京橋駅周辺のおすすめビジネスホテル6選 東京旅行にも使える!

京橋駅周辺のおすすめビジネスホテル6選 東京旅行にも使える!

更新日:2023/04/07 10:16

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部

京橋エリアは東京駅から徒歩すぐの場所で、京橋エドグランや東京スクエアガーデンなど話題のショッピングスポットがあります。京橋エリアで安く泊まるならビジネスホテルがおすすめ!東京メトロ銀座線の京橋駅周辺に集まっているので、出張だけでなく東京旅行の拠点としても使えます。ビジネスホテルとは思えないおしゃれなホテルもありますよ!京橋駅周辺でおすすめのビジネスホテルをご紹介します。

1.レム東京京橋

1.レム東京京橋
提供元:楽天トラベル地図を見る

東京メトロ銀座線・京橋駅6番出口前の「レム東京京橋」は、眠りをデザインするホテルです。“心地よい眠りを期待させる”演出はエントランスからはじまり、快眠のためのプレミアな寝室を提供します。全室に横回転もみ玉のマッサージチェアを設置!疲れを明日に残しません。

眠りの主役となるベッドは日本ベッドと共同開発したオリジナル。一般的なマットレスの倍以上のスプリングで、包み込まれるような寝心地を体感できます。

2.ダイワロイネットホテル東京京橋 PREMIER

2.ダイワロイネットホテル東京京橋 PREMIER
提供元:楽天トラベル地図を見る

「ダイワロイネットホテル東京京橋 PREMIER」は東京メトロ銀座線・京橋駅より徒歩1分の駅チカなホテルです。銀座のメインストリート中央通り沿いの好立地。ビジネスにも観光にも申し分ありません。広々とした客室は、全室バス・トイレ別のセミセパレートを採用。寝具はフランスベッド社製のデュベスタイル。ベッドサイドのUSBポートも便利です。

ホテル2階のコメダ珈琲では、宿泊者限定の朝食メニューもあります。

3.アパホテル 銀座 京橋

3.アパホテル 銀座 京橋
提供元:楽天トラベル地図を見る

東京メトロ銀座線・京橋駅から徒歩2分の「アパホテル 銀座 京橋」は、ゲストの時間を大切にするホテルです。開放的なフロントロビーには自動チェックイン機があります。事前にアパ公式のアプリチェックインを完了していれば“1秒チェックイン”。ロビーで行列をなすこともありません。

シンプルで落ち着いた雰囲気の客室には、40型大型液晶テレビ、枕元コンセントが完備。アパルームシアター(VOD)も無料です。

4.相鉄フレッサイン 東京京橋

4.相鉄フレッサイン 東京京橋
提供元:楽天トラベル地図を見る

「相鉄フレッサイン 東京京橋」は、東京メトロ銀座線・京橋駅より徒歩2分のホテルです。目的に合わせたデザイナーズルームには、全米シェアNo.1のシーリー社のベッドを導入。着心地の良いセパレートのパジャマも好評です。スマホをホテルのWi-Fiに繋げば話題の漫画も読み放題。ホテル2階にインターネットコーナーもあります。

支払いはキャッシュレス決済限定。クレジットカードやQRコード決済をご利用ください。

5.京王プレッソイン東京駅八重洲

5.京王プレッソイン東京駅八重洲
提供元:楽天トラベル地図を見る

東京スカイツリー(R)に出かけようと考えているなら、パートナーホテルの「京王プレッソイン東京駅八重洲」がおすすめ。東京スカイツリーの入場引換券(※日時指定券)を、割引の特別価格で購入できます。東京メトロ銀座線・京橋駅より徒歩2分、明るく開放的なカフェラウンジで無料の朝食サービスも人気のホテルです。

レディースルームは全5室、デタイユ・ラ・メゾンのミニボトルアメニティセットが付きます。

6.ホテルSUI銀座京橋byABEST

6.ホテルSUI銀座京橋byABEST
提供元:楽天トラベル地図を見る

東京メトロ銀座線・京橋駅より徒歩3分の「ホテルSUI銀座京橋byABES」は、必要なものが心地よく揃う“粋”なホテルです。一日のスタートには身も心も温まるおにぎり朝食(要予約)。その朝食会場はフリースペースとしても開放しており、大型TV・無料Wi-Fi・フリードリンクを常備しています。

フロントにはシャンプーバー、客室のベッドは快眠に定評のあるシモンズ社製。VODも全客室で視聴無料できます。

京橋駅周辺のビジネスホテルはここにキマリ!

ビジネスや東京旅行で京橋エリアに滞在するなら、好アクセスで機能的な京橋駅周辺のビジネスホテルがとっても便利です。

丸の内や八重洲に隣接する最大のビジネス街にリーズナブルに宿泊し、浮いた分は話題のショッピングスポットでお買い物を楽しみましょう。

2023年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- 広告 -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -