南千住のおすすめビジネスホテル7選 安く泊まりたい方は要チェック!

南千住のおすすめビジネスホテル7選 安く泊まりたい方は要チェック!

更新日:2023/04/17 10:09

トラベルjp 編集部のプロフィール写真 トラベルjp 編集部

南千住は下町の雰囲気が残る、注目度上昇中のエリア。南千住駅にはJR常磐線と東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレスが乗り入れるので、移動にも便利です。駅周辺にはビジネスホテルが集まっているので、安く泊まりたい方にぴったり!低価格はもちろん、アットホームなビジネスホテルが多いのが特徴です。そこで今回は、南千住でおすすめのビジネスホテルをご紹介します。

1.ホテル丸忠 チェントロ

1.ホテル丸忠 チェントロ
提供元:楽天トラベル地図を見る

「ホテル丸忠 チェントロ」は東京メトロ日比谷線・南千住駅から徒歩約3分。洋室のシングルと和室のシングル、そして2人で泊まれる和室のツインといった3タイプの客室があります。

室内にバスは付いていませんが、ホテル内に24時間利用できるシャワーブースを設置。また大浴場もあり、朝の時間帯でも入浴できるのでチェックアウト前に心身ともにサッパリさせることも。

2.ホテル ヒカリ

2.ホテル ヒカリ
提供元:楽天トラベル地図を見る

東京メトロ日比谷線・南千住駅から徒歩およそ5分の「ホテル ヒカリ」。客室はすべて和室。3畳で出張時などに使いやすいシングルと、6畳でカップルなどの旅行におすすめのツインがあります。

客室はVODルームシアターが無料で利用可能。お部屋でゆっくり過ごすこともできます。大浴場がホテル内に設置されており、足を伸ばしてバスタイムを楽しめます。

3.ホテル丸忠 クラシコ

3.ホテル丸忠 クラシコ
提供元:楽天トラベル地図を見る

「ホテル丸忠 クラシコ」までは東京メトロ日比谷線・南千住駅から徒歩およそ7分。客室はシングルとツイン。シングルは洋室のほかに和室もあり、畳の上で足を伸ばしてくつろげます。

ホテル内には男女入れ替え制の大浴場とシャワールームも完備。またコインランドリーも設置されており、アイロンとズボンプレッサーの貸出も行っているので連泊でも安心。

4.ホテル アクセラ

4.ホテル アクセラ
提供元:楽天トラベル地図を見る

JR南千住駅から徒歩およそ9分の「ホテル アクセラ」は、ホテル内に大浴場を完備。天寿石を備え付けているほか、ジェットバスもあり、気持ち良く入浴することができます。また、朝の時間帯も男女入れ替え制で利用可能です。

客室はシングルルーム、ツインルームなど。10階のレディースフロアにはレディースルームも用意されていますので、女性のひとり旅でも安心して宿泊できます。

5.ビジネスホテルサンパレス

5.ビジネスホテルサンパレス
提供元:Expedia地図を見る

「ビジネスホテルサンパレス」までは東京メトロ日比谷線・南千住駅から徒歩でおよそ3分。客室は4種類。ツインルームのほかにコンパクトで使いやすいシングルSなど広さの異なる3種類のシングルが選べます。

ホテル1階には「居酒屋 裕栄」が併設されています。朝食も提供されており、メニューは焼き魚定食やカレーとサラダのカレーセットなど。

6.エコノミーホテルほていや

6.エコノミーホテルほていや
提供元:楽天トラベル地図を見る

東京メトロ日比谷線・南千住駅から徒歩約8分の「エコノミーホテルほていや」。客室は和洋室以外に小和室、中和室、ロフトベッドが設置された3人室など。トイレ・シャワーが付いて最大6名で宿泊できる家族室は、お子様連れの家族旅行にもおすすめです!

男女入れ替え制の大浴場をホテル内に設置。浴槽はボタン式のジェット付き、個室シャワー室は24時間利用することができます。

7.ビジネスホテル福田屋

7.ビジネスホテル福田屋
提供元:Expedia地図を見る

「ビジネスホテル福田屋」はJR南千住駅から歩いておよそ13分のところに位置しています。客室は全室和室。ひとりでも泊まれるほか、2人でも利用できますのでよりリーズナブルに宿泊したいカップルなどにもピッタリ!

風呂・トイレ・洗面台は室内にありませんが、大浴場をホテル内に完備。女性には嬉しい広々とした共用の洗面台も設置されています。

南千住駅周辺のホテルはここにキマリ!

銀座や六本木にもアクセスしやすく、浅草や東京スカイツリーも徒歩圏内の南千住にはリーズナブルな価格で宿泊できるビジネスホテルがたくさんあります。

またビジネス目的以外にも家族やグループでの旅行でも泊まれるホテルもありますので、お気に入りの宿泊先を見つけてみてくださいね!

2023年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- 広告 -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -