピンク・ラグーン
miyoshi yuca

まるで夢の世界!本当は教えたくないメキシコの絶景「ピンク・ラグーン」by miyoshi yuca

地図を見る

ユカタン半島の端っこにひっそりと存在する小さな漁村、ラス・コロラダス。カンクンから車で3時間程、自然保護区域でもあるリオ・ラガルトスの湿地帯に位置し、そこにはまるで手付かずの自然が広がります。

太陽がサンサンと照らす中、整備もままならないデコボコ道路をひたすら進むと、突如現れるのが「ピンク・ラグーン」。その目を疑うほどの美しさに、自然の偉大さと尊さを感じずにはいられません。 この写真の記事を見る ≫

15.ティファナ

15.ティファナ
やま かづ

メキシコ・ティファナのお勧めスポット5選!サンディエゴから日帰りできる国境の街の…by やま かづ

地図を見る

アメリカ・サンディエゴのダウンタウンから1時間、国境を越えればそこはメキシコの「ティファナ」。メキシコ入国後、道なりに15分程歩いていくと、ティファナのダウンタウン、観光の拠点となる目抜き通りであるレボルシオン大通りに到着します。

ここには、ティファナのランドマークとしてよく知られている、ウエルカムアーチがそびえ立っています。実際、目の当たりにしてみるとデカイ! この写真の記事を見る ≫

メキシコ観光はこれでキマリ!

メキシコ観光の人気スポットをまとめてみましたが、いかがでしたか?
旅行の計画を立てる際に、ぜひ参考にしてくださいね!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -