<2017年版>#SNS映え 国内観光スポットランキング10

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

<2017年版>#SNS映え 国内観光スポットランキング10

<2017年版>#SNS映え 国内観光スポットランキング10

更新日:2017/09/19 11:19

トラベルjp編集部のプロフィール写真 トラベルjp編集部

SNS映えする写真を撮るために旅行する、というのが最近のトレンド。SNSで画像検索をして旅行先を決めるという方も多いのでは?
Instagramで投稿数の多いタグやSNSで話題となるワード、そしてトラベルjp<たびねす>での人気度を基に選んだ、SNS映えする国内観光スポットをランキング形式でご紹介します。

さて、どんなスポットがランクインしているでしょうか?

    10#トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

    10#トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園
    いずみ ゆか

    埼玉のフィンランド!飯能市「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」の本当の魅力…by いずみ ゆか

    地図を見る 地図を見る

    まず10位には、埼玉県の「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」がランクイン。埼玉のフィンランド、と話題のかわいい公園です。この写真をSNSにアップしたら、「どこ行ってきたの!?」と話題になること間違いなし。
    この公園には想像力や冒険心をくすぐる建物がいっぱい!撮影が終わったら、自然の中でたくさん遊びましょう!

    ※平成29年6月1日に公園名が改称されましたが、SNSでは「あけぼの子どもの森公園」で検索すると見つけやすいです。

    <基本情報>
    住所:埼玉県飯能市大字阿須893番地の1
    電話番号:042-972-7711この写真の記事を見る ≫

    9#嵐山駅

    9#嵐山駅
    bow

    京友禅の光林「キモノ・フォレスト」の幻想美!嵐電・嵐山駅by bow

    地図を見る 地図を見る

    京福電鉄嵐山線・通称嵐電(らんでん)の「嵐山駅」でSNS映えするスポットは、キモノ・フォレストと呼ばれる京友禅による装飾。京友禅の生地をアクリルで包み、高さ約2mのポールにしたものを駅構内などに設置し、京友禅の林に見立てたものなんです。
    昼間はもちろんですが、特に夜が美しいのでおすすめ。暗いところの撮影は苦手……という方も、夜景モードを使って挑戦してみては?

    <基本情報>
    住所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20-2
    電話番号:075-873-2121(インフォメーション)この写真の記事を見る ≫

    8#オリーブ公園

    8#オリーブ公園

    ギリシャ風車に天使の散歩道?!愛の聖地・小豆島とは一体!

    地図を見る 地図を見る

    国内の観光スポットって書いてあるのに、さっそく海外?と思われそうですが、こちらは香川県の小豆島にある「オリーブ公園」。ギリシャ風車がフォトジェニックですね。
    公園内に実写版『魔女の宅急便』のロケセットがあり、魔法のほうきを無料で借りることができます。スマホで連射すれば、まるでほうきに乗って空を飛ぶキキのような写真を撮ることができますよ。

    <基本情報>
    住所:香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1
    電話番号:0879-82-2200この写真の記事を見る ≫

    7#正寿院

    7#正寿院
    bow

    京都「正寿院」の幸せを呼ぶハートの窓に女子が殺到中!by bow

    地図を見る 地図を見る

    夏に風鈴まつりが行われることから、風鈴の寺ともいわれる京都「正寿院」。客殿にあるハート型の窓が、InstagramやSNSを中心に“幸せを呼ぶ窓”として話題沸騰!
    ちなみにこのハートの形は猪目(いのめ)と呼ばれる文様で、古来から日本の神社仏閣の様々な部分で用いられてきました。魔除けや火除けに効くとされているんですよ。

    <基本情報>
    住所:京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149
    電話番号:0774-88-3601この写真の記事を見る ≫

    6#友ヶ島

    6#友ヶ島
    Mija Atsushi

    ラピュタと呼ばれる廃墟群の島・和歌山県友ヶ島by Mija Atsushi

    地図を見る 地図を見る

    ラピュタファンならぜひ訪れてほしい、和歌山県の「友ヶ島」が6位にランクイン。木々のトンネルに埋もれるように建ち並ぶ廃墟群は、まさにラピュタの世界そのもの。正面から撮影するより、こちらの写真のように斜めのアングルで撮影したほうがラピュタっぽく見えますね。

    <基本情報>
    電話番号:073-459-1333(友ヶ島汽船)この写真の記事を見る ≫

    5#ジョンソンタウン

    5#ジョンソンタウン
    Naoyuki 金井

    ダ埼玉をブッ飛ばせ!入間ジョンソンタウンはクールアメリカby Naoyuki 金井

    地図を見る 地図を見る

    10位に続き、何と埼玉県から2つ目のランクイン!入間市にある「ジョンソンタウン」もSNS映えすると人気のスポットです。元々は米軍タウンだった住宅街をリノベーションして作られた街には、おしゃれなショップやカフェなどが並びます。
    街角や店先など至るところがフォトジェニックなので、逆にどこで撮影したらよいか悩んじゃうかも?

    <基本情報>
    住所:埼玉県入間市東町この写真の記事を見る ≫

    4#与論島

    4#与論島
    離島 こむ

    国内なのにエーゲ海!?鹿児島最南端の与論島でギリシャ旅行気分を満喫by 離島 こむ

    地図を見る 地図を見る

    やっぱり青い海はSNS映えしますね!数ある島の中から、「与論島」がランクインしました。鹿児島県の最南端にある離島ですが、羽田空港からだと乗継時間を除いて約3時間半ほどで行けちゃうんです。
    ギリシャのミコノス市と姉妹都市提携をしているので、島の至るところにギリシャ風の白い建物が。青い海とのコントラストがきれいなので、加工ナシでも投稿できるかも。

    <基本情報>
    電話番号:0997-97-5151(ヨロン島観光協会)この写真の記事を見る ≫

    3#八坂庚申堂

    3#八坂庚申堂
    bow

    フォトジェニック!京都のインスタグラム向けスポット15選by bow

    地図を見る 地図を見る

    京都はやっぱりSNS映え無双なのでしょうか。9位、7位に続いてまたまたランクイン。
    清水寺から徒歩10分ほどの場所にある「八坂庚申堂」のシンボルともいえるのが、カラフルな“くくり猿”。お堂の周囲に鈴なりにぶら下がっていて、これがかなりフォトジェニック!実は手足を縛られた状態の猿を形どったお守りなんですが、ポップな写真が撮れると人気です。

    <基本情報>
    住所:京都市東山区金園町390
    電話番号:075-541-2565この写真の記事を見る ≫

    2#国営ひたち海浜公園

    2#国営ひたち海浜公園
    中島 誠子

    モフモフの赤い世界は必見!茨城「国営ひたち海浜公園」で秋を大満喫!2017by 中島 誠子

    見渡す限りのモフモフ!茨城「国営ひたち海浜公園」は春のネモフィラでも有名ですが、やっぱりこの鮮やかな赤がSNS映えしますね。
    とにかく広いのでどこから撮影すればよいのか悩みますが、おすすめはみはらしの丘を一番上まで登り、観覧車が見える方向を向き、そこで真反対を向いたところ。人があまり写らず、広く遠く続くモフモフの世界を撮影することができますよ。

    <基本情報>
    住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
    電話番号:029-265-9001(ひたち公園管理センター)この写真の記事を見る ≫

    1#糸島

    1#糸島
    権丈 俊宏

    まるで南国の海!福岡・糸島「ヤシの木ブランコ」はオシャレ写真スポットby 権丈 俊宏

    地図を見る 地図を見る

    さて、SNS映えランキング、栄えある1位は……。

    オシャレなカフェや雑貨屋さんが多く、海もきれいで女子旅に大人気の「糸島」です!フォトジェニックな場所はたくさんありますが、特に人気を集めるのが写真のヤシの木ブランコ。青い空と海、そして椰子の木とのコラボがSNS映えにピッタリですね。
    福岡市街地から1時間もかからず行くことができるので、福岡旅行ではぜひ訪れて下さいね。

    <基本情報>
    電話番号:092-322-2098(糸島市観光協会)この写真の記事を見る ≫

    あなたの投稿が誰かの旅のきっかけに?

    和の雰囲気、美しい自然、ちょっと海外風、いろんなSNS映えスポットが国内にはありますね。いいね!したくなる場所はあったでしょうか?
    これをきっかけに旅行をしたら、ぜひ写真を撮ってSNSにアップしましょう。それを見た誰かの、素敵な旅行のきっかけになるかもしれません。

    - PR -

    条件を指定して検索

    トラベルjp<たびねす>

    トップページへ戻る

    トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

    - PR -

    旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
    この記事に関するお問い合わせ