女子ひとり旅で行く国内旅行!観光におすすめの都市10選

| 旅の専門家がお届けする観光情報

女子ひとり旅で行く国内旅行!観光におすすめの都市10選

女子ひとり旅で行く国内旅行!観光におすすめの都市10選

更新日:2017/12/19 17:14

ホリタナツミのプロフィール写真 ホリタナツミ 旅するシナリオライター

プレミアムフライデーや働き方改革など、仕事の仕方にも変化が出てきた昨今。世の働く女子達にとっても、それは例外ではないはず。そうなると、友人達と休日をあわせるのに手こずったり、自分のペースで休日を過ごしたい!という思いも高まってくるのではないでしょうか? そんな働く女子達にリフレッシュ方法の一つとしてオススメしたいのが、国内ひとり旅。ノンストレスで、気の向くままに自分の時間を楽しんでみてはいかが?

    1.運河沿いをのんびり散策《小樽》

    1.運河沿いをのんびり散策《小樽》
    渡部 洋一

    北海道を代表する観光名所「小樽運河」!ライトアップからクルーズまで徹底ガイド!by 渡部 洋一

    地図を見る

    札幌から電車で約30分の場所に位置する、北海道を代表する観光都市「小樽」。小樽といえば、なんと言っても運河沿いの景色が有名! レンガ造りの倉庫に、なだらかな曲線を描く運河。そして運河沿いに並ぶガス灯……と、ロマンチックなこの景色は女子なら誰しも心を奪われちゃいますね。
    また小樽は運河だけでなく、ガラス工芸やオルゴールなども有名で、至る所に女子の「好き!」が目白押し。市内には体験工房などもあるので、旅の思い出に是非チャレンジしたい!この写真の記事を見る ≫

    2.現代と古き良き時代のオシャレが融合!《金沢》

    2.現代と古き良き時代のオシャレが融合!《金沢》

    古都金沢の情緒に浸る!主計町・ひがし茶屋街の街並み散策!

    地図を見る

    東北新幹線が開通してから、観光名所としての人気を一気に確立した「金沢」。『世界で最も美しい駅』の一つに選ばれた金沢駅のアーティスティックなオブジェは、訪れたことがなくても、すぐに思い浮かべられる人も多いのでは? そんな金沢は、武家屋敷跡やひがし茶屋街など、昔ながらの風情あるオシャレな街並みが残っていることでも有名です。また「金沢21世紀美術館」など、現代的なアートの街としても楽しめるスポットが沢山。今昔のオシャレがギュッと詰まった金沢は、今カメラ女子が注目するスポットNo.1 !?この写真の記事を見る ≫

    3.パワースポットが盛り沢山《日光》

    3.パワースポットが盛り沢山《日光》
    大里 康正

    日光東照宮で三猿と眠猫を見学し、パワースポット「奥宮」へby 大里 康正

    地図を見る

    徳川家康が祀られていることでも知られる「日光東照宮」は、陰陽道や風水などのありとあらゆる手法を駆使し、運気が集まる場所に作られた神社。そんな日光東照宮があるのは、その名の通り「日光」であることは言わずと知れたこと。東照宮をはじめ、二荒山神社や徳川家光の墓所がある日光山輪王寺など、歴史的な名所としてもパワースポットとしても行く価値アリ! また、付近には中禅寺湖や滝などの自然も溢れ、鬼怒川温泉などもあるので、神聖な空気を吸って心身ともにリフレッシュしたい女子にオススメです。この写真の記事を見る ≫

    4.カメラと一緒に週末プチ旅行《鎌倉》

    4.カメラと一緒に週末プチ旅行《鎌倉》
    木村 優光

    梅雨の鎌倉で必撮!江ノ電と紫陽花の撮影ベストポイント5選by 木村 優光

    地図を見る

    こちらもカメラ女子にとってはお馴染みの旅先。都心からも近く交通の便もいい「鎌倉」は、女子ひとり旅にはもってこい! 梅雨時期にはあじさいの花が美しく、夏には海、そして一年中を通して四季折々の景色が楽しめる寺社など、見どころは尽きることがありません。
    都心からなら日帰りでもサクッと訪れることが出来るので、気まぐれ女子にもぴったり!? のんびりと流れる鎌倉時間の中に身を置いて、気の向くままに散策を楽しんではいかが?この写真の記事を見る ≫

    5.縁結び祈願はやっぱり《出雲》

    5.縁結び祈願はやっぱり《出雲》
    安藤 美紀

    出雲大社は縁結びの最強スポット!参拝に役立つ5つの秘訣by 安藤 美紀

    地図を見る

    縁結びのスポットと聞けば、どういうわけか反応せずにはいられないのが女子の性(さが)……!? そんな縁結びの聖地でもあり、神話の地としても有名なのが、ここ「出雲」にある出雲大社。日本人であれば一度は必ず訪れておきたいスポットでもありますね。"縁結び"と一口に言っても、ここでは恋愛の縁だけに限ったことではありません。人との出会いや仕事との縁、そしてお金との縁など、全ての"良い縁"を結びつけてくれるのが、出雲大社の縁結びです。何か新しいことを始める前や心を切り替えたいときなど、ひとりで訪れて心機一転するのも良いでしょう。この写真の記事を見る ≫

    6.異国情緒漂う港町《神戸》

    6.異国情緒漂う港町《神戸》
    下川 尚子

    一人旅でも、車がなくても。徒歩40分で巡る、神戸街ナカ夜景5選。by 下川 尚子

    地図を見る

    港町特有の洗練された雰囲気が漂う「神戸」は、オシャレ女子の感性を刺激するにはピッタリなスポット。近代的な風景とどこかレトロな異国情緒漂う街並みの融合は、どこを切り取っても絵になり、街歩きだけでもワクワクすること間違いなし! オシャレなカフェやバーなんかも多いので、誰にも邪魔されずに読書を楽しんだり物書きをしたり、思う存分自分の時間が過ごせそう。またベイエリアの夜景も美しく、港の風を感じながら物思いに耽る……なんていうのも、一味違ったロマンチックな気分が味わえそうですね。この写真の記事を見る ≫

    7.やっぱりここは外せない!《京都》

    7.やっぱりここは外せない!《京都》
    木村 優光

    必見!京都「八坂の塔」を綺麗に見られるポイント4選by 木村 優光

    地図を見る

    日本一の観光名所と言っても過言ではない「京都」は、日本中からだけでなく世界中から観光客が訪れる大人気のスポット。歴史を辿るもよし、寺社仏閣などのパワースポットを巡るもよし、フォトジェニックなスポットを探しにカメラを持って歩くもよし。家族や友人、恋人と訪れる京都も勿論素敵ですが、見どころや目的が満載だからこそ、自分のペースで目一杯楽しむことができるひとり旅もオススメなんです。お土産や可愛い京小物などの買い物も、誰にも気兼ねなく堪能できるのは、ひとり旅ならではの嬉しいポイント。
    町家を改造したゲストハウスなどに泊まれば、旅人同士の交流も非日常感を演出してくれます。素敵な出会いもあるかも!?この写真の記事を見る ≫

    8.一生に一度は行っておきたい《伊勢》

    8.一生に一度は行っておきたい《伊勢》
    下川 尚子

    伊勢神宮ガイド〜知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法〜by 下川 尚子

    地図を見る

    日本人の心のふるさととして、一生に一度は行っておきたいと言われるお伊勢参り。「伊勢」はそんな伊勢神宮のある地として、古くから我々日本人が目指す土地です。伊勢神宮の大鳥居をくぐり宇治橋を渡れば、もうそこは神々が住まう神聖な空間。静謐なその空間の中で、神々との対話、そして自分自身と向き合うことに全神経を向けてみれば、きっと新しい自分に出会えるはずです。日頃の喧騒を離れて自分自身を見つめ直したい時などは、ひとりでこの地を訪れるのが良いでしょう。この写真の記事を見る ≫

    9.美しい自然と平和を学ぶ《広島》

    9.美しい自然と平和を学ぶ《広島》
    結月 ここあ

    大人になった今こそ訪れてみたい「広島平和記念公園」で平和を願うby 結月 ここあ

    地図を見る

    平和を願い平和を知る地として、日本人が後世に伝えていくべき遺産が残るのが、ここ「広島」です。友人との旅や恋人との旅では、なかなか訪れる機会がなさそうな平和記念公園や原爆ドームなども、ひとり旅を通して訪れれば、人生のターニングポイントになるかも知れません。
    また広島では、厳島神社やしまなみ海道など、美しい自然と建築物の融合も見どころ。平和を感じ自然を満喫すれば、きっとまた明日への活力がみなぎってくるはずです。この写真の記事を見る ≫

    10.海は広いな大きいな《宮古島》

    10.海は広いな大きいな《宮古島》
    月宮 うさ

    ビーチだけじゃない宮古ブルー!宮古島オススメ絶景スポットby 月宮 うさ

    地図を見る

    沖縄本島の南西部、宮古列島に位置する「宮古島」は、"宮古ブルー"と呼ばれる宝石のような色の海に囲まれた美しい島。日常を忘れ、ゆったりと砂浜で海や夕日を眺めたり、バカンスのような贅沢ホテルで、自分へのご褒美を楽しんだりと、女子のエネルギー充電にはぴったりな要素が詰まっています。観光客も増えているため受け入れ態勢も整っている反面、離島という非日常感も満喫できるので、ひとり旅初心者にも旅慣れ女子にも満足できるスポットです。この写真の記事を見る ≫

    ひとり旅で心ゆくまでリフレッシュ!

    女子ひとり旅にオススメの国内スポットをご紹介しました。
    日頃の疲れを癒やしリフレッシュをするには、ひとり旅は本当にオススメの手段の一つです。誰にも気を使うこと無く気ままに過ごすことで、自分自身の悩みと向き合ったり、頭の中を空っぽにしたり……また新たな気分で日常を再スタートすることができます。
    ひとり旅はハードルが高いと思っている方も、まずは国内からはじめてみませんか? 快適すぎるひとり旅の虜になっちゃうかも知れませんよ。
    くれぐれも、ひとり旅中毒にはご注意を……!

    - PR -

    条件を指定して検索

    トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

    - PR -

    旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
    この記事に関するお問い合わせ