初心者におすすめ!アメリカの定番観光スポット15選【テーマパーク&都市編】

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

初心者におすすめ!アメリカの定番観光スポット15選【テーマパーク&都市編】

初心者におすすめ!アメリカの定番観光スポット15選【テーマパーク&都市編】

更新日:2017/06/30 10:37

トラベルjp編集部 田中のプロフィール写真 トラベルjp編集部 田中

世界中から多くの観光客が集まる人気観光地、アメリカ。日本から直行便が飛んでいる東海岸・西海岸エリアや、本場のディズニーランド、ユニバーサルスタジオはよく知られるところですが、そのほかにも個性的で魅力的な街がたくさん!トラベルjpナビゲーターが現地徹底取材した、おすすめテーマパークと都市、観光スポットをご紹介します。
あのトランプ大統領が働くホワイトハウス見学…なんていかがですか?!

1.自由の女神(ニューヨーク州)

1.自由の女神(ニューヨーク州)

NY自由の女神を10倍楽しむために知っておきたいこと

地図を見る 地図を見る

ニューヨークを代表する世界遺産「自由の女神」。ニューヨーク・ハーバーの中央に位置するリバティ島に悠然と立つこの像は、右手にはたいまつ、左手にはアメリカの独立記念日(1776年7月4日)とフランス革命勃発の日(1789年7月14日)がローマ数字で書かれた銘板を持っています。

リバティ島に行くフェリーはマンハッタン南端のバッテリーパークから、毎日午前9時〜午後3時半、1時間に2本出航しています。季節や時間によってはかなり混雑するので、早めに行くのがおすすめ。この写真の記事を見る ≫

2.ニューヨーク(ニューヨーク州)

2.ニューヨーク(ニューヨーク州)
shizu kawa

初めてのニューヨークならまずはここへ!NY定番の観光地5選by shizu kawa

地図を見る 地図を見る

世界中から多くの観光客が訪れる「ニューヨーク」は、観光、グルメ、アート、エンタメ、ショッピングなど見どころがたくさん。

テレビの中継などでもおなじみのタイムズスクエア。数多くのショップやレストランが並び、ブロードウェイミュージカルの劇場も近くに点在しています。ここは観光案内所やお土産屋さんも多いので、観光の起点にピッタリ。マンハッタンの見どころを楽しみたいなら、このエリアのホテルに滞在するのがおすすめです。この写真の記事を見る ≫

3.ボストン(マサチューセッツ州)

3.ボストン(マサチューセッツ州)
ナカヤ アキ

米国ボストンを訪れるなら人気の史跡巡り「フリーダムトレイル」を歩こうby ナカヤ アキ

地図を見る 地図を見る

「ボストン」はアメリカの独立に深くかかわる古都。この街の魅力を堪能するなら“フリーダムトレイル”の散策がおすすめ。フリーダムトレイルには16のアメリカ独立革命に紐づく歴史的スポットが点在しています。

ボストンコモンからバンカーヒル記念塔を結ぶ約4kmの道のりですが、歴史を学びたいなら半日くらいかけて、興味のあるスポットばかり回ったり、テーマを決めて回ったり、エリアごとに分けて散策すると効率よく史跡巡りができますよ。この写真の記事を見る ≫

4.シアトル(ワシントン州)

4.シアトル(ワシントン州)
黒川 甚太

スタバ好き必見!創業の街シアトルでスターバックス巡りの旅!by 黒川 甚太

地図を見る 地図を見る

ワシントン州「シアトル」は、MicrosoftやAmazonをはじめとするIT企業や世界最大の航空機メーカー、ボーイング発祥の地として有名ですが、シアトル式コーヒーの生まれた地でもあるんです。

今や世界中に2万3000店以上展開するスターバックスも、1971年にここシアトルで誕生。この街では、ダウンタウンにあるスターバックス1号店、そして新コンセプトのスターバックスの工場型店舗”Starbucks Reserve Roastery”へぜひ足を運んでみましょう。この写真の記事を見る ≫

5.ワシントンD.C.(ワシントン州)

5.ワシントンD.C.(ワシントン州)

絶対に外せない!ワシントンDC鉄板の観光名所はここ!

地図を見る 地図を見る

東海岸にあるアメリカの首都「ワシントンD.C.」。街の中にはアメリカ50州の名前が付けられた通りが南北に走り、首都らしさを感じます。大統領が働くホワイトハウスや世界一大きなダイヤモンドを所蔵する博物館、巨大なリンカーン元大統領の像など、無料で1日中楽しめるスポットがたくさんあります。

ホワイトハウスは、建物の中に入るには21日前までに予約が必要です。でも予約がなくても外観は十分楽しめるのでご安心を。この写真の記事を見る ≫

6.ロサンゼルス(カリフォルニア州)

6.ロサンゼルス(カリフォルニア州)
shizu kawa

絶対外せない!ハリウッドの王道観光スポット4選by shizu kawa

地図を見る 地図を見る

「ロサンゼルス」観光で絶対行きたいハリウッド!多くのスターの名が刻まれた星型のプレートがあるハリウッド・ハイランド。屋外渡り廊下から山の方を見渡すと、目の前にはハリウッドサインが!

そしてもう一つ必ず訪れたいのが、ユニバーサルスタジオ。ハリウッド映画をテーマにした巨大テーマパークで、ここにしかないアトラクションや、映画撮影現場見学など、本場ハリウッドならではの体験ができるのも魅力です。この写真の記事を見る ≫

7.ディズニーランド・リゾート(カリフォルニア州アナハイム)

7.ディズニーランド・リゾート(カリフォルニア州アナハイム)
藤谷 愛

カリフォルニア・ディズニーランド「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」はノリが良…by 藤谷 愛

地図を見る 地図を見る

カリフォルニア州・アナハイムにある人気の「ディズニーランド・リゾート」。なかでも2017年5月にオープンした、カリフォルニア・アドベンチャー内の新アトラクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト!」は注目です。

約56mのビルの中で乱高下するガントリー・リフトに合わせて、映画のサウンドトラックも流れるので、叫んだり、笑ったり、踊り出したくなったりと、とにかくファンキーなライドです。

As to Disney artwork, logos and properties: (C)Disney

協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナルこの写真の記事を見る ≫

8.サンタモニカ(カリフォルニア州)

8.サンタモニカ(カリフォルニア州)
スノードロップ

サンタモニカで絶対に訪れたい場所!1日観光&ショッピングのススメ♪by スノードロップ

地図を見る 地図を見る

これぞウエストコースト!という美しい景色が広がる「サンタモニカ」は、ロサンゼルスのダウンタウンから車で1時間弱。サンタモニカ・ビーチの中ほどにある桟橋サンタモニカ・ピアは、一番最初に訪れたいフォトスポット。

また、サード・ストリート・プロムナードの両側には、セレブ御用達のブランド店やセレクトショップが並び、Tシャツやリーズナブルなドレスなど、ブラブラ歩くだけでも心躍る街です。この写真の記事を見る ≫

9.サンフランシスコ(カリフォルニア州)

9.サンフランシスコ(カリフォルニア州)
さと しほ

サンフランシスコの観光なら、まずは海を目指そう!by さと しほ

地図を見る 地図を見る

“霧の街”としても有名な「サンフランシスコ」。朝起きて空がすっきり晴れていたら、観光クルーズに乗ってみましょう。船は西海岸の海風に吹かれながら、サンフランシスコを代表する観光スポット、ゴールデンゲートブリッジへ。海から街を眺めると、丘の上に建物が密集しているのがわかります。

船を降りたら、フィッシャーマンズワーフで美味しいシーフードを。観光スポットもコンパクトにまとまっていて、女子旅にもピッタリ!この写真の記事を見る ≫

10.サンディエゴ(カリフォルニア州)

10.サンディエゴ(カリフォルニア州)
高田 真美

南カリフォルニアの陽気な街「サンディエゴ」へ行こう!by 高田 真美

地図を見る 地図を見る

カリフォルニア州南端に位置する「サンディエゴ」。この街には、現代のモダンな高層ビルと歴史ある建物がうまく調和した街並みが広がっています。

スペイン植民地時代を彷彿させる美しいバルボアパーク、メキシコ領時代を再現したオールドサンディエゴ、海洋生物のショーや乗り物が楽しいシーワールド、世界でも有数の動物園として知られるサンディエゴ動物園など、サンディエゴは、知る人ぞ知るアトラクションの宝庫!ぜひアトラクション三昧を。この写真の記事を見る ≫

11.ラスベガス(ネバダ州)

11.ラスベガス(ネバダ州)
やま かづ

メジャーでないけど結構楽しめる!ラスベガス無料ショー5選by やま かづ

地図を見る 地図を見る

眠らないエンターテインメントシティ「ラスベガス」では、ベラージオの噴水ショーやミラージュの火山噴火ショーをはじめ、毎日たくさんの無料ショーが開催されています。

写真は、古代ローマをテーマにしたシーザースパレスのショッピングエリア、フォーラムショップの“アトランティス”。ハイテク機器をふんだんに駆使したこのショーは、精巧に作られた人形がアトランティス神話を繰り広げます。近くで見ると、想像以上の迫力ですよ。この写真の記事を見る ≫

12.ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(フロリダ州)

12.ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(フロリダ州)
藤谷 愛

恋愛注意報発令!フロリダのディズニーリゾートでベルやガストンに会える『美女と野獣…by 藤谷 愛

地図を見る 地図を見る

世界中から多くの観光客が訪れるフロリダの「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」。なかでもマジックキングダム・パーク、ファンタジーランドにあるエンチャンテッド・テールズ・ウィズ・ベルは、今話題の『美女と野獣』の物語を、燭台に変身させられたルミエールやベルと共にゲストが演じる、参加型アトラクション。

舞台はベルの父・モーリスが住む家。ベルと出会える図書室で、ゲストはルミエールやベルと一緒に『美女と野獣』を演じます。お芝居の後には、ベルとのツーショットのチャンスも!

As to Disney artwork, logos and properties: (C)Disney
協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナルこの写真の記事を見る ≫

13.シカゴ(イリノイ州)

13.シカゴ(イリノイ州)
Ai Mo

街全体が建築美術館!シカゴで荘厳な巨大建築群に酔いしれるby Ai Mo

地図を見る 地図を見る

アメリカ第2の都市「シカゴ」。実はこの街、現代建築のパイオニアとなった、言わずと知れた建築の街なのです。個性豊かな高層建築が立ち並ぶ様子は、全体が巨大な建築美術館と称されるほど。

シカゴの中でも最も観光客が訪れるのが、レストランや遊園地などが入った複合商業施設、ネイビーピアです。ネイビーピアの南側、サウス・ダック通りからは、ミシガン湖越しにシカゴ建築群を眺めることができます。この写真の記事を見る ≫

14.ヒューストン(テキサス州)

14.ヒューストン(テキサス州)
ザーカー 久美子

「無料バス」で大リーグ観戦&水族館へ!米国ヒューストンをお気軽街歩きしよう!by ザーカー 久美子

地図を見る 地図を見る

テキサス州「ヒューストン」の中心街・ダウンタウン地区は、碁盤の目になっており、初めての街歩きでも散策しやすい、近代的なビルの林立するエリアです。

ダウンタウンでは、19世紀の面影を今に伝えるマーケットスクエア公園やダウンタウン水族館、ヒューストン宇宙センターを訪れたり、ミニッツメイド・パークでのメジャーリーグ観戦、ホビーセンターでのミュージカル観劇など、いろいろな楽しみ方ができますよ。この写真の記事を見る ≫

15.サンタフェ(ニューメキシコ州)

15.サンタフェ(ニューメキシコ州)
高田 真美

米国・異国情緒溢れる歴史と芸術の町「サンタフェ」by 高田 真美

地図を見る 地図を見る

ニューメキシコ州のエキゾチックな街「サンタフェ」。アメリカ原住民文化、スペイン文化、メキシコ文化といったさまざまな文化が融合した美しいこの街は、長年にわたり多くの芸術家を魅了してきました。

そんなサンタフェに魅了された芸術家たちのアートギャラリーが集まっているのが、ダウンタウンをぐるりと囲むペラルタ通りから東へと延びるキャニオンロード。道沿いには100軒以上もの個性的なギャラリーが連なっています。この写真の記事を見る ≫

アメリカ観光はこれでキマリ!

アメリカ合衆国の精神を表しているとも言える“自由の女神”。女神の左足は、よく見ると一歩踏み出しています。足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、これを女神が踏みつけています。これは、すべての弾圧、抑圧からの解放と、人類は皆自由で平等であることを象徴しているそうです。

そして、7つの大陸と7つの海に「世界に自由が広まる」という意味で、女神がかぶっている冠には7つの突起があります。

アメリカの“自由”という風を感じる旅、それも素敵ですよね?

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ